物販

古本せどりならセット販売がおすすめ!仕入れのコツを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

せどりは仕組みがシンプルで、初心者でも簡単に始められるため、ライバルが非常に多く市場が飽和しつつあると言われています。

とはいえ、せどり業界にもまだまだブルーオーシャンは残っています。古本もその一つです。古本せどりと言えば転売の走りと言われるほど有名で、当初はライバルがたくさんいました。もっとも、現在は古本せどりを行っているせどらーが激減しているため、逆に狙い目と言えます。

しかし、古本せどりでは、1冊の本を売り上げて得られる利益は雀の涙ほどしかありません。古本せどりで稼ぐならセット販売がおすすめです。

今回は、セット本せどりのコツを解説します。

セット本せどりとは?

セット本せどりとは、文字通り、漫画や小説などを数冊セットにして販売する転売手法です。

特に全巻セット売りは、自分で全巻揃えるのが大変なので意外と需要があります。

セット本せどりは初心者向け

せどり初心者には古本のセット転売をおすすめします。

古本せどりは、仕入れにかかる費用が少なくて済むため、資金に限りがある転売初心者でも取り組みやすくなっています。しかし1冊1冊販売していたのでは、大きな利益は得られません。

そこでおすすめなのがセット転売です。セット本の価格は1冊1冊の単純な足し算にはなりません。全巻集める手間が省けるという付加価値があるため、その分を価格に上乗せできます。つまり、セット転売の方がバラ売りより利益が大きくなるのです。

最新刊まで揃っていなくても良い

NARUTOやブリーチなど、すでに完結している作品は全巻セットの方が売れやすいですが、現在も連載が続いているワンピースなどの作品に関しては、途中までのセットでも十分需要があります。

セット本せどりの種類

一口にセット本せどりと言っても、書籍によって3種類に大別できます。

漫画セット

セット本せどりで最もメジャーな書籍は漫画です。漫画全巻セットは特に需要があります。長く休載していた作品が連載を再開すると、一気に価格相場が高騰してプレミア化することも珍しくありません。

最近だと、ジャンプSQの作品「ワールドトリガー」が連載再開したことで、1~18巻までのセット価格が高騰していました。

文庫本セット

次に文庫本です。文庫本は漫画より小さく扱いやすいため、仕入れが簡単なのが特徴です。

児童書

絵本や図鑑などの児童書シリーズをセット転売する方法もあります。

ただし、児童書は市場に出回っている冊数が少ないため、仕入れが困難です。ましてやシリーズ全巻を揃えることは至難の業と言えます。

セット本せどりの注意点

セット本せどりは古本せどりの中では最も利益率の高い転売手法と言えますが、デメリットもあります。

コスパが悪い

古本はたとえセット販売しても、家電などの他のジャンルと比べると利益率の低い商材です。せどり商材の中で最もコスパが悪いと言う人も少なくありません。

にもかかわらず、仕入れやリサーチが大変です。古本は基本的にネットではなくブックオフなどの実店舗を回って仕入れることになります。1店舗で全て揃えば問題ありませんが、大抵は複数の店舗を回ることになります。

重い

本はとても重いため送料が高くなりがちです。

一番安い発送方法は日本郵便ですが、郵便局では基本的に重量が30kgを超えるものは発送できません。セット本となるとすぐに重量が30kgを超えてしまうため、配送手段の手配も面倒です。

セット本の仕入れ方法

セット本の仕入れ方法には、大きく分けて2つあります。

セット仕入れ

まず1つ目は、元々セット販売されているものを購入する方法です。仕入れ値が高くなるため利益は少なくなりますが、最も手間のかからない仕入れ方法です。

個別仕入れ

2つ目は、バラ売りされている古本を1冊ずつ仕入れて、自分でセットを作る方法です。仕入れ値を安く抑えることができるためセット仕入れより利益は大きくなります。しかし、その分時間がかかるため、場合によってはセット仕入れよりコスパが悪くなります。

