メルカリで売れる出品時間はいつ?日曜日が売れやすい?

メルカリはフリマアプリの中でも利用者が非常に多く、日々たくさんの商品が出品されます。1日の間でも売れる時間と売れない時間があり、出品するタイミングが合わなければユーザーさんの目に触れる機会が減ってしまいます。そうなると、なかなか商品が売れないという事態にもなりかねません。

例えば、メルカリがよく売れる曜日は日曜日です。これは、平日に気になった商品を、日曜日に時間を取ってじっくりと検討するユーザーが非常に多いと考えられるからです。

これらを考慮して出品すると、売れる確率がグッとあがります。

ここでは、具体的にどの時間帯や時期に出品すればよく売れるのか、メルカリでカテゴリー別の売れる時間帯、曜日、時期をまとめました。

目次

メルカリで商品を買ってもらうためのポイント

メルカリの売れる時間について見る前に、まずは商品を買ってもらうためのポイントを抑えていきましょう。

商品は新着順に並ぶ

メルカリでは基本的に、商品は新着順に表示されます。裏を返せば古い商品はどんどん下に追いやられてしまうということです。

下に追いやられると、見られる機会が減り売れづらくなってしまいます。メルカリではいかに商品を上に表示させるかが重要です。

ユーザーがどう検索するかを考える

ユーザーは欲しい商品を検索して探します。そのため、「この商品を欲しい人はどう検索して探すのか」を意識する必要があります。

商品名はもちろん、説明文にもキーワードを入れましょう。そうすればより見つけてもらいやすくなります。ハッシュタグをつけるのも有効な手段です。

メルカリで商品が売れる出品時間とは?

メルカリで出品するとき、時間帯を気にしたことはありますか?実はメルカリには商品が売れる時間帯というものが存在します。出品をする際は売れる時間帯を把握すると、出品して5分もしないうちに商品が売れるようなことも起きます。逆に売れない時間帯で出品してしまうと商品の売れ行きが悪いようなことも起きます。

ではどの時間帯に出品すると商品が売れるのでしょうか?ここではメルカリで売れる時間帯と売れない時間帯について解説します。

利用者がスマホを触る時間帯を意識する

メルカリはスマホのアプリなので、ユーザーはスマホを使ってメルカリを利用します。明確な目的をもって商品を探すユーザーもいますが、多くの場合は暇つぶしにメルカリを覗いてみるユーザーが多いです。

このことから、メルカリが多く利用される時間帯は利用ユーザーがよくスマホを触る時間帯ということになります。

スキマ時間に出品する

メルカリで出品するための時間を確保し、まとめて出品するというやり方をされてる方がいらっしゃると思います。しかし、わざわざ出品する時間を作る必要はありません。

メルカリ利用ユーザーの多くがスマホを触る時間帯というのは、出品者側も同じだと言えます。例外もありますが、大半の人が利用者と同じような生活リズムです。つまり、出品する時間をわざわざ作るのではなく、スキマ時間を使って出品をするだけで効果があります。

就寝前の22時~0時というのは、大半の人がゆっくりできる時間帯です。出品者も同じようにその時間帯に出品をするだけで問題ありません。その分、利用者側も同じ時間帯に閲覧しているということになります。このようにスキマ時間を使って出品することで時間の効率化もできる上に、売れる時間帯への出品にもつながります。

商品のターゲット層によっては時間帯をずらす

売る商品によっては時間帯をずらす必要もあります。就寝前の出品は主に日中は働いている社会人や学校に通っている学生向けと言えます。しかし、専業主婦の場合は生活リズムが違っていて、通勤時間や通学時間もありません。主婦の多くは朝は忙しく、昼前ぐらいに落ち着いてきてのんびりする時間があります。

その場合、主婦向けの商品を出品する場合は主婦が見るであろう午前中の時間帯を狙って出品すると売れる確率がぐっと上がります。

ターゲット層から売れる出品時間を考える

メルカリでは売れる時間帯というのがありますが、それは商品のカテゴリーによって違いがあります。出品しようとしている商品がどのターゲット層に向けているのかを考え、ターゲット層がよく使うような時間帯に出品することでさらに売れる確率があがります。ここではターゲット層別に売れる時間帯をまとめました。

社会人向けの時間帯

社会人がメルカリを利用する時間帯は通勤時、お昼休み、夜とありますが、商品が売れやすいのは夜です。特に20時過ぎの出品は売れやすい傾向にあります。大半の人が仕事を終えて一息ついたころにメルカリを利用している傾向にあるためです。また、夜は比較的売れる商品の幅が広く、ファッション関係や化粧品や家電やエンタメ系とたくさんあります。

