物販

集客のコツを紹介!ネットショップやセミナーにお客さんを呼び込む方法

「思うようにお客さんが来てくれない」「人が集まらない」など、思いどおりに集客できなくて悩むことってありますよね。お客さんのことを考えてコンテンツを充実させてきたのに、肝心のお客さんが来てくれないと気分も滅入ってしまうでしょう。

そんな時は、集客方法を一度見直してみましょう。ネットショップ・セミナー・実店舗、いずれにしても実はちょっとしたコツでお客さんがやって来るようになります。

そこで、この記事では、再確認して欲しい「集客方法のコツ」についてご紹介しようと思います。

押さえておくべき集客のコツ

集客方法に「コレだ!」という正解はありません。時代によっても、ターゲットにするお客さんによっても最適な集客方法は異なるからです。しかし、押さえておくべきポイントには、ある共通点があります。まずは、押さえておくべき集客のコツを解説します。

商品やサービスを利用するお客さんのメリットを明確にする

お客さんにとってのメリットを明確にすることは集客の基本です。ただ単に「このセミナーは役に立ちますよ」「私のネットショップに来てね」と言ったところで、お客さんの心には刺さりません。

メルマガやSNSなど集客方法にはいろんな種類がありますが、いずれの方法を使うにしてもお客さんにメリットをアピールする必要があります。例えば、セミナーを開催するのであれば、「私のセミナーに参加すればマーケティングの知識を得ることができるだけでなく、交流会を通して人脈を広げることもできますよ」など、他のセミナーと差別化できるような付加価値を宣伝するのが大事です。

マーケティングに関する知識を得られるセミナーは日本中いくらでもありますが、仲間と知り合い、人脈を広げられるセミナーはなかなかありません。そのため、以上のようにアピールすれば、同じ目標を持つ仲間と出会いたいと考えている人にとってメリットのあるセミナーだと印象付けることができるでしょう。

集客したい人をイメージしておく

どんな人を集客したいのか、その具体的なイメージを固めておくのも重要です。

例えば、コスメを販売する場合、ネットショップにしても実店舗にしても、誰に売るかによって商品選定もアピールの仕方も変わってきます。20代の女性にコスメを販売するなら、SNSやLINE@で集客するのが効果的です。しかし、60代の女性がターゲットなら、折込チラシや電話の方が効果があるでしょう。

このように、集客したいお客さんによって集客方法は変わってくるので、まず最初にターゲットを明確にしておくのがスムーズに集客するコツです。

ネットショップやセミナーを事前にイメージできるようにしておく

あなたは、初めて知ったファッションブランドの通販サイトを覗く時、どんなことを考えますか?「このブランドは私の雰囲気に合っているだろうか」「私にも買える価格帯だろうか」「品質は大丈夫かな?」などと考えるのではないでしょうか。

あなたが集客しようとしているお客さんも、あなたの提供する商品やサービスに対して同じ事を思っています。そこで、役に立つのが集客用のSNSやメルマガです。

例えば、Instagramでは写真と文章を使って商品やサービスをアピールできますよね。Instagramに、価格を明記した商品写真と、その商品と同じようなイメージの画像を載せると、お客さんがネットショップのイメージを持ちやすくなります。さらに、商品の素材やアピールポイントを記載しておくのも良いでしょう。

このように集客では、お客さんが実際にネットショップへ訪れる前に、どんな商品やサービスを提供しているかを前もって教えてあげることが重要です。

また、この集客方法はネットショップだけでなく、セミナーやイベントにも使えます。あらかじめ過去のセミナーの写真を載せておけば、どんな流れでセミナーが進むのか予想がつくので利用者に安心してもらえます。

集客方法を柔軟に変えていく

1つの商品やサービスであっても、時と場合によって集客方法を変えていくのがコツです。例えば、新規のお客さんを呼び込む場合と、リピーターさんを集める場合とでは、最適な集客方法は異なります。

新規のお客さんを集客するには、SNSやブログを使って積極的に商品やサービスの良さをアピールしていく必要があります。一方、リピーターさんを呼び込む場合は、リピーターさん限定のお得なクーポンを発券したり、セールを行ったりするのが効果的です。

ネットショップやセミナーのSNSに「今だけ!リピーターさん限定30%オフ」などと書いてあったら、ついつい見ちゃうものです。

ライバルがいるかいないかで集客方法を変える

先ほど、時と場合によって集客方法を変えていくのがコツ、とお話しましたが、ライバルがいる場合といない場合でも集客方法は変える必要があります。同じような商品やサービスを取扱っているライバルがいるなら、ライバルと差別化できる方法で集客しなければなりません

例えば、ネットショップの商品販売なら、「地元の食材だけを使った身体にも環境にも優しい商品です」とアピールする、セミナーであれば「無料でオンライン相談も受け付けています」と宣伝するなど、ライバルとは違った集客方法を考える必要があります。

【特集#02】起業家インタビュー

フリマ出品代行サービスを立ち上げた大迫CEO率いる株式会社モノテクノロジーズ。しかしコロナで倉庫が止まり、アルバイトの自宅で商品を保管するハメに。

窮地に立たされた大迫CEOは『倉庫のクラウド化』に着手。新サービス、マカセルへとアップデートを遂げたのでした。

マカセルならフリマで高く売れるといいます。その理由とは・・?

