物販

個人輸入するなら中国一択!中国輸入の特徴とおすすめのプラットフォーム

現在は日本からでも簡単に海外のECサイトを利用できるため、誰でも個人輸入できる時代になりました。特に中国輸入は利益率が高いためおすすめです。

今回は、中国輸入の特徴と、おすすめの仕入先・販売先を紹介します。

中国輸入に必要なもの

中国から輸入した商品を日本で転売する上で、最低限用意すべきものを5つ紹介します。

ネット環境

中国輸入を行う上で、快適なネット環境は必須です。

回線速度が遅く、ページを開くのに時間がかかってしまうようでは、それだけで貴重な売買の機会を逃してしまう可能性があります。

パソコン

出品も仕入れも基本的にパソコンで行います。

スマホでも可能ですが、パソコンのほうが作業効率は上ですし、使えるツールもたくさんあります。

スマホ

せどりの基本的な作業は全てパソコンで行いますが、仕入れ先の最新情報をチェックするにはスマホが便利です。スマホなら外出中でも確認できます。

銀行口座

また、売上金を受け取るのに銀行口座が必要です。

せどり専用の銀行口座を作っておくと、会計処理が楽になるのでおすすめです。

クレジットカード

仕入れ時の決済用にクレジットカードがあると便利です。

中国輸入の販売先

中国輸入転売の販売先として代表的な市場はAmazon、ヤフオク、メルカリの3つです。

それぞれの登録方法を解説します。

Amazon.co.jpの出品用アカウント登録方法

Amazonの出品用アカウントを登録するには購入用アカウントが必要なため、まずは購入用アカウントの登録手順を説明します。

Amazonのホームページを開いてください。

参考:Amazon

右上の「アカウント&リスト」をクリックしてください。

以下のような画面が表示されたら、ログインは無視して下の「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

登録フォームが表示されるので、必要事項を入力して「Amazonアカウントを作成」をクリック。

以下のような画面になれば、購入用アカウントの登録は完了です。

続いて、出品用アカウントの登録手順を説明します。

上記で登録した購入用アカウントでログインし、右上の「アカウント&リスト」をクリックしてください。

アカウントサービスから「出品サービスアカウント」を選択します。

すると、以下のような画面になります。

出品用アカウントには2つの料金プランがあります。

1つは小口出品サービスです。こちらは販売手数料の他に1商品あたり100円の基本成約料が徴収されます

もう1つは大口出品サービスです。こちらは基本成約料がかからないかわりに、月額4,900円の登録料がかかります。出品数が多い場合は大口出品サービスの方がお得です。

それでは出品用アカウントを登録していきましょう。今回は大口出品サービスプランで登録します。

「さっそく始める」をクリックしてください。

まずは、居住国と販売者名を登録し、出品規約を確認したら「次へ」をクリックしてください。

次に、出品者情報を入力してください。携帯番号まで入力したら、「すぐにSMSを受信する」をクリックします。

携帯にPINコードが送信されるので、それを入力して「検証」をクリックしてください。

認証完了後、運営責任者名の入力を求められた場合は、本名を入力してください。最後に「次へ」をクリック。

クレジットカード情報を入力して「次へ」をクリック。

続いて、商品情報を入力します。まだ商品が決まっていない場合は「スキップする」をクリックしてください。

カテゴリを選択します。カテゴリがまだ決まっていない場合は「スキップする」で構いません。これで出品用アカウントの登録が完了です。

ヤフオク出品用アカウントの登録手続き

ヤフオクに出品するために必要な手続きは3つあります。

(1)Yahoo JAPAN IDの登録

登録の際には以下の情報が必要になります。

・メールアドレス
・生年月日
・郵便番号
・性別

登録後の変更はできません。ご注意ください。

(2)本人確認

一番簡単な本人確認方法は、モバイル確認です。モバイル確認の手順は、まず携帯・スマホの電話番号を登録します。すると、登録した電話番号にSMSが送信されてくるので、メッセージに書かれた「ヤフオク!認証コード」を入力してください。これで本人確認手続きは完了です。ただし、以下の場合は本人確認手続きは不要です。

・Yahoo! BBを契約している
・Yahoo!カードを利用している
・既に他サービスで本人確認済み

(3)PayPayの登録

参考:PayPay

ヤフオクの落札手数料などの支払いは、PayPayに登録した支払い方法で支払うことになります。PayPayに登録できる支払い方法は、クレジットカード払いと銀行口座チャージのみです。

