物販

【いまさら聞けない】並行輸入品とは?保証はどうなっているの?

ネットショッピングでよく見かける「並行輸入品」ですが、「一体これは本物なのだろうか」「正規輸入品と何が違うのだろうか」と疑問に思ったことはありませんか?今回は、そんないまさら聞けない疑問の答えや、並行輸入品を扱う際のメリット・デメリットなどを分かりやすく説明していきます。

「並行輸入品」と「正規輸入品」は何が違うのか?

最初に「並行輸入品」と「正規輸入品」の違いから説明していきます。それぞれにはどのような特徴があるのでしょうか?また、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

正規輸入品

正規輸入品とは、その名のとおり海外のメーカーやブランドと直接販売代理店契約を結んだ「直営店」によって輸入され、販売される品物を指しています。一番イメージしやすいのは百貨店に入っているブランドやメーカーの看板を掲げた直営店です。このような直営店で商品を販売すれば、ブランドやメーカーが商品やサービスを消費者に届くまで一貫して管理できるので、「ブランドイメージを保つ」という面で非常に有効な方法なのです。

正規輸入品のメリット・デメリット

正規輸入品の一番のメリットは「安心感」と「満足感」になります。そのブランドやメーカーから直接買っているのと同じなので、偽物が入り込む余地がありません。また、そのお店の顧客になるということ自体が一種のステータスになります。そのため、ただ商品を購入する以上の満足感を得ることができるのも、正規輸入品を購入する際の大きな魅力です。

反対にデメリットとしては、値段がブランドやメーカーの希望小売価格になる場合が多いために、安く手に入れることは難しいという点が挙げられます。というのも高級品が簡単に安売りされてしまえば、ブランドイメージを損なうことになりかねないからです。

並行輸入品

では「並行輸入品」とは何でしょうか?簡単に言えば、海外のブランドやメーカーと直接の販売代理店契約を結んでいない店舗や個人が独自のルートで輸入した商品を指します。

元はといえば海外のブランドやメーカー、またはその直営店から仕入れられた商品です。その後日本に入ってくるルートが正規販売店とは異なるだけで、決して違法な商品というわけではないので安心してください。

並行輸入品のメリット・デメリット

並行輸入品はブランドやメーカーと契約があるわけではないので、希望小売価格にこだわる必要がありません。為替相場が円高になって、仕入価格が下がった場合などには販売価格を値下げすることも可能になります。つまり、正規品よりも安く販売できるというのが一番のメリットです。

また、日本の正規代理店ではまだ取り扱っていないアイテムでも海外の正規代理店から仕入れて輸入することができるので、日本未入荷アイテムを販売できるというのも大きなメリットの一つになります。

デメリットとしては、正規輸入品と違って100%の安心感を持てないことが挙げられます。というのも、「並行輸入品」と銘打って偽物を販売する悪質な業者も存在するからです。また、製品に問題があった場合でも、メーカー保証やメンテナンスを日本国内で受けることができない可能性もあります。

並行輸入品が違法になる場合

並行輸入品は「本物の製造者によって作られた物品」であれば違法ではありません。しかし、先述したように、もし商品の中に偽物が混ざっていた場合、それを知っていた場合でも、知らなかった場合でも販売することは違法行為になります。

品物が本物である場合には、基本的には並行輸入品を売買するのは違法行為には当たらないと判断されていますが、一部の例外もあります。この例外に関しては後の項目で取り上げていきます。

並行輸入品が本物か偽物かを見分けるには?

並行輸入品を扱う際に、商品が本物か偽物かは非常に重要な問題になります。ではどのように見分ければ良いのでしょうか?

並行輸入品がすべて偽物という訳ではない

日本で販売されている並行輸入品の中に偽物がある可能性があることは否定できません。しかし、その可能性が非常に低い店舗も存在します。それは海外のブランド・メーカーやその直営店から直接仕入れた商品だけを、信頼できる独自ルートで日本へ輸入し、取り扱っている店舗です。

日本へ輸入された段階で「並行輸入品」扱いになってしまっていますが、海外で購入された時点では「正規品」なので安全性は保証されています。そのような信用性の高い店舗から購入したものであれば、本物である可能性が非常に高いと言うことができます。

購入前に本物かどうか判断する方法は?

