物販

ebayビジネスをしている方必見!出品した商品を海外へ発送するときのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ebay輸出ビジネスで初めて商品が売れた!!よし、送ろうと思ったときに「発送できればどんな方法でもいいのかな」と思ったことはありませんか。しかし、ただなんとなく発送しているだけでは利益を出すことは難しいです。

そこで、この記事では、商品の海外発送について取り上げてみたいと思います。

ebay輸出ビジネスにとって欠かせない知識ですので、ぜひ最後までご覧下さい。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。

あなたのビジネスを成功させるために、ぜひこの無料動画を活用して下さい。




いくつもある発送方法は何が違うの?発送方法の正しい選び方

海外に荷物を発送する方法はたくさんありますが、その中から自分のに合った方法を選ばなければ利益を出すことはできません。また、国ごとに選択できる発送方法は異なってきます。

発送方法を知らないままでは、ebay輸出ビジネスで利益を出すことはできません。下手をすると赤字になってしまう場合もあります。

海外に荷物を発送するための主な方法

海外に荷物を発送するための主な宅配業者は以下の4つです。

・日本郵便
・ヤマト運輸
・DHL
・FEDEX

これらの4つのサービスを利用することができますが、実際は、日本郵便のサービスでほぼ対応することができます。ただ、30Kgを超過する荷物は日本郵便で発送することができません。そのため、FEDEXかDHLを使う必要があります。

この記事では、日本郵便に注目して説明していきます。

日本郵便で海外に発送できるサービスは以下の10個です。

〈小型包装物〉
SAL便
SAL便書留
e-packetライト
航空便(AIR)
航空便書留
e-packet

〈国際スピード郵便〉
EMS

〈国際小包〉
船便
SAL便
航空便

この中で主に使用するのは、小型包装物と国際スピード郵便の2つです。

「国際小包」の発送方法は使用しません。

発送方法のイメージは上記の画像の形式です。

小型包装物のSAL便
国際小包のSAL便

このSAL便でも小型包装物と国際小包の2種類があります。

利用するのは小型包装物と国際スピード郵便のEMS郵便のみです。

発送方法はこれだけで大丈夫!覚えておきたい5つの方法

使用するのは小型包装物と国際スピード郵便の2つだけと説明しましたが、その中でも、
・SAL便
・e-packetライト
・航空便(AIR)
・e-packet
・EMS(国際スピード郵便)

この5つだけ抑えておけば問題ありません!

この中でも、
・航空便
・e-packet
・EMS(国際スピード郵便)

の3つを主に使用します。

発送方法は出品価格によって分けるのがおすすめです。

出品する商品の出品価格が、
・1ドルから〜59.99ドルまでは航空便を使用する。
・60ドルから〜199.99ドルまではe-packetを使用する。
・200ドル以上はEMS(国際スピード郵便)を使用する。

上記のように送るのが得策です。

小型包装物と国際小包の違いを知ろう!

先ほど紹介した小型包装物と国際小包は、似ているようですがそれぞれに特徴があります。

まず、小型包装物について説明します。

・小型包装物とは

小型包装物は国際スピード郵便や国際小包よりもお得に発送できますが、サイズや重量などに細かい規則があります。

参考:郵便局リンク

小型包装物の制限重量は2Kgまでです。また、段ボールの三辺の長さが合計90cm以下である必要があります。この二つを覚えておくことが重要です。

重量が2Kgを超過してしまう場合はEMSにするしか方法がなく、送料のせいで結果的に赤字となってしまいます。ですから、準備の段階で重量やサイズには十分注意しましょう。適用されるのはダンボールに包装した場合のみです。

仕入れる段階で、ある程度予測しておかないと、輸出の段階で想定外の送料がかかってしまいます。そこで、仕入れるときに重量を予想するにあたってのポイントをいくつか説明します。

〜重量〜
重量は仕入先サイトに掲載されている重量の約1.3倍と覚えておいてください。

例えば重量400gと記載があったら520gです。

〜三辺の長さ〜
三辺の長さはそれぞれ10~15cm大きめに想定しておきましょう。例えば仕入先のサイトに掲載されている三辺の長さが80cmとしましょう。これは注意が必要ですね。少し大きめに想定すると90cmを超えてしまい、小型包装物扱いにならなくなるので注意が必要です。

上記の事柄に注意して仕入れをしましょう。

国際小包とは?

