物販

タオバオの輸入代行おすすめ5選!業者を選ぶポイントも解説

近年中国最大のECサイト、「タオバオ」から商品を購入して中国輸入ビジネスをする人が増加しています。しかし、初心者の場合は、どのように取引すれば良いのか、よくわからないかもしれません。正直なところ、中国輸入というだけで「本当に大丈夫?」と心配にもなる方もいるでしょう。

そこでおすすめするのが、「輸入代行業者」です。ノウハウを熟知している輸入代行業者に仲介してもらえば、責任を持って商品を届けてくれます。

今回は、タオバオで中国輸入する際におすすめの代行業者5選を紹介し、輸入代行業者を選ぶポイントについても詳しく解説します。これから中国輸入を始めたい方や、すでに始めているけど今一つ軌道に乗っていないという方も、ぜひ参考にしてください。

タオバオの輸入代行業者を選ぶ3つのポイント

タオバオで安心して輸入ビジネスを展開するために、輸入代行業者を選ぶ際のポイントを3つご紹介します。

対応のスピードとレスポンスの良さ

中国輸入を行う上で大切なのは、何事もスピーディーに進めることです。とりわけ日本人相手の場合、期日をしっかりと守り、迅速に対応することは不可欠といって良いでしょう。販売業者と自分たちとの架け橋となる輸入代行業者を決める際も、対応が迅速か、問い合わせやメールへのレスポンスが早いかどうかは外せないチェックポイントです。

候補となる代行業者が決まったら、まずは気になることをメールで問い合わせてみましょう。同時に複数の業者へ送ってレスポンスの良さを比較するのもおすすめです。スピードがすべてではありませんが、長く取引をしていこうと思えばかなり重要なファクターになるので、しっかりと心に留めておいてください。

料金体系

輸入代行業者は、どこに依頼するかで料金もまちまちです。基本的には、代行手数料、国際送料、検品代の合計になります。これらの料金を都度払うパターンと、あらかじめ月会費を支払っておいて割引サービスを受けるパターンに分かれます。

各社とも独自の規定があり、おもに輸入する商品の重さや内容によって手数料が異なります。為替の変動によって額が変化したり、「為替+〇円」という形で計算して請求されたりすることもあります。安ければ良いというわけではありませんが、高すぎるのも長期の取引では負担が大きくなるので注意しましょう。

円滑なコミュニケーション

輸入代行業者は、できればスタッフが日本人か日本語が話せる中国人がいるところを選びましょう。とくに慣れないうちは、直接問い合わせることも多く、言いたいことを正しく理解してもらえるかがとても重要です。

さらに先述した通り、メールや問い合わせへの対応がスピーディーであることは欠かせません。24時間いつでもやり取りができるシステムなら、なお良いでしょう。

輸入代行業者がおすすめである3つの理由

この項目では、タオバオで中国ビジネスを行う際に輸入代行業者をおすすめする理由を3つに分けて解説していきます。

安全性

もし輸入代行業者を使わないとすれば、直接販売業者と取引するか、中国在住のパートナーに依頼するしかありません。

ネットにしても現地で買い付けるにしても、直接の取引は言葉も含めて手慣れていないと難しいでしょう。タオバオに限らず、中国からの輸入品は不良品や数量不足などのトラブルが珍しくありません。高く売りつけられることも考えられます。その際の返品や交換、返金対応もすべて自分で行おうとすると、かなりの負担を覚悟する必要があります。

また、中国在住のパートナーがいれば、こちらの意向を汲んで細やかに動いてくれるかもしれません。しかし、その様な格好の人材とパートナーになれるチャンスはそうはありません。

これらのことを考慮すると、交渉からトラブル対応、配送手配まで細やかに対応してくれる輸入代行業者に依頼するのが安全でおすすめです。

検品

先ほども触れましたが、中国から輸入すると不良品や数量不足といったトラブルはよくあります。そのため、届く前に水際対策として検品ができると安心です。

輸入代行業者ならサービスに検品が組まれている場合もあれば、別料金で依頼できる場合もあります。さらに検品で不良品や数量不足が判明した場合は、そのまま返品や交換対応もしてくれます。これも輸入代行業者をおすすめする大きな理由の一つです。

価格交渉やトラブル対応もお任せ

中国から輸入した場合、「代金を支払ったにもかかわらず商品が届かない」「注文したものと違う」「不良品が届いた」というトラブルが少なくありません。その際に、販売業者相手に返品や交換、返金請求を行うのは至難の技です。中国語が話せるのはもちろん、理にかなった主張をして相手を納得させなければならないので、素人には難しいでしょう。

