物販

転売ビジネス初心者必見!儲かる商品のリサーチ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転売ビジネスでは、儲かる商品を見つけるためのコツがあります。

今回は「確実に売れる商品」のリサーチ方法についてお話したいと思います。

国内転売で稼ぐためのリサーチで重視するべきポイント

インターネットを利用したビジネスで最も稼ぎやすいのは国内での転売です。

転売ビジネスの基本は「安く仕入れたものを高く売る」というシンプルなものですが、コツを押さえておかなければ効率的に稼ぐことはできません。

国内転売で稼ぐために欠かせないのは「商品のリサーチ」です。

リサーチ方法によって稼げるかどうかが変わってくるため、コツを把握しておきましょう。

国内転売リサーチにおける基本

はじめに、国内転売におけるリサーチの基本を確認しましょう。

リサーチといっても、流行りものなど「なんとなく売れそうな商品」をチェックすればいいというわけではありません。

自分の好みや感覚で売れそうな商品だと思っても、他の人々が欲しいと思わなければその商品は売れません。つまり、画面の向こう側にいる「人」を意識しなければ稼げないということです。

リサーチの大前提として押さえておくべきポイントは、「AmazonFBAでの出品価格よりも安く出品できること」「売れやすい商品であること」の2点です。

市場に同じ商品が並んでいれば、誰でも安い方を選びます。売りたい商品がすでにAmazonFBAに出品されている場合、より安く出品できなければ勝ち目はありません。

それ以前に、安く仕入れられたとしても買い手がつかなければビジネスとして成立しません。

これらの「国内転売リサーチにおける基本」を常に肝に命じておきましょう。

転売ビジネスで重視するべきは「回転率」

国内での転売ビジネスにおいて重要なのは「キャッシュフローの流れを維持すること」です。

特に商品をあらかじめ仕入れた上で販売する場合は、在庫をなるべく早く売り切り、さらに商品を仕入れて売る、といった流れを絶やさないことが大切です。

不良在庫が多いと現金化できないため資金が続きません。仕入れから売買成立までの流れをいかに素早く行うかを意識しましょう。

転売ビジネスでは「利益率」に目が行きがちですが、実は仕入れと販売の「回転率」の方が利益を上げるには大事な要素です。

大きな利益を出すためにリサーチで意識するべきこと

転売用の商品をリサーチする際にチェックするべきポイントは、「Amazonでの売上ランキング」「価格設定」「売上」です。

この3つを意識しておけば、キャッシュフローが安定し、資金不足に悩むこともなくなります。

1.Amazonでの売上ランキング

ランキングにはパレートの法則(2:8の法則)が当てはまり、Amazonの売上の8割はわずか2割の人気商品で成り立っています。

当然のことながら、Amazonのランキング上位の商品であればあるほど出品すれば早く売れていくでしょう。

また、ランキング100位以内ならば1日以内、500位以内ならば3日以内……というようにランキングと転売ビジネスの回転率には密接な関係があります。

人気商品が並ぶランキングを意識する感覚を身につけておきましょう。

2.価格設定

商品の販売価格を設定する工程も大切です。赤字を出さないことはもちろん、高すぎて売れないという事態も避けなければいけません。

最初のうちは利益率を低めに設定し、商品が売れていく成功経験を養っていきましょう。

成功体験を積み上げてモチベーションを維持することで、ビジネスを継続し結果を出すことにも繋がります。

3.売上

ランキングと価格設定を重視していれば、売上は自然と上がっていきます。

さらに、売上アップに伴い実際の利益も増えていきます。

個々の売上額を心配するよりも、まずはとにかく経験を積むことをおすすめします。

取り扱う商品をAmazonでリサーチする方法

転売ビジネス用の商品をリサーチする方法を具体的に説明します。

中でも、Amazonの売れ筋商品チェックは必須です。

