スキル

転売は副業におすすめ!理由やとっておきの仕入れ先・転売先をご紹介!

働き方が多様化する中、副業を手がける人の数が年々増加しています。もともと副業にしたいことがあって始める人もいますが、何を副業にすべきかよくわからないというケースも多いのではないでしょうか。

そこでおすすめするのが、「転売」です。売りたい商品を仕入れてECサイトで売る、というビジネスです。一見難しいそうに思うかもしれませんが、コツさえつかめればそうでもありません。

今回は、副業で転売をおすすめする理由やとっておきの仕入れ先、転売先、転売の注意点について詳しく解説します。

転売が副業におすすめの理由

まず、転売がなぜ副業に向いているのか、詳しく解説しましょう。

理由その1.初期費用が少なく済む

転売は、どこかから商品を仕入れて、好きなECサイトで販売するというスタイルのビジネスです。主なフィールドはネットですから、パソコンやプリンター、Wi-Fiがあれば、いつでもだれでも始めることができます。

自宅で行うなら、デバイスとネット環境が整っている場合、初期費用が非常に安く済みます。厳密には、光熱費や在庫管理に必要なスペースの確保、商品の仕入れ代金、テープやダンボールなどの梱包用のコストなどが必要になります。しかし、一般的に事業を始めるとなれば、融資を受けたり、多額の貯金を切り崩したり必要があります。その意味で、転売は初期投資がとても安価なので、副業におすすめです。

理由その2.特別な資格が要らない

転売を始める際は、とりたてて資格や権利は必要ありません。あえて言えば、中古品を販売する場合は「古物商取引申請」を行う必要があるくらいです。しかも、最寄りの警察署で簡単に申請できるので、さほど手間はかからないでしょう。

アルコールや医薬品を売る場合は特別な許可が必要ですが、転売、しかも副業でわざわざその様な商品を扱うことはまずありません。もっと売りやすい品目が数多くあるので、商品の選別についてあまり困ることはないでしょう。

理由その3.スキマ時間が有効利用できる

ネットを使った転売は、会社勤めやパートなどと異なり、24時間・365日、いつでも好きなときにできるのが大きな特長です。子どもが幼稚園や学校に行っている間や家事、介護、休日の空いた時間など、特別な準備にさほど時間をかけず、すぐに取り掛かることができます。他の仕事や副業に比べて、融通の利きやすい点は大きなメリットでしょう。

理由その4.いつでもやめられる

転売はいつでもやめることができます。スタッフを雇わずに、自分ひとりか家族だけなら、いつやめてもとりたてて責任を負う必要はありません。本業やプライベートが忙しくなったり、転売を始めたもののイメージと違うと感じたりした場合でも、取引を少なく抑えるか、きっぱりとやめるか、など臨機応変にやり方やさじ加減を選べる点も気楽でよいでしょう。

理由その5.頼れるツールやサービスがある

パソコンを前に転売ビジネスを行うとすると、すべて自分で対処しなければならないことに不安を覚える方もあるかもしれません。

しかし実際には、売れ筋商品のリサーチおよびその商品の価格推移や販売数、さらにはライバルの在庫数まで知ることができるツールがいくつもあります。また、Amazonを販売先として使う場合は、商品の梱包、出荷、返品などのカスタマー対応までAmazonが代行してくれる「フルフィルメントby Amazon」という便利なサービスがあります。よって、転売の作業が一人でも、過度に心配する必要はありません。

転売で儲けるコツ

ここからは、転売で儲けるために押さえておくべきポイントを4つお伝えしましょう。

売れる商品の選択

転売で主軸となるのは、出品する商品です。とくにネット販売の場合は、その時期に売れやすい商品でなければ、検索になかなかヒットしないうえ、買い手がつきにくいのが現実です。

