物販

個人輸入のAmazon転売で稼ぐ!副業で稼ぐための基礎知識をご紹介

コロナ禍をきっかけに副業を始めて生活を安定させたいという人が増えています。

そこでお勧めしたいのは、個人で仕入れた商品をAmazonで転売する方法です。それも海外から輸入した商品を取り扱うと稼げるチャンスが広がります。

この記事ではどのように始めたらいいのかを順を追って解説していきます。

Amazon転売とはどのようなものなのか?

まず「Amazonで商品を転売して稼ぐ」という副業がどのような仕組みになっているのかを説明していきます。

転売は「せどり」とも呼ばれ、「安く仕入れて、高く売る」という原理で儲ける方法です。しかし当たり前ですが、ただ商品の値段を高くしても誰も買ってくれません。商品を安く仕入れたり、販売の仕方を工夫したりする必要があります。このようなテクニックを駆使して利益を得ていくのがこの転売というビジネスになります。

ではどのように商品を仕入れたら良いのでしょうか?その一般的な方法をご紹介します。

商品を国内で仕入れる方法

まずは国内でどのように商品を安く仕入れられるかについて説明していきます。

国内の主な仕入れ先は、大きく分けて実店舗とネットショップの2つです。「店舗せどり」、「電脳せどり」などと呼び方で区別されることもあります。

実店舗から商品を仕入れる時には、店舗ごとに行われている種々のセールや在庫処分などをフル活用して仕入れていくことになります。その地域に住んでいる人しか知らない激安セールなども存在しますので、そのような時に仕入れることができれば定価よりも安く売っても利益を出すことができます。実際に自分で見て買うことができるので、不良品などのトラブルを減らすことができますし、お得意様になって店員さんと仲良くなれれば、特別にセールの情報を教えて貰うこともできます。逆にデメリットは、自分の地域で行われているセールには限りがあることです。たくさん仕入れることができなければ、売上もまた伸びません。

そこで活用したいのが、インターネットショップからの仕入れです。ネットであれば星の数ほどの店舗から商品を仕入れることができますし、それぞれのサイトで行われているセールの種類も桁違いです。いつでも仕入れを行うことができますし、仕入れにかかる時間も実店舗をまわるのに比べれば少なくなります。

このように副業に割ける時間が限られている人にとっては、インターネットでの仕入れは非常にメリットが大きいといえます。しかし逆にデメリットとしては、商品を事前に見て買っていないので商品が家に届いた後にトラブルが起こる可能性がありますし、送料や手数料を良く考えて購入しないと逆に割高になってしまう場合もあります。

実店舗仕入れとネットショップでの仕入れにはそれぞれにメリットとデメリットが存在しますので、両者をバランス良く行うのがお勧めです。

商品を海外から仕入れる方法

転売をしていると、国内での仕入れには限界があることに気付きます。というのも、他の人もあなたと同じところから商品を買うことができるからです。

そこで次に考えたいのは、他の人が簡単には買えない商品を海外から輸入して販売する方法です。

中国や韓国などの近隣の国やアメリカやヨーロッパなどの少し遠い国まで、インターネットを通して商品を買うことができる国はたくさんあります。輸入を手伝ってくれる代行業者もありますし、慣れてきたら自分ですべての手続きを行うこともできます。このような方法で海外の魅力的な商品を販売することでさらに自分のビジネスの可能性を広げていくことができるのです。

では一例として海外のAmazonから商品を輸入する際のメリットとデメリットについて解説していきます。

海外のAmazonから商品を仕入れるメリット

海外から商品を仕入れる際に使えるサイトはたくさんあります。例えばAmazonだけでも世界中には以下のようにたくさんのサイトがあります。

ブラジル amazon.com.br
カナダ amazon.ca
メキシコ amazon.com.mx
アメリカ amazon.com
インド amazon.in
シンガポール amazon.sg
トルコ amazon.com.tr
アラブ首長国連邦 amazon.ae
フランス amazon.fr
ドイツ amazon.de
イタリア amazon.it
オランダ amazon.nl
スペイン amazon.es
イギリス amazon.co.uk
オーストラリア amazon.com.au

日本に居ながらこのような国々のAmazonで商品を購入することができるのです。もちろん言語が違ったり、商品を日本まで配送するための手段を考える必要があったりと、余分の費用や労力がかかります。しかしそれでも海外で販売されている商品を扱うことには大きなメリットがあります。それは何でしょうか?

