物販

せどりはもう稼げない?悩んでいる人のための原因と対策

この記事を監修した吉田です。
2021年10月現在で成功者続出の秘密のノウハウを限定公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

初心者にオススメの副業として、せどりは以前からよく取り上げられてきました。始めやすさや、最初に収入を得るまでにかかる時間の短さが主な理由です。

しかし2020年の今、「せどりで稼ぐのは難しくなった」という声が少しずつ囁かされるようになりました。始めてみたけれども上手くいかなかった、という経験談が、SNSなどを通して語られることが増えてきたのです。せどりは本当に難しくなったのでしょうか?

その答はノーです。今でも正しいノウハウでしっかりと行動していれば、稼ぐことはじゅうぶんに可能なのが、せどりというビジネスです。実際、最近になってせどりを始め、生計を立てられるまでになった人も大勢います。この記事では、稼げないという人はどうして稼げないのか稼ぐためにはどのように動けばよいのか、といった具体的なことを、一つ一つ解説していきます。

せどりがオススメである理由

せどりは副業の中でも、手軽に始めやすいものとして五本の指に入ることの多いビジネスです。
いったいどのような理由で、そういう評価を得ているのでしょうか?ここでは、その理由について解説していきます。

ビジネスモデルがシンプルで初心者向け

先ほどから「初心者でも始めやすい」ことを何度か挙げてきましたが、これは実際、せどりというビジネスの大きな魅力の一つとなっています。なぜ始めやすいのでしょうか。

それは、商品を仕入れて売る、というビジネルモデルが極めてシンプルであり、身につけやすく、再現性が高いからです。せどりとしてあなたがやるべきことは、現在の実売価格より高く売れそうな商品を探して購入し(仕入れ)、あらかじめ用意した販路で販売すること、本当にただそれだけなのです。

しかも、商品を仕入れることに不安がある場合は、まず家の中にある不用品を販売することから始めることもできます。こんな簡単に「練習」ができるビジネスも、そうあるものではありません。また、本業で企画や商品開発などをやっている方であれば、せどりを続けていくことで世間のニーズが見えてきて、それが新たなアイディアに繋がる、といった良い副作用も考えられます。

売れる商品が無数にある

せどりがオススメできる理由として次に挙げられるのは、売れる商品が無数にあるということです。基本的にせどりというのは、扱う商品が限定されません

もちろん、「カメラ専門」「家電専門」といったせどりもいるにはいるのですが、それらは各々が自ら進んで対象ジャンルを絞っているのであって、やむを得ずそうしているわけではありません。せどりは法律で禁止されている一部のものを除けば、何でも扱ってよいのです。

CDやゲーム、本など、世の中にはさまざまな商品ジャンルがあり、それぞれに特有のニーズが存在します。詳しくない人間にはわからない、その分野ならではの価値基準が必ずあるのです。後からせどり業界に加わった方でも、そういった無数のニーズを拾うことで、利益を得られる可能性はじゅうぶんにあります。

また、次々と新しい商品が開発・販売されていくので、そのたびにチャンスが生まれるのも魅力です。新しい商品に生まれた新しい価値は、古参のせどりにも新参のせどりにも等しく与えられるものであり、先行者有利というものもあまりありません。そのうえ、Amazonやメルカリ、Yahoo!オークションなど、販売できるプラットフォームも数多くありますので、せどりで稼げないということはあまり考えられないのです。

即金性が高い

そして、即金性が高いことも、せどりがオススメできる理由として挙げることができます。ビジネスによっては、自分が何かしらの行動を起こしてからから、それが実際に収益として返ってくるまでに長い時間がかかることがあります。

そういったビジネスは資金繰りが難しく、そのための対策をいろいろと練らなければならないこともしばしばです。たとえば、アフィリエイトも人気の副業の一つですが、実際に集客できるようになるまで半年から1年はかかるのが通常で、そのあいだはほとんど稼ぐことができません。

それに対して、せどりは商品が売れればすぐにお金が自分のもとに入ってくるので、現実に使える資金を短期間に増やすことができるのです。行動の自由が利くという意味でも、モチベーションを高める意味でも、この即金性の高さは極めて有利に働きます。

転売・せどりはもう稼げない?

