物販

通販サイトの作成方法とおすすめレンタルショッピングカートの紹介

この記事では、通販サイト作成について、必要な機材構築サービスの違いについて解説します。有名なレンタルショッピングカートや初心者にオススメのショップ作成サービスについても紹介していきますので、参考にしてください。

通販サイト作成の流れと通販のメリットデメリット

ここでは、通販サイトを作成する流れ通販のメリットデメリットについて解説します。実店舗と通販サイトにおける準備の違いについてもお伝えしていくので、参考にしてください。

実店舗と通販サイトで必要な準備の違い

同じ販売業であっても、実店舗を構えるのと通販サイトを作成するのでは必要な機材や費用、知識が異なります。違いをまとめたので参考にしてください。

《実店舗》
・実店舗を建てるもしくは借りる
・店舗内の内装に使う小道具やPOP、見本品
・商品を並べる棚
・看板やチラシ、ショップ名刺など
・レジスター、釣り金など会計まわりの道具
・対面接客する人材

《通販サイト》
・インターネットに繋がったパソコン
・サーバーやドメインなどサイトオープンに必要なものの契約
・ショッピングカートや受注管理システムなど会計機能で必要になるツール
・商品画像を用意するためのカメラ、撮影スペース
・集客用のSNSアカウント、ブログ
・メールや電話で顧客対応をする人材
・商品の受注管理や梱包、発送をする人材

通販サイト開業までに必要な手順

《自社サイトをオープンする場合》
(1)プロバイダ契約をしてパソコンをインターネットに接続する
(2)レンタルサーバーを契約する
(3)ドメインを取得する
(4)WEBデザイン、コーディングによってショップサイトを構築する
(5)ショッピングカートを導入する

《モール型ECサイトに出店する場合》
(1)プロバイダ契約をしてパソコンをインターネットに接続する
(2)モールと出店契約を結ぶ

通販サイトの受注から発送まで

通販サイトの場合、実店舗とは違って24時間いつでも商品の注文が入ります。受注状況を確認し発送準備に入る時間をあらかじめ決めておいて、配送までのスピードに大きなむらが出ないようにするのが大切です。

指定の時間になったら、受注状況を確認し、その時点で入っている注文の入金や配送方法・日時の指定を確認して、配送伝票を打ち出します。商品をピックアップ・検品して梱包をおこない、配送業者に引き渡しましょう。作業の進行度がわからないままだと購入者が不安になるので、下記を参考にこまめな連絡を心がけてください。

《購入者に連絡を入れるべきタイミング》
・注文を受けたとき
・入金が確認できたとき
・発送準備に取りかかったとき
・商品を発送したとき
・商品の欠品など思わぬ事態が起きたとき

受注管理システムの導入は必須

通販サイトの受注から商品発送までの手順は非常に多く、対面でレジに打ち込んで商品を手渡すだけの実店舗に比べてミスが起きやすいです。手動で行っていると、必要以上に時間がかかってしまうというデメリットもあります。

受注管理システムを導入すると、受注から入金処理、入金状況の可視化、配送伝票の一括印刷、購入者へのメール送信など、ピックアップ・梱包以外のほとんどの作業を自動的におこなってもらえます。効率的に仕事するためにもミスを無くすためにも、受注管理システムは必ず導入してください

通販サイトのメリットとデメリット

《メリット》
通販サイトのメリットとして一番にあげられるのが、営業時間の長さです。通販サイトの場合、休業日や営業時間外でもショッピングカードに商品を入れて決済処理をすれば買い物可能です。実際の発送作業は人がおこなう必要があるものの、購入者は365日24時間購入したいときに商品を見て購入することができます。また、レンタルサーバー代やショッピングカートなどのシステム面での出費や、梱包や問い合わせに対応するスタッフの人件費などを考えても、実店舗より安価で開業できるという利点もあります。

