物販

転売ビジネスで簡単に安全に稼ぐ方法とは?

転売ビジネスに興味を持つ人はたくさんいます。しかし、実際に転売ビジネスを始めて、利益をあげる人は限られています。

本記事では転売ビジネスを始める具体的な方法について詳しく解説しています。確実に利益を上げる方法、安全で合法なやり方を知り、自分がしっかり稼ぐのはもちろんのこと、転売ビジネス全体の発展に貢献したいものです。

転売の方法と役割とは?

転売をして稼ぎたいという人はたくさんいます。転売というビジネスは初期投資も少なく、特別難しいスキルも必要ありません。やる気があれば誰でも稼げる商売です。

しかし、何も考えずに儲かる転売を闇雲に行って良いというわけでは有りません。マナーやモラルを守ると同時に、転売というビジネスに課せられた役割について正しく認識することが重要です。転売ビジネスのミッションをしっかりと認識しておけば、法律に抵触したり、ルール違反で早々に撤退したりといった結末を迎えることはありません。

転売の種類と方法

転売とは、自分がどこからか買ってきた物を、更に他の人や他の場所に売り渡すことです。物販とは卸売業者やメーカーから購入して販売する方法を指しますが、転売は店舗など小売業者から買ったものを販売することを言います。

転売には以下のような種類があります。

・人気アイドルや有名なミュージシャンなどのチケットを購入し、高値で売る。
・市場で認識される価格よりも安く購入し、それ以上の金額で販売する方法。
・限定品などを定価で購入して、プレミア価格で販売する。
・希少性、話題性のある商品を購入し、販売する。
・特定の地域で販売されている商品を購入し、販売する。

転売には、上記のように様々な種類がありますが、定義としては、安く購入してより高い値段で販売するということです。しかし、上記の転売の中には明らかに違法とされる行為が含まれています。1番目のチケットの転売です。

2019年6月14日に施工された「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律(チケット不正転売禁止法)」により、チケットの転売は違法行為と見做されるようになりました。実際に逮捕され有罪判決を受けた人もいます。

その他の転売の種類に関しては、認められたビジネスです。主に下記のような方法で仕入れと販売が行われています。

・eBay、Amazon、淘宝網(タオバオワン)AliExpress(アリエクスプレス)など、日本の消費者の目に止まりにくい海外通販サイトで仕入れて、日本のヤフオクやAmazonなどで転売する方法。
・日本の通販サイトから海外の消費者に人気の商品を仕入れて、海外の通販サイトで転売する。
・量販店(ドン・キホーテ、コストコ)などから安売り商品を仕入れて、通販サイトで転売する
・BOOKOFF(ブックオフ)など中古本を販売する書店から仕入れて通販サイトで転売する。
・通販サイト(ヤフオクやメルカリ)で安く仕入れた商品を、他の通販サイト(Amazon)でより高く売る(電脳せどり)。

転売の方法とその役割

転売には消費者に不利益を与える転売と、消費者にメリットを提供する転売があります。ここでは、消費者にメリットを与える転売について説明します。消費者にメリットを与える転売には下記の3種類があります。

・海外の通販サイトやSNS・ネットで話題になっている売れ筋商品を、日本の消費者に提供する転売ビジネス。転売ヤーの情報収集力により、日本の消費者が利便性の高い人気商品をより早く入手することができる。

・話題沸騰で人気の品切れ商品を転売する。100円ショップなどで話題となった商品は、SNS・ネットであっという間に拡散し、特定の地域の店舗では品切れで入手困難といった事態が度々起こる。こうした商品を転売ヤーが経験や情報収集力を活かして他の地域の店舗や通販サイトから入手し、オンラインで転売する方法。

・海外や地方など地域限定でしか購入できない商品を、ネットで全国の人に提供する転売する方法。イタリアの革製品などは現地に赴いてこそ、独特な味のある商品が発掘できる場合がある。こうした商品を現地で仕入れて日本の通販サイトで転売することで、海外旅行に行く時間が無い人、海外に行って掘り出し物を発掘する目利きの腕が無い人に、素敵なオンリーワンの商品を提供することができる。

また、地方でしか入手できない専門書を通販サイトで販売し、全国の研究者やマニアに提供することも、消費者にメリットをもたらす転売方法です。例えば、地方誌など特定の地域でのみ売られていた古文書を地域の古本屋で仕入れ、通販サイトで全国の歴史研究者に販売すれば、研究者が実際に地方を巡って古文書を収集する時間や手間が省けて喜ばれます。転売ビジネスでも、上記のように、スキルや経験、手間や時間をかけて付加価値をつけた商品を提供する方法でれば、消費者に大きな利益をもたらし歓迎されるのです。

転売で違法と認められる方法とは?

