物販

ショッピングカートASPとは?おすすめ厳選8社を徹底比較!

ネットショップの運営に必要な機能を提供する「ショッピングカートASP」。

最近はいろんな種類が出てきているため、どのショッピングカートASPを選んで良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ショッピングカートASPの基礎知識から、無料版・有料版の違い、さらにはおすすめのショッピングカートASPまでご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

ショッピンカートASPとは?基礎知識を徹底解説!

まずは、ショッピンカートASPの基礎知識をご紹介します。

そもそもショッピンカートASPって?

ネットショップを運営するには、注文処理を行うソフトウェアである「ショッピングカート」が必要です。

ショッピングカートASPとは、このショッピングカートをはじめ、決済機能、顧客管理、受注管理などECサイトの構築に必要なソフトウェアを提供するシステムのことです。

ネットショップ事業者は、ショッピングカートASPを利用することで必要な機能を自社で構築する必要がなくなるため、商品の仕入れや販売に集中できます。

現在、ショッピングカートASPはその機能性の高さから、ネットショップを始めたばかりの個人から、中小規模のEC事業者まで幅広く利用されています。

「パッケージ」と「クラウドEC」とは?

ショッピングカートASPと同じECサイト構築システムであり、機能が類似していることからよく比較されるのが「パッケージ」と「クラウドEC」という2つのシステムです。

パッケージ」とは、ECサイト(ネットショップ)の構築に必要なソフトウェアがパッケージ化されたものです。柔軟なカスタマイズやシステム連携といった拡張性の高さが特徴です。しかし、導入には数百万〜数千万円という膨大なコストと手間がかかります。

一方、「クラウドEC」は、パッケージの「クラウド版」です。ECサイト構築に必要なソフトウェアをクラウド上で利用できるので、サーバーなどのインフラを自社で用意する必要がありません。

パッケージ同様、柔軟なサイト構築が可能であり、ソフトウェアのアップデートも自動で行われるので、常に最新のシステムが使用できます。しかしその一方で、月額料金が数十万円かかるなど、ランニングコストが高くなる傾向があります。

パッケージとクラウドECはどちらも高い拡張性が魅力です。しかし、初期費用やランニングコストが高く、中~大規模のEC事業者でなければ導入が難しいシステムと言えるでしょう。

ショッピングカートASPのメリット・デメリット

それでは、ショッピングカートASPを導入するメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

ショッピングカートASPを導入するメリット

ショッピングカートASP導入のメリットは、何と言っても「コストの安さ」にあります。初期費用や月額料金が非常に安く、中にはそのどちらも無料というサービス会社もあります。

また、特別な専門知識も必要ないので短期間の導入が可能であり、保守運用も不要です。

非常に安価かつ手軽に導入できるので、ネットショップ初心者の方や個人事業者、または小規模のECサイト事業者の方などにおすすめです。

ショッピングカートASPを導入するデメリット

ショッピングカートASPのデメリットは、拡張性の低さです。パッケージやクラウドECとは違って、提供されたフォーマットを使ってショップ運営を行うのでカスタマイズがほとんどできません。また、外部連携システムも限られています。

このため、パッケージやクラウドECと比べると、独自のサービス展開や競合他社との差別化が図りにくい傾向にあります。

ショッピングカートASPの「無料版」と「有料版」、どちらを使うべきか?

ショッピングカートASPには、無料版と有料版があります。その違いとは具体的にどのようなものなのでしょうか?

それぞれの内容を見ていきましょう。

無料版ショッピングカートASP

無料版ショッピングカートASPは、その名の通り、初期費用や固定費(月額料金)が「無料」のシステムです。その多くが商品を販売した際の決済手数料を収益にしています。

ショップ運営に関する最低限の機能は揃っていますが、ショップのレイアウトやデザインのテンプレートが少なく、HTMLやCSSの編集はほぼ不可など、カスタマイズがほとんどできません。さらに取り扱える商品数にも制限があるため、ショップの独自性が出しにくいと言えるでしょう。

また、会員登録、ポイントシステム、メルマガ配信といった集客機能も十分とは言えず、ASP開設者の意向によっては、突然閉鎖になるという可能性もあります。

「無料版」に向いているネットショップとは?

それでは、無料版ショッピングカートASPに向いているネットショップの特徴をご紹介します。

・今回が初めての開業
・一時的な開業を目指している
・商品点数が少ない
・予算が少ない
・ITの知識が少ない
・デザインのカスタマイズは必要ない
・個人のハンドメイド作品を出品したい
・消費者同士で売買したい

有料版ショッピングカートASP

有料版ショッピングカートは初期費用や固定費がかかるので、無料版と比べると経営者の負担が大きくなります。しかし、その分機能が豊富なので、効率的で独自性のあるショップ運営が可能になります。

まず、受注や在庫管理、顧客分析、決済サービスなどの機能が充実しているので、効率的な運営が可能になります。また、他社とのシステム連携なども無料版に比べてすぐれています。

さらに、会員登録やポイントシステム、メルマガ配信などの集客機能も豊富であり、より効率的にショップのファン獲得が図れます。

また、レイアウトやデザインの種類が多く、HTML・CSSの編集も可能なのでオリジナリティのあるショップを作成できます。その他にも独自ドメインを取得できる場合が多いので、ショップの信頼性とブランド力アップが見込めます。

「有料版」に向いているネットショップとは?

次に、有料版ショッピングカートASPに向いているネットショップの特徴をご紹介します。

・長期的な出店を目指している
・売上拡大を目指している
・充実した集客機能を希望
・自社ドメイン型ECサイト
・HTML、CSSによるデザインカスタマイズを重視
・商品点数が多い
・サーバー容量の大きい料金プランを希望
・予算に余裕がある
・IT知識が豊富

無料版・有料版それぞれのメリット、デメリットを考慮し、ご自分のショップに合う方を選びましょう。

おすすめのショッピングカートASP8社を厳選&徹底比較!

