物販

初心者がネットショップを開業するためにおすすめのサービスをご紹介

最近ではネットショップサービスを利用して個人でも簡単にネットショップをオープンできるようになりました。そして、ネットショップで利益を出すには、最初のネットショップのオープン先や商品の選定がポイントです。

この記事では、ネットショップのおすすめの開業先やネットショップを運営するポイントを解説しますので、ぜひ参考になさってください。

ネットショップの種類

ネットショップには、大きく分けて「ショッピングモールタイプ」「ショッピングカートタイプ」「独自ドメインタイプ」の3種類があります。それぞれのネットショップの運営方法について解説します。

ショッピングモールタイプのメリット

ショッピングモールタイプは、楽天市場・ヤフーショッピング・Amazonのような大型のショッピングモールに出店する方法です。これらの通販サイトは企業が出店している場合もありますが、個人で出店している店舗も多いです。ショッピングモールは集客力が高く、売上を伸ばすためのサポートも充実しています。

ショッピングモールタイプのデメリット

ショッピングモールタイプの通販サイトに出品するデメリットは、販売手数料や毎月の運営費が高くつく点です。ネットショップをオープンしたばかりで利益があまり出ていない状態でも運営費を支払わなければならないので、個人で気軽にお店をオープンさせたいと考えている人には向いていません。

ショッピングカートタイプのメリット

ショッピングカートタイプとは、CMでもお馴染みのSTORESBASE(ベイス)のようなネットショップサービスのことです。個人でも気軽にオシャレなデザインのネットショップをオープンでき、手数料や運営費も安いのが大きなメリットです。

ショッピングカートタイプのデメリット

ショッピングカートタイプのネットショップでは、いかに上手く集客するかがポイントになります。広告を出して集客をしなければ、ネットショップにお客さんが全く来てくれないこともあります。このように、集客のための広告費がかかるのがショッピングカートタイプのデメリットです。

独自ドメインタイプのメリット

独自ドメインタイプは、自分でドメインを取得してホームページを作成する方法です。ドメイン名もホームページのデザインも自由に行えるので、思い通りのネットショップがオープンできます。すでにwebデザインの知識がある人におすすめのネットショップ開業方法です。

独自ドメインタイプのデメリット

独自ドメインタイプは自由度が非常に高い半面、デザインの決定やショッピングカートの設置などを全て自分で行わなければならないので、オープンに至るまで手間も時間もかかってしまいます。気軽にネットショップをオープンさせたい人には向いていません。

ネットショップサービスの料金

ショッピングモールタイプとショッピングカートタイプ、そして独自ドメインタイプのどのタイプのネットショップを開業するかは、料金を基準に判断するのも一つの方法です。

ここからは、各ネットショップの料金について解説します。

ショッピングモールタイプの料金

まずは、ショッピングモールタイプの通販サイトの出店手数料を紹介します。

楽天市場

楽天市場には3つの1年契約プランと1つの3ヶ月契約プランがあります。また、初期登録費用として各プラン60,000円が必要です。

・1年契約プラン
がんばれ!プラン 19,500円/月(年間一括払い)
スタンダードプラン 50,000円/月(半年ごとの2回分割払い)
メガショッププラン 100,000円/月(半年ごとの2回分割払い)

・3ヶ月契約プラン
ライトプラン 39,800円/月(3か月間一括払い)

参考: 楽天市場「出店プラン・費用」

◆ヤフーショッピング

ヤフーショッピングに出店した場合、初期費用・月額システム利用料・売上ロイヤルティは無料です。ただし、ストアポイント・キャンペーン・アフィリエイト手数料・アフィリエイトパートナー報酬は負担する必要があります。

参考: ヤフーショッピング「料金・費用について」

◆Amazon

Amazonでは大口出品と小口出品の2種類の出品方法が用意されています。大口出品は月額4,900円の基本料と販売手数料がかかります。小口出品は商品が売れるごとに100円の基本成約料と販売手数料を支払わなければなりません。

参考: Amazon「料金プラン」

◆ヤマダモール

ヤマダモールでは2つの出店プランが選択できます。短期お試しのライトプランは、月額10,000円で販売手数料が8%かかります。プラチナプランも月額10,000円ですが、販売手数料は2.5~5%です。

参考: ヤマダモール「出店案内」

ショッピングカートタイプの料金

ショッピングカートタイプのネットショップサービスの出店手数料を紹介します。

◆STORES.jp

STORES.jpでは、月額料金無料のフリープランと有料のスタンダードプランの2種類のプランを選択できます。フリープランでも決済手数料5%は負担する必要があります。スタンダードプランは月額料金1,980円で決済手数料は3.6%です。

