物販

転売で儲からない人の特徴とは?儲けるための7つのコツを徹底紹介!

この記事を監修した吉田です。
2021年5月現在で成功者続出の秘密のノウハウを期間限定で公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

転売ビジネスは比較的始めやすく、儲かりそうなイメージがあることから、副業として取り組む方が多いビジネスです。

しかし、いざやってみると意外に儲からないことが多く、途中であきらめてしまう方も少なくありません。

そこで今回は、転売で儲からない人の特徴や儲けるためのコツなどをご紹介します。なかなか転売ビジネスで成果を上げられないとお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

転売が儲かりにくい理由7選

転売ビジネスとは、自分で購入した商品を第三者に販売することで利益を得るビジネスです。日用品をはじめ、家具・家電、衣服、アクセサリーまで幅広いアイテムを仕入れ、フリマアプリやネットオークションなどの転売ツールを利用して販売します。

一見、すぐに利益が出そうな感じがしますが、転売ビジネスには難しいところもあります。

そこでここでは、転売が儲かりにくい理由を7つご紹介します。

1.ある程度の仕入資金が必要

転売ビジネスを行うには、在庫を確保しておく必要があります。そのため、事前にある程度の資金を用意しなければなりません。

たとえば、転売で月に100万円の利益を出したいと考えたとしましょう。

転売の利益率は一般的に1割程度なので、100万円の利益を出すには月に1,000万円の売上が必要になります。そうなると、それ相応の資金が必要となるため、儲かりにくいことになるのです。

2.不良在庫を抱えてしまいがち

当然ですが、仕入れた商品は、売れ残ってしまうと不良在庫になってしまいます。

不良在庫をさばくためには価格を下げて販売する必要がありますが、これが赤字化の原因になります。また、不良在庫であっても保管するための費用がかかるので、キャッシュフローの悪化につながりかねません。

このような状態が続けば、在庫過多による黒字倒産になってしまうケースさえあるのです。

3.売上を維持するには作業し続ける必要がある

転売ビジネスを副業として始めたいと考えている方は多いと思います。

しかし、売上を維持するためには、仕入れ、受注、梱包、発送、納品といった作業をやり続ける必要があり、本業のかたわらに行うには肉体的・精神的にかなりハードな状態になります。

作業を外注すれば時間と手間を節約できますが、コストがかかる上、転売ビジネスを初めた当初はなかなか利益が出にくいことも手伝って、結局赤字になってしまうことが多いのです。

4.送料が値上げされた

2018年3月、日本郵便がゆうパックの基本配送料を平均約12%値上げしたのと同時に、ヤマト運輸や佐川急便といった大手宅配会社も送料を値上げしました。

特にヤマト運輸の宅急便の送料の値上げ率は高く、約15%にも上ります。今後もさらに上がる可能性があります。

この送料値上げの流れは転売ビジネスにも大きく影響し、送料が利益を圧迫して儲けが出ないケースも出ているのです。

5.プラットフォームの規約に振り回される

転売ビジネスを行っている方は、Amazonやメルカリなどの大手プラットフォームを利用することが多いでしょう。

大手プラットフォームは集客力が高いので、商品を出品するだけで売り上げにつながるのが魅力です。

しかし、これらのプラットフォームでは、規約が突然変更されることがあり、昨日まで出品できた商品が今日はもう販売できない、なんてこともまま起こります。

これらの突然の規約変更により商品を売る事自体が不可能となり、結果として不良在庫を抱える状態に追い込まれることもあるのです。

6.カードの支払いに追われるケースも

先ほども説明しましたが、転売にはある程度の仕入れ資金が必要です。そのため、手元に現金がない人の中には、クレジットカードを使って仕入れる「クレカ回し」を行う人もいます。

しかし、クレカ回しは資金の管理がしっかりしていて、ある程度蓄えがある人以外にはあまりおすすめできない手法です。 なぜなら、カードの支払い期日までに仕入れ商品を売り切り、売上金を引き落とし用の口座に入金する必要があるからです。順調に売上を上げることができれば問題ありませんが、うまく行かなかった場合は多額の借金を背負うことになり、ビジネスどころではなくなってしまいます。