その点、輸入代行業者なら価格交渉や通関手続き、さらにトラブルの際の返品、交換手続きや返金保証など、顧客サイドに立った対応をしっかりと行ってくれます。また、OEMを得意としている業者もあります。これらを一任できれば、自分はビジネスに集中することができるのでおすすめです。

中国輸入の方法

中国ビジネスは、輸入した商品をAmazonや楽天で転売するのが基本です。よって、その輸入先を見つけることが何より先決です。この項目では、輸入の方法について具体的に解説していきます。

ネットで購入する

中国輸入のオーソドックスな手法は、タオバオなどのECサイトから商品を仕入れて、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどで転売するパターンです。

中国のECサイトの売りは、何といっても品数の多さと安さです。しかしその反面、同じような商品が複数のショップで販売されていることもあるほか、値段もバラバラで、ショップのクオリティもピンキリです。そのため、商品が届くまではなかなか安心できません。多くのセラーが同じ商品を扱うケースも珍しくなく、その際はAmazonであれば相乗り出品となります。

数多くのアイテムの中から、いかにユーザーの購買欲をかき立てる素敵な品物を見つけられるかどうかが勝負です。

現地で買い付ける

資金と交渉力がある場合は、中国まで買い付けに行く方法もあります。たとえば、貿易特区の義烏(イーウー)は中国各地の工場からあらゆる商品が届く年中無休の展示場です。

非常に規模が大きいためネットでは入手できない掘り出し物が見つかるかもしれない上、大量販売されるのでOEMにもうってつけです。一人で行くのが心配なら、買い物ツアーを企画している業者もあるので一度チェックしてみるのも良いでしょう。

輸入代行業者のメリットとデメリット

この項目では、輸入代行業者を利用する上でのメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

輸入代行業者に依頼すれば、「商品が確実に届く」「検品してもらえる」というメリットがあります。

中国輸入では、何日待っても商品が届かなかったり、そのまま連絡もつかず代金が戻ってこなかったり、というトラブルもあります。しかし、代行業者は買いたい商品を伝えれば、その商品を確保したうえで配送手配も行ってくれます。万一の時の返金保証にも対応してもらえるので安心です。

また、商品が届いたものの数が足りなかったり、画像と違うものが届いたりするケースもあります。これらを回避するために、輸入代行業者は検品を行います。手数料のなかに含まれる目視による簡易検品サービスと、開封のうえ、糸切りやOPP袋への袋詰め、画像撮影まで行う有料検品(業者によっては無料)があります。ここまでしてもらえば、到着次第すぐに販売できるので安心です。

さらに、AmazonのFBAへの直送が可能な業者もあるので、在庫を持ちたくない場合はおすすめです。

デメリット

一方、デメリットとしては「融通が利かない」「対応が遅い」などが挙げられます。

中国の輸入代行業者の多くは、タオバオだけでなく複数のECサイトのユーザーも顧客に抱えています。とくに最近は利用者が増えていますし、繁忙期にはこちらが急いでいても融通を利かせてくれないこともあります。

また、トラブル時の連絡やメールへの返信といった対応が遅い業者もあります。中国からの輸入は、個人で行うと届くまで相当の時間がかかることが少なくありません。そこをスピーディーにできる点が輸入代行業者のメリットでもあるので、対応が遅すぎる業者との取引は控えた方が良いでしょう。

中国輸入の注意点

中国からの輸入品は、不良品だけでなく、偽物であるケースも珍しくありません。とくにブランド品については要注意です。海外輸入の偽造品に占める中国製品の割合は群を抜いており、年々増加傾向にあります。また、スマホやガジェットなどでも国内での使用許可証である「技適(技術基準適合証明)」がない商品が売られるケースがあります。

これらを販売すると、たとえ知らなかったとしても犯罪となるので十分注意しましょう。

おすすめの輸入代行業者5選

この項目では、おすすめの輸入代行業者を紹介していきます。業者によってサービス内容や価格、得意分野が異なるので、よく内容を確かめて、条件が合いそうなところがあれば早速検討してみましょう。

Amacon(アマコン)

Amaconは、非常に体系化された信頼のおける中国輸入代行者です。

タオバオでの買い付けはもちろん、価格交渉から通関業務、OEMまで幅広くて細やかな対応が売りです。返金対応は弁護士が行うため安心できます。DHLやFedexといった大手の航空会社と契約しており、国際送料が安価で日本なら3~5日という速さで届けてくれます。AmazonのFBA倉庫への直送も対応可能です。ただし、一回あたりの注文額が30万円以上という規定があるので、OEMで仕事をしたい方に向いています。また、レートは為替+1円のため、少し割高です。