セット本仕入れのコツ

ここからは、セット本を効率よく仕入れる方法を解説します。

セット本も割引対象の店舗を探す

まず仕入れ先の選定として、セット本が割引対象になっている店舗、もしくはセット本にも使えるクーポン券を発行している店舗を見つけましょう。

セット本は割引額が大きい傾向にあるので、仕入れ値を抑えることができます。

セット仕入れは1冊100円前後まで

セット仕入れをする場合は、1冊あたりの値段が100円前後になるものだけを仕入れてください。

Amazonで転売する場合、超人気作品を除いて、セット本は1冊あたり200~300円程度の販売価格になるため、1冊あたりの仕入れ値が100円を大幅に上回ると利益がほとんど出なくなってしまいます。

カート

個別仕入れをする際は、まずは単Cコーナーを探しましょう。単Cとは、ショップ査定でCランクの単行本という意味で、汚れや書き込みのある単行本を指す業界用語です。単Cは状態が良くないため、必然的に値段が抑えられています。

次にチェックすべきは単C以外の普通の古本が置かれたプロパー棚です。古本の中でも状態の良いものが並んでおり、定価の半額より少し高い値段で売られています。新品に近い状態の本もあるため、この棚をチェックしない手はありません。

また、棚に陳列される前の本が入っているカートもチェックしておきましょう。抜けている巻数が見つかることがあります。

セット本の運搬・仕分け

セット本は仕入れやリサーチも大変ですが、仕入れた後の作業も大変です。

普通にやると面倒くさい

まずお店でセット本を仕入れたら、それを自宅に運ばなければいけません。巻数が多くなると歩いて持ち帰ることが難しいため、仕入れには車や自転車があったほうがよいでしょう。

購入したセット本を自宅まで運搬し、到着後宅内へ運びます。その後は一つ一つ袋を開けて、シリーズごとに分けていく作業があります。

上記の手順通りに運搬・仕分け作業をやるとなると結構手間がかかります。

そこで、この面倒な作業を効率化する方法を以下で解説します。

お店の中で仕分け開始

まずは、本をカゴに入れていく段階で仕分けを開始しましょう。具体的には、シリーズごとにカゴを分けるのです。

会計時のお願い

そして、会計時には、「カゴごとに袋を別にしてください」と店員さんにお願いしましょう。

もし、巻数が多くて同じシリーズの書籍を複数の袋に分けて入れる場合は、テープやマジックで目印を付けてもらえるように頼みましょう。ただし、店が混んでいる時にこれをすると他のお客さんに迷惑がかかるので、できれば店が空いている時間帯に仕入れるようにしてください。

車で箱詰め

仕入れに行く際に本を入れるボックスを持っていき、車に積み込む段階でシリーズごとにボックスに入れてしまいましょう。この方法なら、仕分けができるだけでなく、ひと目でシリーズと巻数を把握できます。

家で梱包

家に帰ったら、後はセットごとに梱包するだけで作業が終わります。

セット本せどりに必要な資格

セット本せどりでは基本的に古本を扱うため、古物商許可が必要になります。

古物商許可とは?

古物商許可とは、古物を販売する際に必要な免許です。一度消費者の手に渡った物は商品の状態にかかわらず古物とみなされるため、ヤフオクやメルカリなどの個人間取引サイトで購入した新品商品も古物に該当します。

事業として中古品を仕入れて転売するには、古物商許可が必要です。

無許可で古本を転売するのは違法

古物商許可を受けていない状態で中古品転売事業を行った場合、古物営業法違反により3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課せられます。

自分の古本を売る場合は必要ない

ただし、自分で読むために購入した古本を転売する場合には古物商許可は必要ありません。なぜなら、不用品の転売は販売事業ではなく「生活用動産の処分」という扱いになるからです。

また、不用品転売で得た利益は課税対象ではないため、確定申告も必要ありません。

古物商許可の取得方法

事業として古本を仕入れて転売する場合は、必ず古物商許可を取りましょう。

古物商許可は所轄の警察署に19,000円を払って申請すれば取得できます。申請に必要な書類は役所でもらえます。

古物商の三大義務

古物商になると3つの義務が生じます。

・商品買取時に本人確認をする
・取引情報を記録に残しておく
・盗難品であることが判明した場合は、すぐに警察に通報する

全ては盗難品の流通を防止するための仕組みです。

セット本せどりはコスパは悪い

古本せどりは、バラ売りよりセット売りの方が利益は大きくなりますが、やはり他の商材と比べると利益率が低いと言わざるを得ません。

最初はセット本せどりから始めるにしても、ある程度の資金が貯まったら家電など利益率の高い商材に切り替えることをおすすめします。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る