物販

【初心者向け】ネットショップの立ち上げから商品販売方法までを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「インターネットで商品を販売してみたいけれど、準備することが多くて大変そう」というイメージのせいで、ネットショップを始めることをためらっていませんか。

この記事では、ネットショップの立ち上げ方やマーケティング戦略の基本を紹介します。最後まで目を通せば、初心者が知っておくべきネットショップの基本的な知識を一通り押さえることができますので、ぜひご覧ください。

インターネット上で商品を販売する方法

インターネット上で商品を販売する方法には、自社サイトを通して販売する方法と、既存のショッピングサイトを利用して販売する方法の二通りあります。

まずは、それぞれの販売方法の強みと弱みを見ていきましょう。

自社サイトの特徴

自社サイトを通して販売する場合の強みは二つあります。

ひとつ目は、利益率が高いことです。販売者と顧客の間を仲介する業者が存在せず、サービス利用料などのコストがかからないことがその理由です。

もうひとつの強みは、自社サイトを自由にカスタマイズしてその個性を顧客にアピールしやすいことです。

一方で、自社サイトを運営・維持していくための人件費や費用などのコストが発生します。サイトの運営等をアウトソーシングすることもできますが、そうすると、その分の費用が別途掛かってしまいます。

既存のショッピングサイトの特徴

既存のショッピングサイトを利用して商品を販売する方法もあります。

既存のショッピングサイトを利用する場合、手数料によっては利益率が下がってしまうのがネックです。また、サイトのデザインが制限されているため、個性を打ち出しにくく、競合商品との差別化を図りにくいという弱みもあります。

しかし、既にシステムが構築されているため、商品を登録するだけで販売を開始できることや、サイト運営のための費用を比較的抑えられることは大きなメリットです。

以下で、メジャーなショッピングサイトの特徴をそれぞれ確認しておきましょう。

大手ショッピングサイトの比較

大手ショッピングサイトとしては、Amazon、楽天市場、ヤフオク!が有名です。

Amazonに出品すると、そのショッピングモールの中に商品を陳列してもらうことになります。また、FBAを利用すれば、発送作業をAmazonへ任せられるのも大きな特徴です(ただし、手数料は発生します)。

Amazonを利用して出品する場合の料金体系はふたつあります。それぞれ基本料販売手数料が課せられます。

参考:Amazon出品サービス 料金プラン

次は、楽天市場です。楽天市場は、Amazonとは異なり、楽天というモールの中にお店を構えることになります。

月単位で決まった出店手数料とシステム手数料が発生し、プランや月の売り上げによって金額が変わります。また、楽天市場の受注管理システムを使用します。

参考:楽天市場への出店・開業案内 

最後がヤフオク!です。ヤフオク!では、オークション形式と、販売者が価格を決めるフリーマーケット形式のいずれかを選ぶことができます。

参考:はじめてのヤフオク!出品

ネットショップ以外で商品を販売する方法

ネットショップで商品を販売する以外にも、実店舗で商品を販売するという方法もあります。

実店舗で販売する場合だと、既存の店舗に自分の商品を取り扱ってもらう方法と、自分のお店を構える方法の2種類があります。

ネットショップで販売するのと比較した場合のデメリットを見てみましょう。

既存の店舗に商品を取り扱ってもらう方法

まずは、既存の店舗に自分の商品を取り扱ってもらう方法について解説します。

様々な雑貨を扱っているバラエティショップなどを通して商品を販売する場合のデメリットは、ネットショップに比べ発生するコストが大きいことです。また、既存店と商品を取引する場合、ネットショップに比べて手数料が高い傾向があります。加えて、その店舗との継続的なコミュニケーションが欠かせません(Amazon等であれば、ほとんどゼロ)。さらに、商品流通についての知識も必要となるでしょう。

自身の店舗で商品を販売する方法

自身で開業したお店を通して商品を販売する方法もあります。

ネットショップの場合と同様、間に業者を挟まないため利益率は高くなります。一方、実際の店舗を維持するために必要なコスト(賃料など)は、どうしてもネットショップよりも大きくなってしまいます。

商品販売に最低限必要なサービスと機材

ネットショップを始めるには様々なシステムや機材を揃えなければなりません。

設備によって作業効率や顧客に与えるイメージが変化するため、自分のサイトや商品に合った設備を選ぶことが重要です。

ここでは、ネットショップを立ち上げるために必要な諸々の準備について紹介します。

ネットショップの立ち上げに必要なサービス

利用するショッピングサイトによって、準備すべきサービスは異なります。

具体的には準備しておくと良いサービスは、次の8つです。

・レンタルサーバー
・ドメイン
・ショッピングカート
・決済システム
・メールシステム
・受注管理システム
・顧客管理システム
・商品、在庫管理システム

以上で紹介したサービスのなかには、既存のショッピングサイトを利用する場合には不要なものもあります。例えば、楽天市場で出店する場合は、楽天市場の受注管理システムを使用することになるため準備する必要はありません。