また、商品代金を現金で受け取るのにも、PayPayに受取口座を登録する必要があります。必ず登録しましょう。

メルカリ

メルカリの登録は、メルカリのホームページから行えます。

参考:メルカリ

右上の「新規登録」をクリックしてください。あとはメッセージに従って必要事項を入力すれば登録が完了し、出品できるようになります。

販売サイト比較

中国輸入転売で最も重宝する販売先はAmazonです。Amazonは月間の利用者が5,000万人近くいる日本でも最大級のECモールなので、集客力は抜群です。そして、最大の魅力はFBAがあることです。

FBA(fulfillment by Amazon)とは、Amazonの物流拠点であるフルフィルメントセンター(FBA倉庫)に商品を事前に納品しておくことで、商品の管理・注文処理・配送・返品を全てAmazonが代行してくれるサービスのことです。FBAを利用すると作業を効率化できるだけでなく、購入率も上がります。

ただし、限定品や非売品など希少価値の高い商品に関してはヤフオクで転売した方が高く売れる傾向があります。また、洋服・バッグなどのアパレル系はメルカリで売った方が回転良く売れます。

中国輸入の仕入先

中国輸入の仕入先として最適なECモールを4つ紹介します。

タオバオ

参考:タオバオ

タオバオはCtoCのECサイトです。日本でいうところのヤフオクやメルカリと同じ個人同士の取引市場となっています。しかし、市場規模は日本のものとは桁違いです。会員数は5億人以上、出品商品数は8億点以上に上ります。中古品を安く仕入れたいならタオバオが一番です。

天猫Tmall

参考:天猫Tmall

こちらはBtoCがメインのサイトです。日本のAmazonや楽天市場と似たサイトと言えるでしょう。天猫TmallはBtoCの中国国内ECシェアの約6割を占める超人気サイトです。ナイキ、アディダス、ユニクロ、P&Gなど、世界中の一流ブランドが出店しています。新品の仕入れに最適です。

アリババ1688.com

参考:アリババ1688.com

1688.comには、中国の現地メーカーや工場が出品しているため、ほぼ卸売価格で購入できます。品揃えも豊富です。ただし、アリババは小売業者向けのサイトであるため、商品の個別販売はしていません。全て箱買いが基本です。そのため、安定して売れる商品を大量に仕入れる際に使いましょう。

Aliexpress

参考:Aliexpress

Aliexpressは中国のECサイトですが、中国国外のユーザーをターゲットにしています日本語にも対応しており、日本のクレジットカードも利用可能です。また、日本まで直接発送してもらえます。

ただし、Aliexpressはアリババ・タオバオといった他の中国系ECサイトと比べると全体的に価格が高めで、品揃えも劣ります。

おすすめの中国輸入代行業者

中国輸入では、基本的に代行サービスを使います。

輸入代行業者の選び方

輸入代行業者の中には悪徳業者も存在するため、業者選びには注意が必要です。輸入代行業者を選ぶ際の基準を7つ紹介します。

(1)送料

輸入代行サービスの送料は、定額制と従量制の2種類に大別できます。単発の輸入の場合は従量制の方がお得ですが、ビジネスとして継続的に輸入する場合は定額制の方が経済的です。

(2)発送スピード

FedExやDHLなど国際宅配便で発送してくれる業者は、発送が早い傾向があります。

(3)代行手数料

代行手数料は安いに越したことはありませんが、安すぎるのは問題です。代行手数料0円を謳っている業者もありますが、その分為替手数料や送料が高くなっていることがほとんどです。また、価格が極端に安い業者はサービスが悪く、商品の破損・紛失等の配送トラブルが多い傾向があります。

(4)サービスの質

特に梱包と検品の丁寧さが重要です。

(5)オプションサービス

「商品撮影」「二次加工」「FBA直送」「セット化」などのオプションサービスがあると理想的です。

(6)レスポンスの早さ

メールでの問い合わせに対して2営業日以内に返信してこない業者は避けましょう。

(7)日本人スタッフの有無

現地での商品受け取りと発送作業は中国人スタッフでも構いませんが、カスタマーセンターで対応するスタッフは日本人である方がスムーズなやり取りができて便利です。

おすすめの代行サービス10選

ここからは、おすすめの代行業者を具体的に紹介します。

(1)CHINAMART

CHINAMARTは天猫Tmall・タオバオの商品を全て日本語で閲覧・購入できるサイトです。

購入手順は他のECサイトのようにカートに商品を入れて購入するだけです。出品者との交渉・決済は全てCHINAMARTが代行してくれます。荷物を開封・検品してくれる「おまかせプラン」と、荷物を開封せずに直送してくれる「一括直送プラン」があります。おまかせプランで検品して商品に間違い・不備があった場合は、出品者にかけあい交換・返品してくれます。

