物販

タイで仕入れて、転売で儲ける方法 解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、タイから商品を仕入れて転売するタイ転売(タイせどり)についてご紹介します。タイ、中でもバンコクは世界的な観光地のため、訪れたことがある方は多いはずですが、じつは転売用の商品の仕入先としても魅力的なところです。

小規模であれば、観光旅行のときに仕入れてもいいですし、儲けを多く出したいのであれば、それなりの方法もあります。この記事では、タイでの商品の仕入れ方を中心に、タイで商品を仕入れて転売で稼ぐ方法についてご紹介します。

タイで行う「仕入れ」の特徴

まずは、タイで行う仕入れの特徴について、お話します。中国で商品を仕入れて転売する人はかなり増えてきた印象ですが、それに比べると、タイを仕入先にしている人は、まだまだ少ないといえます。

そのため、タイでの仕入れはかなり有利な条件で行えますが、タイならではの特徴があります。この点を把握することから始めないと、なかなか上手くいかないので、以下の記述を参考にしてください。

仕入れは「現地に直接行く」

仕入れは現地に直接行くのが、タイ仕入れの大きな特徴です。たとえば、中国の場合、ECサイトが発達しているので、現地に行かなくてもネット上の取引だけで仕入れが可能です。これに対して、タイの場合、基本的に現地に自分が行く必要があります。

初回の取引が上手くいけば、現地の人とLINEなどを使って繋がることができ、その後はネット上で取引を完結させることも可能になる場合もありますが、それも一旦は取引が成立した後の話です。商品を自分の眼で見て確認する必要性からも、現地に直接行って仕入れるのが、タイの場合は基本です。面倒に感じるかもしれませんが、多少の面倒があるからこそライバルも増えにくいので、メリットにも繋がるものです。

事前のリサーチがとても重要

これはタイに限った話ではありませんが、仕入れの前にリサーチをしておくことがとても重要です。仕入れは基本的に現地に直接行って行いますが、自分が気に入った商品を感覚だけで仕入れてくるのでは、それは一種の賭けのようなものになってしまいます。事前に「どんな商品が売れるのか」、「どれくらいの値段をなら売れるのか」など、出来る限りチェックしたうえで、現地に向かいましょう。

タイ仕入れのメリット・デメリット(中国との比較)

ここでタイと中国の仕入れの違いについて、簡単に見ておきます。タイの物価はかなり安いですが、値段だけを単純に比較すると中国の方が安いことが多いです。

価格面を見ると「中国で仕入れるほど安くはない」というのは、タイ仕入れのデメリットといえます。もっとも、タイが高いとはいっても中国と比較したときの話で、日本で仕入れることを考えると、ずっと安く済みます。

一方メリットとして、タイにはハンドメイドの優秀な製品が多く、個性的で魅力的な商品が仕入れられるということがあります。また、少ないロットからでも仕入れがやりやすいということも大きなメリットです。

ただ安く仕入れるためには、多量の数を仕入れることを要求されることもあり、仕入れが難しいこともあります。とくに、OEMのような形で現地生産をして商品を仕入れたい場合には、小ロットでも対応してくれるタイの方が優位性があります。まとめると、大量の商品を安く仕入れたいなら中国が有利ですが、多少値段は高めになっても、少量でも個性的な商品を仕入れたいならタイが有利ということなります。

不安がある人は、「仕入れツアー」へ参加してみる

ここまでの記事を読んで、タイ仕入れに興味を持った方の中には「一人で仕入れに行くのは不安がある」という方もいらっしゃるでしょう。具体的にどこに行けばいいのか分からない、タイ語が話せないのが心配といったこともあるはずす。そういったさまざまな不安がある方は、一度「仕入れツアー」に参加してみることをオススメします。

ツアーに参加することによる利点

ツアーに参加することで、多くのものが得られます。ツアーによって特徴は異なりますが、概ね以下のような利点があります。

まずは、日本語に堪能なガイドがついてくれます。これは普通の観光ガイドでも同じかもしれませんが、仕入れツアーでは、仕入れができる問屋を紹介してくれるといった一般のツアーにない利点があります。

また、ガイドさんは現地の人との交渉も手伝ってくれるので、満足のできる仕入れができる可能性が高まります。そして、最初はツアーを使っても、次回以降は自分で自由に動きたいといった人の場合は、次回以降に通訳を手配できる会社を紹介してもらうこともできます。

同じ目的を持った他の参加者と交流できるのも、とくに初心者には大きな利点となります。他の人の成功談・失敗談を聞けるのは、今後の指針を立てるのに大いに役立ちます。

そして、ツアーには観光の要素ももちろんあります。タイは観光地としても魅力的なので、この点も嬉しいところです。

ツアーに参加する時期などに関するアドバイス

ツアーに参加する時期に関しては、基本的には一年中いつ参加してもOKです。タイは、一年中蒸し暑く、気候の変化がほとんどないので、衣料品などの商品の品揃えもほとんど変わらないからです。

余談になりますが、タイの気候は、日本の7月や8月のような気候が続くと考えればイメージしやすいでしょう。暑さ対策が必要になりますし、上に羽織れるものを持って行ったりといった冷房対策も必要になります。