国際小包は、小型包装物と比べると規則が少ないので大きな荷物も発送することができます。

参考:郵便局リンク

国際小包の場合は、重量は30kgまで三辺の長さは2m~3mまでとなっています。ですから、荷物の大きさは小型包装物と比べて大きくなります。

しかし、問題は送料の高さです。国際スピード郵便と同じくらいの送料がかかってしまいます。ですので、国際小包を使うくらいなら、早く届けることができる国際スピード郵便を使ったほうがいいので、国際小包を使うことはほとんどありません。

海外への発送はどうすればいいの

海外への発送には郵便局のサービスを利用します。

それは、主に
1. SAL便
2. e-packet
3. EMS

の3つです。

送る荷物の重量によって送料が異なってきます。

日本と比べて海外の郵便事情は非常に悪いです。特に南米やヨーロッパでは商品が紛失したりする危険もあります。紛失のリスクに備えて追跡、保険付きで発送するのが望ましいですが、安い商品にこのようなサービスをつけてしまうと送料が高くなってしまって利益が目減りしてしまいます。なので、追跡・保険付きにするかどうかは発送先ごとに判断するようにしましょう。

また、利用する郵便局を決めてしまいましょう。郵便局の職員であっても、海外への荷物発送というのは稀なケースなので、あまり詳しくない人もいます。慣れていないと発送までに時間がかかってしまうので、海外発送をスムーズに処理できる郵便局を探し、以後はそこだけを利用するようにしてしまうのが得策です。

発送先の住所はpaypalの住所を登録すればOKです。

SAL便は一番安いけれど、弱点がある

・一般的な発送方法の中で、一番お得なのがSAL便です。
本当は船便が一番安いのですが、ビジネスで使うことはできませんので除外しておきます。

・このSAL便には追跡や保険などは付随していません。ですから、このようなサービスを利用したい場合は、別途料金(プラス410円)を払って付ける必要があります。

・発送する国がSAL便取り扱い地域かどうかを調べる必要もあります。よく発送する国でSAL便を取り扱っていないのがオーストラリアと韓国です。

では、実際のSAL便発送方法を説明していきます。

【SAL便発送方法】

←税関告知書【CN22】(緑色の紙)とSALと書いてあるシールを用意します。これは、郵便局の窓口でもらうことができます。

日本とは送り方の形式が異なるので注意しましょう。
・切手⇒右上に貼付
・自分の名前と住所を記載⇒左上(英語で記入)
中央に相手の名前と住所を記入する
窓口でもらったSALのシールはどこに貼っても大丈夫です。住所は手書きでも印刷でも問題ありません。

では、次に税関告知書の書き方の説明をします。
【税関告知書 CN22の記載方法】

1の欄は「other その他」にチェックを入れます。バイヤ-によっては「Gift 贈り物」にチェックして、とお願いされる場合があります。これは、相手の国の関税制度が関係しています。国によっては関税が高い国もあるので、Giftにチェックを入れてあげましょう。

2の欄は内容品の数量と明細を記載します。日本では大まかに「雑貨」「日用品」と記載することもありますが、海外では具体的に記載する必要があります。英語で詳細を記入します。
例)コップ⇒CUP 扇子⇒FOLDING FAN

3の欄は重量を記載します。単位はすべてキログラムです。150gだったら0.15kg と記載しましょう。

4の欄は価格を記載します。基本的に$で記載しましょう。バイヤーによっては「安く書いて」と言われる場合がありますが、希望通りの値段を書いてあげれば問題ありません。

5の欄は合計重量です。3の欄と同じ㎏で記載しましょう。

6の欄は合計価格を記載します。4の欄と同じで、$で記載します。

7の欄は署名と署名日付を記載します。この欄は英語で記入します。例)山田 太郎⇒Taro Yamada 2018.11.11

e-packet(イーパケット)について

このe-packet(イーパケット)には追跡&保険がついてます。

特徴は、
・到着はSAL便より早いがEMSより遅い。そして、値段はEMSより安いがSAL便よりは高い。
つまり、SAL便とEMSの中間といえます。
・ほとんどの国が扱っているので特に問題はありませんが、発送する国がe-packetを扱っているか念のため調べておきましょう。
・送り状は、ネット上で作成します。これには登録無料の「国際郵便マイページサービス」の登録が必要です。