開発や製造を伴わない転売ビジネスの商法は、小売店・スーパーと同じです。何らかの利便性を消費者に提供した上で、安く仕入れて高く売るビジネスです。

自由主義経済では個人の持ち物を個人が決めた価格で売り買いすることは認められています。転売行為は正当で、合法的なビジネスとして認められているのです。

では、なぜ転売行為を取り締まる動きが公的にも民間でも見られるのでしょうか。理由は、明らかに消費者や店舗に迷惑や不利益を与えているからです。違法行為ではないから、モラルやマナーに反してお金を稼いでもいいといった姿勢では、不利益を被った人の怒りを買います。

転売ビジネスを一つの正当なビジネスとして認めてもらうためには、儲けだけではなく、消費者に供給するメリットを重視することが重要です。人に迷惑をかけたり、マナーを失して誰かに嫌な気分を味合わせたりするのは、社会人として避けなければならない行為です。

また、転売ビジネスの中には、法律で禁じられた行為もあるので、関連の法律法規について知っておく必要があります。これらは、転売ビジネスによって、実際に多くの消費者が不利益を被ったことにより、制定された法律です。特に下記の5つの法律については必ず理解しておきましょう。

・チケット不正転売禁止法。2019年6月14日施行された法律で、同法施行後、チケット転売行為で実際に逮捕され有罪判決を受けた人もいる。

・商標法に違反する転売行為。偽物ブランド品を転売する行為は犯罪と見做される。偽物の販売は商標法に抵触し、10年以下の懲役か1000万円以下の罰金が科せられる場合がある。

・国民生活安定緊急措置法。国民経済の円滑な運営や国民生活の安定のために制定された法律。第26条第1項で、人々の安定した生活を脅かすと認められた物資を政令などで指定し、譲渡・売買を禁止できるという項目がある。コロナ禍でマスクの転売が問題になり、衛生マスクと消毒等用アルコール禁じられた。

・酒税法により酒類の販売には免許が必要。

・外国人が在留資格に違反して転売ビジネスを行うと、出入国管理法違反で逮捕される場合がある。外国人が転売ビジネスを行う場合は事前に「経営管理査証」の取得が必要になる。

上記の法律に違反して転売行為を行うと、逮捕されたり有罪判決を受けたりする可能性があります。国民生活安定緊急措置法でマスクが転売禁止になったように、突発事件で法改正が行われる場合もあるので、関連の法律法規の改正にはアンテナを張っておきましょう。

転売で合法だけど規約で認められない方法は

Amazonなどの通販サイトでは、特定のオンラインショップから仕入れた商品の転売を禁止しています。ダイソーやユニクロのオンラインショップでは転売のための購入を禁止しています。

いくつかのフリマサイトでは転売のための出品を禁じています。また、多くの通販サイトでは無在庫販売についても禁止行為としています。

無在庫販売とは、商品の画像のみ入手して、通販サイトに出品し、注文を受けたら仕入れて発送するという方法です。この方法を使えば、商品を保管する倉庫を借りる必要がないので保管料がかかりません。また、発注を受けてから仕入れるため、商品が売れ残る心配もありません。

しかし、注文の時点で商品が確保されていないため、注文して数日待たされたあげく、商品の調達ができなかったため、発送キャンセルといった事態が発生する可能性があります。発注した商品を出品者の都合によりキャンセルするケースが増えると、通販サイトの信用に関わります。このことから、多くの通販サイトでは無在庫販売を禁止したり、出品者の都合による販売キャンセルに対してペナルティを課したりしています。

転売に必要な資格

転売を定期的に繰り返し行う人は、古物営業法に基づいて「古物商許可」を取得する必要があります。原則として、一旦、消費者の手に渡った物品は古物と見られます。これを転売して営業を行う場合は古物商許可が必要です。

