物販

レンタルショッピングカートを選ぶ際のポイントとは?

ネットショップの運営において、「ショッピングカート」は必須の機能です。

しかし、ショッピングカート機能を自作するには高い専門技術が必要であり、費用もかなりかかります。そのため、初めてネットショップを始める方には、少々ハードルが高い作業と言えるでしょう。

そんな初心者の方におすすめなのが、「レンタルショッピングカート」です。

レンタルショッピングカートなら、月々わずかな使用料で機能的なショッピングカートを利用できるので、手間やコストをかなり抑えられます。

そこで今回は、レンタルショッピングカートを選ぶ際のポイントや、おすすめのショッピングカートなどをくわしくご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

ネットショップ関連用語を学ぼう

ショッピングカートについてご紹介する前に、まずはネットショップに関する用語をチェックしましょう。

ショッピングカートASP

「ショッピングカートASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)」とは、ネットショップの注文処理を行うサービスのことです。「ショッピングカート」や「カートASP」と呼ばれることもあります。

ショッピングカートASPは、商品の受注、決済、配送、ユーザーの個人情報など、商品販売に関するデータを一元管理できる便利なツールであり、ネットショップ運営には欠かせないものです。

最近では、ネットショップ自体の作成機能が付いているショッピングカートASPも数多くあるので、これらを利用すれば、より簡単にネットショップを開業できます。

ドメイン

ドメインとは、ウェブサイト上の住所のことです。URLとほぼ同義であり、ネットショップ開業には欠かせません。

ショップの屋号やサービス名を当てはめるケースが多く、末尾に「.com」「.ne. jp」「.jp」などをつけます。

例)yahoo.co.jp

ドメインは、「ムームードメイン」や「お名前.com」やなどのドメイン公式登録サービスで安く手軽に取得することができます。

参考:ムームードメイン

参考:お名前.com

独自ドメイン

独自ドメインとは、自分の好きな文字や数字を入れて作ったドメインのことです。

普通のドメインは、レンタルサーバー会社のドメインを「間借り」する形で使用するので、好きな文字列は一部しか入れられません。

一方、独自ドメインの場合、他の人が先に取得していなければ好きな文字列を入れて作ることができるので、シンプルで覚えやすいドメイン名にすることが可能です。

さらに最近では、独自ドメインで運営しているネットショップやECサイトそのものを「独自ドメイン」と呼ぶこともあります。

ECサイト

ECサイトとは、「Electronic Commerce」の略であり、インターネット上で商品やサービスを販売するサイトのことを表します。ネットショップとほぼ同義ですが、サイトの規模が大きい場合は「ECサイト」、小さい場合は「ネットショップ」のように使い分けるケースもあります。

ECサイトの多くは、ショッピングカート機能の他にも、受注、決済、配送などの機能を備えています。

インスタントEC

インスタントECは、ショッピングカートASPの一種であり、インスタントラーメンのように誰でも簡単にネットショップの開設ができるサービスです。

ショップ開設までの行程がシンプルで分かりやすく、ITの知識や技術がなくても手軽にショップ開設ができるので、個人から法人まで幅広い層から支持されています。

代表的なインスタントECサービスに「BASE(ベイス)」や「STORES(ストアーズ)」があります。

レンタルショッピングカートのメリットとは?

ここからは、レンタルショッピングカートを使用するメリットをご紹介しましょう。

コストを削減できる

ショッピングカートを自分で構築する場合、機能やデザインを自由にカスタマイズできる代わりに、機能の導入や追加にかなりのコストがかかります。

一方、レンタルショッピングカートであれば、月々のレンタル料を支払うだけで充実したショッピングカート機能を利用できます

中には初期費用や固定費が無料というサービス会社もあるので、これらを利用すればさらにお得にネットショップを運営できるでしょう。

サポートも受けられる

レンタルショッピングカートを利用すれば、ネットショップの個性に合わせたショッピングカートをスピーディに構築できるほか、カスタマイズ機能も手軽に追加できます。

さらにサービス会社によっては、集客活動などのネットショップ運営に関するサポートも受けられます。

レンタルショッピングカートを選ぶときのポイント

レンタルショッピングカートを選ぶ際の大切なポイントをいくつかご紹介します。

スマホ表示対応

スマホを利用してネットショッピングをする人の数は年々増加しており、ネットショップ運営においてスマホ表示は必須です。そのため、レンタルショッピングカートを選ぶ時は、スマホ表示対応であるか必ず確認しましょう。

たとえば、スマホ向けのおしゃれなデザインテンプレートや、HTML/CSS、JavaScript、Query編集・制作用の機能など、さまざまなスマホ表示対応のツールを用意しているサービス会社もありますので、それらを利用してスマホに最適なインターフェースを提供しましょう。

集客機能

ショッピングモールに比べ、ショッピングカートは集客力が劣る傾向にあります。そのため、集客機能が高いショッピングカートを選ぶことも重要です。

選ぶ際は、顧客管理(会員登録、ポイント機能、メルマガ配信など)の充実度や、SNS連携および大手ショッピングモール提携の有無など、集客機能の内容をしっかり確認しましょう。

決済サービス対応

ネットショップ運営において欠かせない決済方法は、「クレジットカード」「代金引換」「コンビニ後払い」の3つです。豊富な決済方法はショップの売り上げに直結しますので、少なくとも以上の3種が用意されているショッピングカートをレンタルしましょう。

独自ドメイン取得

独自ドメインを取得できるショッピングカートを選ぶことも、押さえるべき大事なポイントです。

レンタルサーバー会社のドメインを間借りする「共有ドメイン」は、ドメイン名にサーバー会社の名前が入ります。そのため、どうしても長くなりがちで、ユーザーにも浸透しにくく、SEO対策も難しくなります

しかし、独自ドメインなら、ショップ名だけのシンプルなドメインにすることも可能なので、SEO検索にも最適ですし、ショップのブランド力アップにもつながります。

また、ショッピングカートを移動する際もURLを変更しなくてすむので、ユーザーの混乱を防ぐことができます。

おすすめのレンタルショッピングカートは?

