物販

電脳せどりにコンサルは必要?せどりコンサルの種類と注意点

副業やネットビジネス業界には、そのやり方・稼ぎ方を教えるコンサル業が存在します。電脳せどりのコンサルもあります。

もっとも、ビジネスコンサルは料金が高額であることが多く、また虚偽の情報が含まれているケースもあるため注意が必要です。

今回は、電脳せどりコンサルの特徴と注意点について解説します。

コンサルとは?

コンサルとは、コンサルティングの略称です。

コンサルティングとは?

コンサルティングとは、問題に対する解決策を提示して指導をしたりアドバイスをしたりすることを指します。

コンサルティングとよく似た言葉に、コーチングやカウンセリングがありますが、それぞれ意味が異なります。

カウンセリングは過去の問題に関するケアです。主に家族のDVやいじめなどによるトラウマを解決します。これに対して、コーチングは未来の問題に対するケアです。今後会社をどう経営していけばよいのか、経営戦略の指導などはコーチングに該当します。

コンサルティングは現在の問題に関するケアです。それこそ、今お金に困っているからせどりで稼ぎたいと言っている人に対して、せどりの具体的なやり方を教えたりします。コンサルティングはカウンセリングやコーチングと比べて、指導の内容が現実的かつ実践的であり、何より結果が求められます。

電脳せどりのコンサル

電脳せどりのコンサルでは、主に以下のような内容を教えてもらえます。

電脳せどりのコンサルの主な内容
・儲かる商品ジャンル
・おすすめの仕入れ先
・仕入れのコツ
・便利なリサーチツール
・販売先となるプラットフォーム
・出品方法
・商品写真の撮影方法
・商品説明文のテンプレート

コンサルを利用するメリット・デメリット

これから電脳せどりを始める人は、コンサルの受講を考えている人も多いことでしょう。

確かに、コンサルを受けた方が初心者は安心してせどりに取り組めますが、コンサルにはデメリットやリスクも存在するため注意が必要です。

コンサルのメリット

コンサルのメリット
・何をすればいいかが具体的に分かる
・分からないことがあれば教えてもらえる
・1人ではないためモチベーションを保ちやすい
・最短で結果を出すことができる

コンサルのデメリット

コンサルのデメリット
・コンサルの受講料は高額
(数万~数十万円が相場)
・受講料に見合ったサポートが受けられないことがある
(講師と合わない場合に顕著)
・詐欺の可能性がある
・情報が間違っている、あるいは古いことがある

せどりコンサルの種類

一口にコンサルと言っても、サポート体制によって2種類に大別できます。

マンツーマンコンサル

1つ目は、講師にマンツーマンで教えてもらえる形式のコンサルです。直に会って教えてくれるタイプもありますが、最近はSkypeなどを利用したネット上のマンツーマンコンサルが主流です。

マンツーマンだと、あなたに合った最適な指導をしてもらえるため、結果を出しやすくなります。また、質問もしやすいため、問題解決のスピードも早くなります。

しかし、その分受講料が高額になりがちです。大体の相場は数十万円ほどです。高所得者向けのコンサルだと数百万円することもあります。また、ノウハウを教えてもらえると言っても、実際の作業は1人でしなければいけないため、モチベーションを保つのが大変です。

塾型コンサル

2つ目は、塾型コンサルです。

塾型コンサルでは、学校や塾のように、複数人の受講生に対して講師が指導をします。マンツーマンと違い仲間がいるため、モチベーションを保ちやすいのが特徴です。また、受講料も比較的安く、数万円で受講できるものがほとんどです。

ただし、講師と直接話せる機会が少なく、質問しにくいというデメリットもあります。

どちらが良いか

1人で作業するのが好きで、経済的に余裕がある人はマンツーマンコンサルがおすすめです。

逆に1人で作業すると集中できない、または経済的に余裕のない人には塾型コンサルをおすすめします。

コンサルを受けるタイミングとしては、初めて出品した商品が売れた直後がおすすめです。

せどり経験のないままコンサルを受けても、なかなか疑問点が出てこないため、講師から十分なサポートを受けられない可能性があります。しかし、実際にせどりを体験しておけば、自然と疑問や質問が出てくるため、講師からたくさんの情報を引き出せるようになります。