実際に古物商許可を取得せずに通販サイトなどで大量の商品を継続反復的に転売していた人が、古物営業法違反で逮捕された前例があるので、注意が必要です。

参考:警視庁 古物営業法

その他、転売に関わる違法行為とマナー違反

転売ビジネスの中には、違法行為では無いけれど、一般消費者や店舗に多大な迷惑を欠ける行為があります。例えば、店舗が多くの顧客を呼び込む手段として安売りする目玉商品を買い占めて転売する行為があります。店舗は多くの顧客に来店してほしいという明確な目的を持ち安売りをします。

目玉商品だけを買い占める行為は店舗側に不利益を与えます。また、消費者の立場からしても、購入したかった安売りの商品を、買い占めが行われたせいで入手てきなくなるという不利益が生じます。

店舗側も、買い占め行為を防ぐために、「お一人様1点のみ」などと制限を課して販売する場合があります。転売ヤーの中には、販売個数制限のある商品をたくさん仕入れるために、列に並んで購入する代行者を雇う場合があります。こうした行為も、安売りのサービス商品が本来の一般消費者の手に渡ることが難しくなるため、店舗と消費者双方にとって不利益が生じます。

また転売ビジネスを手掛ける人の中には、最新のゲーム機などを買い占めて、値段を釣り上げる人がいます。こうした行為が横行すれば、消費者が商品を定価で購入できなくなります。店舗としても、多くの消費者に受け入れられる適正価格を勝手に釣り上げて利益を得るような行為を防ごうと、合法的な手段に訴える例が後を絶ちません。

転売で稼ぐための方法とは

転売ビジネスに興味を持つ人はたくさんいます。初期投資が少なく、特別な資格やスキルを必要としない転売ビジネスを始めるハードルは低いと言えます。

しかし、興味を持っても実際に転売ビジネスを行う人はわずかです。その理由は取っ掛かりが掴めないからです。転売ビジネスは儲かるらしい、簡単らしいと言う話を耳にして、興味を持ち自分も稼ぎたいと思うけど、実際に何をどう始めたらいいのか分かりません。

転売ビジネスに興味関心を抱いて見様見真似で初めてはみたものの、実際に利益を上げて蓄財した人は、決して多くはありません。それは、転売ビジネスの方法が漠然としていて、稼ぐために必要な方法を採用していないからです。転売ビジネスで成功するためには、成功のための情報収集方法、仕入れ方法、販売方法、仕入れ基準を決める方法を確定することが大事です。

転売で稼ぐための情報収集方法

どんなビジネスでも最初に行うべきことは関連情報の収集と分析です。転売ビジネスの情報収集方法として最も直接的で高効率なのは、転売ビジネスのために開発されたオンラインのツールを活用することです。

これまで転売ツールとして最も有名なオンラインサービスとしては「モノレート」がありましたが2020年6月でサービスを終了しています。モノレートの代替ツールとして利用者が増えたのがkeepaです。

Keepaはモノレート同様、無料でダウンロードができますが転売ビジネスに不可欠な機能「「売れ筋ランキング」のグラフを利用するためには、月額15ユーロ(約1,800円)の有料プランに登録する必要があります。

主に使うべき機能は「売れ筋ランキング」のグラフです。Keepaの売れ筋ランキングの変動で商品の売れ行きを読み取ることができます。グラフが激しく上下している状態であれば、売れ行きの良い商品と判断できます。

オンラインで専用のツールを利用する以外に、普段の生活で店舗を回るときにどういった商品が店頭に並び消費者の注目を集めているのかチェックしましょう。また、Amazon、メルカリなど人気の通販サイトで売れ筋商品のランキングを確認するという方法も有効です。

転売で稼ぐための仕入方法

仕入れ方法は大きく分けて2つ、実店舗とオンラインショップです。実店舗ではダイソーなどの100円ショップで購入するという方法と、ドン・キホーテやコストコ、ヤマダ電機といった量販店の安売りコーナーを利用する方法があります。