よって、まず何がどれくらい売れているのか、価格帯も含めて良くリサーチすることが大切です。

良い仕入れ先の確保

売れ筋商品のリサーチとともに考えなければいけないのが、仕入れ先です。自社製品やハンドメイド、不要品でない限り、商品は必ずどこかから仕入れる必要があります。しかも、一回限りではビジネスとして成り立たないため、継続的に、しかも安価に買える店舗や卸業者などを探す必要があります。

丁寧な梱包

転売で盲点となりがちなのが、商品の梱包です。売ることばかり考えてしまいますが、売れたら次は梱包して出荷しなければなりません。

しかも今は、多くの消費者がネット通販での買い物に慣れているため、梱包が雑だと評価が厳しくなる可能性が非常に高いです。Amazonや楽天、ならびに大手通販会社の場合は、専用の機械を使ってプロが梱包します。そのため余程のことがない限り、ダンボールが破損したり、商品が壊れて届いたりということはありません。

実店舗での販売と異なり、ユーザーにとっては、商品を最初に目にするのが手元に届く瞬間です。その際に、型崩れしていたり、開封したら破れていたりすると、非常に残念な思いをさせてしまうでしょう。すると、よほどのレア品でなければ、他のサイトやショップでいくらでも替えが効くので、二度と注文してもらえなくなる確率が高いです。

よって、梱包はよく研究して、美しく、丁寧に行うように徹底してください。

スピーディーな出荷と配送

梱包が済んだら出荷です。ネット通販の場合、多くのユーザーは、商品のクオリティと価格に加えて到着日を注文前にチェックします。同じ価格の商品なら、一日でも早く届くものが選ばれる可能性が高いです。

よって、注文を受けたらできるだけ早くに梱包を済ませ、より迅速に配送してくれる業者を見つけておく必要があるでしょう。

おすすめの仕入れ先

ここからは、転売の際のおすすめの仕入れ先についてお伝えしましょう。

Amazon

転売で出品する商品をある程度の数、継続的にまとめて仕入れたいなら、「Amazon」がおすすめです。

Amazonならユーザー数やショップが圧倒的に多く、同じ商品が安価で手に入りやすいです。サイト内の監視体制もしっかりしており、トラブル時の対応やアフターケアに関する規約も厳しいため、仕入れる側からすると安心です。

参考:Amazon.co.jp

メルカリ

フリマサイトの「メルカリ」も転売の仕入れ先として使えます。掘り出し物が安く買えるので、利益を上乗せして売るのに適しています。しかも、メルカリでは値切り交渉ができるので、コストを抑える上でメリットが大きいといえるでしょう。

参考:メルカリ

リサイクルショップ

ハードオフやブックオフ、ゲオ、セカンドストリートといったリサイクルショップも転売の際には大変役に立ちます。

とくに人気店なら品揃えが豊富なうえ、安いので非常に仕入れやすいでしょう。しかも定期的に訪れると、モノを見る目を養うことができたり、相場観も身についたりするため、初心者にはおすすめです。

ただし、自宅近くにない場合は、交通費などの経費がかかるので、かえってマイナス要素の方が大きくなる恐れもあります。

ディスカウントショップ・家電量販店

新商品の仕入れ先なら、ドン・キホーテなどのディスカウントショップやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの家電量販店もよいでしょう。とくに家電量販店は、セールを狙えばそのお店ならではの安価な商品を入手することができます。

それ以外にドラッグストアやホームセンターも取り扱う商品やカテゴリーが増えているので、通勤途中や近所にある場合はぜひチェックしてみてください。

おすすめの販売先

続いては、仕入れた商品を転売する販売先について見ていきましょう。自分でサイトを開設して転売する方法もありますが、これは初心者にとってハードルが高すぎます。ネット上で安定した集客を行うのは、非常に難しく、時間もかかるからです。それよりも、すでにまとまったユーザーが存在し、個人が手軽に出品できるECプラットフォームを活用する方がよいでしょう。

Amazon

Amazon」は言わずと知れた世界最大のECサイトであり、国内でも圧倒的な存在感を誇ります。Amazonで出品する際は、まず「大口出品」か「小口出品」どちらかの出品スタイルを選びます。

