物販

中古車販売は儲かるのか?儲かる仕組みに開業に必要な手続も解説!

この記事では、中古車の買い取りや販売で儲ける方法について解説します。中古車の買い取りや販売にも色々なやり方があって、個人経営でも副業でも始めることができます。車好きで、中古車の販売を手がけてみたいと思っている人は、この記事を読んでみてください。

中古車の買い取り・販売が儲かる仕組み

まずは中古車の買い取り・販売が儲かる仕組みについて解説します。前提として、中古車1台を買い取りして販売した場合、利益になるのは大体10万円から15万円くらいです。

車種によってはもっと高利益のものもあり、もっと利益を上乗せして売っている業者もいます。ただ、相場としては、このくらいと考えてください。

1台で10万円から15万円の利益だとすると、店舗の賃料や人件費、光熱費などを考えると、儲けを出すためには、かなりの販売台数が必要になります。販売台数を上げるためには、宣伝広告にも費用をかけなければいけません。

かなり厳しい経営になりそうだと思われるかもしれませんが、以下でご紹介するような儲かる仕組みもあるのが、中古車販売業です。

なお、以下でご紹介するものの中には、これから新規に中古車販売を始める人には、すぐには導入できないものも含まれていますが、ご容赦ください。

相場情報が得やすい

利益を出すためには、買取価格と販売価格の設定が問題になります。この点、中古車業界は、オークションの相場情報があるので、「いくらで買い取って、いくらで売れば、この程度の儲けになる」という数字の算出が比較的容易です。

事前に利幅が予想できるため、大幅な赤字を出したりする可能性が小さいのです。特に取引量の多い車種は相場が安定しているので、そういった車種を中心に扱えば、堅実な経営ができます。

販売台数が増えれば、高利益の車も出てくる

基本的には10万円から15万円の利益しか出ない中古車ですが、取り扱う台数が増えれば、大きく利益が取れる車も出てきます。オプションを付けて購入してくれるお客様がいたり、オークションで思わぬ高値が付いたりといった形で、相場よりも高く売れ、高い利益を上げられる車が出てくるのです。普段の利幅は小さくても、そこに利幅が大きい車が何台か入ってくれば、結果として利益を増やすことができるわけです。

ディーラー買い取りは、さらに儲かる

新車ディーラーの場合、新車の販売時には、お客様が乗っていた車の買い取りも同時に行うことが多いのですが、この場合の買い取り相場は、買い取り専門で行っている業者のものよりも安くなるのが一般的です。その分、ディーラー買い取りは儲かっているのです。

他にも、新車販売と並行して行っていることから値引き調整がやりやすかったり、有名自動車メーカーのディーラーであることのブランド力があったりと、何かとディーラー買い取りには有利な条件が揃っています。

諸費用で儲ける

これは若干グレーゾーンな部分になりますが、諸費用で儲ける仕組みが中古車買い取りにはあります。買い取りの際には、本来であれば自動車税の月割相当額や、自動車リサイクル法に基づくリサイクル預託金は、中古車を売ったお客様に返金することになっています。

しかし、実際には、返金されない場合もあります。経費等の名目で処理されているので、直ちに違法というわけではありませんが、事実上、買取時の支払額を抑えることができ、儲けを出すことに繋がります。

事故車の買い取りで儲ける

事故車であっても、修理して売ったり部品ごとに売ったりすることができるので、商品価値は十分に残っていることが多々あります。一方で、事故車を売る側は、事故車には大した価値がないと思っている場合が多いので、買取査定額はかなり低いものであっても納得してもらえます。安く買い取りができて、意外に高く売れるので、事故車の買い取りは儲けが出やすいものとなるのです。

買い替えなら、更に利益が増やせる

中古車を売りにくるお客様は、買い替えの場合も多くなります。買い取りと販売を行えば、単純に考えれば、利益が2倍になります。買い取りを専門に行っている場合でも、他の中古車販売業者への仲介を行うことで、マージンを受け取って利益を出すことができます。

新車ディーラーの営業マンからお客様を紹介されて儲ける

先ほど新車ディーラーの買い取りは、買取専門店よりも相場が低いという話を書きましたが、このことから、新車ディーラーの営業マンが、お客様に買取専門店を紹介するという流れが生まれます。

ディーラー自身は高値で買い取れない場合に、買取専門店を紹介することで、査定額を上げてお客様を説得、新車の販売に繋げるわけです。

クレームガードは買う側にメリットが大きい

クレームガードというのは、一種の保険です。クレームガードに入っておけば、一旦買い取った中古車に査定の際に見つからなかった欠陥などがあった場合でも、査定額を減額しないというものです。