朝や昼休みでも商品が売れることはありますが、この時間帯はいいねがつきやすいです。朝や昼休みに気になった商品をチェックして夜じっくり検討する人が多い傾向にあります。

以上のことから、社会人向けの商品は20時~0時ごろを見計らって出品しましょう。

主婦向けの時間帯

主婦の場合、社会人とは生活スタイルが異なります。また、お子さんがいるかどうかでも生活スタイルが変わります。しかし、メルカリ利用ユーザーの年代は20代~30代が多いので、主婦層向けの売れやすい商品はお子さんの有無に関わらず共通しています。

主婦層の生活スタイルですが、お子さんがいる方は比較的朝は早いです。保育園や幼稚園の通園やお弁当作り、小学生以上であっても朝の支度と多忙です。大半の方は9時過ぎてくると朝の忙しさからは解放されますが、夕方から夕飯の支度などでまた忙しくなります。

お子様がいない場合は送迎等がないのでもう少し時間に猶予があります。10時~18時ぐらいがねらい目です。

まとめますと、主婦向けの商品は朝の時間帯であれば9時~18時。特に9時~13時付近はお子様の有無に関係なく主婦層が利用する時間帯なので、売れやすい傾向にあります。

学生ユーザーの時間帯はこだわる必要がない

メルカリは学生にも人気があるアプリです。しかし、学生は生活スタイルが統一されておりません。大学生か専門学生かでも生活スタイルが変わり、中には深夜帯にアルバイトしている学生もいます。

このように学生向け商品は時間帯を絞って出品することは難しいですが、実は売れる時間帯をそこまで気にしなくても人気がある商品は売れやすいです。特に売れやすいのはゲームやアニメといったエンタメ系商品です。

ただし、学生は金銭面の問題で安めの商品でなければ売れない傾向にあります。学生の中ではよく値下げ交渉をする人もいます。あまり高額にしすぎないよう注意しましょう。

まとめますと、学生向け商品は深夜帯といった寝ている時間帯を避ければ、どの時間帯でも売れやすいです。

フリーターや非正規社員の時間帯

フリーターや非正規社員の場合、正社員である社会人と生活スタイルに差はそれほどありません。そのため、売れやすい時間帯は社会人と同じと考えて問題ないです。また、正社員と比べると金銭面に余裕がないと思いがちですが、意外にもメルカリでは積極的に購入してもらえます。ただ、高価な商品は売れにくいです。

夜勤の方もいるので、深夜帯でも商品が売れることはあります。特にエンタメ系の商品は時間帯に関係なく、深夜帯の方が売れることもあるぐらいです。しかし、やはり深夜帯は人が少ないので、5分以内にすぐ売れるといったことはありませんのでご注意ください。

まとめますと、社会人と同様に20時~0時頃に出品するのが無難です。

シニア世代が多い時間帯

最近では、スマホやITにあまり関心がないシニア世代もメルカリを利用しています。

シニア世代は比較的規則正しい生活を送っていることが多いのが特徴です。会社員や主婦と同じ時間帯を意識すれば、おおむね大丈夫でしょう。

会社員や主婦よりも経済的な余裕があり、趣味や娯楽にお金を使うことが多いので、ゴルフやカメラ関係のものや、カー用品などが売れやすい傾向にあります。

以上のことから、シニア世代を意識した出品は、9時~18時、20時~0時がいいといえます。

カテゴリー別の売れる時間帯

メルカリでは取り扱う商品のカテゴリーによっても売れる時間帯が変わります。ここではカテゴリー単位で比較的売れやすい時間帯をまとめました。

レディース服、コスメの出品時間帯

レディース服やコスメの購入層はOLが多いです。通勤時間帯と夜20時頃に出品すると商品が売れる確率が上がります。

朝が忙しくて準備が難しいようなら、夜のうちに出品画像や説明文を準備して出品したい時間帯に出品するようにしましょう。

化粧品などは20時以降が主婦層を含めて女性がよく利用する時間帯となるので、20時頃までに出品しましょう。この時間帯は即購入も期待できます。

子供服の出品時間帯

子供服の購入層はほとんどが主婦です。子供を持つ主婦のスキマ時間を狙って出品するのが望ましいです。時間帯で言うと午前中は10時ごろです。

特に10時~12時は子供服がよく売れます。これは子供が幼稚園や学校へ行き、家事が一通り終わった時間帯にメルカリを利用する傾向にあるからです。20時頃は仕事をしているママさんもターゲット層になるので朝の時間帯と20時ごろを目安に出品しましょう。