オンラインショップでは、国内の格安商品を仕入れる方法、海外の格安商品を仕入れる方法、日本では手に入りにくい海外のブランド製品を仕入れる方法があります。

国内の格安商品を仕入れるのであれば、ヤフオク! メルカリなどがおすすめです。ネットオークションやフリマアプリは格安商品が手に入るので転売の仕入先には最適です。

海外の格安商品なら中国で利用者最多の淘宝網(タオバオワン)、淘宝網と同じでアリババグループが運営するAliExpressといったサイトがおすすめです。品揃えが豊富で値段も格安なので、転売の仕入先のサイトとして高い利用価値があります。

海外のブランド商品を購入できるサイトとして有名なのはFARFETCHです。FARFETCHは50を超える国から集う1,200以上のパートナーブランドやセレクトショップ、百貨店が出店するマーケットプレイスです。世界中の商品が手に入るので、日本では買えない人気商品を見つけて販売できます。

転売ビジネスで稼ぐための販売方法とは

仕入れた商品を転売するサイトとして相応しいのは、仕入れた商品がより高く販売できるサイトです。オススメはAmazon、楽天市場、メルカリ、ヤフオク!BUYMA(バイマ) ・e-Bay です。

Amazonや楽天市場は国内で1、2を争う通販サイトです。購入者は一般の消費者がほとんどで、安さも追求するけれども、それよりも時間や手間を省きたい、便利で良い商品を買いたいという人がほとんどです。妥当な価格で販売すれば比較的短期間に完売します。

メルカリは女性利用者が多いので、ファッション、小物、コスメなど女性向け商品なら迅速に売れます。ヤフオクは逆に男性の購入者が多いサイトなので、幅広い商品を出品して販売することが可能になります。BUYMA(バイマ)は海外のブランド商品を専門に取扱うサイトです。

eBay(イーベイ) は、アメリカのサンノゼに本社を置くEC企業で、インターネットオークションでは世界最多の利用者を持ちます。日本にしか無い人気商品を海外に紹介して販売するのならば、最適なサイトです。

転売で稼ぐために商品を決める方法

転売ビジネスで稼ぐためには、出品するアイテムを決めるときの基準として「回転率」と「利益率」を意識することが重要です。

回転率が高い商品とは、短期間でたくさん売れる商品です。消費者の毎日の生活に欠かせない必需品などがこれに当たります。ティッシュや飲料水、チョコレートなどのお菓子も回転率の高い商品と言えます。

こうした商品はすぐに売れるという利点と、売れても利益が少ないという欠点があります。利益率とは儲けがいくらかということを表しており、売上から費用を引いた残りを指します。

利益率の高い商品としては自動車や家などが挙げられます。簡単には販売することは難しいけれども、売れたら大きな儲けになる商品が、利益率の高い商品です。

転売ビジネスとして仕入れたい商品は利益率、回転率ともに高い商品です。こうした商品を出品することができれば短期間に高い収入が得られます。

逆に、転売ビジネスで避けたい商品は、利益率と回転率が低い商品です。こうした商品を仕入れてしまうと、売れないため稼げないし、在庫処分に苦労することになります。

転売で稼ぐ具体的な方法を解説

転売ビジネスには大きく稼ぐ方法と、小さく稼ぐ方法があります。誰でもやるからにはたくさん稼ぎたいと考えますが、たくさん稼ぐためにはそれなりのスキルや投資が必要になります。自分の現状に即して目標を建てて、それに適した方法で稼ぐのが失敗しない方法です。

転売で月に5万円程度稼ぐ方法

転売ビジネスの未経験者の場合は、すぐにたくさんの商品を仕入れて出品する方法はリスクが大きいのでやめましょう。まずは、個人出品者がほとんどを占めるメルカリで自分の周りにある使わなくなった不用品を販売してみましょう。不用品であれば売れなくても損失はゼロです。

メルカリでオンラインショップに出品して稼ぐ方法を一通り学んだら、次は実際に商品を仕入れて販売してみましょう。BOOKOFF(ブックオフ)で仕入れた商品をAmazonなどの通販サイトで販売するのは、成功率が高くそれなりに利益があがるので初心者にはオススメです。他にも、ヤマダ電機やドン・キホーテなどの通販店で安売り商品を購入し、Amazonで転売する方法も成功率が高い方法です。