本記事のテーマとして、「転売やせどりはもう稼げないのか?」という問題があります。これは確かにまったくの間違いというわけではありません。そのために収入を減らしてしまい、撤退する方が増えているのは事実です。

稼げなくなったと言われる理由にはいろいろあります。この項では、注意喚起の意味も込めて、それらを一つ一つみていきます。

利益率の高かったチケット転売が禁止された

かつて転売の花形と言っても過言ではなかったのが、チケットの転売です。購入したチケットを、定価以上の価格で転売することで、差額がそのまま利益になるというものです。その転売価格はまちまちでしたが、人気アーティストやアイドルのコンサートに関して言えば、実に定価の10倍近い価格でも落札されることはしばしばありました。

しかし、そのようなチケット転売も、今では不可能になっています。2019年に「チケット不正転売禁止法」という法律が施行され、チケットの転売が難しくなってしまったのです。

たとえば、顔写真の提出を求めるチケット販売サービスなどが増えました。チケットに印刷された顔と持ち主が違っていたら使えないのであれば、当然転売することはできません。

ただし、チケットを売ること自体が違法というわけではないことは認識しておきましょう。チケットの不正転売とみなされるのは、あくまでも以下のような行動をした場合です。

  • 定価より高額で販売している
  • 大量に購入しており、転売目的であることが明白である

自分で使う予定だったチケットが、急用で使えなくなったために誰かに安価で売ることは、まったく問題ありません。

Amazonを使ったせどりが稼げなくなっている

せどりで仕入れた商品を販売するプラットフォームとしてもっとも人気だったのは、Amazonです。Amazonの場合、すでに商品カタログが存在している商品の場合、ページを自分で用意する必要がありません。ただ既存のページに「相乗り出品」するだけで、仕入れたものを販売することが可能です。それでいて顧客の人数は膨大ですから、簡単に出品して簡単に売れる時期が長く続いたのです。

しかし近年では、その参入の簡単さゆえに、すぐ価格競争が起きてしまうようになり、いわゆるレッドオーシャン化し、利益が取りにくくなってきているのです。そうなると、扱う商品の数を増やすしかありません。

しかし、仕入れ値より高く売れる商品を見つけるにはそれなりの手間がかかるので、数で勝負しようとするせどりは、確実に消耗していくことになります。それがつらくて、撤退する方も増えているのです。

また、Amazon側の姿勢も変化してきました。かつては割と「何でもあり」でしたが、最近は転売目的で仕入れた商品に対して出品規制をすることも増えており、それによるアカウント停止・閉鎖といったリスクが高まってきているのです。

Amazonの理念として「地球上で最もお客様を大切にする企業になる」というものがあります。この理念からすると、ただ商品を横流しするだけにも見える転売やせどりは、顧客のためになっていないという判断になってしまうのでしょう。

メルカリ転売も規制が厳しくなってきている

メルカリは、スマホがあれば誰でも簡単に物の売り買いをすることができるフリマアプリです。せどりにとっては非常に重宝するプラットフォームの一つでした。

しかし近年では、メルカリにおいても出品禁止の品物が増加しています。以下はその一部です。

  • 偽ブランド品
  • 違法CD・DVD
  • 無断使用した芸能人の写真・サイン
  • 危険物(花火・ガソリン・毒物)
  • 化粧品のテスター
  • 児童ポルノ作品
  • その他18禁関連
  • 医薬品・危険ドラッグ
  • たばこ
  • 農薬・肥料
  • 現金・金券・チケット類
  • 領収書
  • ゲームアカウント・データ
  • 代行業
  • 福袋
  • 個人情報の取引

納得のいくものもありますが、「これも駄目なのか」と感じるものもあるはずです。転売という行為自体に違法性はありません。ただ、定価と比べてあまりにも高額で転売しようとする者が後をたたないため、メルカリの運営もこのような厳しい措置をとらざるを得なかったのでしょう。