並行輸入品を扱っている店舗の信用性が乏しい場合、購入前に本物かどうか判断できれば一番良いのですが、残念ながらそれは不可能です。理由としては、最近のコピー品は非常に精工に本物と似せて作られているために、プロでもすぐに見分けることが難しいからです。素人が少し見た程度で真贋を判別するのは、非常に困難だと言わざるを得ません。

またインターネット上のECショップなどで並行輸入品を購入する場合には、購入前に実物を確認することができないので、やはり真贋を見分けることは不可能になります。商品ページにある写真と説明文で判断するしかありませんが、写真は本物の商品を使用し、送付する際には偽物を送るというケースも多くみられます。ですから、写真で本物を見分けようと思ってもあまり意味がありません。信頼に値する実績や評価がない店舗からは、並行輸入品を購入しないほうが無難と言えます。

購入した後で本物かどうかを判断するには?

購入してから本物かどうかを判断しようと思う場合に、まず思いつくのはブランド品の買い取り専門店で査定してもらうことです。しかし注意したいのは、そのような店舗で判断されるのは「本物かどうか」というよりは、「買い取ることができるか」という判断基準になる場合が少なくないということです。

結局のところ、その品物を作った大本であるブランドやメーカーだけが本物かどうかを断言することができるのです。そのため、買い取り専門店の判断も本物と判断するための参考にしかなりません。

ブランドのアフターサービスで本物かどうか分かる可能性も

有名ブランドの品物であれば、商品のアフターサービスを受け付けている場合があります。基本的には本物しか受け付けてくれませんので、そこで修理を受け付けてもらえれば本物であると言えるかもしれません。しかし、真贋を見定めたい商品が新品の場合は、アフターサービスを利用することも難しいため、この方法もあまりお勧めとはいえません。

結論として、購入前でも購入後でも並行輸入品の真贋を見分けることは非常に難しいです。ですから、並行輸入品を取り扱っている店舗の信頼性が何よりも重要なファクターになります。

正規輸入品と並行輸入品の付属品の違い

それでは「正規輸入品」と「並行輸入品」のその他の違いについても見ていきましょう。一体どんな違いがあるのでしょうか?ここでは、ロレックスの時計を買った場合を例にして説明していきます。

保証書の違い

まず、購入した商品の付属品として一番重要なのは保証書です。

並行輸入された商品が本物であれば、保証書に記載されているシリアル番号とモデル名には違いがありません。しかし、保証書の裏面に販売スタンプが押されているかどうかに違いが出てきます。並行輸入品に多いのは「未記入」か「海外販売店舗のスタンプ」になります。未記入であれば保証は受けられません。また海外の店舗のスタンプが押されている場合には、その店舗で販売された日付が保証の有効期限の開始日になります。

正規品であればその商品を販売した直営店のスタンプが押され、商品を購入した日がメーカー保証の有効期限開始日になります。

取り扱い説明書の違い

並行輸入品には、その商品が販売された国の言語の取り扱い説明書が付属しています。しかし、正規輸入品であれば日本語の取り扱い説明書が付属しています。

保証マニュアルの有無

海外で販売されたロレックスの時計には「GUARANTEE MANUAL WORLDWIDE SERVICE」という保証マニュアルが付属しています。小冊子にはフランス語、英語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、スウェーデン語、デンマーク語、オランダ語、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語、日本語、韓国語などさまざまな言語で保証についての規定が記載されています。

しかし、日本で販売されている正規輸入品にはこの冊子が付属していない場合があります。

付属しているタグの違い

元々ロレックスの時計には「白タグ」と呼ばれるものと、「緑タグ」とよばれるものの2つが付属しています。「白タグ」とは裏面に商品の個体番号などが印字されている商品の管理タグであり、「緑タグ」とはロレックスの検査基準である高精度クロノメーターを通過した証明になります。