ただし、以下の商品はCHINAMARTでは取り扱いできません。注意してください。

・ブランド品の偽物
・3辺合計が160cm以上のもの
・重量30kg以上のもの
・ワシントン条約で輸出入が禁止された革製品、象牙、剥製
・日本の薬事法に引っかかる医薬品、健康食品
・航空便で輸送できない液体物、粉、リチウム電池

代行手数料は交渉相手となる出品者数によって異なります。複数の出品者の商品を注文した場合は、その分手数料が高くなります。ただし、一括直送プランの場合は一律商品価格の1%です。おまかせプランの代行手数料は以下のとおりです。

出品者数3人以内 商品価格の5%
出品者数4~10人 商品価格の10%
出品者数11人以上 商品価格の出品者数%(12人なら12%)

CHINAMARTは国際スピード郵便(EMS)業者と提携しているため、送料は通常の半額程度で済みます。

また、過去1年間の合計購入金額によって会員ランクが決まり、ランクごとに割引特典が受けられます。割引率はその時の購入金額によって異なります。会員ランクごとの割引率は以下のとおりです。

・通常会員

50,000円以上 1%
100,000円以上 2%
200,000 円以上 3%
300,000 円以上 4%
400,000 円以上 5%
500,000 円以上 6%

・ブロンズ会員(過去1年で500,000円以上購入)

50,000円以上 1.5%
100,000円以上 2.5%
200,000 円以上 3.5%
300,000 円以上 4.5%
400,000 円以上 5.5%
500,000 円以上 6.5%

・シルバー会員(過去1年で1,000,000円以上購入)

50,000円以上 2%
100,000円以上 3%
200,000 円以上 4%
300,000 円以上 5%
400,000 円以上 6%
500,000 円以上 7%

・ゴールド会員(過去1年で3,000,000円以上購入)

50,000円以上 2.5%
100,000円以上 3.5%
200,000 円以上 4.5%
300,000 円以上 5.5%
400,000 円以上 6.5%
500,000 円以上 7.5%

・プラチナ会員(過去1年で5,000,000円以上購入)

50,000円以上 3%
100,000円以上 4%
200,000 円以 5%
300,000 円以上 6%
400,000 円以上 7%
500,000 円以上 8%

(2)淘太郎

淘太郎は天猫Tmall・タオバオ・アリババ(1688.com)での購入・輸入を代行してくれる業者です。商品のページURLを淘太郎の「代理購入」欄にコピペして代行依頼を出せば、後の手続きは全て淘太郎が代行してくれます。

代行手数料は、普通会員の場合は商品代金の5%、月額会員の場合は月額3万円(固定)となります。

(3)Amacon

Amaconはアリババなどでの購入を代行してくれる業者です。Amaconの月額費・基本サービス・有料オプションは以下のとおりです。

・月額費
ライトプラン:9,800円
ビジネスプラン(OEM交渉):29,800円
コンサルプラン(月1回2時間の電話コンサル):49,800円

・基本サービス
買付
簡易検品(数量と色を確認)
商品撮影

・有料オプション
詳細検品(開封して検品):20元/1時間
FBAサービス:20元/1時間

(4)タオバオ新幹線

タオバオ新幹線はタオバオだけでなく、アリババ・天猫Tmallでの購入も代行してくれる業者です。購入価格が10,889円未満の場合は980円、購入価格が10,889円以上の場合は代金の9%が代行手数料として徴収されます。

(5)中国輸入代行c’na

中国輸入代行c’naは購入代行・検品はもちろん、OEM商品の制作サービスや、中国からAmazonのFBA倉庫への直送サービスなども提供しています。

(6)中国輸入代行BANRI

BANRIも購入代行・検品・OEM制作に加え、AmazonのFBA倉庫への納品も代行してくます。

(7)中国輸入代行HAM

HAMも輸入代行に加えてFBAへの納品の代行もしてくれます。HAMは特にOEM商品化の企画・支援・交渉に優れています。

(8)ヲヲフェニックス

ヲヲフェニックスは中国の事務所にも日本人スタッフがいるため、非常にコミュニケーションの取りやすい輸入代行業者と言えます。集荷・検品・発送といった基本的なサービスの質も高く、安心して業務を委託できます。

(9)タオバオさくら代行

タオバオさくら代行は、日本のECサイトと同じ感覚でタオバオやアリババの商品を検索・閲覧・購入できるサイトです。

(10)イーウーパスポート

イーウーパスポートは、買い付け手数料が定額制の代行業者です。月額29,800円の買い付け手数料で、送料は実費ですが格安です。たくさんの買い付けを行うならトータルコストで断然お得になります。

その他にもFBA直接納品やラベルの貼り付け、OEM、ODNパッケージの制作など中国輸入ビジネスを成功に導くさまざまなサービスを提供しています。また検品を日本品質で行ってくれるので、安心して輸入作業を任せる事ができます。