7.中古品はリペアが大変

転売ビジネスで利益を上げるために、新品の商品ばかりではなく中古品も取り扱いたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

確かに、中古品は利益率が高いので魅力的です。しかし、検品する必要がありますし、修理・修繕などのリペア作業が必要になることも珍しくありません。

転売ビジネスはただでさえ作業量が多いのに、それにリペア作業まで加わるとなれば、かなりの手間がかかります。そして、リペアのためのコストもかかるとあっては、当然利益につながりにくくなります。

転売で儲からない人の特徴4選

転売で儲からない人には、共通した特徴があります。ここでは、その4つの特徴についてくわしくご紹介します。

転売ビジネスで悩んでいる方は、自分に当てはまる特徴はないかチェックしてみてください。

1.行動を起こしていない

転売で儲けられない人は、行動を起こしていない場合が多くみられます。

たとえば、 転売の儲け方が紹介されているノウハウ本などをチェックするだけで、一切行動していなかったりします。

しかし、転売に限らず、ビジネスでは行動しなければ稼ぐことはできません。

まずは自分の行動を見直して、儲かる商品を探す努力から始めてみましょう。

2.リサーチ力が不足している

転売ビジネスで利益を上げるには、需要のある商品を見抜く力、すなわちリサーチ力が重要になってきます。

転売で儲からないという方は、このリサーチ力が絶対的に不足している場合が少なくありません。

リサーチ力をつけるためには、景気やブームの動向を敏感に察知して、売れる商品を予想しながら商品を探すことが大事です。また、市場調査をして価格の相場を確認することも重要です。

リサーチする際におすすめなのが、「Keepa(キーパ)」というGoogle Chromeの拡張機能です。

Keepaを使えば、Amazonで販売されている商品の価格やランキングの変動を瞬時にグラフで確認できるほか、商品価格の推移や平均価格、ランキングなどもわかるようになるので、効率的にリサーチできるようになります。

3.地道な作業が嫌い

転売ビジネスは、商品のリサーチから仕入れ、受注・発注業務といった地道な作業をこなさないと儲けにつながりません。それにもかかわらず、多くの作業を行ってたった数百円の利益しか上げられないというときもあり、作業の割に利益が少ないビジネスでもあるのです。

そのため、「地道な作業が嫌い」「楽に稼ぎたい」というタイプの方は、利益が出る前にあきらめてしまうことが多いのです。

4. 最安値にこだわる

転売ビジネスで儲けられない方の中には、最安値でなければ売れないと思い込んでいる人もいます。

しかし、最安値でなくても売れる商品はたくさんあります。なぜなら、商品によって消費者のニーズは異なり、少々値段が高くても状態が良い商品が欲しいという人は多くいるからです。

最安値に対するこだわりを捨て、商品に関する徹底したリサーチを行うことで、効率よく利益を出せるようになるでしょう。

転売で売れない商品の特徴3選

転売で利益を出すには儲かる商品を見つける努力が必要です。そのためには需要のある商品を見抜く力が必要なことは前述したとおりですが、反対に、売れない商品の特徴を知っておくことでも効率的にリサーチできるようになります。

そこでここでは、売れない商品の特徴を3つご紹介します。

1.モデルチェンジしたばかりの商品

モデルチェンジしたばかりの商品は、消費者に認知されるまでに時間がかかるため、なかなか売れないことがあります。しかも、やっと売れるようになった頃には値崩れを起こしていることも少なくありません。

2.ランキング下位の商品

Amazonなど、大手通販サイトのランキングで下位や圏外となっている商品は、売れにくい傾向にあります。

そのため、日頃からランキングをチェックして、自分が取り扱っているジャンルの売れ筋を確かめるようにすれば、人気商品を見極めることができます。

3.出品者の多い商品

転売ビジネスで儲かる商品は、多くの人が仕入れて出品するため価格競争が起こりがちで、値崩れを起こしやすくなります。

そのため、商品を探す際は、出品者の少ないニッチなアイテムにも目を向けるようにしましょう。

転売で儲けるコツ7選

最後に、転売で儲けるための7つのコツをご紹介しましょう。ぜひ参考にしてください。

1.価格の相場を調べてから仕入れる

商品を仕入れる前に、その商品の相場を調べていますか?