《デメリット》
デメリットとして一番大きく気をつけなくてはいけないのは、商品を実際に手にとって見てもらうことができない点です。商品画像や商品説明テキストを駆使して魅力を伝えることはもちろん、誤解を与える行為は控えなくてはいけません。

たとえば、商品に照明を当てすぎたり画像加工をかけ過ぎたりして色味が本来と異なって見えるのはよろしくありません。クレームにもつながりますので、魅力は伝えつつも誇大広告にはならないよう注意してください。

また、非対面での接客になりますので、メールや電話のマナー、顔を合わせなくても気持ちが伝えられる文章力や対話力も必要です。ほかにも、ネットショップの場合他店との比較が容易にできるため価格競争が起きやすい、近所の人が見つけてくれるという概念がないため集客手段を考えておかないとお客さんがゼロもあり得る、という点に注目して戦略を練りましょう。

通販サイト作成に必要な機材とその選び方

ここでは、通販サイトを作成するために必要な機材選び方のポイントドメインの役割について解説します。サイト構築手段によっては必要ないものや、できれば揃えたほうがいいものの無くてもショップ運用できるものなどもありますので、この単元を参考に自分にとって必要なものを見極めましょう。

通販サイトオープンまでに必要な13の機材

13個の機材をあげますが、必ずしもすべてを揃える必要はありません。自分がオープンするショップの規模やサイトの種類によって必要なものは変わってきますので、下記を参考に自分の場合は何が必要なのか確認していきましょう。

《必ず用意》
※モール型やカート型のECサイトでは下記のサービスがセットになっていて、個別に考えなくても導入できる場合がある
・ショッピングカート
・決済システム
・メールシステム
・受注管理システム
・顧客管理システム
・商品、在庫の管理システム
・アクセス解析システム
・パソコン
・スマートフォン
・梱包資材
・プリンタ

《あると良いもの》
・カメラ
・画像加工ソフトやIllustratorなど

《カート型ECサイト、オープンソースやフルスクラッチなど方法に限らず自社サイトを作る場合》
・ドメイン取得

《オープンソースやフルスクラッチ、パッケージで自社サイトを作る場合》
・レンタルサーバー

機材は自分に合ったものを選ぶことが大切

・ショッピングカート
・決済システム
・メールシステム
・受注管理システム
・顧客管理システム
・商品、在庫の管理システム
・アクセス解析システム

このあたりのシステムは、カート型やモール型のECサイトを使うのであればもともと備わっていることが多く、特に個別に用意するという感覚はありません。ただし、イチから自社サイトを作り上げる場合は個別に用意する必要があります。

・パソコン
・スマートフォン
・プリンタ

パソコンはメイン作業をおこなうために、スマートフォンはスマホでの動作を確認するために、プリンタは配送伝票などを印刷するために必要です。いずれも高性能である必要はなく、すでに持っている場合新しく買う必要もありません。

・梱包資材
配送方法や取扱商品に合わせて選びましょう。ゆうメール、クリックポスト、ゆうパケットなどポスト投函であっても規定の厚さは変わってきますし、送料も違います。また、壊れ物を扱うのであれば緩衝材の用意も必要ですし、日時指定便や追跡に対応できるよう、宅配便用のダンボールもあると安心です。

・カメラ
・画像加工ソフトやIllustratorなど

カメラやソフトは必ずしも必要ではないです。今はスマートフォンでもきれいな写真が撮れますし、その場合画像加工はアプリで事足ります。サイトデザインを読み込むことがないのならIllustratorがなくても困りません。また、カメラを購入すると決めた場合も、一眼レフを買う必要はなく、ミラーレスやコンデジでも十分です。

・ドメイン取得
・レンタルサーバー

オープンソースやフルスクラッチ、パッケージで自社サイトを作る場合など、ショッピングカートだけを借りるケースではレンタルサーバーとドメイン取得が必要です。それぞれ、共用サーバーと専用サーバー、共有ドメインと独自ドメインがありますので、メリットデメリットを理解して必要な方を選択しましょう。

