物販

ネットショップを個人で作るには?始め方や注意点を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

物販をやるとなった場合、昔ならリアルのお店を実際に作って商品を売る必要がありました。しかし、今は、ネットショップを作れば商品を販売できるようになりました。

本記事では、ネットショップ初心者向けに、その始め方や注意点などを徹底解説していきます。

Contents

ネットショップは個人で始めることのできる簡単なビジネス!

「一人でネットショップを始められるんだろうか?」このような不安を持たれている方は多いと思います。結論から言えば、個人でもネットショップを始めることは可能です。しかし、初めてとなると、以下のような事項に対する疑問や不安は拭えないでしょう。

・ネットショップを作成する手順や開業までの費用
・ネットショップで商品を仕入れる方法
・ネットショップサイトを作るための機材やショップの出店方法
・行政への手続き  

あなたの悩みや心配を少しでも和らげるために、まずは、ネットショップ開業の基礎について解説します。

ネットショップと実店舗のメリット・デメリット比較

確かに、実店舗とは違って、ネットショップは誰でも気軽に始めることができます。しかし、ネットショップには実店舗にはないデメリットもあります。

まずは、ネットショップと実店舗、それぞれのメリット・デメリットを知った上で、あなたがネットショップを始めた後のことをイメージすることが大切です。

<ネットショップのメリット>
インターネット上のお店なので、場所や時間を選ばずにいつでも販売できます。そして、商圏は全国(あるいは世界)と、実店舗では考えられない広さになります。さらに、ネットショップなら実店舗よりも初期費用を圧倒的に抑えられます。

<ネットショップのデメリット>
お客様が実際に、商品を手にとって見ることができないところが一番のデメリットです。そのため、写真撮影や文章表現を工夫しないと売り上げることは難しくなります。さらに、商品の発送先が全国になりますし、在庫管理やクレーム対応など細かな仕事もたくさん発生します。実店舗のように、その場で売って終わりではないため、お客様に商品が届いてしばらくするまで落ち着くことができません。

<実店舗のメリット>
ネットショップとは違って、対面で商品を販売できるのがメリットです。あなたのおすすめ商品の魅力を伝えることも簡単です。商品を手に取り、その品質を確認した上でお客様は購入するため、クレームに発展することもほとんどありません。

<実店舗のデメリット>
実店舗のデメリットは、場所が固定されるので商圏が狭くなってしまうことと、初期費用が圧倒的に高いことです。近くに住む限られた一部のお客様にしか商品を売ることができませんし、お店を1店舗建設・改修するだけでも数百万円はかかってしまいます。

圧倒的に安いネットショップの開業費用

実店舗だと、物件を契約し、改装工事を行うだけでも数百万円かかります。ネットショップの場合は、多く見積もっていても数十万円で開設可能です。

ただ、ネットショップの開業費用は、あなたがどれだけサイト作りに力を入れるかで大きく変化します。お金をかけたくなければ、BASEやSTORESなどの無料のネットショップサービスを使えば、初期費用も月額費用も0円で作ることができます。

一方、楽天市場のようなモールに出店すれば、圧倒的な知名度と集客力で売上を伸ばすことが可能です。しかし、モールへ出店するとなると、初期登録費用や月額出店料など1年目にかかる費用が数十万円になります。

いずれにしても、数十万円では実店舗を作ることは不可能なので、ネットショップの開業費用はそれでも安いと言えます。

ネットショップ開業までの流れ

次に、ネットショップを開業するまでの大まかな流れを解説します。

(1)ネットショップで売る商品とターゲットを考える
当たり前のようで意外と考えられていないのが、「何を販売するか」と「誰に販売するか」です。これからネットショップを始めようとなった場合は、まず「どこの、誰に、どんな製品を販売し、その製品はいつ使われるのか」など、売る製品とターゲットを明確にする必要があります。

(2)取り扱う商品に資格や許可が必要かを調べる
売る商品とターゲットを決めたら、次に行うべきことは、あなたが取り扱う商品に資格や許可が必要かを調べることです。例えば、あなたが中古品を仕入れて販売するのであれば、「古物商許可証書」を警察署から発行してもらう必要があります。また、食品を販売するのであれば、保健所の許可が必要なこともあります。無許可でネットショップを開設すると、苦労して作ったショップで商品が販売できなくなる恐れもありますので注意が必要です。

