物販

【必見】amazon輸出でのリサーチに使えるツールはこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

amazon輸出を展開していると、リサーチにたくさんの時間がとられてしまいます。ビジネスが発展すればするほど、経済的な自由を求めて副業を始めたはずなのに、時間的な自由がなくなっていくというジレンマが…。そんな場合には、ぜひツールを導入することを検討してみましょう。この記事ではamazon輸出で使える、損をしないリサーチツール選びについてお伝えします。

Contents

amazon輸出で効果的にツールを使うためには?

amazon輸出に使えるツールというのは、たくさんの種類が販売されています。しかし、どんなツールを使えば本当に稼げるようになるのかは、人それぞれ違ってきます。こちらではamazon輸出で効果的にリサーチツールを使うためのコツについてお伝えします。

そもそもamazon輸出にリサーチツールは必要なのか?

リサーチツールは本当に必要なのか?

この質問には、イエスともノーともいえますが、ある程度まで稼げるようになった人にはツールは必要なものといえるでしょう。

手動リサーチで稼げる商品を見つけられない人は、ツールを使っても見つけられるわけがありません。どんどんと稼げるようになった人が、時間が足りなくなるから、リサーチを効率化するために使い始めるもの、それがツールです。

普段なら3時間も4時間もかかるようなリサーチをたった30分で終わらせてくれるというのがツールです。ただしツールを使えば稼げる時代は終わりました。

ライバルが増えてしまった現在では、どうやって人と差別化していくのか、という点が大切になっていきます。オリジナリティを考えることに時間を割かなくてはいけないと考えると、リサーチに時間をかけている暇は全くないのです。

卸が必要な商品リストをとるために

amazon輸出で継続的に稼ぐためには、仕入れを小売りではなく卸からとってくる必要があります。そして、次から次へと新しい商品を卸から仕入れられるような仕組み作りが大切です。

それでは、卸が必要な商品のリストはどのように作ればいいのでしょうか?

利益が出そうな商品を1つ1つ卸元と交渉していく、という方法もありますし、初心者のうちはそれで十分です。小売り仕入れでは利益が出ないけれども、卸仕入れであれば利益が出る、というものはそもそもライバルがほとんどいません。

卸仕入れができる人には、JANやEAN,UPCを使った商品リサーチができるツールも開発されているので、そういったツールを使うことでよりリサーチが簡単にできるようになります。

あえて中古品を出品する

amazon輸出では出品者評価がとても大切になります。

ライバルが多い人気商品というのは、なかなか初心者はカートを獲得できないので、商品を売ることができずに、出品者評価を上げることができません。

そこで、中古品をあえて出品してみる、という方法をとることもできます。

古物商許可を取得すれば、海外へ中古を出品することもできます。海外のamazonではカートをとる、という概念そのものがないので、中古品でも簡単に勝負ができます。

日本のamazonでは見つからない商品はねらい目

amazon輸出をしようと思ったとき、日本のamazonのASINと共通のASINで商品が見つからなかったといって、あきらめてしまう人がいます。それはとてももったいないことをしているのです。

日本のamazonにはなくて、海外のamazonで売れている商品というのは、ライバルが少ないねらい目商品です。

日本にASINがない商品を、セラーID検索などをして、見つけていくのも戦略の1つとして大切になってきます。

利益シミレーションは超重要!!

amazon輸入では、利益のシミレーションをしっかりと行えるかどうか、ということが勝負を分けます。

amazonに出品するためには仕入れ価格だけではなくて、送料、出品手数料、カテゴリー出品料などがかかってきます。また輸出となると、関税や重量に基づく送料の計算なども必要となってきます。そのうえ、為替の変動も見極めなくてはいけません。

自分でこのような計算を行うのはとても複雑すぎて大変ですが、ツールを使えば簡単にできるようになります。

様々な条件をあらかじめ入力しておくだけで、一発でその商品で利益が出せるかどうかを見極められるというのは、amazon輸出ビジネスを展開したい人にとっては魅力的なものです。

amazon輸出で使えるリサーチツールの種類とは?