参考: STORES.jp「料金プラン」

◆BASE

BASEは、初期費用・月額費用が無料で、商品登録数も無制限です。

◆カラーミーショップ

カラーミーショップには以下の4つのプランがあります。いずれのプランも商品登録数は無制限で、30日間の無料体験期間が設けられています。

・エコノミー 834円~
・スモール 1,234円~
・レギュラー 3,000円
・ラージ 7,223円

エコノミープランとスモールプランは、契約期間によって月額料金が異なります。詳しくはカラーミーショップをご確認ください。

参考: カラーミーショップなら、販売手数料0円。

◆MakeShop

MakeShopにはプレミアムショッププランとエンタープライズプランがあります。プレミアムショッププランは、月額費用10,000円で初期費用も10,000円です。エンタープライズプランは、大規模ショップ向けのプランで、月額費用50,000円から、初期費用は100,000円からです。

参考: 【ショップ売上高7年連続No,1】本格的なネットショップ構築ならMakeShop

◆shop serve

お店のスタイルに合わせた4つのプランから選べるshop serveは、オプションサービスや決済代行手数料以外に追加の固定費用は必要ありません。パブリック・ベーシック・プライム・プレミアム、いずれのプランも開通料が15,000円で月額費用が異なります。

参考: shop serve「プラン・料金」

ネットショップサービスを選ぶポイント

ショッピングカート型のネットショップサービスは多くあるので、どのサービスを選んだらよいか悩んでしまいますよね。ネットショップサービスを選ぶポイントは以下の通りです。

・初期費用や月額料金で選ぶ
・スマートフォン対応かどうかで選ぶ
・登録できる商品数で選ぶ
・データ容量で選ぶ

個人でネットショップを初めて開業する場合、初期費用はできるだけ抑えたいもの。取り扱う商品の数が少ない間は、初期費用や月額料金が安いサービスを選ぶのがポイントです。

最近ではスマートフォンで買い物を楽しむ人が増えています。ショッピングサイトもスマートフォンに対応している方がお客さんが来てくれる可能性が高まります。

ネットショップが軌道に乗ってきたら、より多くの商品を出品したくなるものです。そのために、最初から登録できる商品数の多いサービスを選んでおくのも良いでしょう。

取り扱う商品の数が増えれば増えるほど多くの商品画像が必要になってくるので、容量も十分あった方がよいです。さらに、最近では動画を活用して商品説明をしているネットショップも多いので、動画をたくさん保存できる容量が欲しいですね。

簡単にネットショップを開業する方法

ここからは、初心者が比較的スムーズにネットショップを開業する方法を解説します。

固定費・広告を抑えられるサービスを選ぶ

ネットショップをオープンしたての頃は赤字になってしまうことが多いため、できるだけ固定費のかからないサービスを利用しましょう。また、広告費を抑えるために、集客にはTwitterやInstagramなどのSNSを活用してください。

簡単に開業できるネットショップサービスを選ぶ

開業の手軽さでいえば、BASESTORESなど、好みのデザインを選ぶだけですぐに開業できるショッピングカートタイプのサービスがおすすめです。ただし、楽天市場やヤフーショッピングのようなショッピングモールタイプよりは集客力が落ちるので、お客さんを呼び込む作業は自分で行わなければなりません。

ネットショップの開業先としていずれのサービスを利用するにしても、大事なのは「どんな商品を売るか」「どうやって集客するか」です。魅力的な商品がなければ、お客さんが来てくれても買ってもらえませんし、集客しなければお客さんに来店してもらうことさえ望めません。

集客が比較的簡単な通販サイトを選ぶ

集客が面倒だ」「SNSに慣れていないから集客方法がよく分からない」という方には、楽天市場やヤフーショッピングのようなショッピングモールタイプの利用をおすすめします。楽天市場やヤフーショッピングは利用者が多いので、サイト内の検索から商品を見つけてもらえる場合があります。

特に、楽天市場の「お買い物マラソン」やヤフーショッピングの「5のつく日キャンペーン」期間中はお客さんが多くの買い物をしてくれるので、あなたのネットショップでも購入してもらえる可能性は高まります。

また、Amazonも、Amazonプライム会員を中心にお客さんが非常に多い通販サイトなので、特に集客しなくてもあなたの出品した商品を見てもらえる可能性は高いでしょう。さらに、AmazonのFBA出品を利用すると、Amazon倉庫に商品を送っておけば、商品管理から発送まですべてAmazonが行ってくれるので非常に楽です。

ショッピングカートを追加するだけのサービスを選ぶ

すでにネットショップに使えるホームページを持っているなら、ショッピングカートを追加できるサービス「e-shopsカートS」を利用するのもおすすめです。

このサービスを利用すれば、自分のホームページの好きなところに「ショッピングカートに追加する」ボタンを設置できるようになります。

ネットショップの規模に合わせてベーシック・スタンダード・ビジネスの3つのプランが用意されているので、最適なプランを選択してくださいね。

簡単に開業できるネットショップサービス

メルカリやヤフオクの延長のような感覚で気軽にネットショップを開業したいなら、BASESTORESがおすすめです。

ここからは、ネットショップ初心者に特におすすめのBASEとSTORES.jpを詳しく紹介します。

BASEでライブ販売

BASEは、ライブ形式で商品の売買を行える「BASEライブ」や、商品に関する情報を発信できる「BASE Mag.」というメディアを利用できるのが大きな特徴です。

「BASEライブ」はお客さんとコミュニケーションを取りながら商品をおすすめできる生放送サービスです。例えば、ライブで帽子を紹介している時にお客さんから「色違いはある?」「サイズはどれくらい?」と質問をもらうと、すぐに返答できるので、お客さんが納得して購入してくれます。