ゲームソフトの出品時間帯

ゲームソフトは独身男性や学生が主なターゲット層です。昼間は学生は学校、独身男性は仕事なので、帰宅する夕方~夜ぐらいの利用が多いです。17時過ぎ頃を目途に出品しましょう。

CD・DVDはジャンルによって変わる

CDやDVDは幅広いので、取り扱うジャンルにもよります。若い男性向けの場合は22時頃過ぎに出品したりと、自分が取り扱うCDやDVDがどのターゲット層に向けているのかを考えて時間帯を決めると効果的です。共通して売れやすい時間帯は夜が多いです。

PCやスマホ関係の出品時間帯

パソコンやスマホ関係の商品は夜~深夜帯に購入される方が多いです。できる限り多くの人に見てもらえるよう、20時頃から出品をしましょう。

フィギュアの出品時間帯

フィギュアにはさまざまな種類があるため、ターゲット層により売れやすい時間帯は変わります。そのため、フィギュアを出品する際はターゲット層をしぼり、出品する時間を選ぶと効果的でしょう。CD・DVDと同じく、共通して売れやすい時間帯は夜間が多いです。

売れる時間帯にやるべき3つのこと

メルカリの売れる時間帯を把握できたら、次は何をするべきなのか。分析した情報を元に、具体的にやるべきことは大きく分けて3つです。

1.出品価格を見直す
2.商品説明文を見直す
3.商品を再出品してみる

この3つを定期的に行うことでユーザーに商品が表示される機会は格段に増えます。3つについて、詳しく説明していきます。

1.出品価格を見直す

価格の見直しを定期的に行うようにしましょう。出品を開始してからの販売期間や値下げしてから経過した日数をもとにある程度のルールを作っておくと良いでしょう。また、その商品の価格の相場は適正かということもチェックして値下げを検討すると良いでしょう。

注意点としては、あまり頻繁に値下げしすぎると、買いたいと思っていたユーザーがまた値下げするのではと思い、購入をためらわせてしまう場合もあります。そう思わせないためにも、売れる時間帯を考慮したルールを作って、しっかり管理する事が重要です。

2.商品説明文を見直す

商品説明文を見直す際は、思い切った内容の変更が鍵となります。新着商品として再表示されるには、かなり大幅に内容が変更される必要があります。現在明確な基準は明らかにされていません。大幅に説明文を変更できるような商品であれば、何パターンか用意しておいて、定期的に変更していくのも良いでしょう。

しかし、そこまで極端に説明文を変更するくらいなら、出品し直してしまうのも有効的な手段です。商品の再出品については次の項目で詳しく説明していきます。

3.商品を再出品してみる

出品から一定期間が経過していて、値下げもある程度してしまった商品は、思い切って一度商品を削除してから、売れる時間に再出品してみることをオススメします。

メルカリで商品が売れるには価格ももちろん大事ですがタイミングもとても大切です。前回出品をした時は、たまたま購入希望の方がいなかっただけかもしれません。意外と値下げする前の価格で再出品するとすぐに売れたりもします。

ただし、24時間以内に何度も値下げを繰り返したり、商品情報を編集、再出品したりを繰り返してしまうと、検索の対象外にされてしまう可能性があります。繰り返しにはなりますが、あらかじめ、売れる時間を考慮したある程度のルールを作り、ルールに従い管理していくことが大切です。

メルカリで売れやすくする6つのコツ

メルカリでは、売れる時間に出品する以外にも、売れやすくするコツがあります。逆にこれらのコツを知らずに出品の時間だけを意識してもあまり意味がありません。

売れやすくするコツは以下の6つです。

  1. 売れやすいジャンルを意識する
  2. 下書き機能を使う
  3. まとめて出品をしない
  4. ハッシュタグを活用する
  5. 商品タイトル・商品説明にキーワードを含める
  6. 好印象を与える写真を撮って掲載する