転売で月に10万円程度稼ぐ方法

10万円以上稼ぐには、海外の通販サイトから仕入れて国内のサイトで転売する方法がオススメです。一般の消費者は日常生活に追われ、海外通販サイトで買い物をするのは億劫に感じます。また、言葉やルールが異なる海外通販サイトを利用するのは不安に感じる人もたくさんいます。

このように、海外の商品には興味はあるけど、どうやって購入したらいいかわからない人をターゲットに、海外通販サイトから仕入れた商品を転売するビジネスであれば、利益率が比較的高いので、国内で仕入れた商品の転売よりも儲かります。eBayやfarfetchといった海外通販サイトから仕入れたアイテムをAmazonやヤフオクで販売する方法は、比較的成功率の高い方法です。

転売で月に30万円程度稼ぐ方法

月に30万円稼ぐためには、高く売れる商品を販売する必要があります。最も一般的なのはブランド商品の転売です。一般の消費者はデパートなどで販売されている定価のブランド商品を目にしているため、海外の通販サイトから直接仕入れた現地価格のブランド商品には購入価値があると判断します。

また、おもちゃやゲーム、アイドルグッズなども高く売れる商品です。販売するサイトとしては、Amazonが最適です。フリマサイトは不要のグッズを安く販売するサイトとして始まっているため高価な商品は売れにくい現状です。

転売で月に100万円程度稼ぐ方法

月に100万円を目指すのであれば、転売ビジネスの枠組みを作り外注する方法がオススメです。仕入れ、販売、商品発送などの作業を行うチームを複数構成し、ノウハウを与え、自分はチームの人員管理と業務指示に徹する方法です。人材のマネージメントという最も難しい業務を遂行するレベルに達していなければならず、すでに転売ビジネスの範疇を超えている業務です。

転売ビジネスを簡単に始める方法とは

転売ビジネスを始める方法としてオススメなのは、フリマアプリを利用して、自宅にある不要なアイテムを販売する方法です。いきなり商品を仕入れて販売するのは仕入れた商品が全く売れないなどといったリスクがあります。まずは、通販サイトのビジネスの流れを把握しながら、売れ筋商品などについても調べてみましょう。

売れ筋商品を最適なサイトで調べ、最適なサイトから仕入れ、最適なサイトで転売する方法

ダイワ(Daiwa) シルバーウルフ AGS 701LXS 01480540の釣り竿は、すでに完売している通販サイトも多い人気の商品です。

2020年6月頃、ヤフオクでは約51,000円で出品されていたことがありました。

一方、Amazonでは同じ製品が約36,000円で販売されていました。 価格差が約15,000円です。こうした人気商品の出品者が提供するその他の商品を見れば、売れ筋商品が見つかる可能性が高いです。

また、一部の通販サイトでは、上記のように1円で購入できる商品を販売しています。しかし、こうした商品のほとんどが送料200円、300円を自分で負担する必要があります。購入する前に送料がいくらか必ずチェックしましょう。

実店舗から限定品を仕入れ通販サイトで転売する方法

メルカリで、「しまむら 限定」と入力して検索すると上記の商品が表示されます。この検索方法を使えば、しまむら限定で販売されている商品をサイトで転売している人をリサーチできます。

月間ムーとしまむらのオリジナルコラボウエアも表示されています。

また「ユニクロ 限定」で検索すると上記の商品が表示されました。転売アイテムとして売れそうな商品です。

さらに「限定  スタバ」で検索した商品のなかには、海外でしか買えないスターバックスコーヒーのタンブラーが表示されます。これらは購入できる場所が限られるため、高値で販売されています。

このように、通販サイトの検索ボックスで「限定」と入力すると、転売ビジネスにぴったりのレアな商品がみつかることがあります。

まとめ

転売ビジネスを始めたいという人が最初に考えるべきことは、如何に儲けるかではなく、如何にして転売ビジネスを発展させるかということです。転売ビジネスそのものの発展を促す方法を模索するべきなのです。モラルもルールも無視して、とにかく儲けたいという人の非常識な行為が、転売ビジネスを難しくしています。

逆に、自分の経験や目利きの腕を活かして多くの人のニーズに合致した商品を提供してきた転売ビジネスの先駆者の苦労があってこそ、転売ビジネスは今日の盛況があるのです。目先の利益や狭い範囲の損得ばかりを考えずに、長期的に広い視野で転売ビジネスを展開したいものです。