他のサイトとの価格競争が起こりにくい

まず考えられるメリットは、他のサイトとの価格競争が起こりにくいことです。なぜかというと、他のサイトでは同じ商品を扱っていないからです。ライバルが少なければ少ないほど商品の売り上げが伸びますし、リピーターも増えますので、これは非常に大きなメリットだと言えます。

販売価格を上げられる

海外でしか手に入らない商品が日本で買えるということは、商品に付加価値がつくということです。その商品が欲しいと思う人にとっては少し価格が高くなったとしても十分に魅力的に映るのです。

ですから商品の購入代金に輸入する際の諸経費とプラスアルファの手数料を加えて販売したとしても、十分に納得してもらえる価格になるのです。このようにして販売価格を上げて利益を出すことができるのも海外輸入商品を取り扱うメリットです。

海外のAmazonから商品を仕入れるデメリット

では次に必ず覚えておかなければならない海外輸入のデメリットについて説明していきます。

資金繰りに問題が出る可能性がある

海外から商品を輸入する際に必要な経費を考えると、アジア以外の国の商品を取り扱う際には十分な注意が必要です。というは輸入のための諸経費によって商品の仕入価格が高くなりますし、その商品を販売するまでその資金は回収できないからです。ですから十分に資金繰りを計算した上でどんな商品を扱うか、どの国の商品を扱うかなどを注意深く考慮することが必要なのです。

もちろん商品がすぐに売れなくても商売を回していくことができる資金を持っていれば、このデメリットの影響は小さくなります。

商品の配送時間が長い

配送に時間がかかればかかるほど、商品を購入してから販売するまでの回転率が悪くなってしまいます。この回転率は利益率に直結しますので販売のための計画を十分に練っておかないと結局あまり儲からなかった・・・という結果になってしまう可能性もあります。

また商品が手元に届くまでの時間によって「すぐ欲しい!」というお客様が離れてしまう可能性もあります。一度失った信頼を取り戻すのは非常に難しいので、このデメリットにも十分な配慮が必要です。

稼げる商品のリサーチ方法

転売で稼ぐために重要なのは何といっても「売れる商品を扱う」ことです。しかしどのように売れ筋商品を見つけたら良いのでしょうか?ここからは稼げる商品のリサーチ方法について解説していきます。

ライバル店舗の商品を参考にする

一番初めに覚えておきたいのは、ライバルとなる店舗が扱っている商品を参考にする「セラーリサーチ」と呼ばれる方法です。なぜこの方法を最初に覚えると良いかというと、どんな商品を仕入れれば稼げるのかをイメージしやすくなるからです。

もちろん独自のノウハウや独自の仕入経路などが無い状態でライバルの扱っている商品を全てコピーしても同じように成功できるとは限りません。しかし全く何の知識もないままに手探り状態で仕入れた商品よりははるかに失敗する可能性は低くなります。ですからAmazonであなたが扱う予定の商品を転売しており、なおかつ高評価を得ているセラーを探して、どんな商品を扱ったらよいのかを学びましょう。

Amazonに出品されている商品を検索する

前の項目ではライバルセラーの品揃えを参考にする方法でしたが、今度はAmazonの検索機能を使って、直接売り上げを見込めそうな輸入商品を探す方法をご紹介します。これは「キーワードリサーチ」と呼ばれる方法です。

まずはキーワードを決めなければなりませんが、ヒントは色々なところから得られます。テレビのCMや季節のトレンドを参考にすることもできますし、定番 輸入 限定 などのキーワードで検索していくのも有効な方法です。良いキーワードが見つかったら、その言葉から連想できる違うキーワードも試してみましょう。このようにすれば、売れ筋商品リストを増やしていくことができるでしょう。

売れ筋商品の関連商品も忘れずに

稼げる商品が見つかったら、忘れずにその商品の関連商品もチェックしていきましょう。Amazonで一つの商品を検索すると、ページの下に「一緒に購入」や「この商品に関連する商品」、「他のカスタマーはこれらの商品も見ています」、「類似商品と比較する」、「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」というような項目が出てきます。ここに出てくる商品(関連商品)も忘れずにチェックしていきましょう。これが「関連商品リサーチ」です。

ASINが違う商品を探す

「ASIN」とはAmazon Standard Identification Numberの略で、Amazonが書籍以外の商品を識別するために独自に設けた商品識別コードです。10桁の数字とアルファベットで構成されており、同じ商品には同じコードが使用されているのが一般的です。しかし、山ほどある商品の中には全く同一商品であるにもかかわらず日本と海外で違うコードが付けられているものが存在します。このような商品を探していくのがASIN違いリサーチと呼ばれる方法です。

