物販

ネットショップで起業する人向け:成功のコツとおすすめのサービス

ひと昔前は、ある程度の資金を調達しないと不可能だった「起業」ですが、現在では誰でも簡単に行えるようになりました。起業するジャンルには、物品販売やネイルサロンなど良く知られているものから、「おっさんレンタル」や「愚痴聞き代行」などユニークなものまでいろいろありますよね。

このように、一言に「起業する」といっても色々な種類があります。その中でも、比較的簡単に行えるのがネットショップの起業です。

そこで、この記事では、ネットショップを起業する手順や、失敗しないためのネットショップ作りについて解説しようと思います。

Contents

実店舗とネットショップの違い

実店舗とネットショップでは、どのような違いがあるのでしょうか。まずは、それぞれの特徴や起業する手順について解説します。

実店舗の特徴と起業の流れ

実店舗の大きなメリットは、お客さんが直接商品を見た上で買うかどうかを決められるので、来店から購入へとつながる可能性が高い点です。一方、お店をオープンしている間しか商品を売れないことがデメリット。お客さんが店先まで訪ねてきてくれたのに閉店していると商品を購入してもらうチャンスを逃してしまいます。

ところで、実店舗を開業するためにはお店を構える場所が必要なため、まずは場所探しから始めなければなりません。良い所が見つかれば、大家さんと賃貸借契約を結び、そこから内装・陳列を整えてお店をオープンさせることになります。

そして、来店してくれたお客さんが、欲しい商品を手に取り、詳細を確認してからレジで会計を済ませる。これが、実店舗の一般的な流れです。

ネットショップの特徴と起業の流れ

一方、ネットショップのメリットは、メンテナンスの時間を除いて24時間お店をオープンさせられること。おかげで、お客さんは自分の生活リズムに合わせてネットショップを訪れることができます。デメリットは、上手に集客しないとお客さんにショップの存在すら気づいてもらえないことです。

ネットショップで起業するには、実店舗と同じく、ネットショップを立ち上げる場所を見つけなければなりません。インターネット上の場所を確保できたら、その場所にネットショップを作り上げていきます。

ネットショップが完成したら、ブログやSNSを利用して集客を行い、お客さんが商品を購入してくれたら梱包・発送作業を行うという流れになります。

開業から商品販売までの流れ

では具体的に、ネットショップを開業し商品を販売するためにはどのような作業が必要なのでしょうか。ここからは、ネットショップの開業から商品を販売するまでの流れを解説いたします。

開業届を提出する

ネットショップで起業する場合、必要となってくるのが「開業届」の税務署への提出です。ネットショップの開業準備が整ってから開業届を用意しても構いませんが、開設したばかりの頃にトラブルが起きてしまうと開業届どころではなくなってしまうので、やはり早めに準備しておいたほうが良いでしょう。

実際に「トラブルやお客様対応している間に開業届を出し忘れてしまっていた!」という話もよく聞きます。また、開業届を出しておけば、ネットショップの開業にかかった費用を経費に含めることができるようにもなります。そのため、ネットショップで起業する場合は、最初に「開業届」を出しておくのがおすすめです。

ネットショップの「場所」を確保する

ネットショップで起業するにあたり、必要不可欠なのがインターネット環境です。自宅はすでにインターネットに繋がっている、という方がほとんどかと思いますが、インターネットサービス会社の中には商用目的での利用を禁止している所もあるので、再度見直しておきましょう。

次に必要なのがレンタルサーバーで、ネットショップを構える場所をレンタルします。ただ、レンタルサーバーを借りただけではまだ場所を持っているだけの状態です。

そこで、住所を得るためにドメインを取得しましょう。ドメインとは「ABCD.com」といったインターネット上での住所のことです。

ネットショップのコンセプトを考える

ネットショップを作成できるサービスは日本国内だけでも数多くあります。それぞれのネットショップ作成サービスには独自の特徴があるので、自分の理想に合ったサービスを選んでください。

ネットショップサービスと契約できたら、いよいよデザインを整えていきます。お店のコンセプトに合うカラーやデザインを選びましょう。例えば、50代男性向けのネットショップなら黒やネイビーのシックなカラーに、20代前半女性向けのネットショップなら、明るいカラーに揃えるなど工夫してくださいね。