アクシグ編集部の独占取材記事全文を是非ご覧ください。

SNSを活用した集客方法

最近では、中学生から年配の方までSNSを利用しています。TwitterやInstagramでインフルエンサーが取り上げた商品が完売になることも珍しくありません。それほど影響力のあるSNSを使わない手はありません。

ここからは、SNSを活用した集客のコツを解説します。「まだ何もSNSを利用していない」という方はぜひご覧ください。

コンテンツを充実させておく

SNSを使った集客方法として有名なのが、「ひたすらいいね!を押しまくる」「ひたすらフォローしまくる」という方法です。確かに、「いいね!」を押したり、ターゲットとなりそうなユーザーをフォローしたりすると、自分の商品やサービスを見てくれる人が増えるかもしれません。

しかし、多くの人に「いいね!」したり、多くの人をフォローする作業は、なかなか手間のかかる作業です。このような単純作業に熱心になり過ぎると、肝心のコンテンツが疎かになってしまいかねません

せっかく「いいね!」した人が自分のSNSアカウントを見に来てくれても、肝心のコンテンツが貧相だと「なんだ、つまらない!」といってすぐに離脱されてしまいます。

そうならないように、まずはSNSのコンテンツを充実させておくのが集客のコツです。商品やサービスをアピールする画像を用意して、SNSを見に来てくれたユーザーが「ちょっと得した気分」になれるような情報を載せておくと良いでしょう。

関連する情報も積極的に発信していく

ブログやネットショップ、セミナーに関しては「広く浅く」が基本と言われていますが、SNSでは必ずしもそうではありません。

ブログ・ネットショップ・セミナーでは、ターゲットとなるユーザーを引き込むために、取り扱うジャンルを絞って商品やサービスを提供するのが売り上げを伸ばすポイントです。そうすることで、ファンとなってくれるユーザーが増えていくからです。

SNS集客の場合も、ターゲットとするお客さんを明確にして、その人たちの琴線に触れるようなコンテンツを充実させていくべきです。

ただし、SNS集客ではコンテンツを「狭く深く」しすぎると、あまり人を集められなくなるリスクもあります。

例えば、香りの良い石鹸を取り扱うネットショップが、石鹸の情報ばかりSNSで発信していると、石鹸に興味がある人は来てくれますが、それ以外のお客さんが増えていかない可能性は否定できません。

そんな時は、石鹸に関連のある「香り」にまつわる情報を発信していけば、香りに興味のあるターゲット層も集客できるようになるでしょう。

ビジネスの内容を柔軟に切り替える

SNSは日本全国もしくは世界中に情報を発信できるツールです。積極的にSNSで集客を行う場合は、SNSのメリットを最大限活かせるように、自分のビジネスをSNSの特性に合わせてアレンジするのも効果的です。

例えば、セミナーの場合は、東京や大阪など特定の地域で行うことがほとんどですよね。地域ごとのセミナーを日本や世界中にアピールしても、集客効果を最大限に得られません。

そこで、普段は各地で行っているセミナーをオンライン形式で行ってみるのはどうでしょうか?オンラインセミナーの案内をSNSで発信すれば、日本全国からお客さんが集まって来る可能性が高まります。

無理にキラキラした発信をする必要はない

Instagramで起業のためのセミナーやLINE@への登録を促しているアカウントは、すごくキラキラしたものが多いですよね。リゾート地の海辺でくつろぎながらノートパソコンを開いていたり、中には札束を持って笑っている人まで。

そんな広告を見てしまうと、ビジネスをアピールするにはキラキラしたイメージを発信しないといけないのかと思ってしまうかもしれません。

しかし、そんなことはありません。むしろ、「田舎で農業しながら起業したんです」みたいな温かい感じのPRの方が好感を持ってもらえるでしょう。

もちろん、キラキラした人生を送りたいと考えている人をターゲットにする場合は、キラキラした写真のほうが効果的です。

要は、ターゲットの特性を考えながら発信方法を工夫するのが大切だということです。

お客さんに合わせた情報を発信する

SNSアカウントをフォローしてくれる人が現れたら、その人たちに合わせた発信をしていくのが集客のコツです。しばらくSNSで商品やサービスに関する情報を発信していると、ポツポツとフォローしてくれる人が増えてくるはずです。

例えば、節約術を発信している人がフォローしてくれた場合は、コスパの良い商品やサービスをアピールするなど、お客さんになってくれそうな人に合わせた情報を発信していきましょう