(3)仕入先を考える
ネットショップで利益の大小を左右するのが仕入れ値です。あなたに有利な条件で仕入れができるところを調べる必要があります。個人での仕入れが可能か?仕入れる最低単位は?送料は?仕入れ価格は?支払い方法は?などを一つ一つ調べる必要があります。ライバルより売上や利益を上げたいのであれば、ライバルが利用している仕入先を選ばないことが大切です。

(4)出店形態を考える
ネットショップ初心者が利用できる出店形態は、「ショッピングモール型」と「独自サイト型」の大きく2つあります。どちらもメリットとデメリットがあるので、十分に比較した上であなたに合った出店形態を選びましょう。

(5)ショップ名やコンセプトを決める
お店の名前とコンセプトは、お客様にお店を選んでもらうために大切です。他店との差別化を図るためにも分かりやすい店舗名と、明確なコンセプトを打ち出しましょう。

(6)サイト設計や決済方法を考える
お客様が簡単に買い物ができるよう、親切かつ丁寧にサイトを設計する必要があります。また、決済手段が豊富な方がお客様に喜ばれるので、様々な決済手段を用意しておきましょう。

(7)配送業者を決める
あなたが取り扱う商品によって選ぶ配送会社も変わります。サイズの大小や保証の有無、送料などを比較した上で最も適した会社を選びましょう。

(8)開業届の提出
個人で事業を開始したときは、税務署に開業届を提出する必要があります。事業開始から1か月以内に税務署へ届けましょう。

注文を受け商品を発送する際に注意すべきこと

実店舗とは異なり、ネットショップでは商品の梱包・発送作業を行わなければなりません。大手企業ならこの手の業務を外部委託して効率化を図ることも可能ですが、規模の小さい個人事業では自分で行う方が多いでしょう。

ネットショップでよくあるトラブルと言えば、商品を誤って送ってしまうことです。誤発送を防ぐには、発送前に数量や色などに間違いはないか確認するしかありません。また、希望配達日時指定や注文のキャンセルなどに対する対応、在庫や決済方法の確認など、注意すべき事はたくさんあります。

サイトを立ち上げて間もないうちはお客様も少ないので、1人でも十分対応できるでしょう。しかし、サイトが成長し売上が大きくなってくると、これらの作業が負担になってきます。そこで役に立つのが、「受注管理システム」です。

受注管理システムを使って効率化を図りミスを防ごう

受注管理システムにはサービスを提供する会社によって様々な機能がありますが、ここでは代表的なものをご紹介します。

在庫管理機能:商品が増えると、目視で在庫を管理することが不可能になります。この機能は自動で販売サイトの在庫数を更新してくれるので、リアルタイムで在庫状況を確認できます。

入金管理機能:入金状況を自動で振り分ける機能や入金額や入金状況の管理を自動で行う機能です。

配送管理機能:伝票作成を効率化してくれる機能です。おかげで、配送状況の管理が便利になります。

顧客管理機能:リピーターの管理(購入回数や購入金額、クレーム等の記録等)やランク別管理が可能となります。

ネットショップの仕入れ方法と注意点

個人でネットショップを経営する際の仕入れ先としては、以下のようなものが考えられます。

・インターネット上の問屋や仕入れサイト
・商品見本市や展示会
・問屋
・海外のECサイト

また、仕入れ先を探す際は、以下の事項に注意しましょう。

・個人事業主でも相手にしてくれるか(法人としか取引しない会社もあります)
・納期はどれくらいかかるのか(仕入れ値が安くても納期が遅い会社はNGです)
・支払い方法はどうなるのか(代引きや前払い等はどうなっているか)
・仕入れの最低単位はいくつか(大量仕入れを求められることもあります)

自作したものを売るのもアリ!

あなたが何か物を作っているのであれば、わざわざ他人から仕入れる必要はありません。例えば、農家さんであれば、ご自身が生産したお米や野菜、お肉や卵などを販売できます。他にも、飲食店を経営しているのであれば自家製ドレッシングやデザートを、裁縫をしている方なら洋服をそれぞれ自分の開設したネットショップで販売することができます。

つまり、本業+αとしてネットショップを捉えるのです。先程、実店舗は商圏が限られる等のデメリットがあると紹介しました。しかし、「実店舗+ネットショップ」なら、実店舗のデメリットを補うことも可能です。

ネットショップで店舗名をつける際の注意点

店舗名の付け方に決まりはありません。できる限り分かりやすく、覚えてもらいやすい名前がいいでしょう。ただ、1点だけ注意する点があります。それは、あなたがつけようとしている店舗名が既に使われていないか確認することです。

他のショップと店舗名が被ってしまうと、下手をすると損害賠償を請求されることにもなりかねません。

なぜ、ネットショップではコンセプトを定める必要があるのか?