基本的にはいつ参加してもOKなタイ仕入れツアーですが、4月はタイの旧正月にあたり、ソンクラーン(水かけ祭り)があります。この時期は、工場などが長期休業になることもあるので、避けたほうが無難です。逆に、年末年始の休暇は長くありません。

このように、タイの祝日や休業日は日本とは異なるので、事前に調べておくと良いでしょう。後でまた解説しますが、チャトチャック市場というマーケットは、週末だけのマーケットですから、こういった市場に行きたい場合は、曜日のことを考慮に入れる必要もあります。荷物の配送の手配などに関しては、週末には営業していない場合もあるので、平日の方が便利です。

なお、ツアーによっても異なりますが、滞在日数は自分で選ぶことができる場合が多いです。最初は勝手が分からないかもしれませんが、慣れてきたら回るマーケットや店舗の数、仕入れの際の交渉の有無などに応じて、日数を調節するようにしましょう。

タイでの仕入れに使える市場・モール等をご紹介

ここでは、タイで仕入れをする場合に役立つ市場・ショッピングモール等をご紹介します。

バンコク最大の公設市場 チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット

とあるように、週末(土日)のみ開催のマーケットです。規模が大きく、タイ国政府観光庁のHPの記載によれば、約8000軒の店舗が立ち並びます。

観光ガイドなどにも掲載されていて、観光客も多く訪れる市場です。洋服やアクセサリー、バッグといったファッションアイテムから、民族衣装や古美術品といったものまで販売しているので、さまざまな商品の仕入れに使えます。

バックパッカーの聖地 カオサン通り(カオサンロード)

バックパッカーの聖地として知られるバンコクの路地です。もっとも、インターネットの普及に伴い、チケットの確保などの目的でカオサン通りを訪れるバックパッカーはかなり減っています。現在では、おしゃれなホテル、レストランなどが多い場所へと変わってきています。

仕入れ先としては、アクセサリーなどのシルバー製品が入手できます。タイは、シルバー製品の質が高いことで有名で、カオサン通りは古くからシルバー製品の取引が盛んだったところです。オリジナルの商品を作ってもらうこともできます。

多数の店舗が集まる パラディウム・ワールド・ショッピング

パラディウム・ワールド・ショッピングは、いわゆるショッピングセンターです。多くの店舗が集まっていて、仕入れられるものとしては、シルバー製品や革製品、ファッションアイテムなどがあります。

現地の商店向けの卸売りが多い ボーベー市場

ボーベー市場には、現地の商店向けの卸売りを行っている業者が多く入っています。衣料品や雑貨を扱う店が多く、価格はかなり安いですが、現地の人向けの商品なので、日本で売れる商品かをしっかり見極めて仕入れる必要があります。観光地化されていないタイの人たちが実際に足を運んでいる市場の様子を知るためにも、一度は行っておくことをオススメします。

2棟のビルに沢山のショップが入る プラチナム・ファッションモール

数多くのファッションアイテムが揃うショッピングモールです。冷房も効いていますし、フードコートもあったりして、快適にショッピングが楽しめますが、仕入れという観点からは、価格が高めなので、オススメしにくい面があります。流行のものが多く売られているので、売れ筋商品を調べたりするのに使うにはピッタリで、日本で売れるかどうか試験的に少量を仕入れるのには役立ちます。

ホテルの中に卸問屋 バイヨークスカイホテル

高層ホテルの中に卸売りの問屋街があるという珍しいところです。もちろん、宿泊先をこのホテルにすることもできます。

特徴としては、他の市場では少な目なメンズの衣類などが手に入りやすいという点があります。

外国人がオーナーの店舗も入っていて、日本人がオーナーのお店もあるので、のぞいてみてもいいかもしれません。

仕入れた商品の販売方法


当然のことですが、仕入れた商品が売れなければ利益は出せません。そこで、いったん視点を変えて、どうやって商品を販売するかを考えてみます。

多くの人がまず考えるのは、ヤフオク!やメルカリ、Amazonや楽天市場などのネットを使った販売です。これは間違っていませんが、販売ルートは複数持っておくことをオススメします。

たとえば、気軽に使えるメルカリは、低価格の商品が向いています。高額商品であれば、Amazonに出品しておくと、多少時間はかかっても売れていきます。直ぐに現金化したいのであれば、動きが早いヤフオク!がオススメです。

商品の価格や性質を考えて、出品先を選ぶようにすると、売れ行きアップに繋がります。また、最初からやるのは難しいかもしれませんが、数万円以上の価格帯の商品を販売するなら、自社サイトを立ち上げる方法もあります。高額商品を扱うのはリスクもありますが、成功した場合は利益も大きいので、挑戦する価値はあります。

最初は試験的に販売して様子を見る

どんな商品でも、最初は数個程度を仕入れて、試験的に販売してみることをオススメします。その際には、複数の販売ルートを使って、どこで一番売れるのかもチェックします。

自分の主観では、とても良い商品だと思っていても、実際の売れ行きとは食い違うことが結構ありますから、最初から大量の商品を仕入れるのは危険です。試験販売で様子を見ることを是非行ってください。

