スキル

起業するために必要な知識って何? 起業家なら知っておきたいスキルや情報について

「起業したい!」そう思っている方は少なくないでしょう。起業すれば一国一城の主になれますし、そうすれば誰に命令されることなく自分自身の考えで仕事ができます。

とは言っても、憧れだけではもちろん起業はできません。起業するためには、さまざまなスキルや情報を身につけておく必要があります。

この記事では起業家なら知っておきたいスキルや情報についてご紹介します。起業について興味をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

起業のいろはを身につけよう

まずは、起業するに当たって必要な「起業のいろは」についてご紹介します。

自社の分野を徹底的に分析しよう

例えば、あなたがネットショップで洋服を扱うとします。その場合、大きく分けて2種類の業界を分析する必要があります。

1、アパレル業界・ファッション業界全体
2、ネットショッピング業界

「洋服」という商品はアパレル業界に属していますし、「ネットショップ」は当然ネットショッピング業界に属しているのですから、この2つの業界を分析することは欠かせません。

自分が始めようとする事業の分野を知らなければ成功は望めません。まずは、ご自身の分野を徹底的に分析することが起業の第一歩です。

マーケティングスキルを身につけよう

マーケティング用語に「4P」というものがあります。これは、販売者側の視点に立ってマーケティングを分析する際の手がかりとなるものです。

4Pとは、

Product(製品)
Place(場所)
Price(価格)
Promotion(販売促進)

のことです。

一方、顧客側から見た分析ポイントのことを「4C」といいます。

4Cとは、

Customer Value(顧客にとっての価値)
Customer Cost(顧客が負担する費用)
Convenience(顧客にとっての利便性)
Communication(顧客とのコミュニケーション)

を指しています。

マーケティング戦略を立てる上では、「起業する側」「売る側」と、「商品やサービスを受け取る側」「買う側」の双方の立場からの検討が欠かせません。

また、以下の3点を中心に考えるSTP分析というものもあります。

Segmentation(セグメンテーション:市場細分化)
Targeting(ターゲティング:標的市場の決定)
Positioning(ポジショニング:自社の位置決め)

起業するに当たっては、それぞれの戦略についてよく理解しておく必要があります。

決算書は人に作ってもらえばOK! 自分自身は読めれば良い

1人で起業した場合、最初のうちは自分自身でお金の流れをすべて管理をすることになります。しかし、事業が軌道に乗ってくると、経理に係る事務まで一人でやるとなると膨大な手間と時間がかかってしまいます。そこで、決算書の作成等、経理に関するお仕事は信頼のおける専門家に任せてしまいましょう。

起業家に必要なのは、お金の計算ではなく事業を円滑に進めることです。決算書などは読めれば十分で、わざわざ自分で作成する必要はありません。人に任せられる仕事は自信を持って任せましょう。

マネジメント能力を発揮しよう

起業家に求められるのは、マネジメント能力です。スタッフを雇うのであれば、個々のスタッフの能力・性格をつかみ、的確なインセンティブを与え、やる気を最大限に引き出さなくてはなりません。

また、起業者であれば、従業員だけでなく顧客もマネジメントしなければなりません。何もかも1人でやるとなると手が回らなくなるのは目に見えています。

仕事をいかにスタッフに割り振るか、また顧客管理をいかに効率良く行うか、常に考えておきましょう。

仕事のスピードアップを心がけよう

仕事をテキパキとこなす能力は起業後も必要です。今勤めている会社を辞めて起業するのであれば、起業後のシミュレーションだと思って、現在の仕事をどこまで早く片づけられるかやってみましょう。

「体力」「精神力」「忍耐力」の3つの力を養おう!

給料が保障されている会社勤めとは違い、起業後は利益を上げなければ無給になってしまいます。また、病気や怪我で仕事ができなくなっても、休業補償はもちろんありません。

個人で事業を行うために必要なのは、体力・精神力・忍耐力です。健康管理に人一倍注意を払い、常にベストパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。

人脈は大切に!

人の口からこそリアルタイムの「旬」の情報が得られるものです。ビジネス書を何十冊読んでも得られなかったタイムリーな情報が人からもたらされることは多いものです。起業するにあたっては、必ず人を大切にしましょう。

また、人とつながりを持つためにも、SNS等のコミュニケーションツールを活用するべきです。

最低限のITスキルを身につけよう

起業家たるものゼネラリストであることが必要です。仕事をする上で必要な知識を持っていなければ、誰に何をどの程度任せればよいのかわからなくなってしまいます。

そして、現代社会においては、ITに関するスキルなしに事業を成功に導くことは不可能と言って良いでしょう。これについても専門家に頼めるのであればそれでも良いのですが、最低限の知識は自分でも身につけておくようにしましょう。

起業するにはいくらお金が必要?

起業するには「開業資金」が必要です。この額は事業の規模や取り扱う商品の種類によってまちまちですが、ここでは共通するものについてお伝えしていきます。

法人登録費用

法人登録には、ざっと次のような費用がかかります。

1.定款認証代
2.登録免許税
3.登記簿謄本代
4.印鑑証明代
5.行政書士・司法書士への依頼料

このうち株式会社の登録免許税は、印紙代だけでも15万円かかるほか、資本金の額に応じてさらに高くなる場合があるので注意が必要です。

印鑑登録の費用は?