Amazonの売れ筋商品を見つける

Amazonを開いたら、「ノーブランド」というキーワードで商品を検索しましょう。

ノーブランドならば、初心者でも簡単に利益を出せる商品を見つけやすくなっています。

ノーブランド品の多くは中国からの輸入品です。膨大な数の商品にふれることでリサーチ力が向上します。

以下のように、売れている商品がリストアップされます。

1番目に表示された以下の商品は、Amazonで売れていると考えられます。

Amazonと同じ商品をメルカリで見つける

Amazonの売れ筋と同じ商品をメルカリで探しましょう。

◆パソコン版メルカリでの検索方法

検索窓にキーワードを入力したら、検索ボタンをクリックします。

商品状態の設定も重要です。

上記のように設定することで、新品かつ売れた商品が見つかります。同時に、実際に売れた価格もわかります。

◆スマホアプリ版メルカリでの検索方法

虫眼鏡の検索窓をタップします。

キーワードを入力しましょう。

以下のような画面が出たら「絞り込み」をタップします。

「商品の状態」と「販売状況」を設定します。

商品の状態は「新品、未使用」をチェック、販売状況は「売り切れ」をチェックします。

検索条件を決定したら「完了」をタップします。

これで、パソコン版のようにAmazonと同じ商品を見つけることができました。

利益を計算する

最後に、「販売額-仕入れ額=利益」という計算式で利益を計算しましょう。

Amazonで仕入れた商品をメルカリで売る場合、注意するべき点があります。

それはメルカリの「販売手数料」と「送料」です。

メルカリの販売手数料は売上の10%です。 メルカリでは送料無料の方が売れやすいので、送料込みの価格設定にすることも重要です。

取り扱う商品をメルカリでリサーチする方法

メルカリの売れ筋から商品をリサーチする方法を説明します。

メルカリの売れ筋商品を見つける

パソコン版とスマホ版では操作が少し異なります。

◆パソコン版メルカリでの検索方法

トップ画面にある検索ボタンをクリックします。

詳細検索ページが開いたら「新品、未使用」「売り切れ」にチェックをして「完了」をクリックします。

以下のようにキーワードやカテゴリーを指定すると商品を絞れます。

様々な商品をリサーチできるようになりました。

◆スマホアプリ版メルカリでの検索方法

検索窓をタップします。

以下のような画面でキーワードを入力、またはカテゴリーを指定します。

「絞り込み」をタップし、「商品の状態」と「販売状況」を設定します。

「新品、未使用」にチェックを入れます。

「売り切れ」にチェックを入れます。

検索条件を決定したら「完了」をタップします。

パソコン版のように様々な商品が表示されました。

メルカリと同じ商品をAmazonで見つける

以下の商品をAmazonで検索していきます。

メルカリと同じキーワードを用いてAmazonで同じ商品を探しましょう。

同じ商品が見つかったら、利益計算を行ってください。

商品転売に参入するタイミングの見分け方

商品転売に参入するタイミングと、見送るべきタイミングの見分け方をご紹介します。

飽和前の商品にいち早く飛び込むことが大切

まだ誰も扱っていない商品を出品すれば、最も利益を出しやすくなります。

この考え方は正しいですが、自分が選んだ商品が本当に売れる商品かはわからず、初心者にとってはハードルが高めです。

対策としては、「道を作るのではなく道に続く」のがおすすめです。

たしかに、他の人よりも早く「売れる商品」に手を出せば有利に転売ビジネスを進められます。しかし、2番手以降でも、商品に需要があれば十分売り上げることは可能です。

そのため、Amazon・ヤフオク・メルカリをはじめとするさまざまなEC市場で売れた商品の履歴をしっかり確認しましょう。

ビジネスに参入してはいけないタイミング

1つの商品にすでに50前後の出品者が集中している商品を販売するのは避けるべきです。そんな中で最安値をキープするのは難しく、また他の出品者との差別化も困難だからです。