一口にamazon輸出のためのリサーチツールだといっても、その種類にはいろいろなものがあります。ここからは、その種類について詳しく見ていきましょう。

【amazon輸出リサーチツールの種類】価格改定ツール

amazon輸出で使えるリサーチツールには、価格改定ツールがあります。amazonでは刻々と商品の価格が変動しています。その変動する価格に合わせて、自動的に自分が出品している商品の価格を変動させてくれるツールです。

【amazon輸出リサーチツールの種類】在庫管理ツール

amazon輸出で使えるリサーチツールには、在庫管理ツールもあります。売れて在庫数が変動した時や、在庫が足りなくなりそうなときに知らせてくれるツールです。こまめな目視では確認しきれないほど商品数が増えてきたときに重宝するツールです。

【amazon輸出リサーチツールの種類】出品制限ツール

Amazonには出品してはいけない商品の種類というのがあります。ルールを破って出品禁止の商品を販売してしまったら、最悪の場合アカウント削除の危険性もあります。

しかし、一度に大量の商品を一括出品する無在庫出品の場合などに、そういった商品が紛れ込んでしまうこともあります。出品制限ツールを使えば、JANコード等からリスクが高い商品を排除することができます。

【amazon輸出リサーチツールの種類】リサーチツール

amazon輸出に使えるツールにはリサーチツールもあります。商品価格の比較から利益が出せる商品を見つけてくれたり、ライバルセラーの商品を探してくれるツールです。売れる商品や利益の出せる商品を効率的に見つけてくれるツールになります。

【amazon輸出リサーチツールの種類】ランキング追跡ツール

amazonに出品するときに、売れる商品かどうかを見極めるために、ランキングの変動を見る、ということがとても大切になります。過去数か月のランキングの変動を見るためのツールというのも、売れ筋商品を見つけるためには重要になります。

【amazon輸出リサーチツールの種類】在庫数確認ツール

ライバルセラーの在庫数がわかれば、自分がどのくらい仕入れればいいのかがわかります。手動でも確認できますが、ツールを使えば時間が短縮できます。

amazon輸出のためのリサーチで注目するべき点とは!?

amazon輸出では、国内出品にはない要素を考えなくてはいけません。リサーチで注目するべきポイントについてここでは見ていきましょう。

【amazon輸出注目ポイント】重量

送料に大きくかかわってくるのが重量と容積です。重量には、梱包材の重量や容積も含めて考えるためのツールが必要になります。

【amazon輸出注目ポイント】為替レート

商品価格は数日で大きく変動することはありませんが、為替レートは数日で大きく変動することもあります。仕入れや販売を海外で行うのであれば、リサーチ時の為替レートのままにはせずに、その時の為替レートで計算しなおすようにすることが大切です。

【amazon輸出注目ポイント】FBA手数料について

amazon輸出をFBAで行うのであれば、FBA手数料も重要となります。自分で計算するのは難しいので、FBAシミレーターを使うか、FBAシミレーターと同じような機能のツールを使うことが大切です。

【amazon輸出注目ポイント】送料について

自己発送の場合には、体積と重量に応じて送料が変わってきます。ツールも体積や重量から計算できるものを選ぶようにしましょう。

【amazon輸出注目ポイント】どのくらいの数売れているのか

在庫数の変化か、ランキングの変化から販売数を見ていきます。ツールによっては、過去のデータから販売数を予測してくれるものもあるので、そういったデータから仕入れ数を決めていきます。

【amazon輸出注目ポイント】FBA出品者の数

amazon出品で本当にライバルとなるのはFBA出品者であることは、輸出であっても変わりません。ツールでも抽出できますが、本当のライバルは最安値かカート付近にいるFBA出品者です。そこからあまりにもかけ離れている人は考える必要がありません。

amazon輸出をFBAで行う際のリサーチのコツとは?

amazon輸出をFBAで行うのであれば、リサーチには独自のコツがあります。そのコツについてみていきましょう。

【FBAリサーチのコツ】今すでに売れている商品かどうか?