ライバルが増えてきた

せどりのビジネスモデルは本当にシンプルです。「その値段より高く売れそうな商品を仕入れて、べつのところで販売する」ただそれだけです。売れればすぐにあなたの懐に収入が入り、次の仕入れの資金源とすることができます。

このシンプルさゆえに、副業としてせどりに飛びつく人間の数は増加しました。その結果としてライバルが増え、価格競争などが激しくなり、だんだんと稼ぎづらくなってきたのです。

これは仕方ないことであると言えます。参入しやすいということは、誰でもできるということです。

そして誰でもできるならば、誰もがやろうとするのです。その結果としてのライバル増加は、当然予測できた事態でしょう。

「簡単に始められる」ということと「楽して稼げる」ということは同じ意味ではないのだ、ということは、よく肝に銘じておく必要があります。これは、せどりに限ったことではなく、あらゆるビジネスについて言えることです。

せどりで稼げない人の特徴

前項で述べたように、せどりはだんだんと稼ぎにくいビジネスになってきています。その結果、実力のない者からふるい落とされることになるわけですが、では、せどりにおける「実力がない」とは、どのような者を指すのでしょうか。

ここでは、せどりで稼げない人の典型的な特徴を挙げ、その意味を解説していきます。

リサーチをした気になっている

せどりにおいて大切なのは、商品のリサーチです。どの商品が売れるのか、そして高い利益をとれるのか、しっかり見極めなくてはいけません。ここを疎かにしている方が、意外と多いです。

リサーチは地味で時間のかかる作業なので、つい手を抜きたくなってしまうところではあります。自分ではきちんとやっているつもりで、実は意味のあることをほとんどできていないまま、ただ時間を無駄にしてしまっている方も珍しくありません。しっかりと目的意識をもって、意味のあるリサーチを毎日こつこつと繰り返すことが、せどりで利益を上げるためには絶対に必要な行動なのです。

回転の遅い商品に注目してしまう

せどり初心者が陥りがちな罠の一つがこれです。利益のとれる商品は見つかるものの、それが回転の遅いものばかりである、という状態です。

回転が遅いというのは、要するに「なかなか売れない」ということです。せどりにおいて、これは致命的です。売れない限り次の仕入れのための資金を作ることができませんし、いつまでも在庫を置いておけば、それ自体もコストになります。

利益率にばかり目を奪われることなく、「現実的にそれがどのくらいのペースで売れるのか」という点にも注目する必要があります。

デルタトレーサー」などで調べて、あまり回転していなさそうである場合は、利益率が高かったとしても手を出さないのが無難でしょう。

商品リストを作っていない、または少ない

自分が扱う商品のリストを作っていないということは、自分が何をしているかの全体像を把握していないということでもあります。この場合、仕入れの内容が行きあたりばったりになっていることが非常に多いのです。

実店舗で仕入れるスタイルの場合はそれでも成り立つこともありますが、ネットで仕入れる、いわゆる「電脳せどり」の場合には、チェックすべき対象が膨大です。そのため、リストを作っていないと、理詰めで深堀りしていないとか、同じところを堂々巡りしてしまうといった状態になってしまうこともあり得ます。

リストを作る習慣は身につけるようにしましょう。

商品の相場を覚えていない

商品の相場とは、ライバル達がどのくらいの価格帯でその商品を出品しているかということです。同じ商品が、あるところでは10,000円で売れ、べつのところでは12,000円で売れる、といったように、ある程度の差はあります。しかし「だいたいこれくらい」という価格帯は存在するものです。

これが相場であり、その内容をしっかり頭に入れておくこと、あるいはすぐに検索できる状態にしておくことが重要です

相場を把握していれば、商品を見ただけで、どれくらいの利益を出すことができるかを即座に割り出すことができます。そこを効率よくすることは、リサーチの質を高めることに繋がり、結果としてたくさんの仕入れができるようになるのです。

情報収集をしていない

せどりを続けていくには、情報収集が欠かせません。ここでいう情報とは、どの商品が型落ちになっているのかどこでセールが行われるのかどのようなプレミアム価格がつけられるのか、といったことを指します。

