物販

副業で物販をする際の仕入れ方法を解説!確実に利益を出す秘訣も伝授!

副業で物販を行う際に大切なのは、仕入れです。よく売れる商品を安く仕入れることができれば、成功する確率が確実にアップします。

しかし、物販初心者の場合、何をどこから仕入れれば良いのかよく分からないという方も多いでしょう。

そこで今回は、副業で物販を考えている方に向けて、物販の基本的な手順やおすすめの仕入れ先、確実に利益を獲得する秘訣について解説します。

そもそも物販って何?

物販とは、「物品販売」のことです。

物販には、自分で一から企画・デザイン・製造した上で販売する場合と、転売の2種類があります。

物販という言葉はかなり以前からありましたが、近年のeコマースの普及により、主にインターネットを利用したせどり(転売)ビジネスで多用されるようになりました。

本記事でも、基本的にせどりビジネスを前提として「物販」というワードを使用します。

物販で利益を出すには?

物販で利益を出すためのポイントは、経費を安く抑えて可能な限り高く売ることです。

経費とは、物販の場合は、主に商品の仕入れ代金と送料です。仕入れ代金には、商品そのものの価格に加えて、メーカーによっては、仕入れるための手数料が上乗せされる場合もあります。販売価格からこれらの経費を差し引いた金額が利益となります。

ただし、Amazonや楽天などのECサイトを使って物販を行う場合は、販売手数料が発生するので、それも経費に計上しておく必要があります。

物販の種類

インターネットを使った物販には、主に4つの形態があります。

  • 国内の業者やECサイトから仕入れて国内で転売する
  • 国内の業者やECサイトから仕入れて海外に転売する
  • 海外から仕入れて国内に転売する
  • OEM(あるメーカーが製造した商品を他社のブランドで販売すること)を委託し、海外で作られた商品を自社製品として国内又は海外で売る

利益商品の見つけ方

物販では、利益率や回転率の高い商品を、いかに効率よく仕入れて販売できるかどうかが成否を分けます。

副業とはいえ、せっかく売れてもほとんど利益がなかったり、売れるまでに時間がかかりすぎたりすると、ビジネスとして成り立ちません。

よって、どのような商品がよく売れて利益も上がるのかを、常にリサーチしておく必要があります。

その方法として、リサーチツールを使うのがおすすめです。リサーチツールを使えば、例えばAmazonでどの商品がいくらで売れているのか、新品と中古品それぞれの最高値や過去の売れ行きなどがグラフ表示され、ひと目で確認できます。

特に物販初心者は、自分好みの商品を売ろうと考える傾向が強いです。もちろんそれで成功することもありますが、実際には、ライバルが多すぎたり、ユーザーが買いたい商品と異なっていたりするケースが多いです。

素人感覚でただ売りたいものを売りたい価格で売るという方法は、失敗する可能性が高く、極めて危険です。何が売れ筋で、どれくらいの数ならいくらで売れるか、というリアルタイムの情報をしっかりと把握することが大切です。

物販の基本的な手順

この項目では、副業でインターネットを利用した物販を行う際の手順を解説します。

リサーチツールを使って売れ筋の確認をする

物販を行うためには、まず何を売るかを決める必要があります。その際に役立つのが、リサーチツールです。

物販向けのリサーチツールは数多くありますが、中でもオススメしたいのは、Google Chromeの拡張機能です。Google Chromeはパソコンでもスマホでも使えますが、インストールしておくと、15万を超える様々な機能が使えます。

例えば、「モノサーチ」という拡張機能を使えば、ある商品の新品と中古品の最安値や在庫数などについて、複数のサイトを同じ画面で確認することができます。仮に楽天でシャープの加湿器を閲覧しているとすると、その画面上にAmazonやヤフオク!、メルカリなどのアイコンが表示され、ワンクリックでそれぞれのサイト画面に遷移でき、同じ加湿器の商品情報を見ることができます。

このようなリサーチツールを駆使すれば、売れ筋商品や価格帯、シーズンごとの売れ行きなどをチェックすることができるので、仕入れ商品を決めるのにとても役立ちます。

参考:モノサーチ

仕入れを行う

販売したい商品が決まれば、具体的な仕入れ先を見つけます。仕入れ先は、ECモールやネットオークション、フリマアプリ、さらに家電量販店やディスカウントショップなどの実店舗もおすすめです。

実店舗で商品をリサーチするなら「せどりすと」や「せどろいど」というアプリが役立ちます。スマホにインストールして、画面で商品のバーコードを読み込むだけで、商品相場や売れ行きが確認できます。店頭の商品が相場と比べて安いと分かれば、その場で仕入れることができるので便利です。

参考:せどりすと(iOS版)

参考:せどろいど(Android版)

サイトを決めて販売する

どのプラットフォームを使うかで、売れ方や利益にも開きが出てきます。例えば、Amazonで1円の文庫本が楽天では500円以上することもあります。手数料も異なるので、よく比較検討して自分に最適な販売方法を選択しましょう。

