物販

ネットショップの名前を決める方法!各種ランキングで上位表示を狙おう!

ネットショップをオープンする際に決めなければならないのが「ショップ名」です。ショップ名はお店の顔となるものなので慎重に決めたいですよね。

そこで、この記事では、ネットショップの名前のつけ方のポイントを解説します。

ネットショップの名前を決める際の基本

ネットショップの運営にとってお店の名前は重要です。

まずは、名前を決める際の基本を解説します。

分かりやすい名前にする

ネットショップの名前は分かりやすいネーミングが一番です。お店の名前を見ただけで、何を取り扱っているお店かがわかった方がお客さんも訪れやすくなるからです。

例えば、ヨガウェアを取り扱うネットショップなら、「オシャレなヨガウェア専門店〇〇」や「ヨガウェアの〇〇」など分かりやすいネーミングを意識すると良いでしょう。お店の名前に扱う商品のジャンルを入れ込むことで、検索されやすくなるというメリットもあります。

また、ヨガウェアを探している人は、ネット上でヨガウェアの人気販売店ランキングをチェックする際、名前が分かりにくいお店よりも「ヨガウェア専門店」と記載してあるお店の方をチェックしてくれるものです。

アドレスやドメインも分かりやすくする

ネットショップをオープンする際は、お店のアドレスやドメインを取得しますよね。お店のアドレスやドメイン名は自分で自由に決められることがほとんどなので、お店で取り扱う商品と関連した名前をつけると分かりやすいです。

例えば、先ほどのヨガウェア専門店なら、「YogaWear-love.net」などヨガウェアを扱っていると分かる名前がおすすめです。

ネットショップの名前をつけるコツ

いいネットショップの名前を思いついても、すでに別のお店が同じ名前をつけていることって多いですよね。

そこで、他にはない自分らしいオリジナルの名前をつけるコツを解説します。

文字や単語を変える

思いついた名前が他のお店と被ってしまった時は、文字や単語の一部を変えてみましょう。例えば、「YogaWear」はありふれていますが「Yoga-love-Wear」であればオリジナリティがあります。

このように文字や単語の一部を変えたり加えたりして、他のお店と被らないオリジナリティのある名前をつけるとよいでしょう。

地名を加える

ネットショップで産地の決まった商品を取り扱うなら、ネットショップの名前にも地名を入れると分かりやすいネーミングになります。例えば、熊本県の野菜を販売するネットショップであれば「Kumamoto-Vegetables」とつけると熊本の野菜を販売しているネットショップだとすぐに認識してもらえます。

商品や地名を逆から読む

日本語の名前を逆から読んだ名前をつけるのもユーモアがあります。例えば、愛知県特産の商品を販売するネットショップで、「Aichi(アイチ)」を逆から読んで「Ichia(イチア)」という名前をつけるのも面白いですよね。

コンセプトを盛り込む

販売する商品に関連した名前ではなく、お店のコンセプトに関連した名前をつけるのもおすすめです。例えば、ダイエット関連商品を取り扱うネットショップなら「やせるショップ」や「スリムドットネット」などのネーミングも親しみやすいです。

ネット検索に強い名前の付け方

ネットショップは、お客さんがサイトを訪れてくれないと商売になりません。ネット検索を介して多くのお客さんがあなたのネットショップへたどり着いてくれるように、お店の名前を工夫しましょう。

ここからは、ネット検索に強いネットショップの名前のつけ方を紹介します。

商品の名称を入れる

ネットショップの名前に取り扱う商品の名称を入れることは、お客さんが分かりやすいだけでなく、検索でも上位に表示されやすくなるというメリットがあります。例えば、女性向けのプロテインを取り扱うお店なら、名前の中に「女性・プロテイン」というキーワードを加えておけば、お客さんも分かりやすいですし、検索にも引っかかりやすくなります。

名前は長くなりすぎないように

ネットショップ名の中にキーワードをたくさん入れ込もうとすると、ついつい長い名前をつけてしまいがちですが、長すぎるとかえって分かりづらくなってしまいます。わかりやすさという点からは、12文字前後の名前が理想です。

特殊文字や絵文字は使わない

私たちはスマホで友達や家族とメッセージを送り合う時に、文字だけでなく特殊文字や絵文字を使用しますよね。ネットショップの名前もオシャレに見せるために特殊文字を使いたくなりますが、特殊文字や絵文字は検索エンジンで検索できない場合があります。

さらに、特殊文字や絵文字は、「人気のネットショップ・商品ランキング」でも正常に表示されないことがあります。これでは集客力のあるランキングにあなたのショップが載りません。そのため、お店の名前には特殊文字や絵文字は使用しないで、文字や数字を使うようにしましょう。

