物販

ネットショップで洋服屋を開業する方法を徹底解説!

この記事で扱うのは、ネットショップで行う洋服屋、アパレルショップです。最近では、ネットショップの開設をサポートしてくれるサービスが充実していて、誰でも簡単にネットのアパレルショップが開けるようになっています。

誰にでも挑戦できる環境は整いましたが、一方で競争も激しくなっています。ネットショップの洋服屋を開業する方法や、開業した際の商品の仕入れや集客はどうすればいいのかなど、開業にまつわる様々な情報をお伝えします。

ネットで洋服屋を開業した際の商品の仕入れ先

ネットで洋服屋を開くこと自体は難しくありませんが、継続的に儲けを出して、ショップ経営を長年続けていくことには、誰もが成功できるわけではありません。

ネットのアパレルショップを経営する上で問題になることの一つが商品の仕入れです。どんなところで商品を仕入れればいいのか解説します。

日本国内の仕入れ先から仕入れる

まず大きく分けて、国内の仕入れ先から仕入れるか、海外の仕入れ先から仕入れるかの区分があります。国内と海外には、それぞれの特徴があるので、自分が経営するショップに合わせて、適切な仕入れ先を選ぶようにしましょう。海外からの仕入れについては後で説明するとして、先に国内の仕入れ全般について解説します。

日本国内で仕入れる場合の大きな特徴は、安心感があることです。例えば、商品を仕入れる前に現物を自分の目で確認することも簡単にできますし、仮に仕入れた商品に不良品があったとしても、返品や交換の作業をするのも楽です。

ただ、国内で仕入れを行う場合は、競合するライバル店とも似たような商品構成になる可能性があります。安心して仕入れができる、仕入れがしやすいということは、ライバル店にとっても同じことなので、同じ取引相手から同じ商品を仕入れる可能性も高くなるのです。国内で仕入れを行う際には、どんな商品を仕入れて、ショップの個性を出していくかが問題となるでしょう。

国内の仕入れ先 その1 ネット卸問屋

手軽に使えるのが、ネットで注文できる卸問屋のサイトです。法人だけでなく、個人事業主による仕入れも可能なところが多いので、初めてネットショップを開くという人でも商品を仕入れることができます。ネット卸問屋にも色々なところがあり、気軽に利用できるので、複数の問屋から自分のショップに合ったものをチョイスして仕入れることができるのもメリットです。

メインで扱う洋服については他のルートで仕入れる場合でも、同時に販売するアクセサリーやファッション雑貨などはネット卸問屋で手軽に仕入れて、ショップで扱う商品点数を増やすといった使い方もできます。欠点としては、仕入れ値が公開されてしまっていること、誰にでも簡単に仕入れができるので、同じ商品を扱うライバルが出やすいことなどが考えられます。

国内の仕入れ先 その2 実店舗の問屋

普通に街中にある問屋から仕入れる方法です。ただし、街中の問屋の場合は、取引相手を実店舗を保有している人・会社に限っている場合があります。ネットショップだけを経営している個人事業主の場合は、取引してもらえない可能性もあるので注意してください。各地域に問屋街というものが存在するので、取引が可能かどうか直接あたってみるといいでしょう。

問屋で仕入れる場合は、問屋に在庫がある限り、直ぐに商品が入手できるのがメリットです。特にアパレルの場合、流行している商品を直ぐに手に入れられることは大きなメリットとなります。大手の問屋の場合は、包装に使う資材なども同時に仕入れることもできます。

デメリットとしては、上に書いた、そもそも取引をしてもらえない可能性があることが、まず挙げられます。また、同じ問屋から仕入れている近隣の店舗とは商品がかぶる可能性もありますが、ネットショップの場合、これは大きなデメリットにはならないでしょう。

国内の仕入れ先 その3 展示会に参加

展示会には、メーカーやブランドが単体で行うものと、複数の企業やデザイナーが参加して合同で行われるものがあります。いずれの場合も、アパレルの売り手と買い手が商談を行う場であって、一般の人の参加はできません。

ネットショップを経営していて商談目的で参加を希望する場合でも、展示会を主催するメーカーやブランドから招待されない限り、基本的に参加することはできません。ただ、参加することができれば、市場に出回る前の商品をいち早くチェックできますし、その場で商談から契約まで進めることもできます。

展示会に参加するには招待を受ける必要があるので、アパレルショップのスタッフや問屋との関係を深めて、参加できる展示会がないか打診してみるといいでしょう。

展示会には、規模の大きなものから小さなものまで様々なものがありますが、商品ジャンルごとにブースを分けて行われる場合が多くなります。大規模な展示会では、自分なりにルートを考えておかないと時間内に回れなくなるので、展示会に参加する際には、事前に計画を立てるようにしましょう。

海外の仕入れ先から仕入れる

海外の仕入れ先から仕入れる方法もあります。近々国内でも流行するであろう商品をいち早く仕入れることができたり、国内の商品にない独特のテイストのものが仕入れられたり、格安の商品が仕入れられたりと、国や地域によって様々な商品の仕入れができます。