せどりコンサルに騙されないコツ

前述の通り、せどりコンサルには詐欺も多いです。

せどりのコンサル募集はブログやメルマガで行われることが多いですが、詐欺コンサルの場合はブログやメルマガに以下のような特徴があるので注意してください。

損益報告がない

損益報告がブログに投稿されていない場合は、本当に稼げているか怪しいと言わざるを得ません。

注意していただきたいのは、売上の報告ではなく損益報告が必要であるという点です。なぜなら、商品が売れても利益が出ているとは限らないからです。仕入れ値や販売手数料などで赤字になっている可能性もあります。

ノウハウに一貫性がない

ノウハウは即効性の高い情報であるため、集客力が高く、多くのコンサルタントがブログやメルマガで発信しています。これ自体は悪いことではありませんが、発信されているノウハウに一貫性がない場合は注意が必要です。

例えば、とある記事で「中古品せどりは店舗でバーコードリーダーでリサーチすれば良いから、事前の市場調査は必要ない」と書いているにもかかわらず、別の記事では「中古品せどりはライバルが多いから、事前に綿密な市場調査が必要である」などと書いてある場合、あなたはどう思いますか?恐らく、どちらを信じればよいのか分からず困惑してしまう人がほとんどでしょう。

ノウハウ自体は、コンサルを受けなくてもネットで調べればいくらでも出てきます。問題はどのノウハウが正しいのか初心者には判断できないことにあります。そしてそれを教えてくれるのがコンサルタントです。

ノウハウに一貫性がないコンサルタントは、ただネットで集めたノウハウ情報を切り貼りしているだけで、実際は稼げていない可能性があります。

コンサルをする理由が曖昧

コンサルの募集ページには、なぜコンサル業をしているのか理由が書いてあるケースがほとんどです。

「世界中の人を幸せにしたい」などの怪しい理由を掲げている場合は、受講を避けたほうが良いでしょう。

詐欺コンサルが多い理由

せどりコンサルに限らず、ビジネス系のコンサルは詐欺が非常に多くなっています。理由としては以下の2つが挙げられます。

ビジネスコンサルは儲かる

ビジネスコンサルは、要するにお金を稼ぐ方法を売っているわけです。お金に困っている人は多いため、ビジネスコンサルは他のコンサルよりも需要が高く、また、高額な受講料でも人が集まる傾向にあります。

そして、稼ぎやすいビジネスに詐欺はつきものです。

法整備が甘い

ビジネスコンサルという業種は、割と最近生まれたものです。そのため、コンサル業に対する法整備が追いついていないというのが現状です。抜け穴がたくさんあるため、当然詐欺も多くなります。

せどりコンサルの選び方

自分に合ったせどりコンサルを受講するには、以下の3点に気をつけましょう。

講師の評判

まずはコンサルを開講している講師の名前で検索して、評判を確認しましょう。

たとえ詐欺でなくても、サポート内容に対する不満が書かれていることがあります。

講師の価値観

次に、生徒の募集をしているブログやメルマガを読み込んで、講師の価値観を知りましょう。

そして、自分の価値観に近い講師のコンサルを受けましょう。価値観が近い方が講師と仲良くなりやすいですし、より多くの情報を引き出せます。

受講形態とサポート体制

受講形態とサポート体制
・塾型
・マンツーマン型
・リアルセミナー
・オンラインセミナー
・マニュアル配布
・ツール配布

などなど、コンサルの受講形態とサポート体制をよく確認して、自分に合ったコンサルを受講しましょう。

受講料

詐欺コンサルではなかったとしても、講師やサポート内容が自分と合わず、思うように結果が出ない場合もあります。

そのため、受講料が高すぎるコンサルは避けましょう。高額コンサルが必ずしも良いとは限りません。

せどりコンサルは必ずしも必要ではない

今回はせどりコンサルの特徴について解説してきました。

せどりコンサルにメリットがあることは確かです。しかし、コンサル詐欺が横行しているのも事実です。

せどりはコンサル無しでも十分に稼げるビジネスですが、どうしてもコンサルを受けたいという場合は、講師の質・受講料・サポート体制などを念入りにチェックした上でご利用下さい。