ニッチなキーワードを狙う

検索上位を狙うならニッチな名前をつけるのが効果的です。例えば、トレーニングウェアを取り扱うネットショップの中でも、ヒップアップを目指す女性向けのトレーニングウェアを中心に販売するなら、お店の名前に「ヒップアップ・女性・トレーニングウェア」のキーワードを入れ込むと良いでしょう。

すると、ヒップアップのトレーニングを考えている女性がトレーニングウェアを検索した際にヒットされやすくなります。

SEOを意識したネットショップの名前の付け方

SEOを意識したネットショップ名のつけ方について解説します。

2語または3語で検索上位を狙う

ネットショップに集客するためには、検索で上位表示されなければなりません。例えば、熊本県の野菜を販売するネットショップの場合、お客さんが「熊本県 野菜」とネット検索した時にあなたのネットショップが上位に表示されると、お客さんが訪れてくれる可能性が高まります。

しかし、「熊本県 野菜」といった誰でも思いつくようなキーワードの場合は、大手のネットショップや通販サイトが上位表示されてしまうので、個人のネットショップをお客さんに見つけてもらうのは難しいかもしれません。その場合は、「熊本県 野菜 特産品」や「熊本県 野菜 日本一」など3つのキーワードで上位表示を狙います。

ネットショップの中に、「熊本県 野菜 特産品」や「熊本県 野菜 日本一」について書いたブログ記事が入っていると検索上位に表示されやすくなるので、ネットショップにブログ記事を加えておくと良いでしょう。その際は、例えば、「熊本県のおすすめ野菜ランキング」といった題でブログ記事を書いておくのもおすすめです。

ネットで検索する人の頭の中を想像する

ネットショップの名前をつける時は、お客さんがどのように検索エンジンで検索するかを想像しましょう。通販サイトで商品を購入しようと考えている人は、「商品名 + 通販」「商品名 + オンライン」などで検索する人が多い傾向があります。

そのため、お店の名前に「通販」や「オンライン」などのキーワードを盛り込むのも効果的です。例えば、「熊本県の野菜の通販なら〇〇」や「熊本県の野菜がオンラインで買える〇〇」といった名前のショップにすれば、お客さんの検索に引っかかる可能性が高まります。

他のネットショップの名前と被らないように気を付ける

先ほども少し書きましたが、ネットショップの名前の候補がいくつか決まったら、それらが既存のネットショップの名前と被っていないかを調べなければなりません。ネットショップの名前の調査方法は以下の通りです。

・インターネットで候補の名前を入力して、検索してみる
・法務局のホームページにアクセスして商号を調査する
・商標登録されていないか調べる

同じ名前でもひらがな・カタカナ・漢字・アルファベットなど複数の表記で検索してみましょう。例えば、「よがうぇあ」「ヨガウェア」「YogaWear」と検索します。表記方法で悩んだ場合は、通販サイトのランキングをチェックして他のお店の名前や商品名を見てみると表記方法がチェックできます。

ネットショップの名前を調査する時は、以下の各サイトが便利です。

参考: 法務局「オンライン登記情報検索サービスを利用した商号調査について」

参考: 特許情報プラットフォーム

いい名前が見つかった場合でも、すでに他のネットショップや通販サイトがその名前を使用している場合は使用を控えなければなりません。それでもその名前を使いたい時は、名前に地名を加えるなどのオリジナリティを出してみましょう。

ネットショップの名前を考える時の注意点

ネットショップの名前を考える際の注意点を解説します。

商標権を確認する

商標権は商品やサービスの目印となる商標を保護するための権利です。商品やサービスの名前やロゴなどを登録できます。商標権は先に出願されたものが登録されるので、すでに登録してある商標を他の商品やサービスに利用することはできません。

商標権については、先ほどもご紹介した「特許情報プラットフォーム」で検索できるので必ず確認しておきましょう。

ロゴも分かりやすくする

ネットショップの名前と一緒にロゴを作成することがありますよね。最近の洋服などではオシャレなロゴが付いていますが、読みづらいロゴもあります。ネットショップにおいては読みづらいロゴは避けた方が無難です。

ネットショップのロゴはお店のイメージにも繋がるので、誰でも読みやすい名前や形・カラーで作成しましょう。

オリジナリティのあるネットショップの名前をつけよう!

ネットショップの名前は、お店の顔になりますし、検索からお客さんを呼び込むための大事な要素にもなります。取扱商品がわかりやすい名前や検索エンジンで上位に表示されやすい名前になるよう工夫しましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。