タイで仕入れられる売れる商品

ここでは、タイで仕入れることができる、日本でよく売れる商品をご紹介します。まずは、衣料品です。Tシャツやデニムなど、タイは衣料品の価格がかなり安いので、転売で利益を出しやすい商品です。

価格交渉もできるので、まとめて仕入れると更に安く仕入れることができます。ただし、大量仕入れにはリスクもあります。販売予測をしっかり立てた上で、仕入れてください。

次に、革製品もよく売れる商品です。国内で買うよりもかなり安く仕入れることができます。一般的な牛革以外にも、ヘビ革やワニ革といった高級な革製品を仕入れることも可能です。

注意点は、ワニ革などには必要な書類を準備した上でないと輸入できないものがあることです。革製品に関しては、事前に調査をした上で仕入れましょう。

そして、シルバーをはじめとするアクセサリーも人気です。売れる商品を見極めるためにはセンスも必要ですが、先ほどご紹介した試験販売のような方法を使えば、売れない商品を仕入れてしまうリスクを減らすことができます。

スマホ関連のグッズも安く手に入ります。スマホケースやカバーなど、バリエーションも豊富なので、売れ筋の商品を探すのも楽しいです。イヤホンや充電器なども安く入手できますが、非正規品が多くなるので、販売したものが直ぐに故障したりすると、クレームに繋がる心配もあります。

この他には、アジアン雑貨の類、美容関係の商品などには、タイならではものも多く、売れる可能性が高いものです。ただ、美容関係でも化粧品などの場合は、事前の許可がないと輸入できないものもあるので注意しましょう。

現地からヤフオク!に出品

販売方法に話を戻します。タイで仕入れをする場合オススメなのは、日本に帰ってくる前に、タイでヤフオク!などに出品してしまうことです。

ネットですから、タイからでも問題なく出品ができます。現地で出品すれば、売れ行きがいいようなら追加で仕入れをしてから帰国するといったこともできます。

つまり、試験販売を現地で済ませてしまいます。慣れない内は、現地で出品までする気持ち的な余裕がないかもしれませんが、仕入れの効率も上がるので、タイでの仕入れに慣れてきたら、是非試してみてください。

Amazonに出品するものを仕入れる場合

Amazonに商品を出品する場合、JANコードがない商品を出品するには少し手間がかかります。

JANコードがなければ出品ができないわけではないないので、手間を惜しまない人には問題にならないのですが、JANコードを取得済みの商品を仕入れると楽に出品できます。

たとえば、以下のタイ限定のプリッツは、JANコードが既にあります。

タイ限定の珍しさもあるので、売れ行きも期待できます。こういった商品を事前に調べておけば、簡単にAmazonに出品できる商品を探すことができます。

タイで仕入れを行う際の注意点

タイで仕入れを行う際には、知っておきたい注意点がいくつかあります。後にトラブルになるのを避けるためにも、これからご説明する内容については把握しておくようにしてください。

商品のアフターフォローに関して

タイで仕入れた商品は、基本的にアフターフォローができません。腕時計などが典型的なものですが、故障した場合の修理などは難しいと考えておくべきです。

このようなアフターフォローが必要になる商品は、そもそも仕入れをしないことがトラブルを避けるためには最善です。もし、アフターフォローが必要な商品を仕入れ・販売する場合は、初期不良の場合の交換などを除いて、修理等の対応はできないことを明記して、それに納得したうえで購入してもらうようにしましょう。

輸入ができない商品に気をつける

「ワニ革の製品は必要な書類がないと輸入できない場合がある」という話しは書きましたが、こういった輸入できない商品については要注意です。代表的なのは関税法の規定です。輸入禁止品目が69条の11に列挙されています。

また、医薬品医療機器等法、植物防疫法、家畜伝染病予防法などの法律にも輸入が禁止される品目が定められています。詳しくは税関のHPをご覧下さい。

また、ワニ革のように完全に輸入が禁止されているのではなく、輸入にあたっては許可証等が必要なるものもあります。ワニ革の場合はワシントン条約に規定があります。これも税関のHPに解説があります。

このような輸入禁止・規制品目についてすべてを把握するのは難しいですが、後のトラブルを避けるためにも、上に挙げた税関のHPは一度通読しておくことをオススメします。

まとめと今後の展望

タイで商品を仕入れて転売する方法について、見てきました。タイ転売は、中国転売などと比較すると、まだ始めている人も少なく儲けを出しやすいといえます。

仕入れのために現地に行く必要があるなどハードルが高い点もありますが、この記事を読んで興味を持った人は、観光も兼ねてでも構わないので、始めてみてはいかがでしょうか。

一方で、最近ではタイに目を付ける人も増えてきている印象です。これからは、タイ転売も以前よりは厳しくなっていくかもしれません。

ライバルが増えてくると、商品の目利きといった技術が必要になってきます。転売で儲けたい人は、ライバルは少ない今のうちに始めて経験を積んでおくことをオススメします。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法