コンサルタント業務も行っているほか、商品ページ作成やバナー広告画像作成の代行も請け負っています。中国輸入を行うには、まさに痒い所に手が届くおすすめの輸入代行業者です。

イーウーマート

イーウーマートのおすすめポイントは、月会費21,670円(税込み)で仕入れ代行手数料が無料という点です。よって、OEMなどで頻繁に大量輸入する方にはうってつけです。しかも最短5日のスピード配送やAmazonFBA対応可という点も便利です。商品が売れ次第、次の商品が発送されるので、在庫を持たずにショップ運営できる点がおすすめです。1ヶ月の無料サービスもあるので、お試しで利用するのも良いでしょう。

ヲヲフェニックス

ヲヲフェニックスは、月額費用がありません。仕入れ発送代行手数料(商品代金×7%)と検品手数料(商品代金×7%)、成功報酬(1,500円)、送料、あとは利用したオプションによって追加されます。なお、レートは為替+0.5円で計算されます。

数量やカラー・サイズの確認、汚れ・破損、不良品発見の場合の返品・返金対応もお任せできるので安心です。スタッフがすべて日本人という点もおすすめできます。

AmazonのFBA対応可で、他社では有料のケースが多い、梱包材やOPP袋などが無料なのも魅力です。

THE直行便

THE直行便が他の輸入代行業者と違う点は、経営者が日本への留学経験があり、日本人への理解が深い点です。とくにアパレルや雑貨系が得意で、OEMなどで大量輸入したい方におすすめです。検品の良さに定評があるので、商品が届くまでの手続きは安心して任せられます。

料金体系は、有在庫がプレミアムエコノミーが9,800円/月+商品代金×5%、ビジネスクラスが29,800円/月、ファーストクラスが59,800円/月。無在庫サービスなら、有在庫の月額に、プレミアムが+15元/点、ビジネスが+14元/点、ファーストクラスが+13元/点がそれぞれ加算されます。ビジネスクラス以上であれば、AmazonFBAも無料です。

チャイナ・トレーディング

チャイナ・トレーディングは、商品がどれだけ多くても3%の代行手数料(レートは為替+0.8円)と運送料以外は一切払う必要がないので、安さ重視の方にはうってつけです。

EMSは半額で利用できます。また、DHLやFedexなど複数の物流業者と提携しており、支払いのタイミングが良ければ当日出荷も対応してくれます。

結局、決め手は何?

輸入代行業者は数多く存在しており、最近では日本人向けに優良なサービスを提供しているところも少なくありません。よって、最終的にどこがいいのか良く分からない、という方もいるでしょう。そこで、この項目では業者を選ぶ際のポイントについてご紹介していきたいと思います。

お気に入りの数社を試してみる

先ほどおすすめした輸入代行業者を中心に、評判が良くて自分でも気に入ったところがあれば、候補を挙げてみましょう。そして、2~3社に絞ってお試しで使ってみるのもおすすめです。同じような商品を依頼してみて、料金はもちろん、対応の速さや検品など、サービスを比較してから決めても遅くはありません。

トップと仲良くなる

代行業者によっては、定期的にセミナーを開催しているところもあります。するとそこで社長と直接会えたり、話を聞けたりする機会があります。人柄がわかれば安心ですし、もし仲良くなれば仕事がしやすくもなるでしょう。お得な情報も教えてもらえるかもしれません。セミナー以外にFacebookでコンタクトをとったり、物販交流会に参加したりするのもおすすめです。

成功している人を真似る

一から何もかも自分のやり方で成功するのは難しいかもしれません。それより、すでにビジネスが軌道に乗って上手くいってる人を真似る方が良いケースもあります。

たとえば、お気に入りの物販プレーヤーやお世話になっているコンサルタントの人がおすすめしている代行業者があれば、その業者を利用してみるのも良いでしょう。

ビジネスは人とのつながりがとても大切です。ネットワークを上手く活用することで、信用につながりチャンスをつかめることもあるので、よければ試してみてください。

まとめ

今回の記事では、タオバオを使って中国輸入を行う方におすすめの輸入代行業者と選ぶ際のポイントについて詳しくお伝えしました。タオバオでは、無数の商品が販売されています。しかも日本では考えられないくらいに安い点が大きな魅力です。

そのうまみを知ってか、国内では中国輸入が人気です。そのため、これから始める方にとっては、ライバルも多いでしょう。しかし、タオバオには誰も気が付いていないようなレアなアイテムがまだまだ沢山眠っているかもしれません。また、OEMでオリジナリティに富んだ商品を売り込むのも良いでしょう。上手に輸入代行業者を活用すれば、きっとあなたの大きな力になってくれるに違いありません。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!