建前としては売り手を保護する仕組みです。しかし、本来は査定をする際に欠陥を発見しておくべきで、欠陥が後で発見されても、それは買い取った側の責任ともいえるものです。

したがって、クレームガードの実態は、売り手が支払う保険料で買い手のミスがフォーローされているようなもので、買い手側のメリットが大きいものになっています。

クレームガードを実際に導入しているのは大手の買取業者だけですが、これも査定ミスによる損を出さずに、確実に儲けるための仕組みの一つといえそうです。

改造部品を取り外して売ることで儲ける

改造済みの車を買い取った場合は、部品を外して車本体と部品をバラで売ることで更に利益を上げることができるケースもあります。

中古車買取・販売を行う上では、改造部品についても、一定の知識があると利益を出しやすくなります。

中古車ローンのキックバックで儲ける

中古車であってもローンで購入されるお客様は多くいます。中古車をローンで購入した場合、中古車販売店にも報酬が入ります。いわゆるキックバックというものです。

新車のローンよりも中古車のローンの方が金利が高い場合が多く、キックバックの金額もそれなりの額になる場合が多いので、これで儲けることもできるのです。

中古車販売店を始めるために必要な手続や知識は?

ここからは、中古車販売店を始めるために必要になる手続や、店舗経営のために必要となる知識について解説していきます。

基本的には、中古車販売店を開業すること自体は難しくはありませんが、実際に営業を継続して、一定以上の利益を出し続けていくことには困難もあります。実際に起業する際には、税理士などの専門家のアドバイスを受けることも検討してください。

中古車販売店を始めるために必要な手続

まず中古車も中古品を扱うということには変わりありませんから、古物商の許可が必要になります。都道府県の公安委員会に許可を申請します。古物商の許可申請にあたっては、13の品目の中から取り扱いたいものを選ぶ必要がありますが、「自動車」という品目があるので、これを申請してください。

そして、お客様の自動車を販売用の中古車ではなく、廃車にする「使用済自動車」として引き取る場合には、自動車リサイクル法に基づく引取業者の登録手続が必要になります。また、自動車リサイクルシステムへの事業者登録も必要になります。この引取業者の登録は、中古車として販売する自動車だけを取り扱う場合には必ずしも必要のないものですが、廃車にする自動車の引取ができないことになると業務の幅が狭まってしまうので、できるだけ登録をしておくことをオススメします。

次に、オートオークションへの登録も必須といっていいでしょう。オートオークションというのは、中古車販売業者を対象とする会員制の中古車のオークションのことです。

自店で買い取った中古車だけで商売をしていくのは事実上不可能なので、最低でも1つのオートオークションの会員になっておく必要があります。ただ、中古車の販売実績が1年以上あること等が参加条件となっているオークションもあるので、開業した当初は参加できない場合もあります。

自賠責保険の代理店登録も、できる限りしておきたいものです。自動車を購入する場合は、自賠責保険への加入が義務付けられています。この加入手続が店舗でできれば、お客様にも便利ですし、手数料収入も入ります。自賠責保険の代理店登録をするためには、日本損害保険協会が実施する損保一般試験に合格する必要がある等、一定のハードルがありますが、登録をしておくと中古車販売業を営む上で有利になることは間違いありません。

最後に、自動車ローン(オートローン)の加盟店契約もしておきたいところです。既に書いたように、お客様にローンを組んで中古車を購入してもらうと、販売店にもキックバック報酬が入ります。ローンの話ができると、販売時の交渉もやりやすくなりますから、契約を勝ち取るためにも、オートローンの加盟店には是非なっておきたいものです。

中古車販売店を営む上で必要になる知識

中古車販売店を営む上で、自動車の知識は必須です。中古車を取り扱う上で重視される、修復歴や走行距離、年式といったことに関する知識がないと、買い取りや販売ができません。

また、お客様と商談をする際には、次に購入する車の車種等について相談されることも多くなります。自動車に関する幅広い知識があれば、お客様の信用も得やすくなります。

そして、自動車そのものについて知っていることだけでなく、その自動車の市場相場についても知っておくことが望ましいといえます。利益を上げるためには、どんな車種が現在売れているのかという流行についても敏感になっておく必要があります。

もちろん、自動車の車種は膨大なものなので、その全てを把握することはできませんが、有名な車種については、ある程度の知識を身についておくことが必要になるでしょう。

中古車を買い取って販売する上では、自動車の整備の知識も必要になる可能性がありますが、修理・整備に関する専門的なことは整備士に力を借りることも必要でしょう。

他には、自動車の売買に関しては税金等の問題も生じますが、これは税理士に協力をしてもらうことができます。自分にできないことは無理せずに、他の専門家の力を借りることも重要です。