お客さん目線でネットショップを設計する

ネットショップでは、気に入った商品を見つけたらショッピングカートに入れて、会計ページまで進みます。そのため、ネットショップを構築するためにはショッピングカート機能が必要です。ショッピングカート機能は多くのネットショップ作成サービスが提供している基本機能なので、それを利用しましょう。

ちなみに、ショッピングカートのアイコンは、お客さんが見つけやすい明るいカラーに設定しておくのがおすすめです。

商品が売れたら慎重に梱包し発送する

商品が売れたら、間違いのないように商品を梱包してお客さんのもとへ発送します。商品の配送に利用できる宅配業者は、クロネコヤマトや佐川急便など複数ありますが、多くの荷物を配送してもらう場合に割引を受けられる業者もあるので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。

成功しているネットショップが実践しているコツ

他のビジネスと同様に、ネットショップで成功するためにはコツが必要です。

ここからは、売り上げを順調に伸ばしているネットショップのちょっとしたコツを紹介します。

お客さんに安心感を与える販売者情報

売り上げを伸ばしているネットショップは、ほぼ全てと言っていいほど販売者情報をきちんと掲載しています。ネットショップを運営している会社または個人の名前と連絡先、メールアドレスが販売者情報の基本です。

それだけでなく、ネットショップに携わる人の顔写真や、販売者の日々の生活が分かるようなブログを発信しているネットショップも多いです。どんな人が商品を売っているのかが分かると、購入者も安心してネットでの買い物を楽しめますよね。

お客さんが離脱してしまわないための設計をしている

お客さんがネットショップを訪れたとしても、商品を購入する前に離脱してしまっては意味がありません。お客さんの離脱を防ぐには、ちょっとした工夫が必要です。

例えば、買い物ボタンのカラーや大きさ。せっかく欲しい商品があっても、買い物ボタンがどこにあるかパッと分からなければ、それだけでお客さんは簡単に離れていってしまいます。売り上げを伸ばしているネットショップは、楽天市場やAmazonのように、ハッキリとした買い物ボタンを配置しています。

検索されやすい商品説明文を書いている

成功しているネットショップは、検索にひっかかりやすいキーワードを含んだ商品説明文を考えています。

例えば、ベーグルを販売しているネットショップであれば、商品名や商品説明文に「ダイエット中の方におすすめのベーグル」と記載したりします。そうすれば、お客さんが「ベーグル ダイエット」というキーワードでGoogle検索した時にネットショップの商品ページが一覧に掲載されやすくなるからです。

ネットショップの失敗例

残念ながら、失敗したネットショップも数多く存在します。では、どのようなネットショップが売り上げを伸ばせずに撤退してしまうのでしょうか。

稼ぎやすそうだからと安易に始めてしまった

「儲かりそうだから」と安易にネットショップを始めてしまった人は、途中でネットショップを辞めてしまう傾向にあります。

ネットショップは、きちんとコンセプトを考えた上で作り上げていかなければいけません。ただ闇雲に「売れそうな商品」だけを並べていても、お客さんは商品を買ってくれないものなのです。

例えば、50代男性向けのネットショップを運営するなら、「娘に好かれるオヤジを目指す人向け」というコンセプトの下、清潔感あるアイテムなどを揃えておくなど、明確な経営戦略が必要なのです。

集客をほとんど行っていなかった

「お客さんがネットショップを訪れてくれない」と嘆くネットショップオーナーの多くは集客をあまり行っていません。集客とは、文字通り、お客さんをネットショップに呼び込むことです。特に独自ドメインをとったばかりの頃はGoogle検索から商品ページがヒットすることはほとんどないので、集客を行わなければお店の存在すら気づいてもらえません。

そのため、積極的にTwitterやInstagramなどのSNSを活用して集客しましょう。集客方法が分からなければ、「Instagramで集客するコツ」といった書籍も多数出版されているので参考になさってください。

リピーターさんを大切にしていなかった

ネットショップを繁盛させるには、新規のお客さんを呼び込むのももちろん重要ですが、それ以上にリピーターさんを大事にしなければなりません。失敗してしまうネットショップは、リピーターさんへの対応を怠っているケースが多いです。