コンセプトを決めずにネットショップを始める方がいますが、これは間違っています。

コンセプトを考えるにあたっては、まずは誰に(Who)、何を(What)、どのように(How)を明らかにしましょう。ビジネスの基本は、顧客の問題を解決してあげることです。自分中心ではなく、顧客の立場になってコンセプトを考えることが重要です。

ネットショップ開業に必要なものと環境整備

ネットショップを開業するにあたって準備しなければならないものは、以下のとおりです。

まずは店舗管理を行うためのパソコンが必要です。次に、カメラや画像加工ソフトといった出品用写真を撮影するための機材が必要です。機材ではありませんが、代金振込先の銀行口座や顧客対応のための電話番号、メールアドレスなども必要でしょう。もちろん、インターネットに接続できる環境は必ず整えて下さい。

他を参考にしない!ネットショップで必要なものは自分自身で考える

「ネットショップを開業するために必要なもの」で検索すると、様々な情報が出てきます。しかし、そのような情報は、あくまでもサイト作成者が個人的に「必要なもの」と思っているだけ、あるいは、他のサイトから引用しているだけのものです。それらがあなたにとっても必要なものとは限りません。

例えば、先程紹介したパソコン・カメラ・プリンタは必要ですが、ネットショップ用に新調する必要はなく、今使っているもので十分です。もしカメラの性能が低いのであれば、カメラだけ購入すればいい話です。

その他ネットショップで導入を検討すべきもの

上記以外にも、準備しておくと便利なものを以下に挙げておきます。

・撮影用の三脚やライトレフ板、背景紙
・ウィルス対策ソフト
・梱包用のダンボールやガムテープ、パッキン
・出荷の際に梱包する納品書や領収書などの事務用品

【重要】ネットショップの出店形態は大きく2種類

ネットショップと言っても、その出店形態には「ショッピングモール型」と「独自サイト型」という全く異なる2つの型があります。いったん決めた出店形態を途中で変更することは難しいので、開業時にしっかりと比較検討しておく必要があります。以下、「ショッピングモール型」と「独自サイト型」、それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説します。

「ショッピングモール型」の特徴とメリット・デメリット

「ショッピングモール型」とは、たくさんのお店が集まったネット上のショッピングモールに出店する方法です。早速、そのメリットとデメリットを見ていきましょう。

<メリット>
1.集客が簡単
個人でネットショップを立ち上げて最も苦労するのが集客です。いくらお金をかけてデザインに凝ったサイトを作ってもお客様を呼ぶことが難しい現実があります。その点、ショッピングモール型なら、そのモールの知名度をそのまま利用できるので集客の心配がありません。

2.信頼感がある
お客様にとってサイトへの信頼感はかなり重要です。全く知らないサイトで購入するのと、楽天市場やAmazonなどで購入するのとでは、安心感が全く異なります。「ショッピングモール型」に出店すれば、初心者のあなたからでも安心して商品を購入してもらえます。

<デメリット>
1.独自性が打ち出しにくい
例えば、あなたがAmazonに出品したハンドバッグをお客様が購入したとしましょう。この時、お客様はあなたのショップから購入したという認識はなく、あくまでもAmazonから購入したという気分でいます。あなたのお店を認知してもらえないというのは、大きなデメリットです。なぜなら、リピーターの獲得に繋がらないからです。

2.各種手数料が必要
「ショッピングモール型」で出店すると、出店料の他にも月額利用料や売上にかかる販売手数料など、様々な手数料がかかってきます。年間を通して見ると数十万に上ってしまいます。初心者の売上でこの手数料をペイするのは厳しいと言わざるを得ません。

「独自サイト型」出店の特徴とメリット・デメリット

一方、「独自サイト型」とは、BASEやMakeShopなど、ネットショッピングサービスを使って独自にネットショップを立ち上げる出店形態です。先程の「モール型」とは反対に、サイト自体の独自性を打ち出しやすく、また手数料を大幅に抑えることも可能です。

<メリット>
1.独自性が追求できる
「ショッピングモール型」のデメリットを見事に解消することができます。つまり、お客様は「あなたのショップで買い物をした」気分になるのです。従ってリピーターを増やしやすく、お客様と密な関係を築ければ、他より少々価格が高くても購入してくれるようになるでしょう。