梱包して発送する

注文が入れば、商品を梱包して発送します。AmazonならFBAというサービスもあります。FBAは、「フルフィルメント by Amazon」の略で、あらかじめAmazonの倉庫に商品を送っておくと、受注後の梱包、発送、返品、カスタマーサポートなど、すべてをAmazonが代理で行うというシステムです。利用するには手数料が必要ですが、梱包も発送もプロが行うので、初心者には安心のサービスと言えるでしょう。

ネットで物販を行う場合、丁寧な梱包とスピーディーな発送はとても重要なポイントになります。配送途中でダンボールが破れたり、商品が破損したりすると、評価が大幅にダウンする恐れがあるからです。加えて、同じ商品を再度送る場合は、コストが倍かかるうえ、利益を押し下げます。副業の場合は、最初から大々的に売り上げるのは難しいため、破損や返品、送り直しなどがあると、経営にダイレクトに響きます。

自分で全て行う場合は、無駄な経費を最小限に抑えるためにも、注文を受けた後の処理は入念に行うように注意しましょう。

物販での仕入れ先

物販では、仕入れ先の数や種類が大きくものを言います。仕入れ先が限られていると、何らかの理由で商品が滞った場合に在庫不足となり、ニーズはあるのに売れないという機会損失を招く恐れがあります。リスクを分散する意味でも、常に複数の取り引き先を確保しておくことをオススメします。仕入れ先によって品揃えや入手しやすい商品も異なるので、その時々のニーズに合わせて使い分けるのも重要な戦略の一つです。

そこで、この項目では物販を行う際の仕入れ先についてご紹介していきます。

実店舗で仕入れる

家電量販店ディスカウントストア、ホームセンター、ドラッグストア、リサイクルショップなどの実店舗は、せどり初心者の仕入れ先としておすすめです。とりわけ、ネットを通じて顔の見えない相手から仕入れるのは不安、という方には適しているでしょう。

実店舗なら、商品を直接手に取って確かめられる安心感があります。場合によっては、その場で値切ったり、ネットでは手に入らない掘り出し物を入手したりすることもできます。

店舗が自宅から離れた場所にしかない場合は、交通費や時間がかかるため、あまりおすすめできません。しかし、近所なら頻繁に通えるため、セールのタイミングに合わせて足を運ぶこともできるでしょう。

国内のネットショップで仕入れる

実店舗は仕入れ先として有効ですが、せどりを長く続けよう思えば、ネットショップの活用は不可欠です。

スマホの普及率が急激に増加したことから、世の中の消費体系は、年を追うごとに実店舗からネットショップへとシフトしています。多くのカテゴリーで、売れ筋のものがネットで優先的に売られている状況です。実店舗での販売に注力してきた家電量販店などでも、最近ではECサイトを立ち上げ、ネット販売に力を入れ始めています。

送料などの経費は計算に入れなければなりませんが、安く仕入れることができるネットショップの得意先は、複数発掘しておくに越したことはありません。

欧米のネットショップで仕入れる

仕入れ先の範囲を海外まで広げると、商品の選択肢は飛躍的に増加します。海外と言われても戸惑うかもしれませんが、まずオススメするのは、アメリカとヨーロッパです。アメリカはAmazonの本拠地ですし、ECプラットフォーマーとして長い歴史をもつeBayもあります。ヨーロッパにもイタリアやドイツ、フランスなどにAmazonのサイトが数多く存在します。

仕入れる方法は、日本のECサイトとほとんど変わらない上、Google翻訳を使えば言語対応も可能なため心配ありません。下記のリンクから各国のAmazonのサイトにアクセスできます。

参考:各国の/地域のAmazon

参考:eBay

中国のネットショップで仕入れる

仕入れ先として中国を選ぶ日本人せどらーも非常に多いです。ヨーロッパに比べて馴染みがあり、日本とはビジネス上のつながりも非常に強く、何より大量の商品を安価に仕入れることができるためです。

中国のネットショップは、活用するために中国国内の連絡先や口座開設が必要だったり、日本語に対応していなかったりするので、直接の仕入れは難しいのが現状です。しかし、輸入代行業者を使えばその心配はありません。日本人向けのカスタマーサポートがあったり、日本語対応が可能なスタッフが常駐していたりといったサービスが充実しており、商品が届くまでの手続きを責任を持って代行してくれます。

コスメなら韓国がおすすめ

コスメ関係のアイテムを仕入れたい場合は、韓国がおすすめです。韓国にはコスメ関連の企業が非常に多く、ネットショップでも安価な商品が大量に販売されています。とくに10~20代をターゲットにするなら、リサーチしてみる価値は大いにあるでしょう。

国内メーカーから直接仕入れる

国内メーカーの代理店として直接仕入れる方法もあります。

まったく縁のない相手の場合は難しいかもしれませんが、友人や知り合いでこれからネット展開を考えている業者や、事業の立ち上げを控えている人がいれば、可能性はゼロではありません。紹介してもらって条件が合えば、事業拡大に協力する形で参加してみるのも良いでしょう。

