スキル

仕事を辞めるにはどんな準備をすべき?退職を考えたときにやるべきことを網羅的に解説!

「今の仕事を辞めようと思っているけど、辞めるために何をしておけばいいのかがかわからない」という方は多いでしょう。

そこで今回の記事では、退職を考え始めた方が考えておくべきことや、やるべきことなどを網羅的に解説します。

人生の重要な決断の1つである退職というアクションを後悔なく行うために、本記事の内容をしっかりと押さえておきましょう。

仕事を辞める前に考えておくべきこと3選

まずは、仕事を辞める前に考えておくべきことを紹介します。一度仕事を辞めてしまうと、後で引き返すことはできません。よく考えもせずに辞めてしまうと、誤った判断だったと後悔することにもなりかねません。

具体的に何を考えておけば誤った判断とならずに済むのか、ここでは3つのポイントを紹介します。

冷静になる

他人の転職の成功事例を聞いて、あるいは他の会社の待遇の良さを聞いて衝動的に今の会社を辞めたいと思うことはあるでしょう。しかし、まずは冷静になって、一時の感情に任せた行動ではないかをよく考えてみることが重要です。

衝動的な行動は、基本的に良い結果を生みません。後先を考えずに辞めた結果、「こんなはずではなかった……」と後悔することになるおそれもあります。

一度辞めてしまったら、簡単には元の会社に戻れなくなるので、今すぐ辞めたいと思っても、一度冷静になって本当に辞めても大丈夫なのかよく考えてみましょう。

辞職以外の方法で目的を果たせないかを考える

何らかの目的があって辞職しようとしているのであれば、その目的を達成するために辞職する必要があるのか、あるいは辞める以外の方法はないのかを考えることも非常に重要です。なんとなく仕事を辞めた結果、「結局何のために辞めたのかよくわからない」「別に辞めなくても良かったのでは……」となっては本末転倒です。

たとえば、今より待遇の良い環境に身を置くことが目的なら、仕事を辞めて本当にそのような高待遇を期待できるのかを考えることが重要ですし、今の仕事にストレスを感じていることを理由に辞めたいと思ったのなら、そのストレスは仕事を辞めることで本当に無くなるのか、あるいは辞める以外の方法で解消する方法はないのかを考えてみる必要があります。

そうすれば、今の仕事を辞める意味がない、あるいは辞めなくてもよいのではないかと思えるようになるかもしれません。

辞職後に生活していけるかを考える

仕事を辞めたあとの生活について考えることも重要です。一番避けたいのは、収入のあてがないまま仕事を辞め、次の仕事を探している間に貯金が底を尽きて生活費が賄えなくなる、というパターンです。

このようなパターンを避けるためには、できれば次の仕事先を見つけてから仕事を辞める、それが難しいなら数ヶ月間収入がなくても十分生活していけるだけの貯金を蓄えてから仕事を辞めるようにしましょう。生活費を賄うためにバイトしなければならなくなり、そのせいで転職先を探す時間が無くなる、なんてことになってしまっては本末転倒なので、辞める前に自分の経済状況をよく確認しておきましょう。

仕事を辞める前に必ずやるべき2つのこと

続いては、仕事を辞めると決意した後にやっておくべきことを紹介します。辞職のリスクを最小限に抑えるためにも、しっかり押さえておきましょう。

不満の対象を明確にしておく

まずは、自分が何に不満を抱いているのかを明確にしておきましょう。不満を抱くポイント次第で、辞職後の行動の方向性が変わるからです。

たとえば、転職しようと思っている場合であれば、今の「会社」に不満があるのか、それとも今の「職種」に不満があるのかで転職活動の方向性は大きく変わってきます。

前者の場合は、職場の環境、人間関係、待遇、雇用条件等に不満があると考えられます。この場合は、職場環境さえ改善されれば良いので、仕事内容まで変更する必要はありません。したがって、同じ業界内の仕事内容が似ている会社に転職すれば良いことがわかります。

一方、今の職種そのものに不満がある場合は、他業界へ転職することになります。全く未経験の分野へ転職するのは困難が伴うものなので、事前に業界知識を取り入れたり、未経験でも活躍できるポテンシャルを示せるよう自己アピールの方法を練ったりする必要があります

