物販

ネットショップを出店するために必要な知識を徹底解説

この記事では、ネットショップ出店において知っておくべき知識・準備しておくべき事柄・複数の出店方法などを解説していきます。

ネットショップの出店方法

この項目では、ネットショップを出店するにあたって理解しておくべき点を解説していきます。

実店舗とネットショップの開業までのチャートまとめ

同じ「商品を販売する」仕事でも、実店舗とネットショップでは開店までにやらなくてはいけないことが異なります。自分がどちらの店を持とうとしているのかは初期状態で決定しておきましょう。実店舗とネットショップ、それぞれの開業から販売までのチャートは以下のとおりです。

《実店舗》
・販売まで
(1)店舗を借りるもしくは土地の上に店舗を建てる
(2)店舗のコンセプトに従って内装を整える
(3)商品を店内に並べる

・販売の形式
(1)お客様には直接店舗に商品を買いに来てもらう
(2)接客対応
(3)レジで会計

《ネットショップ》
・販売まで
(1)ネット環境を整える・パソコンを購入する
(2)インターネット上にショップサイトを構える
(3)専用システムを使ってショップサイトの見た目・仕様を整える
(4)販売する商品をネット上に登録・出品する

・販売の形式
(1)お客様はインターネット広告やSNSなどを見て商品を買いに来る(※SEO対策などの集客手段が必要)
(2)お客様自身が決済方法・お届先住所などを入力し、注文を完了する
(3)注文履歴を見て商品をピックアップ、梱包してお客様のもとへ発送する

そもそも、実店舗では商品をその場で買って持って帰ってもらうのに対し、ネットショップでは発送が前提です。商品を実際に手にとって見ることができないため、商品の魅力を伝えるには商品画像や商品説明文が重要になってきます。実店舗では必要ない技術が必要になってくることも覚えておきましょう。

ネットショップの開業方法を詳しく解説

(1)インターネット環境を整える
まずは、インターネット環境を整えましょう。ここでやることは以下の2つです。

・プロバイダ契約をしてネットに繋ぐ
・ネットショップサイトのためのレンタルサーバーを契約する

レンタルサーバーは、必ず商用利用可・SSL対応しているものを選んでください。

レンタルサーバーには大きく分けて2つの種類があります。1つのサーバーを独占して利用できる「専用サーバー」と1つのサーバーを複数人で共有する「共用サーバー」です。

専用サーバーは自由度が高い上に他のユーザーの影響を受けずに利用できるというメリットがありますが、価格が高く、管理には専門知識も必要になるため初心者にはハードルが高いサーバーです。はじめてネットショップをオープンするのであれば、初心者でも管理がしやすく低価格で契約できる共用サーバーをオススメします。

レンタルサーバーを契約したら、あわせて独自ドメインも取得しておきます。レンタルサーバー同様ドメインにも独自と共有がありますが、集客など運営の観点からいって独自ドメインがオススメです。

(2)サイトデザインをする
続いて、ショッピングサイトの見た目やシステムを整えていきましょう。専用システムを使って、サイトのデザインをしていきます。実店舗の内装・商品陳列に当たる部分で、このデザインの見栄えが悪いと、せっかく良い商品を売っていても、サイトを閲覧してもらえなくなってしまいます。ですので、見やすさとスタイリッシュさ、ショップコンセプトを意識してサイトデザインを作り上げていきましょう。

(3)会計システムを導入する
専用システムを使って、注文のシステムを整えます。ネットショップでは、クレジット決済や配送先入力が必要となってきますし、複数の手段があるのならばその中から選んでもらうシステムも必要です。お客様にとっても自社にとっても使いやすいよう、整備しましょう。

ネットショップでは受注管理システムがあると便利

お客様から受けた注文は、注文ごとに指定された決済方法・配送方法で対応しなくてはいけません。一覧が出てきたとしても1件ずつアナログで確認して処理していては時間も手間もかかり、ミスも増えがちです。入金状況が一発で確認できる、自動で発送完了メールを送ってくれる、配送方法別に配送伝票の印刷ができるなどの受注管理システムがあると便利です。