なぜASINが違う商品を狙うと良いかというと、これは世の中に「転売セラー専用ASIN検索ツール」が出回っていることと関係があります。このツールを使えば、だれでも日本と海外でASINが一致している商品の価格の推移を簡単に見ることができます。その結果、一部のセラーが商品の値段を下げれば、他のセラーも同一商品の値段を下げざるを得なくなります。これがいわゆる価格競争です。

このような価格競争に巻き込まれたくなければASINによる検索ツールに引っかからない商品を扱う必要があります。これがASIN違い商品をリサーチするメリットです。

稼げる商品を連想しながらリサーチしていく

最後に紹介するのが「派生リサーチ」とも呼ばれる方法です。具体的には、一つの稼げるアイテムが見つかったら、そこから連想してさらに稼げる商品を見つけていくというものです。先ほど紹介したAmazonのページに表示される関連商品リサーチの応用版ともいえるでしょう。

確かにAmazonが紹介してくれる関連商品にはデータに基づく根拠がありますが、大きなデメリットとして他の人も簡単に同じ情報を得てしまいます。その点、自分のセンスとイマジネーションを使って関連商品を連想し検索していく方法なら他の人が決してマネできないという大きなメリットが得られるのです。

Amazon転売初心者が注意すべき3つのポイントとは?

ここからは、これからAmazonで転売を始めようと思っている人が押さえておくべき3つのポイントをご紹介していきます。

(1)Amazonのルールに通じておく

AmazonはECモールとして非常に集客力があり、そこに出店することには大きなメリットがあります。しかし、利用の際には覚えておかなければならない様々なルールも存在します。それがAmazonの「プログラムポリシー」になります。出品者はこのプログラムポリシーに基づいて商品を販売する必要がありますので、出品する前に必ずよく読んでおくようにしましょう。

参考:Amazon プログラムポリシー

(2)利益を出す計画を立てる

転売ビジネスに失敗している人に多いのは、「売上は上がっているものの、利益が残らずに続けられなくなる」というパターンです。なぜこのような事態に陥ってしまうのでしょうか?

要因の一つとして考えられるのは、「利益が出る計画が立てられていない」ことです。つまり売上と仕入だけでなく、商品の販売から売上金の回収に至るまでにかかる全ての費用や、ビジネスを続けていくために必要となる将来の経費などが計算できていないということです。正確な計画を立てることができていなければ、利益を出し続けることは難しいと言わざるを得ません。

(3)Amazon以外のプラットフォームも視野に入れる

Amazonを利用して転売を行うのであれば、何か問題が起きてAmazonが使えなくなる場合のことも予め考えておきましょう。というのも、収入源がAmazonしかなければ、仮に規約違反などでアカウントを停止されてしまった場合、収入がゼロになってしまうからです。もちろんそうならないのが一番ですが、世の中何が起きるかわかりません。

ですから、Amazonでの転売事業がある程度軌道に乗った段階で他のECモールへの出店も同時展開できるように準備を進めていきましょう。

海外仕入れの注意点

最後に輸入転売をしようと考えている方のために、海外から商品を仕入れる際に注意しなければならない点を説明します。

海外にはコピー商品が多く出回っている

コピー商品とは、簡単に言えばブランドやメーカー商品の「偽物」のことです。インターネットで仕入れをする場合には商品の現物を見ることができないので、特に注意が必要です。というのも、もし仕入れた商品がコピー商品だったにもかかわらず、それを販売してしまうと犯罪行為になってしまうからです。

ですからはじめのうちは信頼できるショップ以外からはブランド品やメーカー品は購入せず、ノーブランドの商品だけを購入した方が無難だといえます。

商品の輸入には関税がかかる

海外からの商品の輸入に関しては「関税」という問題もあります。品物によってかかる関税は細かく決まっていますので、前もって調べておかないと思わず費用がかさんで利益がでない・・・ということにもなりかねません。関税についてもよく調べてから輸入するようにしてください。

輸入が禁止されている商品もある

海外からの輸入が禁止されている商品もあります。代表的なのは以下の物品です。

・麻薬や指定薬物
・けん銃等
・火薬や爆発物
・コピー商品
・児童ポルノ
・ワシントン条約に抵触する動物の皮製品など

これらの物品は基本的に輸入することができません。また、禁止されてはいないものの個数などに制限が課されているサプリメントなどの健康食品や化粧品などもありますので輸入する商品の選択には注意が必要です。

まとめ

海外の商品は日本で需要があるので、海外から仕入れた商品をAmazonで転売すれば大きな利益が見込めます。

せひ、こちらの記事を参考にしながら、あなたもAmazonの転売ビジネスでチャンスをつかんでください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!