価格の相場も調べず、売れそうだからと安易に仕入れてしまうと、売りさばくことができずに不良在庫になってしまいます。

そのため、仕入れる前にKeepaなどを利用して相場を確認し、手数料や消費税なども計算した上で、必ず利益が出る商品を仕入れるように心がけましょう。

2.適正な価格を設定する

値段設定は、安くすると利益が出ず、高くすると売れなくなってしまうなど、案外難しいものです。

商品の相場や競合他社の価格、市場に出回っている数など様々な要素を考慮して、適正な価格を設定する必要があります。

売れ行きは良いのに利益が出ない場合は、商品の値段を上げてみましょう。一方、商品がなかなか売れない場合は、値段を少し下げるみるのが良いでしょう。それでも利益が出ない場合は、需要のない商品である可能性がありますので、一度仕入れる商品を見直してみてください。

3.販売する場所を見極める

質の良い商品を仕入れても、ターゲットとなる購入者のいない場所に出品していてはいつまでたっても売れません。

たとえば、年配の方に人気の商品を、若者が多く利用するフリマアプリで販売してもなかなか売れ行きは伸びないでしょう。

そのため、ターゲットがいそうなプラットフォームを選んで出品する必要があります。

4.仕入れ先の情報を常にチェックする

転売ビジネスを行う方にとっては、転売商品の仕入れ先に関する情報は重要なものです。

例えば、家電量販店やショッピングモールなどのSNSやメルマガには必ず登録して毎日チェックしましょう。そうすれば、セールの開催日や新商品の発売・予約の開始日、限定クーポンなどお得な情報をゲットできるので、より安く商品を仕入れられるようになります。

5.出荷のスピードアップを図る

セールなどで人気商品を安く仕入れることができた場合は、商品をその日のうちに出荷できるように準備しておきましょう。

なぜなら、新商品や人気商品は、時間が経つほど競争が激しくなり、価格が下がっていく傾向にあるからです。

出荷のスピードを上げたいときにおすすめなのが、Amazonの「FBA」サービスです。

FBAとは、Amazonによる梱包や発送などの代行サービスのことで、このサービスを利用すればAmazonが梱包等の作業を代行してくれるので、出荷のスピードアップが見込めます。

6.ライバルの動向を記録する

転売ビジネスを成功させるには、ライバル店の動向にも目を配る必要があります。

たとえば、仕入れる商品をリサーチした際は、その日のライバル店の数と販売価格を記録しておきましょう。

また、仕入れ店のセール期間に注目して、初日から最終日までどれだけの数のライバル店が購入し、販売価格がどれだけ変動しているのかも記録しておきましょう。このような情報を記録しておけば、以後の仕入れの精度が上がります。

7.コミュニティーに参加する

仕入れ店舗のSNSやメルマガをチェックする以外にも、仕入れ商品に関する有益な情報を集める方法があります。

それは、せどりや転売のコミュニティーに参加することです。

ブログやYouTubeなどで、せどり・転売の情報を発信している方の中には、会員制のコミュニティーを運営している方もいます。

これらのコミュニティーでは、せどり・転売ができる店舗の画像付き情報や、おすすめの仕入れ商品などの最新情報を教えてもらえます。

本業が忙しく、リサーチに費やす時間のない方に特におすすめです。

転売ビジネスは地道な努力と創意工夫でうまくいく!

今回は、転売で儲からない人の特徴や儲けるためのコツなどをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

転売は、簡単に始められて、しかも稼げるというイメージが強いことから、副業としてスタートする方が多いのですが、利益を出し続けるのはなかなか困難です。

しかも、仕入れやリサーチ、梱包、発送といった地道な作業が多く、根気強く取り組めないと続けることは難しくなるでしょう。

しかし、便利なツールを利用したり、コミュニティーに参加したりするなど、自分なりの工夫を凝らせば売上をアップさせることはできます。

今回ご紹介した情報を参考にして、ぜひ、転売ビジネスに挑戦してみてくださいね。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】2021年5月現在で成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。