以上の各サービスは、ひとつずつサービス業者と契約することも可能ですし、複数のサービスがまとめられたパッケージを購入することもできます。

ドメインの取得方法

上記で紹介したシステムのうち、ドメインの取得は必須です。

ドメインは、URLとメールシステムで使用されます。ドメインとは、URLのうち「https://www.」から後の部分のことです。メールアドレスの場合は、「@」マークより後の部分です。

ドメインは、その管理会社を通して取得することができます。サーバーをレンタルする際に併せて取得することもできますが、サーバーとは関係なく取得することもできます。他人と重複していなければ、だれでも.comや.netなどのドメインを使用することも可能です。

ただし、ドメインの種類によっては選べないものもあります。例えば、「ac.jp」は、国立大学や私立大学などの使用に限定されています。

ネットショップの立ち上げに必要な機材

ネットショップの立ち上げに必要な機材も確認しましょう。ただ、パソコン、スマートフォン、プリンタなどは、現在使用しているものでもOKです。

1.パソコン
スマートフォンでもネットショップを立ち上げることはできなくはありませんが、効率を考えるとパソコンを用意したほうがよいでしょう。

2.スマートフォン
スマートフォンは、自分のサイトがどのように表示されているのか確認するのに役立ちます。

3.プリンタ
商品に同封する納品明細書や領収書を印刷するために必要です。何通もの書類を作成することを考えると、印刷速度が速いものを選んだほうがベターです。

4.デジタルカメラ
サイトに掲載する商品の撮影に使用します。

5.画像編集ソフトウェア
商品画像は売り上げに直結するため、編集を加えて整えましょう。有名どころの画像編集ソフトと言えば、Adobe社のPhotoshopやIllustratorでしょう。

参考:Adobe Photoshop

参考:Adobe Illustrator

6.セキュリティソフトウェア
利用者の大事な個人情報を預かる以上、セキュリティは万全にしておく必要があります。

7.梱包資材
梱包資材は、商品の発送に必要です。配送袋、ダンボール、ガムテープ、エアキャップ、結束資材、ラッピング用品などを揃えておくと良いでしょう。

消費者の購買心理とは?

商品を販売するには、消費者が購入するまでの心理過程を理解することが重要です。なぜなら、購買心理を理解しておけば、商品を販売するまでのプロセスをスムーズに進めることができるからです。

顧客に信用されるためには?

顧客は、真摯な姿勢、専門性、ブランド力の3つによって販売者が信用に値するかを判断します。

真摯な姿勢とは、顧客が欲している商品を熱意を持って提供する姿勢です。つまり、販売者側が売り出したい商品だけを提案しても、顧客は販売者のことを信用することはありません。

また、顧客はサイトの情報からそのお店の専門性を探っています。

最後に、他の店とは違ったブランド力があれば、顧客からの信用を得ることができます。

この3つのポイントが、消費者との信頼関係の構築に影響します。

消費者が商品を購入する理由を知る

消費者は商品を購入することによって自分の悩みが解決されることを期待しています。換言すると、その商品を購入することでなりたい自分になることができるのかを考慮しているのです。

このような消費者のニーズに対する理解は、信頼関係を構築する段階と購買行動を促進する段階の双方で役に立つでしょう。

心理効果を利用する

心理効果を利用すれば、より商品を購入してもらいやすくなるでしょう。

心理効果には様々ありますが、よく利用されるものにシズル効果があります。シズル効果とは、人の五感にアピールすることで購買意欲を刺激させる効果のことです。例えば、焼き鳥が焼けるにおいを嗅ぐと焼き鳥が食べたくなる、あの現象のことです。シズル効果は、ネットショップにも応用可能です。すなわち、商品写真を工夫して顧客の視覚にアピールするのです(洋服であれば、着画を掲載するなどです)。

基本的な3つの販売ステップ

消費者が商品を購入するまでには、いくつかの段階を踏みます。具体的には、消費者が商品を認知し、販売者に対する信用を醸成し、購買行動に出るというステップです。

販売戦略と購買心理

販売戦略と先ほど解説した購買心理は関係しています。信頼関係を構築し購買行動を促すステップでは、先ほど説明した購買心理を活用することで円滑に顧客とコミュニケーションをとることができるでしょう。