2.初期費用が少ない
これも「ショッピングモール型」とは真逆になっています。「独自サイト型」で使うネットショッピングサービスは無料で始めることも可能です。これなら売上イメージが湧かない初心者にとっても、安心してネットショップを始めることができますね。仮に有料版のネットショッピングサービスを選んでも、出店料、月額利用料、売上にかかる販売手数料がかかる「ショッピングモール型」に比べれば、圧倒的に費用は少ないと言えます。

<デメリット>
1.集客が難しい
「ショッピングモール型」は、集客機能が付いているため、初心者でも比較的簡単に自分のショップにお客様を呼び込むことができます。しかし、「独自サイト型」は集客を自分で行う必要があります。したがって、商品が売れるようになるまで試行錯誤が長く続くことになります。これが原因でネットショップ市場から撤退する方も少なくありません。

メリット・デメリットを比較した上で、「独自サイト型」に興味のある方は大手3社を紹介しておきますのでご参考下さい。「モール型」と「独自ショップ型」、いずれも一長一短あります。前述のとおり、サイトを立ち上げてから変更するのは労力がいりますので、十分に考えた上で決めてください。

参考:BASE

参考:MakeShop

参考:カラーミーショップ

個人のネットショップは分かりやすいサイト設計が特に重要

個人事業は、大企業のネットショップとは違い、分かりやすいシンプルなサイト設計が重要です。なぜなら、信頼も実績もないあなたのサイトをお客様が評価する唯一の基準は、「分かりやすいショップであるか?」だからです。お客様は分かりにくいショップサイトからはすぐに離脱してしまいます。そのため、サイト設計は売上を伸ばすためにも非常に重要です。

以下では、個人でネットショップを開業する際のサイト設計について解説します。

信頼される分かりやすいページ構成とは

信用されるネットショップにするには、最低でも以下の項目に関するページが必要です。

1.トップページ・商品カテゴリ・商品
2.カート機能・決済
3.お問い合わせ
4.ご利用ガイド
5.ネットショップに必要な情報

それぞれ、以下のような情報を掲載するといいでしょう。

1.トップページ・商品カテゴリ・商品
新商品やおすすめ商品、商品の詳細説明、販売価格や商品の写真、お客様の声

2.カート機能・決済
送付先の情報入力、決済や配送方法の選択

3.お問い合わせ
お客様氏名、メールアドレス、電話番号、質問記載欄

4.ご利用ガイド
注文やお届け・お支払いについて、返品・キャンセルについて

5.ネットショップに必要な情報
特定商取引法に基づく表示、プライバシーポリシー

個人事業におすすめのサイトマップ構造

分かりやすいサイトには必ずサイトマップがあります。サイトマップとは、簡単に言うと、そのサイトの地図のことです。サイト全体にどのような情報が入っているかを一目で分かるようにしたものですが、初心者には以下のような3階層構造がおすすめです。

<階層構造の例>
トップページ【階層1】
-商品カテゴリページ【階層2】
--商品A【階層3】
--商品B【階層3】


-ご利用ガイドページ【階層2】
--送料と手数料【階層3】
--返品交換【階層3】

決済方法は複数準備しよう

ネットショップを開業するのであれば、必ず決済方法を複数準備しましょう。なぜなら、お客様は自分が使いたい決済方法がないと購入手続きを止めて別のショップに移ってしまうからです。主な決済方法には、銀行振込、代金引換、クレジットカード、郵便振替、コンビニ決済がありますが、可能であれば全て準備したほうがよいでしょう。

クレジットカード決済は必要不可欠

ネットショッピングで最も使われている決済方法がクレジットカード決済です。従って、クレジットカード決済だけは必ず導入しておきましょう。

クレジットカードのメリットは、注文と同時に支払いが完了することです。銀行振込は振り込まれずにキャンセルになる場合がありますし、代引きでは受け取り拒否のリスクもあります。クレジットカード決済なら、このような心配をする必要はありません。

デメリットは、手数料がかかることくらいです。もっとも、手数料は代金引換でも銀行振込でもかかります。メリットが多い割にはデメリットが少ないため、クレジットカード決済だけは忘れずに導入しておきましょう。

梱包はお客様があなたのお店を判断する最終チェックポイント

決済が終われば、いよいよ商品を梱包してお客様に発送する段です。

しかし、最後まで気を抜かないで下さい。商品を買ってもらっても、梱包が悪くお客様をがっかりさせてしまっては意味がありません。

商品が箱の中で破損しないようにクッション材を入れたり、見栄えが良い綺麗な包装紙を使ったりして、お客様に気に入ってもらえるような梱包を心がけましょう。また、お客様が商品の届出日時を指定していれば、必ずその日時に届くように対応しましょう。