受注管理システムの基本機能

受注管理システムの主な機能は以下のようなものが挙げられます。

・入金状況がチェックマーク等で直ぐにわかるようになっている
・クレジットカード決済の状況を反映し、表示してくれる
・配送伝票の印刷が簡単にできる
・出荷等の対応状況メールを一括でお客様に送れる

ほかにも、帳簿機能、納品書や請求書の作成機能など、ショップ運営をサポートするさまざまなサービスがあります。複数のネットショップをオープンしたときでも、受注管理システムを1つにまとめておくことで作業の効率化が望めます。

実店舗とネットショップ、あなたに向いているのはどっち?

ネットショップと実店舗は全く違う運営方法になるということがわかりました。ここで改めてそれぞれのメリット・デメリットを解説しますので、自分が開業したいお店はどちらのほうが向いているのか検討してみてください。

《実店舗》
【メリット】
・商品を直接手にとって見てもらえる
・商品の配送の手間がない

【デメリット】
・販売地域が限定される
・開店時間のみしか販売を行えない
・テナント料、店舗の内装費用などまとまった初期費用が必要

《ネットショップ》
【メリット】
・日本全国、場合によっては世界に向けて販売が可能
・テナント料や光熱費など店舗維持に関わる固定費がかからない
・24時間体制で注文を受けられる
・初期費用が少なくても開店できる

【デメリット】
・商品を直接手にとって見てもらえない
・商品の発送の手間と送料がかかる

ネットショップ出店方法3パターン

この項目では、ネットショップの開業方法について、3つのパターンを紹介します。

ショッピングモール型

Amazonや楽天市場などが代表的なショッピングモール型で、1つのサイトに複数店舗が出店しているのが特徴となります。モール自体に集客力があるので、自身のショップに知名度がない初期から売上を確保しやすいのも特徴です。

ただし、出店費用は独自ECサイト型よりも高額になることが多く、商品が売れるたびにモールに販売手数料を払う必要もあります。また、楽天市場のように、モールで得た顧客情報は他のサイトで利用してはいけないという決まりがある場合もあるので、ショッピングモール型で顧客を増やして独自サイトに移行しようと考えている人は注意が必要です。

独自ECサイト型

自社サイトでショップを運営する方法です。昨今ではASP型(Application Service Provider)のツールを利用すれば、レンタルサーバーやショッピングカートの設定など、難しいことがよくわからなくても、簡単な操作で見栄えのするサイトを作り上げることができます。無料で利用できるサービスも多く、初期費用が安く済む・利益率が高くなるのが魅力です。

ただし、モール型のように集客力はないため、自分で集客を行う必要があります。

独自ECサイト型の無料ネットショップサービス

独自ECサイトには固定費が発生する有料タイプもありますが、BASEやSTORESといったように無料でサイトを構築できるタイプも存在します。無料ネットサービスの特徴は、初期費用・月額料金が一切かからず、商品が売れた場合にのみ販売手数料の支払い義務が発生するところです。商品が売れなければ支払金は発生しないため、固定費で経営が苦しくなることもありません。

有料ECサイトとの違いは、販売手数料の割合とサービスの豊富さです。有料ECサイトでは月額費用が発生しますが、その分販売時の販売手数料は安めに設定してあることが多く、複数配送先指定や他店舗管理システムといったサービスが充実しています。

売上が少ないうちは無料ECサイト売上が上がりショップ規模が大きくなってきたら有料ECサイトを利用するといった風に、上手に使い分けをするのがオススメです。STORESなら、無料プランと有料プラン両方を用意しているので、移行が簡単にできます。