大口出品は、月に何点売れても、販売手数料が定額の4,900円(税込)です。

小口出品は、1点ごとに100円の手数料が請求されます。

出品スタイルは何度でも変更可能です。よって、最初のうちは小口出品から様子を見て、平均して月に50点以上売れるようになれば、大口出品に変更する方法がおすすめです。

メルカリ

メルカリ」は仕入れ先だけでなく、販売先としても転売向きです。

販売手数料が、販売価格の10%とやや高めですが、月間のユーザー数が2,000万人を超える大きな市場が何より魅力です。出品操作もスマホ一つあれば簡単に済むため、とくに転売初心者に向いているといえます。個人情報を知られたくない場合は、匿名発送もできるので安心でしょう。

ラクマ

メルカリほどではありませんが、楽天が運営する「ラクマ」も月間のユーザー数は1,100万人を突破している巨大フリマプラットフォームです。出品自体は無料で、販売手数料は、販売価格の6%と、メルカリより安いのが魅力です。

参考:ラクマ

ヤフオク!

ヤフオク!」の特徴は、日本最大級のオークションサイトであることです。

ものによっては、出品価格の何倍もの高値で買い取られることもあります。しかもマニアが多いので、とくにレアな限定品やビンテージものなどは、あえてヤフオク!で出品するのもありです。他サイトでは買い手がつかない記念品などでも、ヤフオク!なら立派な商品となるので、うまく使い分けるとよいでしょう。

参考:ヤフオク!

eBay

eBay」は、アメリカ初のECサイトで、Amazonの次に人気のある巨大プラットフォームです。日本からも出品が可能で、世界中のユーザーを相手に販売できるのが大きな魅力です。

とくに日本製品への信頼度は高いため、国内よりも高値で、しかも早くに売れる可能性があります。サイトも日本語対応されているので、安心して利用することができるでしょう。

参考:eBay

転売の注意事項

最後に、転売を始めるにあたってとくに注意すべき点について触れておきましょう。

最初から手を広げ過ぎない

今回のテーマは、「転売を副業にする」ことにあります。つまり本業ではないということです。

あくまで本業があることが前提ですから、最初から転売で本業以上に稼ぐことは考えないでください。というのも、最初から転売を本業にしようとして成功した例は、意外と限られているからです。もちろん、ある程度の収入を得るのは夢ではありません。上手くいけば、月単位の売上が本業を上回ることもあるでしょう。しかし、その状態を安定して持続できるかというと、そう甘くはありません。

とくにネット市場は流行に敏感なため、非常に売れゆきの良い商品でも、ある日突然パタッと売上がなくなることもあるのです。しかもボーナスもありません。よって、あくまでも最初はスモールスタートが肝心です。

慣れるために、自宅にある不要品を売ることから始めてみるのもよいでしょう。それなら仕入れコストはゼロです。売れなくてもロスはありません。そして、どこかから仕入れるにしても、最初は、できるだけお金をかけずに少量ずつがおすすめです。借金をしたり、貯金を大きく取り崩したりしてまで、高額品や大量の商品を仕入れないようにしてください。それはまだ先のことです。

あくまで確実に販売を重ねながら、徐々に手を広げていくようにします。これでこそ、転売には、副業としてリスクが少なく、いざとなればいつでも撤退できるというメリットがある、といえるのです。

まとめ

転売をするなら、まず副業から始めるのがよいでしょう。しかもネットを使えば、自宅に居ながらにして世界中から好きな商品を仕入れて販売することができます。

あまり最初から大きく稼ごうとせず、コツコツと売りながら、信頼を重ねてリピーターやファンを獲得することが大切です。その人たちからの口コミや拡散によって、さらに新しいユーザーを増やすことも可能です。そして、売り上げとユーザー数が確実に増加していけば、本業への切り替えを検討してもよいかもしれません。

ぜひ、多くのユーザーから支持され、愛されるご自分だけの素敵なショップ作りをしてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!