この緑タグは正規輸入品にも並行輸入品にも付属しているものになりますが、白タグには違いがあります。並行輸入品の中には白タグが一緒に付属されたまま販売されている場合もあるのですが、正規輸入品の場合には購入時に必ず回収されてしまいます。もちろん、この白タグが付属されているかどうかは全く問題ありません。

包装の違い

日本の正規代理店で購入した場合には外箱がロレックスの包装紙に包まれた後、ロレックスの紙袋に入れられて手渡されます。しかし、並行輸入品の場合にはそれらの包装紙や紙袋は付属しない場合が多く、販売している店舗独自の包装紙や紙袋が使用されます。

並行輸入品を買い取る際の注意点とは?

ここからは並行輸入品を買い取る際に注意すべき点をご紹介していきます。明らかに正規輸入品と分かるものを買い取る場合に比べて、商品が本物かどうかを見抜く力が必要になるため、並行輸入品を買い取るのは非常に難しいと言えます。

商品によって見分けるためのポイントはそれぞれ違いますが、金具の刻印や品物の縫製、ファスナーやタグの形状などさまざまな細かい部分をよく見ていく必要があります。ただし、近年では「スーパーコピー」と呼ばれるプロでも見分けることが難しいような商品もあるために、商品だけ見ても本物かどうか迷ってしまうこともあります。そのような場合には、輸入の際に必要になった書類(送り状や梱包明細書、通関証明書など)を見て本物かどうかを判断できる場合もありますので、買い取りを希望している方にそういった書類も一緒に持って来てもらえるようにお願いしておくと、取引がスムーズにいく可能性が高まります。

このように真贋の見極めにはさまざまな知識と経験が必要になってきますので、見分けが難しく怪しさを感じたものは買い取らないようにした方が無難だと言えます。

商品が偽物の場合には責任問題が発生

仮に真贋を見極められずに偽物を買い取ってしまい、それを転売などの商売目的で販売した場合にはどうなってしまうのでしょうか?法律的に言えば、商標法違反、または商標権侵害になる可能性があります。

偽物だと知らなかったことを証明できれば過失を問われない可能性もありますが、商品をきちんと査定してから購入したという経緯を考えると、責任を問われない可能性は非常に低いと言わざるを得ません。ですから、偽物の並行輸入品を商売目的で販売してしまった場合、違法にならない可能性は非常に低くなってしまうのです。

最近はネットオークションやフリマアプリでも多くの偽物の並行輸入品が出回っている状態です。ブランドやメーカー商品を安易に仕入れて転売するというのはお勧めできません。

本物であっても違法になる場合も

たとえ海外で正規品を仕入れ、それを独自に輸入して販売し、100%本物だと証明できたとしても、商標権侵害と判断されてしまう場合があります。一体どういう場合でしょうか?

それは、ブランドやメーカーなどの商標権者が商標権侵害の訴訟を起こした場合です。このような事態を招かないためには、商品を輸入する前に以下の3点の条件を必ず確認するようにしましょう。

  1. 並行輸入品の商標が、輸入先の国の商標権者や正当に使用許諾を受けた者により法律にのっとってつけられたものであるか
  2. 輸入先の国の商標権者と日本の商標権者が同一人物とみなせるような関係があることで、並行輸入品の商標が日本の登録商標と同じ出所を表示するものになっているか
  3. 日本の商標権者が直接的あるいは間接的に並行輸入品の品質管理が可能な立場にあり、並行輸入品と正規輸入品が品質において実質的に差異がないと評価されるものか

これらをしっかり満たしているかを確認せずに並行輸入品の取り扱いをしてしまうと、多くの社会的な信用を失ってしまう事態になりかねません。十分に知識を得た上で商品を取り扱うようにしてください。

まとめ

今回は正規輸入品と並行輸入品の違いや、メリット・デメリット、取り扱いに関する注意点などについてまとめました。並行輸入品の取り扱いは非常に魅力的ですが、同時に大きなリスクも伴っています。信頼性や安全性を十分に確認しながら取引を進めるようにしましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!