それでは、おすすめのレンタルショッピングカートとして、以下の2つをご紹介します。

「MakeShop(メイクショップ)」
「BASE(ベイス)

さきほどご紹介した「選ぶ際のポイント」もきちんと押さえているレンタルショッピングカートなので、ぜひ参考にしてくださいね。

MakeShop(メイクショップ)

MakeShop(メイクショップ)は、ショッピングカート系のサービスでは機能が最も充実していると言われています。

SEO対策や決済サービス、在庫管理、SNS連携などの集客機能にすぐれ、サポート体制も充実しているほか、ネットショップの成長に合わせてスペックや機能をスムーズに追加できる拡張性の高さもポイントです。もちろんスマホ表示対応、独自ドメイン取得も可能です。

月額費用は10,000円~(プランによって異なる)と少々高めですが、長期契約なら最大30%OFFになりますので、将来的にネットショップの拡大を検討している方には特におすすめです。

参考:Make Shop(メイクショップ)

BASE(ベイス)

国内最大級のショッピングカートASPであるBASE(ベイス)なら、たった数クリックするだけで自分だけのネットショップを開業できます。

BASEの最大の特徴は、非常に高機能ながら「初期費用」と「毎月の固定費用」が無料という点です。そのため、初心者の方でも手軽にネットショップ運営を実現できます。

さらに、SNS連携やスマホ表示対応、独自ドメイン適用といった重要な機能もバッチリ!個人の方だけでなく、小規模でネット通販を始めたい事業者の方にもおすすめです。

参考:BASE(ベイス)

ネットショップ開業についてのFAQ

レンタルショッピングカートの基礎知識についてくわしくご紹介してきましたが、いかがでしたか?

最後に、ネットショップ開業について「よくある疑問・質問」についてお答えしたいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

カード決済はどうして必要なの?

カード決済は、現在のネットショッピングで最も利用されている決済方法と言われています。そのため、カード決済を導入しておけば、顧客単価のアップにつながる可能性があります。

また、ショップ側にとっても決済処理が一本化されるため運用がしやすくなりますし、入金管理や経理作業なども楽になります。

さらに、顧客のカード情報なども、カード決済代行会社が提供するセキュリティシステムによって安全に管理できます。

以上の点から、ネットショップ開業にはカード決済の導入をおすすめします。

ネットショップ開業前に手続きは必要?

ネットショップの開業に際しては、事業開始から1カ月以内に「個人事業の開業届出書」、いわゆる「開業届」を税務署に提出する必要があります。

開業届は出さなくても特に罰則などはありませんが、未提出の場合、節税に有利な「青色申告」の控除を受けることができなくなるので、できるだけ提出することをおすすめします。

また、販売する商品によっては許可や資格が必要な場合もあります。たとえば、お酒なら「酒類小売業免許」、中古品・リサイクル品なら「古物商許可」などが必要です。

また、ネットショップには「特定商取引法(消費者の利益を守るための法律)」に基づいた表記を掲載する必要があります

ショッピングカートによっては、特商法に関するページを自動作成する機能もありますので、それらを利用するなどして必ず表記しましょう。

ショッピングカートは「有料」と「無料」のどちらを選ぶべき?

ショッピングカートASPには、「有料」と「無料」の2つのタイプがあります。

有料タイプとしては「MakeShop」「カラーミーショップ」「ショップサーブ」が、無料タイプとしては「BASE」や「STORES」がそれぞれ有名です。

有料ショッピングカートの魅力と言えば、何と言ってもショップ運営機能が豊富に揃っていることです。さらに、ショップのレイアウトやデザインの種類も多いので、オリジナリティあふれるネットショップを作ることができます。しかし、初期費用や固定費が高くなりがちで、予算が少ない方にとっては負担が大きいかもしれません。

一方、無料ショッピングカートは初期費用や固定費がかからず、ランニングコストを抑えられるのが最大の魅力です。しかし、有料版に比べて使える機能やデザインのテンプレートが少なく、ショップの独自性が出しにくいのは難点です。

どちらを選ぶにしても、ご自身のネットショップの運営方針に合ったタイプを選びましょう。

充実した機能を持ち、自分のネットショップに合ったレンタルショッピングカートを選ぼう!

レンタルショッピングカートに関する基礎知識と選び方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?まずは、ショップの運営方針をしっかり定め、その上でどんなショッピングカート機能が必要なのか、きちんと把握してから選びましょう。

レンタルショッピングカートを選ぶ際に重要な点は2つです。

1つ目は、重要な機能、つまり「スマホ表示対応」「集客機能」「決済サービス対応」「独自ドメイン取得」の4機能が備わっているかをしっかり確認すること。

そして2つ目は、ご自分のネットショップ運営方針に合ったショッピングカートを選ぶことです。

この2つの点を押さえれば、きっと機能的なレンタルショッピングカートを選ぶことができるでしょう。

ショッピングカートのシステム内容は、あなたのネットショップの売上を左右する可能性がある重要なものです。今回ご紹介した情報が、みなさんのレンタルショッピングカートを選ぶ際のお役に立てれば幸いです。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。