海外のメーカーから直接仕入れる

海外のメーカーから直接仕入れて転売する方法もあります。正式なコネクションができれば、他のせどらーより安く仕入れて売ることも可能です。

ただし、日本語が通じない可能性が大きいので、Google翻訳を使ってメール中心の交渉をするか、通訳を介してやり取りする必要があります。

海外のブランド品を無在庫販売する方法もある

海外ブランドを専門に扱うECサイトのBUYMAを利用すると、無在庫販売が可能です。一般的には、どのECサイトでも無在庫販売は固く禁じられています。しかし、BUYMAでは正式に認められています。

BUYMAでの物販は、ユーザーからの注文が入った後で商品を手配して発送するという流れとなるため、特別に運転資金を用意せずとも、アカウント登録だけで始められます。しかも、海外のブランド品は国内で買うよりかなり安価なケースが多く、利益率を高めやすいというメリットもあります。非常に手軽に世界中のファションアイテムが扱えるとあって、主婦の副業として人気があります。

参考:BUYMA

OEMで海外製品を販売する

OEM(Original Equipment Manufacuturing)とは、「相手先ブランド名製造」のことで、あるメーカーが製造した商品を他社のブランドとして販売することを意味します。

物販でのOEMといえば中国が圧倒的に多いです。もっとも簡易的な方法は、中国の安価な商品を仕入れて、自社のタグをつけてオリジナルブランドとして売る、というものです。さらにオリジナリティを出したい場合は、商品そのものに自社のロゴをプリントしたり、縫い付けたりします。ロゴが違うだけで商品の中身は一緒というケースもよくあるので、事前に商品のリサーチや吟味をしっかり行う必要があります。

物販で利益を出す秘訣

この項目では、物販で確実に利益を上げるための秘訣を5つご紹介します。

扱うカテゴリーを絞る

物販をしようと思うと、「あれも売りたい、これも売ってみたい」とどんどん手を広げたくなることがあります。しかし、それは要注意です。

物販を長く続けようと思えば、それなりの商品知識が必要になります。ユーザーが本当に欲しい商品、痒いところに手が届くような気の利いた逸品などを揃えなければ、多くのライバルを相手に勝ち残ることは難しいからです。最初から安易に手を広げ過ぎないように、くれぐれも注意しましょう。

複数の販売ルートを確保する

同じ商品でも販売ルートが異なれば売れ方も違ってきます。Amazonや楽天のようなECサイト向けの商品もあれば、ヤフオク!のようなオークションの方が高値で売れるケースもあります。

一つの売り方に固執しないで、複数のプラットフォームでの販売を考えましょう。いくつかの方法を試すうちに、段々自分にマッチした方法が見えてきます。

価格調整をマメに行う

ネットでの物販は、価格変動が非常に激しいのが特徴です。わずか1週間で度々価格変更されることも珍しくないため、状況に合わせた柔軟な価格調整が大切です。

特に季節商品の場合、シーズン前からシーズン中は高値で売れても、シーズン後半になると同じ価格では売れなくなることがあります。オフシーズンともなれば、なおさらでしょう。

Amazonなら、秋から年末にかけて毎年行われるブラックフライデーやサイバーマンデーなどが書き入れ時となります。いつもより安くして数多く売るチャンスですが、その値段設定もライバルの出方をよく研究し、10円、100円単位での調整が必要なこともあります。

マメな価格調整を怠ると、大きな機会損失を招きかねないので注意しましょう。

ユーザーの心理を読み取る

物販で成功するには、ターゲットとなるユーザーの心理を読み取ることが肝要です。

例えば、全10巻のコミックがあるとして、4巻だけが抜けている場合と、10巻だけが抜けている場合なら、どちらが売れやすいでしょう。ユーザーの心理としては、4巻を読まずに5巻以降が目の前にあるというのは、あまり喜べません。一方、10巻だけがない場合なら、9巻までまとめ買いして読んでしまい、最後の1冊は別で買うのもあり、と考える人が多いと推測できます。この場合、前者ならバラ売り、後者なら9冊まとめ売りの方が売れやすいとの考えが成り立ちます。

もちろん、これは一つの例であって、作品の人気や売り出す時期などによって戦略は異なってきます。しかし、売る側の都合ではなく、お金を出して買う側にどの様な心理が働くかを正しく読み取ることが重要で、これを無視すると失敗に終わるリスクが高まります。

無駄な手間を省く

副業で物販を行うからには、そこに割ける時間は限られているはずです。にもかかわらず、注文を受けて梱包し、発送、苦情、返品対応まで行っていると、時間がいくらあっても足りません。おそらくこれらの対応で精一杯となり、商品のリサーチを行う時間が思うように取れなくなるでしょう。しかし、このリサーチを怠ると物販では致命傷となります。

そこで、AmazonならFBAを活用すると、発送やカスタマー対応など、自分以外でもできることはすべてAmazonに一任できます。浮いた時間でリサーチなどのコアな業務に集中できれば、その分成果が出やすくなります

まとめ

当記事では、副業で物販を行う際の仕入れ先や、利益を上げるコツについて解説してきました。

物販では、適切な仕入れ先の確保が命といっても過言ではありません。しかも一つに絞らず、複数のルートを確保しておくことも重要です。常に情報収集を行いながら、より良い商品をより安く入手して転売できるようにしてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!