こういった情報をいち早く得ることで、動き出すのも早くなり、仕入れ合戦に勝ちやすくなるわけです。

この情報収集の必要性は、実店舗で仕入れる場合よりも、ネットで仕入れる場合のほうが高いと言えます。有名なブログをチェックしたり、メルマガを購読するなどして、常にアンテナを張り巡らせておくようにしましょう。

ランキングの高い商品ばかり仕入れようとしている

ランキングの高い商品が売れやすいのはもちろんです。新型モデルであることも多く、どこでも販売されているため、仕入れるのも簡単です。

しかし、同じことをライバルも考えているため、価格競争に巻き込まれ、思うような利益をとることができない場合もかなり多いのです。少し視点を変えて、もう少し下にランクされている商品をチェックしてみるなど、視点に変化をつけることも大切な戦略であると言えます。

目標が定まっていない

目標がきちんと定まっていないと、うまく稼ぐことは難しくなってきます。これは一見すると精神論のようですが、そうではありません。

ビジネスにおける行動というのは、自分が求める結果から逆算して決まるものです。「このような結果を出すためには、このように動かなければならない」といった風に、次に取るべき行動が見えてくるのです。

したがって、目標がない場合、行動がブレてしまいます。ある面では「とにかく少しでも早く利益を上げる」ための行動をしているのに、べつのある面では「長期的視野で高い利益を上げる」ための行動をしてしまっていたりするのです。そういったちぐはぐな行動は、結果に結びつかないことが多いのです。

すべての行動を成果に繋げていくためにも、目標はきちんと設定するようにしましょう。

せどりで稼いでいくための方法

せどりで稼ぐことは年々難しくなってきていますが、それは「もう稼げない」という意味ではありません。今でもしっかりと利益を上げているケースは多いのです。

この項では、そういった「稼げる人」になるためにはどうすればよいのかについて解説していきます。

目的意識をはっきりさせる

せどりに限った話ではありませんが、結果を出している人は目的意識がはっきりしていることが多いです。長期間にわたって行動し続けるには、モチベーションの維持がとても重要な意味を持っており、その意味で目的がはっきりしている人は圧倒的に有利なのです

ここでいう目的は、必ずしも高尚なものである必要はありません。「贅沢な暮らしがしたい」とか「モテたい」といった内容でも、全然構わないのです。大切なのは、それが持続的であること、そしてビジネスが成功したときに確かに実現されるものであることです。

短期間だけみれば、目的意識の有無はあまり関係ないように見えるかもしれません。しかし5年、10年と積み重なっていくうちに、それは大きな違いとなって現れるのです。

せどりで成功するためには、まず「あなたはなぜせどりで成功したいのか?」という問いに、しっかり答えられるようになりましょう。

利益が出せない原因を探す

今現在、せどりで上手く利益を出すことができていないのなら、その原因を探す必要があります。少なくともビジネスにおいては、結果には必ず原因というものがあり、それを分析し改善することでしか前に進むことはできないからです

仕入れが上手くできていないのであれば、その原因を探しましょう。商品の知識がない、仕入れ先を開拓できていないなど、いろいろな可能性があります。自分がどれに当てはまるのかを客観的に考えなければいけません。

そして見つけ出した原因を取り除くための戦略を練り、実行に移すことで、あなたのビジネスは少しずつ改善していくはずです。

何をやらないかを決める

何をやるかを決めるのと同じくらい、何をやらないかを決めるのも大切です。これをしっかり決めることで、あなたの貴重な時間を、本当に重要なことに集中的に費やすことができるようになるからです。

たとえば、ビジネスがある程度の規模になってきたところで、その一部を外注するといった選択肢もあります。すべてを自分一人でこなす必要はありません。あなたというリソースは、あなたにしかできないことに使われるべきだからです。

このような考え方を取り入れて生活することで、生産性は上がっていき、ゆとりも生まれてきます。今の自分の生活スタイルの中に「無駄な時間」がないか、今一度チェックしてみましょう。