在職中に転職活動をスタートさせる

辞職する前から転職活動に着手しておくのも重要なことです。

次の仕事が決まる前に辞めてしまうと無収入の期間が発生するため、生活が苦しくなってしまいます。無収入でも問題なく暮らしていけるなら良いのですが、今の御時世そこまで経済的に余裕のある人は多くはないでしょう。

特にコロナ禍の影響で人を雇う余裕がなくなっている企業が多いため、転職市場は買い手市場となっています。貯金が十分あるから数ヶ月間収入がなくても平気、あるいは失業手当をもらっている間に次の職場を探せばいいという楽観的な考えでいると、職探しの期間が長期化してしまい、その間にお金が尽きてしまう可能性があります。

仕事を辞めた人の7割以上は在職中に転職活動をしていたという厚生労働省の調査結果もあるように、次の仕事が決まってから今の仕事を辞めるのが世の中のスタンダードです。辞職を考えているのであれば、在職中に次の仕事を探しておきましょう。

ただし、今の仕事が苦痛で耐えられないという場合は、なるべく早く辞めたほうが良いでしょう。健康を害してしまっては元も子もありませんからね。

用意しておくべき2つの退職理由

会社を辞めるときは、退職理由を用意しておく必要があります。そして、退職理由は今の会社に伝えるものと転職先に伝えるものの2パターンを用意しておく必要があります。ここでは、それぞれの理由を考える際のポイントを紹介します。

今の会社に伝える退職理由

まずは、今の会社に伝える用の退職理由です。

結論から言うと、「一身上の都合」のひと言で問題はありません。ただ、体裁上はこのひと言で良いのですが、口頭で退職理由について深堀りされることもあります。口頭で聞かれてしまうと、さすがに「一身上の都合」のひと言では済まないので、聞かれたときの答えも用意しておくと安心です。

ポイントは、今の会社に対するネガティブな評価を口にしないことです。「〇〇さんが嫌いだから」とか「この会社の□□な空気感が気に食わない」みたいなことを言ってしまうと、会社に残る人たちの心証を害してしまいます。本心ではそう思っていたとしても、なるべく後腐れなく辞められるように心がけましょう。

退職理由についてあまり突っ込まれたくない場合は、「家庭の都合で」と答えておけば十分です。よほどデリカシーのない人でもない限り、それ以上詳しく理由を尋ねる人はいないでしょう。

転職先に伝える退職理由

転職面接用の退職理由も用意しておく必要があります。面接官に好印象を与えられるような理由を用意しておきましょう。

ここでも注意すべきポイントは、今の会社のネガティブな側面にフォーカスしないことです。後ろ向きな発言をする人は面接官に好まれないからです。

入社を希望する理由」と「自身の目的を今の会社では果たせない理由」をうまくつなげて説明することができれば、悪い印象を与えることなく退職理由を伝えられるだけでなく、面接先の会社に入りたいという気持ちを伝えることもできます。

また、「入社を希望する理由」は面接を受ける会社毎に考える必要があります。会社とその業界をリサーチした上で面接官に好印象を持ってもらえる話ができるよう入念に準備しておきましょう。

時系列順、退職前にやっておくべきことリスト

会社を辞めるまでには、いろいろとやっておくべきことがあります。円滑に手続きを進めるためには、数ヶ月前から着手しておかなければならないものもあります。

ここでは、時系列順にチェックリストとして紹介しますので、ぜひ目を通してください。

2ヶ月前

まずは、2ヶ月前からやっておくべきことを見ておきましょう。ここが後ろ倒しになるとその後のスケジュールが厳しくなってしまいますので、なるべく早めに済ませてください。

  • 最低でも半年分の貯蓄があるかを確認する
  • 了承を得ておく必要がある人(家族など)に転職の意向を伝え、了承を得る
  • 退職の手続きについて、就業規則を確認する
  • 退職の意向について上司に伝え、承諾を得る
  • 退職までのスケジュールについて上司と打ち合わせる(年休消化の予定、仕事の引き継ぎなど)

1ヶ月前

続いては、1ヶ月前から着手しておくべきことです。ただし、引き継ぐ仕事の量によっては必要な期間が前後しますので、自身の状況に合わせて調整してください。いずれにしても早めに済ませておいたほうが無難です。