ただし、海外からの仕入れは、国内の仕入れよりもハードルが高くなります。言葉が通じなければ商談も難しくなりますし、国によっては生地の質が劣ったり、縫製が悪かったりといった商品の質の問題も生じます。

また、国際輸送になるので輸送費は高くなりますし、返品・交換になれば、その手間や費用も高くつきます。入荷までに時間がかかるので、流行の商品や季節商品を仕入れる際には、仕入れのタイミングも計らなければいけません。海外からの仕入れは、メリットとデメリットをよく考えて、国内の仕入れ以上に慎重に行うことが必要です。

海外からの仕入れで失敗しないためには

海外の業者と取引する際には、始めはサンプルを取り寄せることから始めましょう。本格的に商品を仕入れる際には安い配送方法も検討する必要がありますが、サンプルに関してはEMS(国際スピード郵便)で送ってもらうといいでしょう。

1個だけの発送は嫌がられる可能性もありますが、将来大量仕入れをするか否かを検討するためのサンプルであることをきちんと説明すれば、多くの場合は応じてもらえるはずです。送ってもらったサンプルは、商品画像との差異はないか、サイズは規定のものになっているか、生地や縫製の質など、入念にチェックしてください。

サンプルに問題なければ、小ロットの発注から始めましょう。注文数を増やすのは、信頼できる相手と分かってからです。小ロットの発注では、輸送費なども高くつくことになりますが、質の悪い商品を大量に仕入れて損を出すよりもマシだと考えてください。

輸入代行業者を使うのも手

海外から商品を仕入れるということは、商品を輸入するということになるので、関税の支払などの手続も発生します。アパレルの場合は、それほど難しい手続にはならない場合が多いのですが、手間であることは確かです。

そこで、海外からの商品の仕入れを代行してくれる輸入代行業者を使うという方法もあります。手数料が発生するので、その点がデメリットになりますが、商品の検品や不良品があった場合の返品・返金の交渉も代行してくれる業者もあるので、仕入れの手間は格段に小さくなります。

アパレルを販売するネットショップを開く方法

ここからは、ネットショップを開設する方法について解説します。ネットショップを開くためには、完全に一からサイトを作っていく方法もないわけではありません。フルスクラッチと呼ばれます。ただし、開発費用も多額で、長い開発期間もかかるので、一般的に利用されている方法ではありません。

通常用いられる方法としては、「既存のECモールに出店する」、「ASPカートを利用する」、「ECパッケージを利用する」の3つがあります。それぞれについて解説します。

既存のECモールに出店する

楽天市場などの既存のECモールに出店する方法です。ECモールというのは、市場のイメージで、一つのサイトの中に多くのショップが入った形態になっています。

ECモールに出店した場合の大きなメリットは、モールにはお客様が集まることです。この後紹介するような自社サイトを構築する方法では、お客様をいかにして集めるかが難しい問題となりますが、楽天市場やYahoo!ショッピングなどは、既に高い知名度があるので、集客の難易度が低くなります。

ただし、ECモールに出店した場合、モール内の他店舗との価格競争が厳しくなりがちです。モールを運営するプラットフォーマーに対する出店料などの支払も生じるので、商品が多少売れても利益が上がりにくいといったことになる可能性があります。

ASPカートを利用する

ASPというのは、Application Service Providerの略です。ネットショップの構築サービスの場合、決済手段であるカートのシステムと、その他のネットショップ開設に必要なサービスをプロバイダーが包括して提供してくれるものを指します。

代表的なASPカートのサービスには、STORESBASEがあります。ネットショップ開設に必要なサービスが包括して提供されるので、利用するのはとても簡単です。ソフトを購入したり、サーバーを準備したりする必要もありません。誰でも手軽にネットショップが開設できます。

ただし、提供されたサービスの範囲内でしか、ショップのデザインやシステムは自由にならないので、自分の個性を前面に出したショップを作りたい人の場合や、自社で使用している既存のシステムとの連携を図りたいといった場合は、実現が難しい場合があります。

ECパッケージを利用する

ECパッケージは、ネットショップを開設するために必要なプログラムの一式を提供してもらうサービスです。ASPカートとの違いは、プログラムのソースコードの提供を受けられるので、自分でカスタマイズすることができる点にあります。

パッケージを提供する会社に依頼して、カスタマイズを依頼することもできますし、プログラミング技術がある場合には、自分で変更を加えることもできます。

ただし、パッケージの購入費がかかりますし、別途サーバーを準備したり、ショップ開設後のメンテナンスやセキュリティ対策をしたりすることにも費用がかかります。ASPカートよりも費用負担が大きい方法です。

ネットショップを開設するために必要なもの

ここからは、先ほど挙げたASPカートなどを利用して、個人で小規模なネットショップを立ち上げた場合に、最低限必要ものについて解説します。以下に挙げるものを準備すれば、ネットショップはとりあえず開けます。

低スペックでも可「パソコン」

スマホでも作業できるASPカートもないわけでないのですが、作業効率を考えると、やはりパソコン1台は最低限必要になるといってよいでしょう。高スペックのものは必要ないので、1台準備してください。顧客情報の管理なども行うことになるので、セキュリティ対策ソフトはインストールしておきましょう。