やり方を変える

どうしても上手く行かない場合には、やり方をガラッと変えてみるのも一つの方法です。

自分のやり方にはつい執着してしまうものですが、結果が伴わないのであれば、大切にする意味はありません。頭を柔軟にして、まったく新しいやり方を試してみるタイミングなのかもしれません。

稼げていない人は、その不安ゆえに逆に自分のやり方を変えられないという、一種の矛盾した状態に陥りがちです。そういったときにこそ、客観的に現状を見つめ、新しい風を自分の中に迎え入れる必要があります。

新しいノウハウを手に入れる

せどりはシンプルなビジネスモデルですが、その詳細は常に変化を続けています。一昔前にトレンドだったものが、現在では古くなり、通用しなくなっているということも多々あります。

そのため、あなたが古いノウハウに固執していると、いくら努力しても結果となって表れない、ということも往々にしてあります。そんなときには、できるだけ新しいノウハウを仕入れ、実行に移してみることが必要になります。

ノウハウをどこから入手するかですが、たとえば利益を出している方から教わるという手段があります。時として、それは有料になることもあるでしょうが、確かな自己投資になると判断できるのであれば、惜しまずにお金を使うべきでしょう。必要経費というやつです。

特に初心者の場合、ネットで検索してヒットした古い情報に振り回される危険性も高めです。なので、自己流でノウハウをあちこちからかき集めるよりも、実績のある人のノウハウをお金で買ったほうが、結果的には効率よく稼げる可能性は遥かに高くなります。

興味のある商品ジャンルに絞る

あらゆる商品を仕入れの対象にできるのが、せどりの強みの一つですが、あえて自分が興味のあるジャンルに絞るというのも、戦略の一つとして考えておくべきです。興味のあるジャンルなら、リサーチのときに基礎知識があるため効率よく進められますし、新たに勉強をするのも苦ではないからです。

好き嫌いでビジネスをするのは間違いではないかという考えもあるでしょうが、好きこそものの上手なれという言葉もあります。現在のビジネスが上手く行っていないのであれば、ジャンルの絞り込みをするのも一つの道ではないでしょうか。

お金を使うことを恐れすぎない

せどりで仕入れを行うときには、場合により一度に何十万円というお金を使うこともあり得ます。そこにお金をかければかけるほど、あとで確実に稼げる、というチャンスが訪れることがあるのです。

そのときに、大金を使うことを恐れてしまい、僅かな仕入れしかできないようだと、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことになります。

もちろん、余計な出費をしないよう、財布の紐をしっかり締めておくことは大切なのですが、チャンスにおいて思い切った行動が取れないのも問題です。掘り出し物が見つかったときなどは、ある意味で自分の資金を突き放した視点で捉え、無感情に仕入れることも重要な資質であると言えるでしょう

ダメ出しを受けられる環境を作る

あなたがせどりで稼げていないのであれば、それは悪い意味で自己流になってしまっている可能性があります。

あちこちからノウハウをかき集め、真面目に勉強したとしても、その結果としての行動がさまざまなノウハウのおかしなツギハギになってしまっていたら、なかなか結果は出ません。気づかないうちに、王道から離れてしまっていることは、結構あるものなのです。

そんなときに、自分のやり方のどこに問題があるかを指摘してくれる人がいると、軌道修正も図りやすくなります。同業者が集まるコミュニティに参加してみたり、コンサルタントに師事するといったことをしてみるのが有効な手段となるでしょう。

もちろんある程度の費用はかかりますが、上手にコミュニケーションをとっていけば、得られるメリットのほうが遥かに大きなものになるはずです。一人で抱え込まないようにするのが、何事においても大切です

まとめ

せどりを始めることの難しさ、そしてその対策について、一通り解説しました。

初心者向けのビジネスとして人気のせどりですが、成功するには努力が不可欠です。そしてその努力は、正しい方向を向いていなければ、結果に結びつくことはありません。

現在せどりビジネスが上手くいっていない方は、本記事の内容を参考に、一度自分のやり方を見直してみてください。何かしらの改善点が見つかることでしょう。そして、これからせどりを始めたいという方は、ぜひ覚悟をもって、ずっと勉強を続けていくつもりで取り組んでいってください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!