  • 自分の仕事の後任者を決定し、引き継ぎについて話し合う(必要があれば引き継ぎ用の資料を作成する)
  • 退職願を会社に提出する
  • 退職準備の進捗状況について転職先に伝えておく

10日前

退職日当日や前日に慌てなくて済むように、余裕を持った段取りで進めていきましょう。

  • 取引先へ退職する旨を伝えた上で後任者の紹介を行う
  • 仕事に関する情報、PC上のデータの整理を行う
  • 自分宛ての郵便物の送付先を変更する
  • 会社から貸与している物品を返却する

退職日当日

退職日当日は、会社を辞める上で必要な手続きが全て済んでいるかを確認すればOKです。

  • 自分が担当する業務を全て完了したことを確認する
  • もしものときのために、退職後の連絡先を上司と後任者に伝えておく
  • お世話になった方々にあいさつのメールを送る

退職時に返却する必要があるものと受け取るべきもの

ここでは、退職にあたって会社に返却する必要があるものと会社から受け取るべきものについて紹介します。返却すべきものが返却できていない、あるいは受け取るべきものが受け取れていないといったことがないように、しっかりと確認しておきましょう。

会社に返却する必要があるもの

以下のものは会社に返却しておかないといけません。

健康保険被保険者証

自身のものだけではなく扶養家族がいる場合はその分も返却する必要があるので、忘れないようにしましょう。

名刺

自分の名刺だけでなく、取引先の名刺なども返却する必要があります。

制服、鍵、IDカード

鍵やIDカードについては、返却しないとセキュリティの問題が発生してしまうので、忘れずに返却しておきましょう。

備品

備品の管理を担当している方に返却しましょう。

退職時または退職後に会社から受け取るもの

退職の際は、必ず以下の書類を受け取っておきましょう。

源泉徴収票

所得税法により、退職後1ヶ月以内に交付するよう定められています。

離職票

失業保険を申請する際に必要となるので、必ず受け取りましょう。

退職証明書

健康保険の切り替え手続きに必要となります。転職先から提出を求められることもありますので、こちらも忘れずに受け取っておきましょう。

退職後に必要な手続き

最後に、退職した後に必要な手続きについて確認しておきましょう。

失業保険の手続き

失業保険の申請はハローワークで行います。

申請には以下の書類が必要となります。事前にしっかりと確認した上で申請に向かいましょう。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 身分証明書
  • 印鑑
  • 証明写真
  • 本人名義の銀行、郵便局の通帳

健康保険の切り替え

退職すると、健康保険の種類が変わります。何も手続きをしないと自動的に国民健康保険に切り替わりますが、任意で健康保険を継続させたり、家族に健康保険加入者がいる場合は被扶養者として加入することもできます。事前にどの保険に加入するか決めておきましょう。

年金保険の切り替え

年金保険についても、退職すると切り替えが行われます。何も手続きをしないと厚生年金から国民年金になります。家族に厚生年金加入者がおり、なおかつ被保険者本人の年収が130万円以下の場合は本人の負担額が無くなります。

ちなみに、こちらは健康保険と違って任意継続がないので注意が必要です。

住民税の支払い

在職中であれば、住民税は給料から天引きされているケースがほとんどです。

退職後は、送られてくる納付書を使って自分で支払う形になるので、忘れずに支払ってください。

退職は慎重かつ大胆に

今回の記事では、退職する前に考えるべきこと、やるべきこと、必要な手続きなどについて紹介してきました。

退職は人生において重要な節目となるものですから、その是非は慎重に考える必要があります。ただ、考えすぎてしまうと、退職したほうが良いことが分かっているのに退職に踏み切れなくなってしまいます。特に、人間の脳には現状維持バイアスがありますから、考えすぎると「退職すべき理由」より「退職しないほうが良い理由」しか思いつかなくなってしまうでしょう。なので、冷静に考えた結果退職することに決めた場合は、開き直って退職への道をひたすら突き進んでください。それでも迷いが生じる場合は、「何のために退職したいのか」をひたすら自身に問い続けてみましょう。何度も問い続けることによって、理由がよりクリアになっていって、迷いも徐々になくなっていくはずです。

人生の重要な節目となる退職を成功させるために、本記事を参考にしていただければ幸いです。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!