詳しく見ていきましょう。

売れやすいジャンルを意識する

メルカリでは明確に売れやすいジャンルと売れにくいジャンルがあります。売れないジャンルの商品を出品していてもなかなか売れません。

例えば、メルカリでは女性ユーザーが多いので、ブランド物の服や日用品、子供服などが人気があります。

これらを出品する予定がなかったとしても、ジャンルによって売れ行きに違いがあることは理解しておきましょう。

下書き機能を使う

売れやすい時間に出品したくとも、その時間に出品をする時間がない場合もあります。そんなときは下書き機能を使うのがおすすめです。

あらかじめ説明文や商品画像を作成しておけるので、時間のある時に作成だけして、売れやすい時間に出品することができます。

まとめて出品をしない

複数の商品を出品することもあると思いますが、一度にまとめて出品しないほうがいいかもしれません。

例えば2つの商品を出品する場合、18:00に商品Aを出品し、22:00に商品Bを出品するとします。

商品Bを出品するときには、先に出品した商品Aは遥か下位に飛ばされてしまっていますが、出品したばかりの商品Bから商品Aを見てもらえる可能性があります。まとめて一度に出品してしまうとこの恩恵がありません。

出品時間をずらすと様々な人の目に留まる可能性が上がります。

ハッシュタグを活用する

メルカリでは、ハッシュタグをつけることができます。

ハッシュタグとは「#」の後ろに商品名・ブランド名などのキーワードをつけて表示することです。

以下はハッシュタグのつけ方の例です。

  • #iPhone
  • #AppleWatch

このようにハッシュタグをつけることで、ユーザーが検索をかけた時に見つけてもらいやすくなります。

商品タイトル・商品説明にキーワードを含める

ユーザーはハッシュタグ以外にも、キーワードから商品の検索をします。そのため、商品タイトル・商品説明には商品を見つけてもらうための検索キーワードを含めましょう。

写真を見ればわかるような情報でも、商品説明欄へ詳細に情報を記載することで、検索時にヒットする可能性を上げることができます。

好印象を与える写真を撮って掲載する

商品を検索すると、検索結果が画像で一覧表示されます。検索されたキーワードの商品画像がたくさん並ぶなかで、綺麗に撮影された写真はよい印象を与えることができます。

画像が暗かったりブレてしまっていると、第一印象はよくありません。

そのため、色や形などその商品の状態がはっきりわかる、きれいな写真を撮る必要があります。

あなたが出品した商品への興味をもってもらうために、よい印象を与えることのできる写真を撮影することを心がけましょう。

メルカリで売れやすい曜日とは?

メルカリをはじめとしたフリマアプリを出品するユーザーは、どうすれば商品が売れるのかを重点的に考えます。その中でも特に気になる点は売れる時間帯や曜日です。

実際メルカリは出品時間によって売れ行きが大きく変わります。それは商品が新着順に並ぶためです。そのため、売れやすい時間帯と曜日がわかれば多くの人に目が付きやすくなり、即売れるといったことも期待できます。

日曜日と月曜日が売れやすい

メルカリには売れやすい傾向にある曜日があります。それは日曜日と月曜日です。日曜日が一番よく売れて、その次に月曜日が売れやすいです。メルカリは金曜日~日曜日、祝日が売れやすいとは言われていますが、何故日曜日と月曜日がよく売れるのでしょうか?その理由について解説します。

何故日曜日が売れやすいのか?

ユーザーの生活スタイルを考えると答えが見えてきます。一般的な生活スタイルで考えると、平日の日中帯は大半仕事であり、学生であれば学校です。とはいえメルカリはスマホアプリなので気楽に利用ができます。隙間時間を使って買い物をする人もいらっしゃいます。

では、土曜日はどうでしょうか?実はほとんどの方が外出は土曜日に済ませて、日曜日は家でのんびりすることが多い傾向にあります。また、日曜日はでかけたとしてもすぐ帰って早めにゆっくりしたいと思う方が大半です。

そうなると、平日に気になった商品を、日曜日に時間を取ってじっくりと検討するユーザーが非常に多いと考えられます。安物であれば突発的な買い物というのもありえますが、やはりある程度以上の値段がする商品は、じっくりと考えた上で購入を決めるものです。そういった点から日曜日が一番売れやすいと言えるのです。

月曜日は平日なのになぜ売れやすい?

ここで疑問に思うのが月曜日です。月曜日は平日であり、日中帯は仕事をしています。ですが、実は月曜日も売れやすい傾向にあります。その理由は何でしょうか?

月曜日は、前日の日曜日に買い物を済ませているのでほとんど売れることはないのでは?と考える人が大半です。しかし、実際日曜日と月曜日はセットで考える必要があります。

フリマアプリの売れやすい時間帯というのは、就寝前にあたる22時~翌日の1時までです。遅い場合は2時3時まで起きている方もいらっしゃいます。そうなると、就寝前にメルカリで商品を探す人は日付をまたいで購入となることもあります。そのため、正確に言うと売れやすい時間帯は日曜日から月曜日にかけての時間帯です。

また、決めきれなくて「いいね」だけつけておいて、翌日に検討する人もいます。こういった要素が重なり、意外にも月曜日も売れる傾向にあります。

主婦に売れにくい曜日はいつ?