梱包+αのサービスでお客様をリピーターにする方法

確かに、注文された商品を梱包・発送することは重要です。しかし、これだけではお客様に感動してもらえません。リピーターになってもらうためには、商品の梱包+αのサービスが必要です。

例えば、

・あなたからの「ありがとう」レター
・次回の購入で使えるクーポン
・チラシやカタログ

このようなものが、商品に同封されていたら、きっとお客様はあなたのショップのリピーターになってくれることでしょう。

ネットショップ開業後の手続きと集客方法

ネットショップを開業したら、行政への手続きと集客が必要です。

ここからは、開業後に税務署へ提出する書類と、初心者でもできる集客方法について解説します。

経営状況で異なる税務署への提出書類

ネットショップを開業した後に税務署へ提出する書類は、あなたの経営状況によって異なります。提出すべき書類には、以下のようなものがあります。

1. 個人事業の開業・廃業等届出書
2. 所得税の青色申告承認申請書
3.青色事業専従者給与に関する届出書
4.源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

順を追って解説します。

1. 個人事業の開業・廃業等届出書
いわゆる「開業届」と言われる書類です。事業の開始等の事実があった日から1月以内に提出することになっています。銀行口座の開設や融資、クレジットカード契約、オフィスの賃貸契約など、個人事業を始めると何かと開業届の控えの提出が求められます。開業1月以内は何かと慌ただしく忘れてしまいがちですが、必ず書類を提出しておきましょう。開業届は以下のリンク先からダウンロードできます。

参考:[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続

2. 所得税の青色申告承認申請書
個人事業主は、会社員と違い、自分で税務申告(確定申告)を行う必要があります。申告方法には青色申告と白色申告の2種類がありますが、節税効果が高いのは青色申告です。ただし、青色申告で節税の恩恵を受けるには、「所得税の青色申告承認申請書」という書類を税務署に提出しておく必要があります。必ず提出が必要なものではありませんが、節税が必要なほど利益が出そうなら提出しておくと良いでしょう。

参考:[手続名]所得税の青色申告承認申請手続

3.青色事業専従者給与に関する届出書
この書類は、あなたの家族がネットショップを手伝ってくれている場合に提出しておきたい書類です。個人事業主の場合、特に立ち上げ当初は家族に手伝ってもらうことはよくあります。この書類を税務署に提出しておけば、家族に支払った給料を経費に計上することができるようになります。ただし、条件があります。2で紹介した所得税の青色申告承認申請書を提出していなければなりません。

参考:[手続名]青色事業専従者給与に関する届出手続

4.源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
従業員を雇った場合は、毎月、前月に支払った給料の源泉所得税を税務署に納付する必要があります。しかし、この書類を事前に税務署に提出していれば、源泉所得税を年2回にまとめて納付できるようになります。従業員に給料を渡している方で事業に専念したい方は、この書類を提出しておけば便利です。

参考:[手続名]源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請

ネットショップ初心者のための集客方法と注意点

「ショッピングモール型」でなく「独自サイト型」で出店した場合には、自分で集客活動を行う必要があります。なぜなら、立ち上げたばかりのサイトだと検索結果で上位表示させることが難しいからです。

そこで、まずはSNSを使って集客を図ってみましょう。Facebook・Instagram・Twitterは必須アイテムです。これらを積極的に活用して、まずは知人にショップや商品のPRをしましょう。全て無料で使えますし、更新もお手軽です。フォロワー数が多い少ないにかかわらず試してみる価値はあります。

有料の集客方法としては、リスティング広告やアフィリエイト広告を利用するという手段もあります。他には、ブログで商品キーワードを入れ込み、ショッピングサイトへ誘導するという方法もあります。

このように集客方法には様々ありますが、どの集客方法であっても忘れてはいけないことがひとつあります。それは、「単発ではなく継続的に集客作業を行うこと」です。たった数回SNSを更新しただけや、たった数回広告を出しただけで成果が出ることはありません。このこと肝に銘じておきましょう。

ネットショップを始めてみよう!

この記事を読んでネットショップの始め方や手順、注意点等に詳しくなった後は、行動あるのみです。

始める前は不安や心配でいっぱいかも知れません。そのせいで、なかなか最初の一歩が踏み出せないかもしれません。

でも大丈夫です。やる前から全てを理解している人間は一人もいません。みんな壁にぶち当たっては改善するを繰り返して一人前になっていくのです。

ネットショップに興味が湧いたなら、ぜひ、ネットショップを始めてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る