個人経営でも中古車販売は可能

中古車販売は、個人経営でも可能です。開業・廃業や、確定申告の手続などは個人の方が楽に行えます。早く開業したいのであれば、個人経営で始めるのもいいでしょう。

ただ、一般的に個人経営よりも法人経営にした方が、お客様の信用を得やすいのは確かです。銀行から融資を受ける場合や、店舗の人員を募集する際にも法人の方が有利でしょう。

事務手続きは煩雑になりますが、法人化することも検討する価値はあります。

中古車販売店を成功させるための集客・宣伝方法

この記事の最後は、中古車販売店を開業した後、お客様に来てもらうための集客や宣伝の方法について解説します。

この記事を読んでくださっている人の中には、まだ開業をすべきかどうか迷っている人も多いでしょうから、気が早いと思われるかもしれませんが、開業をしたとしても集客ができなければ事業は長続きしません。いずれは役に立つ情報ですから、読んでおいてください。

自分(自社)のウリは何なのかをよく考える

集客活動・宣伝活動をする前提として、お客様にどんな点をアピールしていくのか、アピールしていきたいのか、自分(自社)の長所をよく考えておきましょう。

分かりやすいものとしては、自動車整備士の資格を持っていて、「プロの目で厳選した安心して購入することができる中古車を販売している」といったものです。

整備工場を併設しているような場合なら、「万が一の故障にもすぐに対応できる」とアピールするのもいいでしょう。

これといった長所がなかなか思いつかない場合もあるかもしれませんが、よく考えてみてください。

ウリを的確にアピールできる宣伝を行う

ウリを見つけることができたら、それを上手にアピールしていきましょう。中古車店の宣伝方法には、大きく2つのものがあります。

DM(ダイレクトメール)などの紙媒体と、店頭の演出です。それらに加えて、ホームページやブログ、SNSなどをやっている人なら、そういったネットを使った宣伝を考えるのもいいでしょう。

お客様を惹きつけるDMのポイント

お客様を惹きつけるDMのポイントについて考えてみましょう。先ほど書いたような、「整整備士が自分の目で選んでいる」といったものがあると効果的ですが、そうでない場合でも、自信を持って販売できる製品であることはアピールしたいところです。

なぜなら、中古車であるというだけで、「故障したり不具合があったりするトラブルがあるのではないか」と心配するお客様がいらっしゃるからです。他には、オイル交換であったり、洗車であったりといったサービス券をチラシに記載しておいて、すぐに購入しなくてもDMを取っておきたくなるような紙面にするのもいいでしょう。

また、人気車種については、その車の魅力を詳しく解説して、読んだ人が買いたくなるような情報を載せるのも、車好きにアピールできます。ただ、この場合、高齢のお客様が読む可能性もあるので、あまり情報を詰め込み過ぎて、字が小さくなってしまうのは避けてください。

お客様を惹きつける店頭の演出

中古車店の場合、店頭の演出も極めて重要です。目立ちやすい看板やノボリを使って、端的にお店をアピールしましょう。お客様の客層などを踏まえて、親しみやすい感じにするのか、ちょっとオシャレな感じにするのか、店全体の雰囲気を演出してください。

DMを送ったお客様に分かりやすいように、拡大印刷したDMを窓に貼ったり、DM作成にあたっても店のイメージカラーを取り入れたりするなど、DMを見た人が「この店だ」と分かるような演出すると集客力がアップします。

そして、店頭の演出で重要なのが、商品である車の見せ方です。安さをアピールするために派手な飾りつけをするのも良いですが、店全体でこれをやると安っぽい雰囲気になってしまうこともあるので、低価格車は一箇所に集中させることをオススメします。

中古車の場合、キレイに見せることが特に重要です。キレイに磨いて、パッと見たときに新車に見劣りしないような展示を心がけましょう。

まとめ

中古車の買い取りや販売について解説してきました。中古車販売を始めること自体は、それほど難しいことではありません。しかし、簡単に儲かる商売かというと、そういうわけではありません。

特に最近はエコロジーに対する意識が高まり、いわゆるエコカー減税の影響もあって、環境対策が進んだ新車や年式の新しい中古車に人気が集まりやすくなっています。年式の古い車が売れにくいというのは、中古車販売にとっては痛手です。

しかし、この記事でも解説したように、中古車販売には、少ない売上でも利益を上げられる仕組みもあります。自動車好きで、自動車に関わる仕事がしたいという人は、中古車の買い取りや販売を手がけることを検討してみてはいかがでしょうか。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。