ステップ1 集客

関心を持ちそうな顧客を集めることからマーケティングは始まります。当然のことですが、商品やお店を知らない消費者に購入してもらうことはできません。

ネットショップの集客方法としては、ブログ、アフィリエイト広告などを挙げることができます。新規顧客のほかにリピーターも獲得したいところなので、連絡先を取得できるとなお良いでしょう。ディスプレイ広告も検討の価値ありです。

ステップ2 信頼関係の構築

商品やお店を認知してもらったら、次はその顧客との信頼関係を築く必要があります。なぜなら、人は信頼できる人もしくはお店からでないと商品を購入しないからです。

ステップ3 購買行動の促進

消費者に商品を購入してもらうには、その商品やお店が顧客の役に立つことを示すことです。
そこで、商品を使用する具体的な場面を写真等によって説明するようにしましょう。

初心者が試すべき商品販売のノウハウ7選

商品を売り出したものの、思うように売り上げが伸びないことはよくあります。売り上げが伸び悩んだ場合は、以下でご紹介するマーケティング戦略を実践してみましょう。

1.宣伝内容を見直す

まずは、宣伝文句を見直してみましょう。そして、より効果的に顧客にアピールできる文章にならないか検討することが大事です。

また、商品のキャッチコピーや紹介・説明の文章はもちろん、商品写真を差し替えることによっても顧客の反応は変化します。

2.宣伝方法を見直す

内容だけでなく、宣伝方法も見直しましょう。内容が的確であっても、現在の宣伝メディアのターゲットと自身の商品のターゲットがズレている可能性があります。

メディアの見直しでは、業界や専門分野に特化したメディアを検討しましょう。このようなメディアは、読者やユーザーが絞られているため、商品のターゲットと合わせやすいからです。

そもそも広告を出していない場合は、商品が認知されていないことがほとんどのため、商品にとってベストなメディアを探すことから始めましょう。

3.顧客との接触回数を増やす

顧客との接触回数を増やせば、購入単価や購入頻度を上げることができます。

顧客に向けて情報を提供したり、売り込みをかけたりといったコミュニケーションを継続的にとることが大切です。コミュケーションを取る方法には、ニュースレター、セールスレター、お礼状や誕生日カード、季節ごとのグリーティングカード、メールマガジンなどがあります。

4.顧客の意見を取り上げる

顧客の意見を取り上げれば、商品に対する信頼度をアップさせることができます。また、顧客の意見を採用することで、よりユーザー目線に立った商品イメージを伝えられるようにもなります。

顧客の意見を掲載する際は、商品のデメリットも併せて載せることがポイントです。

また、有名人から商品を紹介するコメントをもらうことができればもっと効果的です。

これは、サプリメントの販売でよく見るマーケティング方法のひとつですね。

5.ワン・トゥ・ワン・マーケティングを取り入れる

ワン・トゥ・ワン・マーケティングとは、顧客の購買履歴や好みに関するデータをもとに一人一人にあった商品を提案するマーケティング方法です。

例えば、購入してもらった本と同じジャンルや作家の本を提案したり、顧客の家族情報をもとにクーポンの配信内容を変えたりすればより効果的です。

6. テストマーケティングを実施する

テストマーケティングとは、正式に販売を開始する前に場所や期間を限定して試験的に商品を販売することです。

これは、顧客の反応を確認するために行うものです。テストマーケティングを行えば商品の売れ行きが予想できるようになるので、不良在庫を抱えるリスクを最小化できます。また、少量で行えば、失敗したときの余計なコストを避けることもできます。さらに、商品の改善点が見つかれば正式販売前に修正も可能です。

7.共同事業を行う

関連する商品の会社と共同して商品を販売できれば、相乗効果が生まれます。これが、共同事業を行うメリットです

お互いのターゲット層が重複している場合、自分の商品を販売してもらえれば、販路の拡大も期待できます。新しい顧客に認知してもらえる機会も広がることでしょう。

商品の販売方法を工夫することで、初心者も売り上げを上げることが可能

この記事では、ネットショップを開業してから商品を販売するまでの流れを紹介しました。ポイントをまとめると以下の通りです。

・自社サイトで開業するのか、既存サイトで出店・出品するのか選択する
・自社サイトで開業する場合は必要な設備を準備する
・購買に至るまでの心理を理解する
・購買行動につなげるノウハウを駆使する

商品の価値を正しい方法でアピールし、ターゲットに届けることができれば、ネットショップを始めたばかりでも売り上げは右肩上がりに伸びていくことでしょう。

ぜひ、こちらの記事を参考にネットショップの経営を始めてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る