重量制限は2kg 、3辺の長さの合計が90cm以下です。ただし、一辺の長さは最大60cmと定められています。

■e-packet(イーパケット)発送方法の説明

1.最初に「国際郵便マイページサービス」に登録します。
登録はこちらから

登録済みならログイン

2.次に「パウチ(専用の送り状袋)」を用意する。

「パウチ請求」のボタンをクリックして枚数を選択すれば、郵送で自宅まで届きます。
料金はかかりません。

3.そして送り状を作成します。
「送り状を作成する」をクリック⇒「ご依頼主を登録する」をクリック

英語(ローマ字)で入力して登録する
→ 「お届け先の選択へ」をクリック
次回からは登録済の住所が自動的に反映されます。

○をクリック

ここで送り先(落札者)の住所等の入力をする(※の箇所は必ず入力する必要があります)。忘れないようにしましょう。
相手先の住所を間違えると大変ですので、コピーして貼り付けるなど細心の注意を払いましょう。電話番号、メールアドレスなどは空欄でも届きます。郵便番号欄が空白でも、住所欄などの他の箇所に郵便番号が入力されていれば届きます。入力したら「この内容で登録する」クリック

発送種別を選択。
○国際eパケットを選択
「内容品登録」クリック

・内容品名→英語で入力。
日本語で書いてはいけません。
・原産国名→どちらでもOK
・重量→gで入力
・単価は→ USD(米ドル)$単位で記載。
「この内容で登録する」をクリック
確認画面が表示されたら、「登録」をクリック。そして、「送り状:内容品登録へ戻る」をクリック

・個数→入力
・内容品種別→その他
・内容品総額→日本円で金額を入力(アバウトでOK)
・「No Commercial Value」を表示する→チェック(レ)する
・「危険物についてのご確認」→チェック(レ)する
「関連情報の入力へ」をクリック

・発送予定日→選択します。
・総重量入力(梱包が完成した状態の荷物)これを入力すると発送金額が自動で出ます。
・インボイス(明細・領収書)印刷指定→明細は何かあったときに役に立つので印刷しておくようにします。
「内容登録を確認する」をクリック
間違いがないかチェックして、「送り状を登録する」をクリック
注意事項に注意して送り状を印刷」をクリック

印刷のマークをクリックして印刷します。印刷ができたら「印刷終了」クリック。「送り状」&「インボイス」の2枚出てくるので、送り状ははさみで切り離しでおきましょう。

緑色の枠の中に「署名と日付」の欄があります。署名はもうすでに印字されているので発送日の日付を書きましょう。また、インボイスの右下に手書きで自分の名前を英語で署名しましょう。ここまで準備したら、パウチ袋に入れて郵便局に持って行きます。この時パウチのふたは閉じずに持って行きましょう。

パウチの中には大変重要な情報が入っています。途中ではがれ落ちたりしないよう、テープなどでしっかり固定しましょう。

EMS(国際スピード郵便)の特徴について

EMSを利用するには、次のような条件があります。
重量:30Kgまで
長辺 1.5m以内
長さ+胴回り 3m以内

国際便の中で一番速く、保証もついている発送方法です。保証金額も200万円と高額です。しかしながら、値段が張ってしまうのがネックです。

こちらも発送する国がEMSを取り扱っているかどうか調べておきましょう。

⇒郵便局のサイトで調べる
・送り状はインターネットで作成することができます。E-packetと同じように国際郵便マイページサービスに登録が必要です。一番高い発送方法ですが、重量によってはe-packetと変わらない場合があります。保証も手厚いので比較して検討して下さい。

■EMS発送方法
ネットの場合、「国際郵便マイページサービス」から手続きを行います。送り状作成はe-packet(国際eパケット)とほとんど変わりません。

←この画面で「EMS(物品)」を選択する。

国際eパケットとは違い印刷物が数枚あります。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法

>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

送料を設定する上で大切なポイント3点

送料の設定をする上で大切な3つの考え方をご紹介します。

それは、
1.アメリカ目線を持つこと
2.ターゲットの国 とターゲットではない国を見極めること
3.送料は無料(Free Shipping!) に設定すること
です。

アメリカ目線での送料設定をする

ebayはアメリカで誕生した世界最大のネットオークションです。日本からアメリカのebayに出品して、全世界の人たちから注文を受けます。なので、アメリカにいる気持ちで送料を考えないといけません。日本的に考えてしまうと失敗しかねません。

ロシアを例にとって考えましょう。日本からすればロシアは遠い異国の国ですが、アメリカからするとロシアも日本も同じグループです。アジアに送るとしてチェックを入れるとロシアにもアジア料金で送ることになってしまいます。

日本からロシアに発送するのとヨーロッパに送る送料は一緒です。これだけでかなり損をしてしまいます。

これを防ぐにはロシア個別の送料があることを登録します。

画像のようにすればロシアのバイヤーから購入されてもアジア料金は適用されません。

昔のebayはロシア枠がなかったので別の方法を使いましたが、現在はロシアを登録するだけです。

このようにアメリカと日本では設定が異なってくるので、よく調べて発送するようにしましょう。

また、送料で損をすることもあるので、イスラエルやトルコなど中東に送る場合は注意が必要です。

中東はebayではアジア枠ですが、日本から発送する場合アメリカと同じ送料帯なので注意が必要です。

中東への発送対策をご説明いたします。

商品によって2パターンに分けて設定しています。

まずこちらをご覧下さい(対応1)