FBAでamazon輸出を行う場合には、まずはすでに売れている商品かどうか、ということをチェックしましょう。すでに売れている商品であれば、FBAでプライムマークを付けてもらえれば、より売れることは言うまでもありません。ただし、すでに売れている商品は他のセラーも目を付けるので、価格破壊の危険性も高くあります。

【FBAリサーチのコツ】FBAだからこそ利益が出せる商品

FBAだからこそ採算がある商品、というのを狙うことも大切です。FBAは手数料がかかりますが、自己配送の配送料よりも安くなる場合も多いので、20ドル以下の商品やメディア系の商品などは、FBAが向いていることも多いものです。

【FBAリサーチのコツ】ライバルがいない商品

今売れている商品の関連商品で、まだ商品登録がされていなかったり、FBA販売者がいない商品というのは、FBAで出品するとよく売れることもあります。

例えば型落ちモデルのランキングが高くて、最新版の人気が低い場合には、最新版をFBAで出してみることで、海外の人が最新版の存在を知る、ということもあります。

【FBAリサーチのコツ】FBAに向いている商品とは?

FBAには向いている商品と向いてない商品があります。商品リサーチの時には、どうしてこの商品がFBAに向いているのかどうかを考えることも大切です。

FBAに向いている商品というのは、ランキング上位で頻繁に売れて、仕入れ価格が安く、高い利益率を出せるものです。また、手数料が安い小さくて軽い商品の方がいいでしょう。またライバルを増やさないためには、入手困難なモノや、再販されないものもFBA向きです。

FBAに向いていない商品というのは、amazonが販売している商品や、海外セラーがいる商品、利益率が低い商品、回転率が悪い商品、FBAには納品できない大型商品などがあります。

FBAに出すべき商品と、自己発送するべき商品は見極めることが大切です。

おすすめのamazon輸出のためのリサーチツール

それでは実際にamazon輸出で使えるツールにはどのようなものがあるのでしょうか?すべてをツールにお任せするのはお勧めしませんが、あなたのビジネスを効率化するために役立つツールをご紹介します。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】PRIMA

最初にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはPRIMAです。

ASINなどを登録するだけで、amazonが展開する9か国からその商品についてのデータがCSV形式で出力されます。これでamazonで差額がある商品を見つけることや、価格設定の参考にすることができます。

API登録が必要で、欲しいデータの国のamazonに販売者登録をしなくてはいけないという手間はありますが、amazonから得られるデータのほぼすべてが手に入るので、これらを活用できる人にとっては、強力なツールになります。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】Caroon

次にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはCaroonです。

アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツの5か国のamazonで、過去6か月までさかのぼった販売個数や、販売手数料、FBA手数料などを自動で計算してくれます。

また、5か国で価格差がある商品を見つける機能や、リストに登録した商品のASINの取得などが簡単にできます。19800円の買い取りタイプですが、全額返金保証もあります。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】KUROFUNE

3つ目にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはKUROFUNEです。

日本のamazonで仕入れたものを、アメリカやカナダで販売するためのツールです。ASINを登録すると、海外との価格差や手数料、利益などが自動で計算されます。

計算済みのデータが出てくるので、Excelが苦手な人にはおすすめです。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】rezooX

4つ目にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはrezooXです。

無在庫転売のためのツールです。キーワード検索で、各国との価格差のある商品を見つけていきます。

API登録をする必要があるので、各国での販売者登録が必要になります。少数精鋭で利益が確実に出せる商品を探していくために使います。ワンクリックで出品もできます。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】せどりアナライザーUSA