ネットショップの出店前にしておくべき3つのこと

この項目では、ネットショップ出店前に決めておくべき重要なことを3つ紹介します。

ショップの方向性と販売商品を決めること

出店前にショップの方向性、販売する商品、商品を購入する人物像を定めておくことは非常に大切です。なぜなら、一口にネットショップ開業と言っても出店の方法は幅広く、ショッピングモール型に絞ったとしてもそれぞれ売れやすい商品は異なるからです。

どんな商品を売るのにも適している夢のようなサイトはありません。それぞれ、メリット・デメリット、得意不得意、メインユーザーの層は違います。まずは、販売するものを明確にすること、そしてそれに合った出店方法・集客方法を考える事が重要です。

出店方法を決めること

出店方法には、ショッピングモール型と独自ECサイト型があります。ショッピングモール型は、集客力が見込める反面、出典費用が高く競合との価格競争に巻き込まれやすいという側面も持っています。

対して独自ECサイト型は、出店費用が安いものの集客は自力で行わなければいけません。販売商材によっても向き不向きは変わってきますので、自分に合った出店方法を選ぶようにしましょう。

集客戦略を練ること

特に独自ECサイト型で出店する人に言えることですが、集客方法について事前に考えておかないと、サイトへのアクセス数が少ないから売上が上がらないという事態に悩まされます。たとえば、ショップサイトの見栄えも使い勝手の良さも販売している商品も申し分なく、サイトに訪れた人のうち9割が購入を決めてくれたとしましょう。

それでも、月に10人しかアクセスがなかったとしたら、廃業へ一直線です。SEO対策、SNSの活用など集客方法を考えるとともに、月額いくらまでなら広告費・集客費用として使えるのかを見積もっておくことも大切です。

大手ショッピングモール型サイト4つ

この項目では、大手ショッピングモール型サイトを4つ紹介します。

Amazon

Amazonへの出店方法は、小口出品大口出品の2通りあります。小口出品は月額料がかからないため初心者にとってはリスクの少ない出店方法ですが、商品が売れたときにかかる販売手数料が高い、出品に制限があるといった特徴もあるため、本格的にビジネスとしてやっていくなら大口出品がオススメです。

【小口出品】
・月額無料
・販売手数料1件ごと100円+手数料8%~15%

【大口出品】
・月額4,900円
・販売手数料8%〜15%
・出品数無制限
・まとめての出品が可能

Amazonの顧客層はどの年代においても男性の方が多く、特に30~60代の男性に利用されている傾向があります。男性向け商品を売るのに向いているサイトだといえるでしょう。

楽天市場

楽天市場の出店プランは4つで、月額出店料は以下のとおりです。

・ライトプラン:3か月分一括払い39,800円
・がんばれ!プラン:年間一括払い19,500円
・スタンダードプラン:半年ごとの2回分割払い50,000円
・メガショッププラン:半年ごとの2回分割払い100,000円

このほか、システム利用料・システムサービス利用料・楽天ペイ利用料がかかってきます。

楽天市場の特徴は女性ユーザーが多いことで、特に30代女性の利用率は男性の倍ほどあります。女性向けのアパレル商品・グルメなどと相性が良いモールといえます。

ヤフオク!

ヤフオク!は、オークションサイトなので、Amazonや楽天市場とは少し毛色が異なります。貴重な商品を売る場合には価格が高騰しやすい傾向にあり、利益率の上昇を見込めるのが魅力です。

また、出品者だけではなく落札者の評価システムも実装されているので、評価が低いユーザーから落札できない仕組みにするなど、ショップ側がお客様を選ぶ事ができます。中古品を売りたい人にも向いているモールです。

メルカリ

メルカリは、テレビCMの発表以降ユーザー数が急上昇したフリマアプリです。若い世代に馴染みが深く、質よりも安さを求めてくるユーザーが多いのが特徴です。

購入希望者とはチャットのようなツールでメッセージのやり取りをするのが通例で、値下げ交渉も盛んに行われています。値下げ依頼を受ける場合には、価格を調整するために新規商品ページを作成してアップしなくてはならず、1件毎の販売契約に時間と手間がかかるのが難点です。