おすすめのショッピングカートASP「8社」を厳選しました。ぜひ参考にしてくださいね。

BASE(ベイス)

BASEは、90万ショップ以上で導入されている国内最大級のショッピングカートASPです。

初期費用・月額費用が共に無料で、商品が購入された時のみ「BASEかんたん決済」と呼ばれる決済手数料がかかります。また、たった数クリックで簡単にネットショップが作成できるので、PCスキルがない方でも安心です。

デザインも豊富なテンプレートの中から選択可能で、専用アプリを経由すれば多くの集客機能や拡張機能を利用できます。

ネットショップ初心者の方や、副業や趣味として開業したい方におすすめです。

カラーミーショップ

カラーミーショップは、豊富な機能をお手頃な価格で利用できるショッピングカートASPです。初期費用は3,000円、月額費用も834円から利用できます。

顧客分析レポートや定期購入といった集客機能が利用できるので、効率的にショップのファンを獲得できます。

また、決済手段も豊富で、クレジットカード決済はもちろん、楽天ペイやAmazonペイといったスマホ決済にも対応可能です。

さらに、配送方法も、ギフト、複数宛先配送、自宅外受け取りなど豊富に取り揃えているので、顧客のニーズに対応できます。

ネットショップ初心者の方はもちろん、手軽にECサイトを立ち上げたい事業者の方にもおすすめのショッピングカートASPです。

STORES.jp(ストアズjp)

STORES.jpは、専門知識なしで手軽にネットショップ構築ができるショッピングカートASPです。初期費用は無料料金プランは2種類あり、月額費用が無料の「フリープラン」と、月額料金1,980円の「スタンダートプラン」から選べます。

豊富なデザインテンプレートや集客機能といった基本的な機能はもちろん、売上金を翌日に振り込むサービスや、商品の保管・梱包・発送など行う倉庫サービス、音楽や動画などのデジタルコンテンツ販売など、ユニークな機能も満載です。

個性あふれるネットショップを作りたいオーナーさん達から支持されているショッピングカートASPです。

Shopify(ショッピファイ)

Shopifyは、カナダのショッピングカートASPです。世界175カ国の100万以上のネットショップで導入されています。将来的に越境ECを検討されている方におすすめです。

初期費用は無料で、無料体験や年契約プランの先払い割引などもあります。月額費用29USドル(約3,200円)という低コストからスタートできます。

さらに、3200種類以上のアプリ機能を利用すれば、様々な拡張機能をダウンロードできます。

MakeShop(メイクショップ)

MakeShopは、ネットショップの立ち上げから運営まで、サポート体制が充実したショッピングカートASPです。

初期費用は10,000円から、また月額費用は2,100円から利用できます。

173種類のデザインテンプレートが用意されているので、お好みのイメージにぴったりのショップを作成することができます。

また、独自の集客機能をはじめ、リターゲティング広告やSNS連携、SEO対策といった多彩なプロモーション活動が可能です。

さらに「URL自由設定機能」により、商品名や型番を含めたURLを設定できるので、より商品をアピールできます。

かなり本格的なネットショップの構築が目指せることから、初心者の方だけでなく、ネットショップ中級~上級者の方にもおすすめです。

ショップサーブ

ショップサーブは、初心者の方はもちろん、ネット通販事業を本格化させたい事業者の方にもおすすめのショッピングカートASPです。初期費用15,000円、月額費用は11,400円から利用できます。

契約者全員に専任のサポートスタッフ(無料)がつき、集客方法や売上アップのテクニックといったショップ運営に関するノウハウを丁寧に指導してくれます。

他社にはない「圧倒的なサポート体制」で、ショップの構築から運営までを完全バックアップしてもらえますよ。

futureshop(フューチャーショップ)

futureshopは、売り上げを最大化せるための仕組みが豊富に実装されたショッピングカートASPです。実店舗との連動(オムニチャネル)に力を入れていることから、大規模なECサイト事業を検討している事業者の方におすすめです。初期費用・月額費用は共に22,000円から利用できます。

リピスト

リピストは、「LP一体型フォーム」のショッピングカートASPです。初期費用は14,800円から、また月額費用は29,800円から利用できます。

LP(ランディングページ)とは、ユーザーが最初にアクセスするページのことです。一般的なショッピングカートは、商品購入の際に「LP」→「カート画面」→「個人情報の入力画面」→「決済画面」→「確認画面」→「決済確定画面」と、何度もページを移動しなくてはなりません。

しかし、リピストはLPと購入フォームが同一ページ内にあるため、「LP」→「確認画面」→「決済確定画面」とわずか数クリックで商品が購入できます。このため、顧客の離脱防止やCVRの向上が見込めるのです。

また、定期購入へと誘導する「アップセル機能」なども搭載されているので、より顧客の定着が図れます。

機能やサービス内容をよく考慮して、自分のネットショップに合ったショッピングカートASPを選ぼう!

ョッピングカートASPは、ネットショップの運営に必要な機能を提供するシステムです。

ASPは「パッケージ」や「クラウドEC」に比べ拡張性は低いものの、初期費用や月額料金が格段に安く、専門知識も必要ないので初心者の方でも手軽にネットショップを開業できます。

最近では、今回ご紹介した8社をはじめ、様々な機能やサービスが実装されたショッピングカートASPが誕生しています。ぜひみなさんも、ご自分のショップに合った機能的なショッピングカートASPを探してみてくださいね。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。