参考:イーウーパスポート【ゴールド会員】はこちら

初めての中国輸入には…

中国輸入初心者の場合は、天猫Tmall・タオバオからの仕入れにはCHINAMART、アリババ(1688.com)からの仕入れには淘太郎がおすすめです。

中国輸入代行業者の必要性

中国輸入の場合は、Aliexpressを除いて代行サービスの利用がほぼ必須となっています。

一般的な輸入

アメリカやヨーロッパのECサイトは、日本への発送に対応しているサイト・セラーが増えてきています。また、日本のクレジットカードやPayPalが利用できるサイトがほとんどであるため、問題なく決済できます。

しかし、中国輸入はそうではないのです。

Alipayが使えない

中国のECサイトで商品を購入する際は、基本的にAlipayという決済サービスを利用します(PayPalの中国版だと思ってください)。このAlipayのアカウントを作成するには中国の銀行口座が必要です

以前は中国まで出向けば現地の銀行口座を開設できました。しかし、現在は、銀行口座の開設に中国の住所証明と労働証明が必要になったため、中国在住の人以外は銀行口座を作れなくなっています。

やり取りできない

中国輸入では、しばしば在庫切れや価格交渉などでショップとやり取りしなければいけない場合があります。しかし、中国のECサイトは中国語にしか対応しておらず、日本人スタッフもいない場合がほとんどであるため、中国語が理解できるスタッフが欠かせません。

不良品を返品できない

中国製品は日本製品と比べて不良品が多い傾向があります。当然、不良品だった場合の返品制度はありますが、ほとんどのセラーが返品可能期間を1週間程度に設定しています。

中国のECサイトで注文した場合、商品が届くまでに1週間以上かかることがほとんどであるため、事実上返品は不可能と言えます。

発送してもらえない

また、中国のECサイトの多くは中国国内にしか発送してくれません。そのため、たとえ購入できたとしても、日本に居ては商品を直接受け取ることができません。

自力で配送手段を手配する方法もありますが、個人で宅配業者に依頼すると送料が高くなります。

中国輸入のメリット・デメリット

ここからは、中国輸入のメリットとデメリットを説明します。メリットだけでなくデメリットも理解した上で中国輸入を実践しましょう。

メリット

中国製品はとにかく安いのが一番のメリットです。高い国際送料を加味しても十分な利益が見込めます。

また、中国輸入は敷居が高いため、個人のライバルがほとんどいません。そのため、既存の商品でもきちんとリサーチすれば独占販売が可能です。

加えて、これは上級者向けの話になりますが、中国の工場にオリジナル商品の開発・生産を依頼することも可能です。オリジナル商品はライバルが全くいないため、上手くブランディングできれば大きく稼ぐことができます。

中国輸入に興味がある人や始めたい人には、一度無料で在宅中国輸入ビジネス講座を受講する事をおすすめします。

無料で在宅中国輸入ビジネス講座は、商品のリサーチ方法や出品サイトの使い方など中国輸入に必要な知識を全7通のメール講座で教えてくれます。初心者にはもちろん、中国輸入がうまくいかない人にもおすすめです。成功例の紹介もあり、中国輸入の成功への近道になるでしょう。

また無料で在宅中国輸入ビジネス講座は、中国輸入代行業者のイーウーパスポートが提供する講座です。イーウーパスポートは、オリジナル商品を扱う際のOEMやODMのパッケージ制作をサポートしてくれます。オリジナル商品を考えている人におすすめの代行業者です。

参考:無料で在宅中国輸入ビジネス講座を購読する

デメリット

国際配送を利用することになるため、どうしても商品が届くまでに時間がかかります。最速のEMSでも1週間程度はかかります。船便だと数ヶ月は覚悟しなければいけません。

また、中国製品は安い代わりに、品質はあまり良くありません。中には不良品もあるため、検品が不可欠です。

注意点

中国では1月末~2月中旬に約1週間の旧正月休みがあります。この期間は中国国内の物流がストップします。輸入代行業者も例外ではありません。年始に中国から輸入する場合は、旧正月の1週間前までに済ませましょう。

また、個人輸入も輸入転売も、その行為自体は違法ではありませんが、扱う商品の種類や行為によっては違法になるため注意が必要です。以下の商品を許可なく個人輸入した場合は違法となります。

・医薬品
・酒類
・たばこ

サプリメントでも、専ら医薬品に使われる成分が含まれていると医薬品とみなされます。

中国輸入は儲かる

中国輸入は欧米輸入などと比べると難易度が高く、基本的に輸入代行サービスの利用が必須です。しかし、その分ライバルが少ないですし、何より高い利益率が見込めるため非常に稼ぎやすいビジネスと言えます。ぜひ中国から輸入してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。