物販

海外せどりは英語必須!?輸入輸出ビジネスに必要な英語レベル

海外せどり(輸入・輸出)は国内せどりと比べてライバルが少ないため、稼ぎやすいビジネスと言えます。

しかし、顧客が外国人となるため、基本的に英語でのやり取りになります。

でも安心してください。そう構える必要はありません。ビジネス英語は受験英語より簡単です。よく使う用語や表現さえ覚えてしまえば、文法は中学英語レベルで事足りるからです。

今回は海外せどりと英語について解説します。

英語とビジネス

不景気と言われている昨今ですが、世界的に見ると日本の経済は十分回っています。そのため、私達は今まで日本語さえできれば何不自由なくビジネスができました。しかし、これからは違います。

英語必須の時代

これからは国際化がさらに進みます。外国人や海外企業との取引が増えるのはもちろん、海外に転勤することも多くなるでしょう。

そうなると、英語ができなければ仕事になりません。令和は英語必須の時代となるでしょう。

すでに損をしている

今はまだ英語が使えなくてもビジネスができますが、それでもすでに「英語が使えないと損をする」という時代になっています。

せどり1つとっても、国内市場はライバルが多すぎるため非常に稼ぎにくくなっています。しかし、海外に目を向けると未開拓市場はまだまだあります。すでに、英語ができる人はできない人より楽に稼いでいるのです。

せどりをしながら英語を覚える

これで英語を学ぶことの重要性は分かってもらえたことでしょう。

とはいえ、いまさら学校に通って学び直すのではあまりに非効率的です。それよりも、実際に外国人を相手にせどりをしながら覚えていくことをおすすめします。アウトプット(実践)しながら学ぶ方がインプット量は自然と上がります。

海外せどりの特徴

海外せどりは英語が学べるだけでなく、ビジネスの基本を学ぶこともできます。しかも、初心者でも稼ぎやすいビジネスです。

海外せどりとは?

せどりとは、お店や個人から仕入れた商品を、別のお店や個人に転売して、その差額で利益を得るビジネスです。

海外せどりとは、海外から仕入れたり、もしくは海外に転売するせどり手法を指します。

海外せどりから学ぶことは多い

海外せどりで稼ぐには綿密なリサーチが必要です。

そして、国・市場ごとの需要や相場を調べていくと、世界経済のことが何となく分かるようになります。

国内せどりほど飽和していない

また、海外せどりは国内せどりほど市場が飽和していません。そのため、これから新規参入しても十分に稼ぐことができます。

外国人は文化が違う

しかし、日本と海外では言語だけでなく文化も異なります。

・問い合わせの内容
・クレーマーの種類
・交渉の仕方

何をとっても日本とは勝手が違うため、今まで長く国内でビジネスをしてきた人にとっては戸惑う部分もあるでしょう。

輸入せどりの特徴

一口に海外せどりと言っても、輸入せどりと輸出せどりの2種類に分けられます。

まずは輸入せどりの特徴について解説します。

海外限定商品を転売できる

海外には日本では売られていない商品がたくさん販売されています。

日本で有名な雑貨やお菓子の海外限定モデルなどは、希少価値が高く需要もあるため、海外のオークションサイトに出品すれば高額で落札してもらえます。

ライバルのいない商品を見つけることができれば、独占販売も可能です。

送料と関税がかかる

しかし、海外から輸入する場合は関税がかかります。具体的な関税率は品目ごとに違います。詳しくは税関のホームページを参照してください。

参考:輸入統計品目表(実行関税率表)

また、物品を輸入するには非常に高い国際配送料を支払わなければなりません。安い商品だと本体価格よりも送料の方が高くなることも珍しくありません。そのため、海外から仕入れる際は商品価格と送料の両方を考慮する必要があります。

取引が面倒くさい

また、海外の主要なECサイトの使用言語は英語です。日本語に対応しているサイトは滅多にないため、外国語が分からないと苦労します。

特に、海外では偽物やジャンク品が多く出回っているため、商品説明文をきちんと読めないと、とんでもない不良品を掴まされることにもなります。

ただし、最近は翻訳機能の精度も上がっているため、読むだけなら翻訳サイトを使えば事足ります。

輸出せどりのメリットとデメリット

輸出せどりは輸入せどりよりもさらに難易度が上がります。

高い英語力が必須

輸入するだけなら、サイトを翻訳すればなんとかなりますが、輸出する場合は自分で商品説明を英語で記載しなければなりません。また、海外の顧客は日本人より問い合わせに積極的な傾向にあるため、英語での顧客対応も必要になります。

国際配送

海外へ発送する場合、配送業者の手配が意外と面倒です。また、国際配送は貨物の紛失や破損等の配送トラブルが多いのも悩みどころです。

ブルーオーシャンが多い

輸出ビジネスには外国語でのコミュニケーション・国際配送の手配・関税の支払いなど様々な参入障壁があります。そのため、国内物販に比べるとライバルが少なくなっています。

また、国内物販と海外物販では市場規模が桁違いに異なります。例えば、日本最大のオークションサイト「ヤフオク」の利用者は2000万人近くいますが、世界最大級のオークションサイト「eBay」の利用者は2億人以上です。その市場規模は実に10倍以上です。

つまり、輸出ビジネスは国内物販より市場規模が桁違いに大きいにも関わらず、ライバルが非常に少ないのです。したがって、いまだに市場が飽和しておらず、ブルーオーシャンがたくさんあります。少しリサーチするだけで独占販売可能な商品を探し出すこともできます。