法人名が記載された公式の文書を作成するには、法人の印鑑登録が必要です。まず登録料を役所に払って任意の印鑑を登録し、必要な場合には「印鑑証明」を取ります。費用はお住まいの役所によって異なりますが、どちらにしても数百円程度です。

お金がかかるのは、むしろ印鑑本体の方です。材質やデザイン等、こだわりだせばキリがありません。法人設立当初は安物で間に合わせ、ビジネスが軌道に乗ってきてから高級な印鑑に変更すると良いでしょう。

なお、個人事業主の場合は名字の認め印を使っても問題ありません。

商号・屋号作成の費用は?

商号は「会社の顔」、屋号は「個人事業主の顔」と言えます。顧客や取引先に正しく認知してもらい、親しみを持ってもらえる「顔」がベストです。創業の思いを込めて自分でつけることが多いですが、あえて専門家にネーミングを依頼したり、コンペで決めたりするのもアリです。この場合は、当然報酬が発生します。

ビジネスの拠点を設置するための費用

この費用は事業形態によって大きく異なります。例えば自宅で開業できて、かつ商品のストックを必要としない仕事であれば、ビジネス拠点設置のための費用はゼロです。

事業開始のために事務所・店舗・倉庫を持つ必要がある場合は、新たに建築するための資金または賃貸料が必要となります。

登記簿作成費用

登記簿の作成については、行政書士に依頼するのが一般的です。依頼する時は複数の行政書士さんから見積書を出してもらい、それらを見比べてみることはもちろん、開業後もお世話になる可能性もあることから、自分との相性も考えて決めましょう。

事業計画書の作成費用

開業するにあたって、事業計画書は特に作成が義務づけられているわけではありませんし、作成するのに費用がかかわるわけでもありません。けれども、これをきちんと作成しておくと後々ためになる場合もあるので、できれば作っておきましょう。

どういう時に役に立つかというと、例えば金融機関などから融資を受ける場合です。計画もきちんと定められていないうような事業にお金を出してくれる人はいません。「自分の頭の中にはきちんと入っている」は通用しないのです。

名刺の作成費用

「商号・屋号」が法人の顔なら、「名刺」は個々のスタッフの顔です。名刺の作成費用を節約しようとするあまり、ペラペラの薄い名刺や、水に濡れたらインクが流れて消えてしまうような名刺を使う人がいますが感心しません。ある程度のコストをかけても、それなりの品質の物を用意しましょう。むやみやたらに凝る必要はありませんが、あなたの「顔」として恥ずかしくないレベルの物は使いたいところです。

起業の前に考えておくべきこととは?

ただ漠然と「起業したい」と思うだけではなく、以下の事柄について具体的に考えておきましょう。

「やりたいこと」=「お金になること」か?

市場は需要と供給で成り立っています。「自分にできること」「得意なこと」「やりたいこと」が、そのまま世の中のニーズと一致している人は幸せでしょう。

起業する場合も、これに近い形であれば成功する確率は高くなります。自分が好きで得意なことでも誰も必要としていなければお金にはなりませんし、「やれば売れることはわかっている」商売でも、自分の気が進まないことなら長続きはしません。

自分と世の中の双方を分析し、落としどころを見つけていきましょう。

ニッチな部分に自分の「得意」を当てはめられるか

同業他社がどれだけ存在していても、他にない発想やサービスを加えられれば、唯一無二の事業体となります。先ほどお伝えした「やりたいこと」=「お金になること」の形を可能な限り実現できるようマーケティングに精を出し、客観的に自分の「得意」を見つめましょう。

事業計画(ビジネスプラン)を練り上げよう

物事は、頭の中で考えているだけでは形になりません。手を動かして、きめの細かいビジネスプランを作成していきましょう。そうすれば、予定していた事業に細かいアラが見えてきたりするものです。

また、事業計画を考える際は、前述の事業計画書を作成してみるのもおすすめです。

起業後の対人関係に必要なスキルとは?

一般に「起業家」というと、ややアクの強い人物を思い浮かべたりしませんか? 実際のところ、個性の強い人が多いことは事実です。独善的というのとはちょっと違うのですが、やはり自分の考えと意思を強く持っている人は少なくありません。

しかし、このような起業家は「自分ではわかっているけれど、他人にうまく説明できない」傾向があります。1人だけでやっているうちは良いのですが、これだと事業は拡張していきません。起業家には他人と円滑なコミュニケーションを取るためのスキルが求められるのです。

マネジメントスキルの真の意味とは?

自分の頭の中の事業イメージをわかりやすくソフトにスタッフや顧客に伝える。これができれば、あなたの事業は「万人受け」するものとなっていきます。つまり、起業家としてあなたが目指すべきは、「スタープレーヤー」と「マネジャーまたはコーチ」を兼ね備えた人格と言えます。この役割を両立できたとき、あなたの起業は成功に向かって歩み始めるでしょう。これこそが真の意味でのマネジメントスキルです。

論理的思考がなぜ必要なのか?

これも、先ほどお伝えしたことと同じです。「自分だけがわかっている」のでは足りないのです。起業家にとって、自分の頭の中を他者に伝えるための「表現力」は欠かせません。この表現力を下支えしているのが論理的思考です。自分の考えを正確に伝えるためには論理的思考が必要不可欠なのです。自分だけの感覚や勘だけに頼っていては、人を納得させ動かすことはできません。

アイデアを形に、実務は抜かりなく

起業するために必要なのは、「アイデアを生み出す力」と「生み出したアイデアを形にする力」、そして「形にしたものを人に理解してもらうプレゼンテーション能力」です。また、書類の作成といった事務手続ももちろんおろそかにはできません。このような各種能力がバランスよく備わっている人は問題ありません。しかし、そのような人は稀でしょう。バランスの悪い部分については思い切って人に任せることも大切なことです。

ぜひ、こちらの記事を参考にしつつ、あなた流の起業を成功させてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。