5つ目にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはせどりアナライザーUSAです。

現在は販売中止中ですが、売れ筋商品をたくさん持っているセラーを登録するだけで、そのセラーがどんな商品を販売しているのかがわかります。

データは日ごとに出るので、当日と翌日のデータを比べると、1日にそのセラーがどのくらい売っているのかもわかります。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】アマテクPRO

6つ目にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはアマテクPROです。

アメリカのamazonに登録されている日本からの輸入を意味する「JapanImport」と書かれている商品のリストがダウンロードできます。1つの商品につき、3人がリストを入手したら、検索には乗らない仕組みになっているので、価格競争が起きる心配もありません。

出品作業は手動ですが、何か引っかかるところがあれば警告を出してくれたり、入力補助機能があるので、安全な出品ができます。

amazon輸出で必要になる機能は一通りそろっています。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】NIJUYON

7つ目にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはNIJUYONです。

利益が出せる商品のリストを提供してくれるツールです。amazonだけではなく、ebayにも対応しています。ただ、手数料の計算をしてもらえません。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】Zeus

8つ目にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはZeusです。

amazon輸出初心者におすすめのツールです。1か国対応でも月額13800円、8か国対応版は月額24800円とかなり高額ですが、30日間無料版があります。

利益の出る商品をキーワードから探してくれて、ワンクリックで8か国に同時出品することができます。権利侵害対策や、発送までの日数設定、関税対策など、輸出初心者には難しい対応もしてもらえます。

大量一括出品には向いていませんが、初心者には必要なツールといえるでしょう。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】SPROUSE

9つ目にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはSPROUSEです。

ゼウスによく似たシステムのツールですが、購入者の評価も考慮した価格設定を提案してくれます。また、一括大量出品が可能なので、中上級者におすすめのツールです。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】アマトピア

10つ目にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはアマトピアです。

商品リサーチ、価格改定、在庫追跡、顧客フォロー、出品管理、SEO対策、広告運用、売り上げ分析、受注管理機能の9つの機能が、7か国対応であります。

それぞれの機能ごとの販売ですが、すべてをまとめて使えるプランもあります。

販売形式によって、必要な機能は違ってくるので、すべてが必要だという人はほとんどいないでしょう。

【amazon輸出おすすめリサーチツール】アマエビス

11つ目にご紹介するamazon輸出に役立つリサーチツールはアマエビスです。

Amazonやebayのほかに自社サイトを持っている人に便利なツールです。海外のamazonやebayのメリットを生かしながら、デメリットを自社サイトで補うことで、高い収益を目指していきます。

効果的なツール導入でより一層のビジネス展開を!

この記事ではamazon輸出で使えるツールについていろいろとみてきました。最初からすべてツールにお任せではもちろんいけません。自分の作業の効率化にどんなツールが必要なのか、しっかりと見極めたうえで、本当に必要なツールを効果的に導入すれば、さらなるビジネスの展開も見えています。自分に合ったツールを見つけて、あなたのamazonビジネスをより一層発展させていきましょう!

あなたの目的に合わせたカリキュラムで最短で稼げるようになります


・副業でも今以上の収入を得られるようになりたい
・物販ビジネスやってみたいけど何から始めたらいいかわからない
・いち早く稼ぐことができる方法を知りたい


そんな風に悩んでいるあなた。一度アクシグ塾の無料カウンセリングを是非受けてみて下さい。アクシグ塾なら、あなたの目的にあったオリジナルカリキュラムで最短で稼ぐことができるようになります。

物販ビジネスを独学で実践する場合、ほとんどの人がわからないことがあって躓いたり孤独な作業にモチベーションが保てなかったりと、途中で挫折してしまいます。

アクシグ塾ではあなた専属のメンターにいつでも質問ができるため、迷わず最短距離で成果を出すことができます。物販ビジネス未経験の初心者でも結果が出せる仕組みをもとに、あなたの起業を徹底的にサポートします。

無料カウンセリングはオンラインで全国どこからでも受けられますので、お気軽にお申し込み下さい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法