「BASE Mag.」はブログ記事の中で商品を紹介できるサービスです。スマートフォンで気軽にブログ記事を読む人は多いので、ブログ記事で商品を紹介するのは効果的です。

STORES.jpで最短2分オープン

STORES.jpは最短2分でネットショップが作れるのが売りのネットショップサービスです。無料プランと有料プランがあり、有料のスタンダードプランであれば独自ドメインも使えます。

そして、どちらのプランでもメールマガジンやクーポンを発行したり、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」と連携したりできるので、お客さんへのアピールもしっかり行えます。

ネットショップの運営で気を付けること

ここからは、初心者がネットショップを開業する際に気を付けるべきことを紹介します。ネットショップ運営のポイントや注意点を知っていると失敗する確率がグンと下がりますので、参考になさってください。

すぐには売れないと思っておく

ネットショップを開業したばかりの頃は、「売れない」と思っておきましょう。そもそも、新しくオープンしたばかりのネットショップにはお客さんは中々たどり着いてくれません。地道にSNSで情報を発信している間に少しずつお客さんが来てくれるようになります。

また、お客さんが来てくれたとしても魅力的な商品がなければ購入してもらえません。ネットショップを開業したばかりの頃は、商品を魅力的に見せる技術が身についていないため、どうしても売れない状況に陥ってしまいがちです。

しかし、「どうしたら売れるんだろう」と試行錯誤している間に、どんどん商品画像や商品説明文は魅力あるものに変わっていきます。そのうち、お客さんも商品を購入してくれるようになりますので、簡単に諦めないようにしましょう。

ランニングコストを把握する

ネットショップを開業したばかりの頃は、商品の仕入れ値や売上額ばかりが気になるものですが、実は大きな負担となるのはネットショップの維持費です。特に月額料金や広告費などが大きな出費となるので、きちんとランニングコストを把握しておきましょう。

ただ、ランニングコストをきちんと考えていても、最初のうちは赤字になってしまうかもしれません。それでも、SNSで商品をアピールしたり商品を充実させたりしていれば、赤字が徐々に黒字に近づいてきます。

コツコツとネットショップを大きくしていく

大企業であれば、ネットショップを開業するための予算を組んでもらえるので赤字が続いたとしても経営を続けていけます。さらに、予算があるので維持費のかかる楽天市場やAmazonでもランニングコストに振り回されず順調に売上を伸ばしていけるでしょう。

しかし、個人が開業するネットショップは大企業と同じようにはいきません。まずは、ランニングコストのあまりかからないネットショップサービスを利用して、コツコツと商品を充実させていきましょう。

経営が軌道に乗ってくれば、ランニングコストのかかる楽天市場やAmazonなどに新たに出品するのも良い方法です。

また、売上が伸びてくれば、新たにドメインを取得して自分が思い描いたとおりの完全オリジナルのネットショップをオープンさせられます。

時間はかかりますが、開業した小さなネットショップを少しずつ大きくしていきましょう。

ネットショップを成功させるコツ

ネットショップを開業した以上、誰だって売上を伸ばしたいでものです。ここからは、ネットショップを成功させるコツを解説します。

SNSを最大限活用する

今やネットショップを運営していく上でSNSは必須の存在です。毎日、多くの人がスマートフォンでTwitterやInstagramをチェックする時代なので、SNSで商品やお店を上手にアピールできればあなたのネットショップは成功間違いなしです。

例えば、ヨガウェアを取り扱うネットショップを経営するなら、ヨガをしている人に向けて情報を送ったり、おすすめの商品画像を投稿するなど、ターゲットを明確にしてSNSで情報を発信していきましょう。

アフィリエイトを利用する

アフィリエイトの広告主になり、商品を紹介してくれた人に対して報酬を支払うという方法も効果的です。アフィリエイトとは、誰かに商品の広告を表示してもらったり、SNSで商品を宣伝してもらったりして、その人のリンクを経由して誰かが商品を購入してくれたときに報酬を支払うという仕組みです。

ネットショップを成功させよう!

ネットショップを開業するのは意外と簡単です。個人でネットショップを始めるなら、まずは毎月の維持費があまりかからないサービスを利用して商品を充実させていきましょう。ウェブデザインの知識があるなら、自分でドメインを取得してオリジナルのネットショップをオープンするのもおすすめです。

今回ご紹介した情報を参考に、ぜひステキなネットショップを開業してくださいね。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。