主婦は子育てや育児に忙しく、子どもに時間が取られている時間に、主婦向け商品は売れづらい傾向にあります。

以上のことから、主婦向け商品は土日や祝日に売れにくいといえます。また、祝日明けで慌ただしくなる月曜の午前中も売れづらいため避けましょう。

OLさん・ワーママさんに売れやすい曜日はいつ?

OLさんやワーママさんなど働く女性は、金曜日の夜や土日に予定がある方が多く、その時間に出品するのは避けたほうが良いでしょう。

以上のことからOLさん・ワーママさん向け商品は月曜~木曜に出品すべきだといえます。

男性に売れやすい曜日はいつ?

男性は女性と違い、土日は家でゆっくり過ごす方が多い傾向にあります。

そのため、男性向け商品は土日に出品すると売れやすいといえます。

メルカリで商品が売れやすい時期とは?

メルカリユーザーが買い物をしやすい時期というのがあります。それはどういった時期なのでしょうか?メルカリで商品が売れやすい時期をまとめました。

給料日は金銭的余裕がある

一か月の中で最も商品が売れやすいのは給料日後です。一般的な会社では給料日は25日に設定されています。給料日前にあたる中旬~24日は金銭面に余裕がなく、余計な買い物ができないことが多いです。給料が入れば金銭面に余裕ができるので、メルカリに限らず経済が回りやすい時期となります。

ボーナス支給日は高額商品が売れる

正社員の場合、年に2回ボーナスが支給されます。会社によって時期はずれますが、5月~6月、11月~12月頃の時期が該当します。

ボーナスが入る時期は高額商品が売れやすい時期です。たとえば10万ぐらいのノートパソコンを売る場合は、5月後半ごろを目途に出品すると買い手がつきやすいです。

反対に日用品といった安い商品はボーナスに関わらずどの時期でも売れやすいです。

クリスマス前はプレゼント需要が高まる

新品もしくは未使用に近いブランド品に限りますが、クリスマス前の時期はプレゼント用に商品を購入する層が非常に多いです。

また、クリスマスは12月のボーナス支給日と重なります。多くのユーザーは金銭的に余裕があるので、ブランド物のバッグや財布や腕時計といった商品の需要が上がります。

しかし、クリスマスを過ぎると一気に商品が売れにくくなります。逆にプレゼントでもらった不要なブランド物の商品を出品する人が増える傾向にあります。

年度末は新生活に向けた商品が売れやすい

学校の場合は卒業式、入学式。会社の場合は入社式というふうに、2月~4月の年度末の時期は新たな生活が始まる時期でもあります。そうなると、社会人1年目や新たな学期を迎えることで一人暮らしを始める人も出てきます。そこで、インテリア用品や家電商品、食器やキッチン用品といったセット商品も他の時期と比べて売れる傾向にあります。

急激に気温が変動する季節の変わり目もねらい目

急激に冷え込んできた、または暑くなってきたという気温の変化が激しい季節の変わり目は商品が売れやすいです。

たとえば急激に冷え込んできた時期にダウンジャケットを出品すると、若干高めでも売れます。寒くなってきたからすぐにでも欲しいこともあり、需要が高まるためです。

しかし、12月~1月を過ぎるとある程度衣服が揃ってくるので売れにくくなります。この時期はメルカリに関わらずファッション関係の商品が売れにくい時期ではあります。

メルカリには売れやすい日がある

メルカリでは、毎月1日が売れやすい日であると公表しています。実際のところ、1日だけではなく1日~5日あたりは売れやすいようです。

他にも20日~月末は売れやすい期間です。このあたりは、取り置きをお願いされることが多いです。

メルカリで商品が売れやすい時期まとめ

メルカリでは20時~0時帯がゴールデンタイムであり、幅広く商品が売れやすい時間帯です。しかし、なんでもゴールデンタイムで出品すれば効率よく売れるわけではありません。主婦層に向けた商品は午前中だったりと、商品別に出品時期や時間帯を考えることがもっと売れる確率を上げることにつながります。

商品を出品する前に、どのターゲット層に向けた商品なのか?そのターゲット層はいつメルカリを利用するのか?を常に考えながら出品する時期を決めると、売上アップにつながります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次