ドメインの役割について理解しておこう

ドメインは、実店舗で言うところの住所のようなもので、全く同じドメインはネット上に存在しません。世界に1つだけの住所でないと、ドメインを頼りにサイトに飛ぶことができないからです。そのため、ショップ名やサービス名を考えるときには、その名称でドメイン取得ができるかどうかを確認することが大切です。

また、主なドメインの種類には「.com」「.net」「.co.jp」「.jp」「.ne.jp」がありますが、「.co.jp」については法人でないと取得できない点に注意しましょう。

通販サイトをオープンする4つの方法

ここでは、通販サイトをオープンするための手段として4つの方法を紹介します。特徴や有名サービスをお伝えするので気になるものをピックアップしてみてください。

パッケージソフトを購入する

参考:EC-ORANGE

パッケージソフトとは、市販のソフトウェアのことを指し、ここでは「ECサイトを構築するために必要な機能が詰め込まれたソフトウェア」を意味します。

越境ECに対応しているものや在庫・売上状況を一元管理できるもの、アクセス解析ができるものなど会社によってさまざまな特徴があり、アクセスが多い中~大規模にまで対応できるのが魅力です。自社のコンセプトに合わせてオリジナルのデザインや機能を施せるのもポイントでしょう。

《有名なパッケージソフト》
・EC-ORANGE
・ECbeing
・EC-CUBE
・コマース21
・SI Web Shopping

レンタルショッピングカートを利用する

参考:BASE

レンタルショッピングカートは、ショッピングカート機能などの受注システムだけを提供しているものショップサイトの構築から受注・決済までネットショップに必要な機能を全てパッケージしているものに分かれます。

すべてをパッケージしているものであれば、ショップの内装やドメイン取得もすべて提供されたクラウド内でおこなえるので、初心者でもつまずくことなく通販サイトを作ることができるのが魅力です。

《有名なレンタルショッピングカート》
・BASE
・カラーミーショップ
・MakeShop

モール型ECサイトに出店する

参考:Amazon

モール型ECサイトとは、1つのサイトに複数の通販ショップが出店をしている形式のものです。モールそのものに集客力があるので開業初期でもある程度の顧客流入が見込めること、カート機能や出品機能があらかじめ備わっているので準備が楽なことが魅力です。

ただし、ショップの構築は型が決まってしまっているのでオリジナリティを出しづらく、またモールの名前ばかりが先行して販売元である通販サイトの名前を覚えてもらいにくいというデメリットがあります。

《有名なモール型ECサイト》
・楽天市場
・Amazon
・ヤフーショッピング

オープンソースを利用する

オープンソースとは、コーディング知識がなくても、無料で公開されているソースコードを使用することでサイト構築ができるシステムのことです。デザインのカスタマイズの幅が広いので差別化を図りやすく、モールやショップ作成サービスに手数料を払う必要がないので利益率が高くなることが魅力です。

ただし、管理はすべて自社でおこなう必要があるので、万が一のトラブルに対応できるだけの知識は必要ですし、セキュリティ対策やカート機能の導入などもすべて自分でおこなう必要があります。

《有名なオープンソース》
・WordPress
・ec-cube
・magento

レンタルショッピングカート4選

ここでは、有名なレンタルショッピングカートサービスを4つ紹介します。特徴と料金プランを解説していくので参考にしてください。

リピスト

リピストは、定期購入に強いレンタルショッピングカートです。購入直前に定期コースの申し込みページを差し込んだり顧客の購入履歴をページ遷移なしで確認できたりと、リピート客獲得に特化した機能が多数取り揃えられています。決済や物流、コールセンターなどの代行サービスを紹介してもらえるので、人手や知識が足りない場合も安心です。