コンデジでもOK「デジタルカメラ」

商品写真の撮影用に、デジタルカメラも準備しておきましょう。露出補正やホワイトバランスの変更を行って画質を調整したいので、スマホのカメラでは性能が足りません。

ただ、デジタル一眼のような高価格のものを準備する必要まではありません。家庭用の普通のコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)でも十分です。

商品画像を加工する「画像編集ソフト」

画質の調節をしたり、画像に文字を入れたりするための画像編集ソフトも準備しましょう。無料で使えるフリーソフトもないわけではありませんが、使える機能が限定されるので、見栄えの良い画像を作るためには、ソフトを購入する必要があります。

定番のソフトとしては「フォトショップ」があります。できるだけ、このようなソフトを購入されることをオススメします。

開業届も出しておこう

実店舗を経営している人がネットに業務拡張するといった場合は別として、ネットショップを開く際には、新たに個人事業を開始したことになります。この場合、開業届を提出する必要があります。罰則などがあるわけでないので、届を出さないままにしている人もいますが、開業届を出すことにはメリットもあるので、できるだけ届け出るようにしましょう。

開業届の提出日

開業届は事業の開始等の事実があった日から1ヶ月以内に提出することになっています。なお、提出先は、納税地を所轄する税務署長です。

ただ、特に罰則があるわけではなく、いつをもって事業を開始したというのかについての厳密な決まりがあるわけでもないので、提出日はある程度自由になります。自分が、「この日を事業開始の日としよう」と思った日で問題ありません。

開業届を出すことで得られるメリット

開業届を出すことのメリットの一つは、確定申告を青色申告にすることができることがあります。青色申告は控除額が大きくなるので、節税になります。開業届を出す際には、青色申告承認申請の手続も同時に済ませておくといいでしょう。

また、銀行で事業用の口座を個人口座とは別に作る場合、開業届の控えの提出を求められますから、屋号名義の口座を作りたい場合も開業届を出しておく必要あることになります。

青色申告承認申請書の提出期限

青色申告承認申請書は、青色申告をしようとしている年の3月15日が提出期限です。ただし、その年の1月16日以降に新たに事業を開始した場合は、事業開始の日から2ヶ月以内に提出すればいいことになっています。

青色申告は、特別控除が受けられる他にも、赤字を翌年以降の黒字から差し引いたり、家族に仕事を手伝ってもらった場合に青色事業専従者として、家族に支払う給与を経費にできたりします。メリットが多いので、申請書の提出期限までに忘れずに申請書を提出するようにしましょう。

ショップのアクセス数を増やす方法

この記事でも軽く触れましたが、ECモールに出店するのではなく、独自にサイトを立ち上げた場合、ショップのアクセス数を増やすことに苦労することが多くなります。この記事の最後は、ネットショップの集客(アクセス数の増加)方法について解説します。

ショップのブログを書き続ける

定期的にブログを更新して、それを読んでもらえるようになれば、ショップのファンになってもらうことも期待できます。ブログを書き始めた当初は、なかなか読者は付きませんが、粘り強く書き続けてください。

ニュースメディアへの掲載を狙う

インターネットで各種の情報を発信しているニュースメディアに掲載されると、宣伝効果が見込めます。ショップや商品の紹介を行っているメディアを探して、自分のショップも取り上げてもらえないか打診してみましょう。

ショップをモバイルフレンドリー対応に

モバイルフレンドリー対応というのは、サイトがスマホでの閲覧に適したものになっていかという基準に適合していることをいいます。最近では、ネットショップ開設サービスもスマホ対応を謳ったものが多いので、既に対応済みの場合も多いかもしれませんが、パソコンユーザ向けのサイト構築をしているのであれば、スマホ対応にする必要があります。

なぜモバイルフレンドリー対応が必要かというと、Googleの検索結果の表示が、スマホ対応サイトが上位になるように変わったからです。これによって、モバイルフレンドリーであることが極めて重要になりました。

ショップサイトを常時SSL化する

SSLというのは、データを暗号化して送受信する仕組みのことです。SSL化されたサイトは安全性が高いとされていて、SSLで暗号化されたサイトは「https://~」と表示されます。そして、常時SSL化というのは、サイト全体をSSL化することを指しています。

常時SSL化が重要なのは、これも検索結果の表示に影響するからです。SSL化されたサイトは、そうでないサイトよりも検索上位に表示される可能性が高まります。また、お客様に対してセキュリティ対策が施されたサイトであることをアピールする上でも、常時SSL化は急務であると言えます。

まとめ

ネットショップで洋服屋を開店する方法について解説しました。ネットショップの開設が、非常に簡単な時代になりました。この記事を参考にしていただければ、大きな問題はなく、ショップを開設できるでしょう。

しかし、誰にでもショップを開きやすいということは、自分なりの個性を出したショップにしないと、周りに埋もれてしまうことも意味します。開設後のことも考えて、個性的なショップ作りを目指してください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。