潔く取り扱う商品を変えて、ショップとしての差別化を図った方がはるかに今後のためになります。

利益を上げるためのセラーリサーチ

売れる商品を素早く見つけるには、セラーリサーチも重要です。

セラーリサーチとは、早期・新規出品が売りで、利益を出している出品者を探す作業です。一言で言うと、センスの良い出品者を見つけて模倣します。

ヤフオクの場合、評価欄を見れば販売個数の確認は容易です。

以下で、早期または新規出品を実現している出品者を探す方法を具体的にご紹介します。

高値設定の出品者=早期出品者

出品者の数が飽和状態になると価格競争が起こり商品価格は下落していきます。

つまり、早期段階では商品の販売価格は高めに設定されていることがほとんどです。

他の出品者よりも高値設定である出品者は早期に参入していた可能性が高いと考えられます。

Amazonの場合、ツールで一括出品している出品者は対象外とします。

ツールを利用している人は上限数まで出品していることが多いため、3,000品近くの出品リストがある出品者はチェックから外せばOKです。

参考にするべき高値出品者を見つける方法は、商品名で検索をかけて、最高値で出品している人をチェックするだけです。

なるべくニッチな商品を絞り込み、センスの良い出品者を見つけましょう。

落札履歴を遡る

落札履歴からも、早期参入している出品者を見つけることができます。

他の人よりも早く商品を売っていた出品者をピックアップしましょう。

ヤフオクの場合、過去4ヶ月分の落札履歴を確認することができますが、Aucfreeというサイトを利用すれば過去1年まで遡ってチェックすることができるのでおすすめです。

参考:Aucfree

国内転売におけるセラーリサーチのコツ

セラーリサーチは初心者にもおすすめの戦略ですが、やみくもに検索しても意味がありません。

セラーリサーチを行う際のコツをご紹介します。

評価数が多いセラーを見つける

メルカリやヤフオク、Amazonでは取引後の評価制度があります。

評価が多い出品者は販売実績が豊富ということなので、その出品者が扱っている商品から仕入れ対象を見つける方が効率的です。

また、評価が高い出品者のプロフィールや商品説明も参考になります。

同じ系統の商品を扱っているセラーを見つける

自分が出品したい商品が決まっている場合、同じ系統の出品者をリサーチするのも大切です。同じ系統の出品者を参考にすることで、商品知識やニーズを把握しやすくなるからです。

今はよくわかっていなくても、転売ビジネスを続けるうちに、得意なジャンルというのが自ずと見つかります。リサーチ対象の系統を決めればリサーチがスムーズになり、専門店のような風格も生まれます。

アカウントがアクティブなセラーを見つける

出品している商品が幅広いアカウントや、定期的に出品を行っているアカウントも要チェックです。

アクティブなアカウントをリサーチすれば、売れている商品をタイムリーに知ることができます。

長期間にわたり商品を放置しているアカウントは、情報に疎い可能性があるので参考にするべきではないでしょう。

まとめ

転売ビジネスで儲かるためのリサーチ方法をご紹介してきました。

リサーチは難しいことではなく、転売ビジネスに欠かせない基本プロセスです。

今回ご紹介したリサーチ方法を取り入れ、出品したものが売れる成功体験を積んでいってくださいね。

"

Amazon、ヤフオク、eBayなどを網羅した
売れる商品が簡単に見つかるリサーチツール「オークファンプロPlus」



物販ビジネスで稼ぐためには「安く仕入れて高く売る」が大前提です。そのため、仕入先と販売先で価格差のとれる商品をリサーチするのが何よりも重要です。

リサーチの方法は様々ありますが、最も基本かつシンプルな方法は、売れている実績がある商品を見つけること。売れている人の真似をすることが、稼げるようになるための一番の近道なんです。

ただ、リサーチは大変地道な作業のため、売れる商品を見つけられず諦めてしまう人が多いのも事実です。しかし、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、eBayの市場情報を網羅した「オークファンプロPlus」を使えば、価格差が1万円を超えるような商品も簡単に見つけることが出来てしまいます。

  • Amazonで定価で仕入れても利益が出る高利益商品の検索
  • 安く仕入れ、そして高く売れるタイミングがわかる価格変動データ
  • ヤフオクで稼いでいる出品者を丸裸にするトップセラー分析
  • eBayで平均より高く売れている売れ筋商品がわかる落札履歴検索
  • 国内ショッピングサイトの売れ行きを把握する戦略ツール
  • eBayやAmazonなど世界中の最安値商品を横断検索

Amazonで仕入れてヤフオクで売る、ヤフオクで仕入れてAmazonで売るなど国内転売はもちろん、輸出入ビジネスでも活用することができます。

これから物販ビジネスを始める場合はもちろん、利益が伸び悩んでいるという場合にも使える、初心者から上級者まで対応したオークファンプロPlusでデータを攻略して、プラス10万円を最短で実現して下さい。




",

おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法