リピーターさんへお得なクーポンを発券したり、メルマガを発信したりと、ネットショップのファンになってもらう努力を忘れないようにしましょう。

ネットショップを開業する人におすすめのショッピングモールタイプのサービス

ネットショップで初めて起業する場合、どのようなネットショップ作成サービスを利用すればよいか悩んでしまいますよね。

そこでまずは、集客効果の高いショッピングモールタイプのネットショップサービスを紹介しようと思います。

小さなお店も出店できる楽天市場

「楽天市場」は言わずと知れた有名ECサイトです。大手企業が利用している通販サイトのイメージが強い楽天市場ですが、実は個人規模の小さなお店も多く利用しています。というのも、楽天市場は出品者へのサポートが手厚く、ネットショップで初めて起業する方でも安心して利用できるからです。

例えば、「楽天大学」というコンテンツでは楽天市場で売り上げを伸ばすノウハウが学べます。さらに分からないことがあっても、楽天市場の担当者がついてくれるので、いつでも運営方法を相談できます。

参考:楽天市場「開業案内トップ」

出品方法を選べるAmazon

「Amazon」では、Amazonだけが商品を販売している訳ではありません。Amazon以外の出品者も多く商品を出品しています。特に、モバイルバッテリーやスマホケースといった中国から輸入した製品を扱っている出品者は多くいます。

Amazonへの出店方法には、月額固定料を支払う「大口出品」と、販売した商品1つごとに成約料を支払う「小口出品」の2種類があります。起業したばかりで手元に商品があまりない時は「小口出品」を利用し、取扱う商品数が増えてくれば「大口出品」に切り替えるという使い方ができます。

参考:Amazon

利用者が増加傾向にあるヤフーショッピング

初期費用がかからないのがヤフーショッピングの大きなメリットです。起業する際に大きな資金が必要ないため、誰でもネットショップを始められます。その代わり販売手数料が他のネットショップサービスと比べるとやや高めです。

また、最近盛り上がっているのが「PayPayモール」です。「PayPayモール」には多くの出品者が商品を販売していますが、お客さんにとってはPayPayポイントが多く貯まるのがメリット。そのおかげで、年々利用者が増加しています。

参考:ヤフーショッピング

ネットショップで起業する人におすすめのショッピングカートタイプのサービス

ショッピングモールタイプのネットショップサービスとは異なり、ネットショップ全体のデザインを自由にカスタマイズできるのが、ショッピングカートタイプのネットショップ作成サービスです。

ここからは、ネットショップで起業したい人におすすめのショッピングカートタイプのネットショップ作成サービスを紹介します。

利用者の多さで選ぶなら「BASE」

「BASE」はオシャレななネットショップが簡単に作成できるサービスです。初期費用・月額料金がともに無料で、商品が売れたときに販売手数料を支払う仕組みになっています。

一般的に集客力の低さがデメリットとなるショッピングカートタイプですが、BASEなら利用者が多い独自のショッピングアプリで商品を販売できるので、商品をしっかりとアピールできます。

参考:BASE

運営ノウハウも教えてくれる「カラーミーショップ」

初めてネットショップを起業する時は、「在庫管理ってどうするの?」「メルマガってどう書くの?」と多くの疑問が湧いてくると思います。そんな不安を解消してくれるのが「カラーミーショップ」の運営ノウハウ。

ブログやセミナーでネットショップの運営方法を丁寧に解説してくれるので、初心者でも安心してネットショップを立ち上げることができます。また、デザイン用のテンプレートが用意されているので、Webデザインの知識がなくてもオシャレなネットショップが開設できますよ。

参考:カラーミーショップ

オーダーメイド商品に強い「イージーマイショップ」

ボールペンに名前を入れたり、要望通りのデザインで商品を作成したりといったオーダーメイド商品をネットショップで販売したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。「イージーマイショップ」はオーダーメイド商品に強いネットショップ作成サービスです。

お客さんがカスタマイズをお願いしやすいような入力画面や、写真添付機能が備わっており、簡単にオーダーメイド商品を受注できます。ツールがリアルタイムに見積もりを行ってくれるため、販売者が1点ずつ見積もりを提出する手間がかかりません。

参考:イージーマイショップ

ネットショップを成功させよう!

他の多くのビジネス同様、ネットショップで起業して成功するのは簡単なことではありません。しかし、ネットショップ成功者をお手本にして「お客さんに好まれるネットショップ」を作り上げていければ、売り上げをドンドン伸ばしていけるでしょう。

今回ご紹介したネットショップを成功させるコツや、おすすめのネットショップ作成サービスを参考に、売れるネットショップを作り上げてくださいね。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。