エコノミーをFree Shippingにする際の設定です

中東のバイヤーが、Freeを選ばずにEMSを選択したときは損をしてしまいますが、滅多にありません。逆に中国のバイヤーはあえてEMSを選ぶという傾向があります。

つづいてこちらをご覧下さい。(対応2)

スタンダード(EMS)をFree Shippingにする際の設定です。

アジアをアメリカ帯の送料と同じ設定にしています。そのため、中東で損は発生しませんがアジア各国の注文は減ってしまうと考えられます。そのため、アジア圏での需要が比較的少ない商品に対して設定を行ないます。

どこかで身を削る覚悟が必要になってきますが、上記の方法が、一番最善策ではないかと思われます。

リスクが少ない国を選ぼう

発送の際に覚えておかなければいけないことは、「リスクがある国を選ばない」ということです。つまり、ちゃんと届く国のバイヤーに買ってもらうようにするということです。なので、南米とアフリカの送料を出品ページに掲載しないようにしています。代わりに「販売人にお尋ね下さい」と表示します。

南米とアフリカはトラブルが非常に多いだけでなく利益も少なく赤字になってしまう可能性が高い地域です。ebayの送料設定は4つの組み合わせしか登録できないことから、優先順位的にもそのようにしています。

「個別に対応します。」と表示しておくことは、大切なポイントです。スタンスとしては、「全世界対象です」とすることが、上位表示をさせるポイントです。

設定は、このようにします。

「Additional ship to locations – buyers contact for costs」を「Will ship worldwide」とします。

ただし、N. and S. Americaにチェックを入れている場合、南米にも送料設定されてしまいます。問い合わせがなくとも支払いと購入が完了してしまうのでN. and S. Americaのチェックは外すことをおすすめしたいと思います。

カナダやメキシコなどの北米も含まれますので、この2国は個別に対応するようにします。

トラブルは、事前に防ぐようにしましょう。

送料を無料(Free Shipping)にしてみる

送料を無料にすると売れやすくなります!!

ebayではFree Shippingの設定が優遇されます。簡単な作業なのでぜひ実践してみてください。

ただし、返金時の手続きが面倒だからイヤだという方や、中古品などの限定物は送料無料にする必要はないでしょう。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

初心者の壁「新規出品画面(Add shipping details)」の詳細な説明

送料設定を行えるのは次の3画面です。

・「新規出品画面(Add shipping details)」
・「出品している商品(Buy it nowのみ)を編集する画面」
・「送料設定自体を編集する画面(Shipping policy)」

通常は「新規出品画面」で設定を行ないます。

今回は新規出品画面の設定方法を説明していきます。

基本の設定をしてみよう

1.「Set up your shipping preferences」が表示されている場合は「Cancel」をクリック
2.「Add shipping details」「Add or remove options」をクリック
3.アメリカ以外への発送設定をするかを設定
※ebayはアメリカの会社なので、アメリカ(国内向け)とアメリカ以外(国外向け)を別々に設定する必要があります。
4.配達手段の選択肢を設定
5.直接受け渡しを選択できるかを設定⇒当然できません。
6.同梱する場合に割引ができるかを設定⇒上級者向けの設定です。
7.その他設定
8.「Save」をクリック

消費大国、アメリカ向けの送料設定を考えよう

1 最初に「Show all shipping options」をクリックして下さい。
2 そして「Flat: same cost to all buyers」を選択します
複数設定する場合、「Offer additional service」をクリックします。
※複数行設定でき、落札後バイヤーが選択できるようにします。
3 配達手段を設定します。
4 送料を設定します。
送料無料を設定する場合は、「Free shipping」にチェックを入れます。
※同梱する場合に割引を可能とした場合、「Each additional」という項目が表示されるため、2つ目からの送料を設定します。
5 落札から出荷までの期間を設定
※バイヤーは、商品を一日でも早く手に入れたいと思っています。できる限り早く出荷してあげましょう。

「Service」の内容はプルダウンで色々と選べるようになっています。

ebayビジネスをはじめた人は次の3種類を覚えておきましょう。

・Economy Shipping from outside US
・Standard Shipping from outside US
・Expedited Shipping from outside US