集客の成功例

具体的にどのように集客すれば良いか、まだ分からないという方もいらっしゃるでしょう。

ここからは、実際に集客を成功させた人たちの事例を紹介しますので、参考になさってください。

インスタ映え商品で集客成功

「インスタ映え」という言葉もあるように、最近ではお客さんが商品の写真を撮ってInstagramに投稿するケースが増えています

ある老舗の和菓子屋さんは若いお客さんが全然来てくれないと悩んでいました。そこで、若い人が好むようなパステルカラーの可愛い和菓子を作り始めました。その和菓子をたまたま見たお客さんが「可愛い!」ということで写真をInstagramに投稿したところ、その投稿を見た多くの若いお客さんが来てくれるようになりました。

SEOを徹底したらブログからお客さんが来店

ネイルサロンを経営している方は積極的にInstagramを使って集客していました。きれいなネイルの写真を多く投稿していたものの、お客さんはなかなか集まりませんでした。なぜなら、ライバルが非常に多かったからです。

そこで、ブログも運営することにしました。Google検索で上位表示されるようにSEOを意識した記事を書き続けたところ、ブログを見たお客さんが来店してくれるようになりました

商品の活用方法を発信して集客成功

ガーゼ生地専門のネットショップを運営している人が、なかなか商品が売れないと悩んでいました。そこで、ハンドメイドが得意な友人に相談したところ、友人がInstagramに載せるためのガーゼ生地を使ったグッズを作ってくれるようになりました。

友人の作品をInstagramに投稿していると、「どうやって作ったんですか?」「作り方を教えてください」といった反応がくるようになりました。そして、作り方を公開したところ、ガーゼ生地を購入してくれる人が増えました

クーポンを積極的に配信してお客さんも満足

ボルダリングジムやシェイプアップジムを経営している人は、ターゲットとなる20代・30代の多くが利用しているInstagramやTwitterに力を入れました。新規の方向けの無料体験クーポンやリピーター向けの割引クーポンを発信したところ、「安かったし気軽に試せました!」と満足してくれるお客さんが増えました

諦めずに続けたらお客さんが泊まりに来てくれた

観光地で貸し別荘を経営している人は、ほぼ毎日Instagramに別荘から見える景色を投稿しました。最初は「いいね!」すらつきませんでしたが、季節ごとに変わっていく景色を楽しんでくれるフォロワーさんが次第に増えてきて、彼らが実際に泊まりに来てくれるようになりました

SNS集客は時には時間がかかる場合もありますが、諦めず続けることで効果を発揮する良きツールだということがお分かりいただけたでしょうか。

すぐに使える集客方法

集客に使えるサービスは数多くありますが、特におすすめのサービス活用方法を紹介します。デジタル版とアナログ版を紹介しますので、気になった方法、あるいは複数の方法を試してみてください。

ブログとSNSを最大限活用する

ブログは集客に使える最もポピュラーなツールです。複数の写真と長い文章を用いて、たっぷりと商品やサービスの魅力を伝えられるのがポイントです。しかし、ライバルの多いジャンルだと、ブログの記事が検索結果に上位表示されるのが難しいことも…。

上位表示されなければ、ブログへアクセスしてくれる人は少なくなってしまいます。そこでおすすめなのが、ブログとSNSを連携することです。SNSといっても、TwitterやInstagram、Facebookなど色々な種類がありますよね。

それら主要なSNSは互いに連携できるので、SNSからブログへのリンクを貼っておけば集客ができます。気軽につぶやきを発信したい時はTwitter、写真やイラストでアピールしたい時はInstagram、少し長めの告知をしたい時はFacebookを利用して、商品の魅力を伝えられるブログへと誘導していきましょう

昔ながらの集客方法を活用する

地域限定で集客をしたいなら、アナログな集客方法がおすすめです。例えば、ネイルサロンを宣伝したいなら、ネイルサロン近くの住宅街にチラシをポストインするのも効果的です。

また、地元のタウン誌に広告を載せるのもいい方法です。タウン誌は無料で手に入るものが多いため、手に取る人は多くいます。広告の掲載自体は有料であっても、広告を出せば十分集客効果を期待できます。

知り合いに積極的に声をかける

アットホームなお店やセミナーに集客したい場合は、友人や家族にお願いして、その知り合いに声をかけてもらうのがおすすめです。誰の知り合いでどんな人かわかれば、双方が安心できますよね。

集客を成功させよう

集客はなかなか思い通りにいかないもの。最初のうちは悩むことも多いかもしれません。しかし、ちょっとしたコツを実践すれば、びっくりするくらいお客さんが来てくれた!というケースもあります。

集客がうまくいかずに落ち込んだ時は、一旦別のことをして息抜きをするのも良いアイデアです。ふっと力を抜いたときに思わぬアイディアが浮かんだりするからです。

それでも集客方法が分からないときは、ぜひ今回ご紹介した集客のコツや成功例を参考に、自分のビジネスに合った集客方法を試してみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!