大手ECカート型サイト4つ

この項目では、ECカート型サイトを4つ紹介します。

MakeShop

集客機能を備えたECサイトである点がMakeShopの特徴です。固定費や月額料金がかからずにYahoo!ショッピング、価格ドットコムなどの大手ショッピングモールサイトに商品掲載できるので、独自ECサイト型とショッピングモール型のいいとこ取りができます。掲載モールで商品が売れた場合には手数料がかかりますが、MakeShopに出店するだけで複数サイトからの集客を見込めるのは最大の強みと言えるでしょう。

月額費用3,000円からはじめられるビジネスショッププランのほかに、機能が豊富なプレミアムショッププラン、カスタムMakeShopがありますので、売上やShopの規模に応じて契約しましょう。

カラーミーショップ

カラーミーショップは、月額料金900円から始められる有料ECサイトです。MakeShopと比べると機能は少なめですが、基本的な機能は揃っているため初心者にオススメのサイトとなっています。

デザインテンプレートが豊富なので、サイト構築に詳しくなくても簡単にスタイリッシュなサイトが完成します。定期購入サービスを無料で使うことができるので、サプリメント、美容品、消耗品といった日常的に使用する商品の販売にもオススメです。

STORES

STORESは、初期費用・月額料金が無料の独自ECサイトです。デザインテンプレートはシンプルなものが多いので、大人向け・かっこいい系の商品を取り扱うショップと相性が抜群です。商品画像の構図にこだわることで目をひくサイトが完成します。集客機能は備わっていないので、自身でブログを運営する・SNSで呼びかけるなどしてショップサイトに誘導しましょう。

BASE

BASEは、インターネットに詳しくない方でも簡単にウェブ上にショップを開くことができるサイトです。初期費用・月額料金が無料にもかかわらず独自ドメインが取得できます。また、ハンドメイド作品との相性もよく、Instagramと連動させて集客することが可能です。

独自ECサイト型での集客について

この項目では、独自ECサイト型で出店する場合の集客方法についてお伝えします。

独自ECサイト型の集客方法

集客手段としてとれるのは以下の方法です。

・SEO対策をして検索順位を上げる
・リスティング広告を出す
・SNSで画像を上げてショップサイトに誘導する
・アフィリエイトに登録する
・ウェブ広告を出す
・TVや雑誌で取り上げてもらう
・チラシなどのアナログ広告を出す
・オウンドメディアを立ち上げて商品を紹介する

一気にできるものでもありませんし、難易度もさまざまです。できることから少しずつ手を付けて様子を見るとともに、売上の中から月額の広告費も確保していきましょう。

独自ドメインが設定できるカラーミーショップは集客から見てもオススメ

集客力だけで比べると、どうしてもモール型に劣るECサイト型ですが、どうしても自社サイトが良いという場合はカラーミーショップをオススメします。独自ドメインも設定できる上、月額料金900円のプランからあり、初心者でも手を付けやすいという点がメリットとして挙げられます。

上位プランもあるため、売上に応じてプラン変更でずっとカラーミーショップを使い続けることもできます。経験も見込み客もいないけれど、とりあえず自社サイトでネットショップを開店したいという方が低リスクでオープンできる手段となっています。

まとめ

ネットショップ開業と実店舗開業は似て非なるものです。集客のアプローチや商品の魅せ方も変わってきますので、違いをよく理解しておきましょう。出店方法には、もともとあるモールに出店させてもらうショッピングモール型と自社サイトを立ち上げるECサイト型が存在します。集客力が高いのはショッピングモール型費用が安いのはECサイト型ですので、自分の得手不得手や売りたい商材に合わせて適切な手段を選択しましょう。

どういった売り方をするにしろ、一番大切なのは出店前の下準備です。しっかりとコンセプトを作り上げ、他と差別化できる店を作り上げてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。