の3種類だけ使用すれば大丈夫です。

これらは上から、「格安」「普通」「高速」のような感じです。

また、これらは詳細が決まっているわけではありません。格安⇒SAL便など自分自身で決めておきましょう。

「SAL便」「国際パケット」「EMS」は全て日本郵便から発送することができます。

【各配送手段の特徴】
・SAL便は格安だけれど到着が遅い
・国際パケットは追跡ができ紛失リスクを軽減できるが送料がかかる。
・EMS(国際スピード郵便)は迅速で保証も手厚いが料金が高い。

実際の金額比較などは、日本郵便のホームページから確認することができます

アメリカ以外の国への送料を設定しよう

基本的にはアメリカ向けの発送と設定は同じです。

1.まず、「Flat: same cost to all buyers」を選択します。
複数設定する場合は「Offer additional service」をクリックして下さい。

2.送料設定する基準を選択します。

Choose custom location:選択した対象エリアに対して有効
Worldwide:全世界に有効

3.配送手段を選択しましょう。
※選択肢はアメリカ向けの発送とほとんど一緒です。

4.送料を設定
送料の設定は非常に大切です。選択地域の中で、一番高い送料の値段を設定しましょう。

5.選択可能な対象エリアを設定
※Worldwideを選択した場合は関係なし

上記の図ではSAL便対応の国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、オーストラリアを設定し、それ以外の国ではEMSしか発送できない設定としています。

メキシコはSAL便とEMS便のどちらでも発送できるようになっていますが、ブラジルについては、EMS便のみ選択できる設定になっています。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法

>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

リスクが高い国を避けるための設定方法

ebayでは自分が発送しない国を細かく設定することができます。

発送除外国設定という欄があり、そこに設定した国のバイヤーは入札ができないようになります。

郵便事情が不透明な国、税関が厳しい国などトラブルに遭いそうな国のバイヤーとの取引を避けることで、無用なトラブルに巻き込まれる確率を減らすことができます。

発送除外国の設定方法には2つあります。

・全商品に対しての発送除外国設定
・商品個別に行なう発送除外国設定

です。

では順番に見ていきましょう。

全商品に対して発送除外国設定するには

1.My eBay の『Account』から『Site Preference』をクリックします。

2.そして、『Shipping preferences』の部分にある『Exclude shipping locations from your listings』が No になっているので Edit をクリックします。

3.クリックすると、『Exclude shipping locations』(発送除外国の設定)画面が出てきます。

発送除外国の設定は細かく決めることができます。国だけでなく、地域も選ぶことができます。

4.国単位で除外設定をする場合は、各地域の右側にある『Show all countries』をクリックすると、そのエリアの国が表示されます。

5.APPLYを押すと除外設定が完了となります。

商品単位で発送除外国を設定するには

1.商品出品ページの『Shipping details』の部分にある『Shipping policy』Create をクリックします。

2.『Create shipping policy』のウィンドウが開きますので、一番下までスクロールさせ、『Exclude shipping locations』Edit exclusion list をクリックします。

3.クリックすると、『Exclude shipping locations』(発送除外国の設定)ができます。

発送除外国の設定は細かく決めることができます。国だけでなく、地域も選ぶことができます。

4.国単位で発送除外国の設定をする場合は、各地域の右側にある『Show all countries』をクリックすると、そのエリアの国が表示されます。

5.Apply をクリックして発送除外国の設定は完了です。

APO/FPO の意味

APO/FPO とはアメリカ軍事施設の略称です。

APO = Air Force Post Office(空軍郵便局)
FPO = Fleet Post Office(海軍郵便局)

こういった軍事施設は世界各国に点在しています。

追跡番号が付くEMSやe-packetで軍事施設に発送することはできません。
しかし、SAL便など追跡番号がない郵便物であれば発送することができます。

US Protectorates の意味

US Protectorates とは、アメリカの海外領土のことです。例えば、プエルトリコやグアムなどは海外領土となっています。海外領土の場合は、本土よりも送料がかかる場合があるので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか。

海外への発送には送料設定が欠かせないということを理解していただけたと思います。

物を売るビジネスでは、次のことが大切です。

・いかに安く仕入れて、高く売ることができるか
・経費をどれだけ節約することができるか。

ebayビジネスにおいての主な経費は、間違いなく送料です。

送料をいかに節約するか、ということが利益に直結します。
ですから、送料の知識はとても大切です。

商品の値段に関係なく送料が一番安いSAL便で送るのが最も利益を出せますが、郵便事故が起こってしまうと6000円しか保証がおりません。このように考えると、EMSの方が安心ですよね。

送料の設定は、複雑なように見えますが必要不可欠な知識です。
一つずつ慣れていきましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法