《料金》
・ライトプラン:月額14800円/初期費用29800円
・スタンダードプラン:月額39800円/初期費用69800円
・プレミアムプラン:月額69800円/初期費用98000円
・エキスパートプラン:月額148000円~/初期費用398000円

参考:リピスト

カラーミーショップ

販売手数料がタダなので、商品が売れるほど利益率が高くなる仕組みになっています。ソースを貼り付けるだけでブログや外部サイトがカートになる機能や、専用プラグインのインストールでWordPress上に商品ページを自動生成する機能など、集客面で役立つ機能が多いのが魅力です。開店サポートやセミナー開催など、初心者のフォロー体制も整っています。

《料金》
・エコノミー:月額834~1000円+初期費用3000円+決済手数料
・レギュラー:月額3000円+初期費用3000円+決済手数料
・ラージ:月額7223円+初期費用3000円+決済手数料

参考:カラーミーショップ

MakeShop

ヤフーショッピングや価格.comなど外部サービスとの連携で、モール型サイトへの出品もできるのが魅力です。外部サイトで売れた商品に対しては別途販売手数料がかかりますが、集客力に乏しい開業初期でもモールの集客力を生かした販売経路の確保ができます。また、InstagramなどSNSを使った集客機能が備えられているのも特徴です。

《料金》
・プレミアムプラン:月額料金7000~10000円/初期費用10000円
・MakeShopエンタープライズ:月額料金50000円~/初期費用100000円~

参考:MakeShop

BASE

メールアドレスとパスワード、ショップURLを設定するだけで、簡単に通販サイトをオープンできるのがBASEです。出店自体は無料で、商品が売れたときに販売手数料を支払う仕組みなので、既存客がいない開業初期でも固定費がかさむことなく安心です。

《料金》
月額料金や初期費用はかからず、注文確定ごとに以下の手数料の支払い義務が生じます。
・かんたん決済手数料3.6%+40円
・サービス利用料3%

参考:BASE

初心者におすすめのレンタルショッピングカート「BASE」について詳しく紹介

ここでは、通販サイト運営初心者におすすめのレンタルショッピングカート「BASE」について紹介します。読んでいただければ初心者におすすめできる理由がわかりますので、参考にしてください。

固定費が無料

BASEでは、月額料金・初期費用といった固定費がかかりません。通販サイト運用初心者だと既存顧客を抱えていないことが多いですし、きちんと集客できるか・長く続けることができるかなどの不安もあります。

固定費がかからないというのはそれだけで魅力です。商品が売れた場合には、決済手数料やサービス利用料が引かれますが、「商品が売れないのに経費だけ出ていって赤字」という事態は防げます。

参考:BASE

わずか1分で通販サイトをオープンできる

BASEでは、通販サイト構築に必要な機能が豊富に取り揃えられていて、ショップデザインもあらかじめ用意したテンプレートの中から選ぶだけです。デザインまで含めるともう少し時間がかかりますが、ショップサイトを作るだけなら「メールアドレス」「パスワード」「ショップURL」を設定するだけで構築可能です。作業時間わずか1分で自分の通販サイトを持てます

参考:BASE

決済手段の導入が容易

ネットショップの売上を大きく左右するのが、決済方法の充実度です。特にクレジットカードは、ほとんどの購入者が求めている決済手段と言えます。しかし、クレジットカード決済の導入は契約が複雑で初心者がつまずきやすいポイントである上、実装までに時間がかかるのが難点です。その点BASEでは、豊富な決済手段が即時導入可能で、面倒な手続きも必要ありません

参考:BASE

まとめ

通販サイトを作るのには、イチから自分で構築する方法からあらかじめ必要な機能がパッケージされたサービスを使う方法まであります。選択する手段によってかかる手間も費用も違ってきますが、一般的には実店舗の開業に比べて安価でできるのが魅力です。特に、レンタルショッピングカートを使った通販サイト作成は、コーディング知識がなくてもできるので初心者にオススメです。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。