利益が大きい

海外では日本製品に対して「クオリティが高い」というイメージがあります。そのため、「Made in Japan」というだけで相場が上がります。仕入れ値の倍以上の値段で売れることも珍しくありません。

輸出せどりのトラブル事例

海外取引をしていると、しばしばトラブルが起きます。よくあるトラブルと対処法を以下で紹介します。

代金が支払われない

輸出をしていて一番多いトラブルは代金が支払われないケースです。

注文が発生したら、すぐに支払い請求メッセージを送りましょう。メッセージの例文を掲載しておきますので参考にして下さい。

Thank you for purchasing 「商品名」.
I’m 「自分の名前」.I am the seller of this item. I live in Japan.
I will ship the item within 2 days after payment.
Please use PayPal to pay.
I accept only PayPal for payment.
After shipping it off, I will inform you of the tracking number.
Best regards.

(日本語訳)
この度は◯◯をご落札いただきありがとうございます。
私は出品者の◯◯です。日本に住んでいます。
入金確認後、2日以内に商品を発送いたします。
PayPalにて支払いをお願いいたします。
支払いはPayPalのみとなっております。
発送後は、追跡番号をご連絡いたします。
それでは、よろしくお願いいたします。

商品が届かないと言われる

次に多いのが商品が届かないと連絡が来るケースです。国際配送では商品が届かないことがしばしばあります。配送過程のトラブルであって出品者に落ち度がない場合でも、対応を間違えると悪い評価をつけられてしまいます。冷静に対処しましょう。

追跡番号がある場合は、追跡して荷物の現在位置を知らせましょう。

追跡番号がない場合は、待ってもらうしかありません。購入者がPayPalに「未着報告」をした場合は、速やかに全額返金しましょう。追跡番号がない場合は商品を発送していないと見なされ、PayPalが勝手にあなたの口座からお金を引き落とします。

商品が壊れていると言われる

3つ目は、商品到着後に「商品が壊れている」とクレームをつけられるケースです。海外配送では配送途中に荷物が壊れるケースがたまにあります。

荷物が壊れている場合は、以下のようなメッセージが届きます。

The item you send was broken.(送られてきた商品が壊れていました。)
I will request a refund.(返金してください)

しかし、すぐに返金対応してはいけません。なぜなら、本当に商品が壊れているか分からないからです。中には商品が壊れていないにもかかわらず、言ったもん勝ちで返金要求してくる者もいます。したがって、以下のように返信して真偽を確かめてください。

Please send some pictures of the broken item.
I will check the condition of it.
If you wish for a refund, please follow the procedure of policy for refund.
Best regards.

(日本語訳)
壊れた商品の写真を送ってください。
商品の状態を確認します。
返金を望むなら、返金規則に従って手続きしてください。
よろしくお願いいたします。

もし落札者が本当に壊れた商品の写真を送ってきた場合は、すぐに返金対応しましょう。

自分勝手な返品リクエスト

4つ目は、商品は壊れていないのに「返品したい」と言われるケースです。

・気が変わった
・間違って落札してしまった
・よく見たら互換性がなかった

などの個人的な理由で返品要求された場合は、基本的に返品・返金の義務はありません。ただし、マーケットプレイスの規約や、出品時に自分で定めたReturn policy(返品ルール)が「~日以内でしたら返品対応可能です。」となっている場合は、返品しなければいけません。

不当な評価

5つ目は不当に悪い評価をつけられるケースです。

・落札後の値引き交渉
・定められた方法以外での決済要求
・配送方法の指定

などの理不尽な要求を断った結果、腹いせに悪い評価をつけてくる購入者が一定数います。不当な評価をされた場合は、運営者に申し立てて評価を消してもらいましょう。

英語は必須

これからの時代は英語ができなければビジネスができません。しかし、海外せどりで必要な英語力はそこまで高くありません。また、海外の購入者と英語を通してやり取りするうちに、自然と英語力は身につくものです。英語と商売の両方を学べる良いチャンスと考えて、ぜひ海外せどりにチャレンジしてみて下さい。

一括出品、在庫管理、リサーチなどの作業を極限まで効率化
30日間無料で使用できるeBay輸出ツール「Nijuyon」




eBay輸出の出品、在庫管理、リサーチ、どれも売上が伸びてくるとそれぞれが膨大な作業量になり、すべてを手動で行っていては必ずどこかで稼ぎが頭打ちになります。

稼げるようになっても作業に追われて自由な時間がゼロでは本末転倒ですし、利益を拡大するためには効率化は避けて通れません。 eBay輸出の作業を効率化するツール「Nijuyon」を使えば

  • eBay上での手動出品と比べて約6倍のスピードで出品可能
  • 見やすい商品ページのテンプレートが自動適用
  • eBayの過去落札履歴から売れている商品を簡単リサーチ
  • Amazon.co.jp、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオクの在庫有無を簡単管理
  • ツール内からのメッセージ送信が可能なため外注化も安心
  • 世界最大のネットショップ構築サイト「Shopify」への出品も可能
  • リミットアップに必要な出品枠いっぱいの出品も容易
など、これ1つで仕入れ、出品、販売までを一括管理できてしまいます。初回30日間は無料で利用可能なので、まずは気軽に試してみてください。