物販

Webページってどうやって作成するの?基本的な作成方法を解説

Webページを作成した事がない方にとって、Webページを作成する事はかなりのハードルがあります。専門用語がたくさんありますし、挫折してしまう方も多くいます。

しかし、Webページを作成する流れはそんなに複雑なものではありません。挫折してしまう多くの原因は、理解度の低さにあります。誰でも慣れない事は手が進みにくいものですし、難しく感じてしまうものです。

今回は、Webページを作成した事がない方や、Webページを作成しようとしたけど挫折をしてしまった方の為に、Webページを作成する際に必要な基本的な知識をお伝えします。この記事を読めばWebページを作成する為に必要な最低限の知識は身につきますのでじっくり読み進めて下さい。

どうやってWebページを作成するの?

Webページを作成するには、主に4つの方法があります。予算やあなた自身のスキル、理解度によって選択できる方法が違ってきます。あなたに合った方法はどのような方法なのか考えながら読んで見て下さい。

Webページ作成サービスを活用する

Webページを作成するサービスに依頼する方法です。あなたにWebページ作成の知識やスキルが全くなくてもWebページを作成する事ができます

クオリティの高いWebページを作成する事ができますが、外注する事になるので、当然予算に余裕がある方しかこの方法は選択できません。クオリティの高いWebページを求めていて予算が潤沢にある方にはオススメです。

クラウドソーシングサービスを活用してWebページを作成してもらう

クラウドソーシングを使ってフリーランスの方等にWebページを作成してもらうという方法です。中には、Webページを作成する会社に所属して独立した方もいます。

ただ、こちらの方法の場合は、フリーランスの方のスキルがまちまちなので、安定したクオリティを求める場合は注意が必要です。Webページを作成する専門の会社に発注するのと比較して予算がかなり抑えられるのが魅力です。どのフリーランスの方にお願いするかは、そのフリーランスの方のクラウドソーシングのプロフィールの評価を見る事で、過去の実績を参考にできます。

HTMLやCSSを勉強してWebページを作成する

あなた自身がWebページを作成する為の専門知識を学んで、Webページを作成するという方法です。HTMLやCSSの知識が必要となり、学習する時間を確保しないといけません。書籍を購入したり学習の為のコストが必要となります。

CMSを使ってWebページを作成する

あなたが予算を抑えながらご自身でWebページを作成する一番現実的なのは、CMSを使ってWebページを作成するという方法です。コンテンツ管理システムを使う事で、HTMLやCSS等の専門的な知識を学習しなくてもWebページを作成できます。

月額課金制のサブスクリプションで作れるパターンや、WordPressのようにレンタルサーバーを借りて独自ドメインを取得してやる方法など、CMSを使ってWebページを作成する場合でも、難易度とかかる予算はまちまちです。しかし、広告が入る事を条件に無料で使えるものもあるので、まずはWebページを気軽に作ってみたいという方にもオススメです。

Webページを作成して公開するにはどうしたらいい?

HTMLやCSSを使ってWebページを作成する際にはどのような手順で、Webページを作成して公開するのかについてお伝えします。流れを知っておく事で必要な知識と準備しなければならない事が見えてきます。

作成したいWebページの内容をHTMLで書いていく

まずは、作成したいWebページの構成を考えます。その構成通りに作成できるように、Webページの骨格となる部分をHTMLで書いていきます。

HTMLはWebページを作成する事に使われるプログラミング言語で、CSSと組み合わせて使われる事が多いです。タグに意味があり、ダブルコーテーションで囲って使います。無料でダウンロードできるテキストエディタというソフトを使ってHTMLを書いていきます。

Webページのデザイン部分をCSSで書く

HTMLがWebページの骨格部分だとすると、CSSはWebページのデザイン部分を担当します。具体的には、Webページで使われる文字の大きさや色を変更したり、余白を設定します。こちらもHTML同様、テキストエディタを使って書いていきます。

Webページのデータをアップロードする為のサーバーを用意する

HTMLやCSSでWebページを作っただけでは、他の人に見てもらえません。サーバーを用意してそこにアップロードします。まず決めないといけないのは、自作サーバーにするかレンタルサーバーにするかという事です。

自作サーバーは専門的な知識が必要なので、レンタルサーバーを活用する事をオススメします。レンタルサーバーは月額課金制で、毎月数百円から数千円でレンタルできます。

Webページの住所となる独自ドメインを取得する

サーバーがWebページの土地に当たる部分だとするならば、独自ドメインはWebページの住所にあたる部分です。インターネットを普段から使う方は「○○.jp」のようなURLを見た事がある方も多いでしょう。

この部分が独自ドメインとなります。「.jp」の部分は選べて、前の部分はあなたが好きに決められます。すでに使われているドメインは使えませんので、それ以外という事になります。

独自ドメインは、単体でも取得する事ができますが、レンタルサーバーでサーバーをレンタルする際にセットで取り扱う事が多いので、レンタルサーバーでサーバーを契約する際に一緒に取得できる所が多いです。

レンタルサーバーにWebページのデータをアップロードする

FTPソフトを使ってWebページのデータをレンタルサーバーにアップロードします。FTPはファイル転送ソフトとも言われていて、ローカルにあるデータをアップロードする際に使われます。FTPソフトは無料で入手できます。

URLを入力してWebページにアクセスできるか確認する

Webページのデータをレンタルサーバーにアップロードしたら指定したURLを入力して確認してみましょう。問題なくアクセスできれば完了です。

Webページを作成する際に知っておきたい5つの項目

Webページを作成する大まかな流れが理解できたら、この項目でご紹介する5つのスキルを身につけましょう。

Webページの基本!HTMLとCSS

CMSを使えば、ほとんどHTMLやCSSの知識がなくてもWebページを作成する事は可能です。しかし、カスタマイズしたりバグやエラーが出た際に何が原因なのかを調べる際にはHTMLやCSSの知識が必要です。知っておいて損はないので、CMSを使う際にも少しずつ身につけていきましょう。

Webページで使う画像を加工する画像加工ソフト

画像加工ソフトを上手に使えると、Webページにデザインされた画像を使えるようになります。見栄えのするWebページを作成したいと考えるなら画像加工ソフトも使えるようになっておいた方がいいでしょう。

更に見栄えのするWebページにしたいならJavaScript

JavaScriptを使うと、HTMLとCSSだけではできなかった表現が可能になります。Webページに動きが生まれるので、見ていて楽しいと思ってもらえるようなWebページになります。

どうやってアップロードするかを知っておく

レンタルサーバーを契約して独自ドメインを取得するだけではデータをアップロードできません。データを用意してそのデータをレンタルサーバーにアップロードする事ができて初めてWeb上で見てもらえるようになるので、どうやってデータをWeb上にアップロードするかについても事前に知っておきましょう

どんなWebデザインが流行っているのか把握する

服に流行り廃りがあるのと同じで、Webページのデザインには流行り廃りがあります。古臭いデザインだと見る気が失せるという方もいるので、おしゃれで流行を取り入れたWebページを意識しましょう。

無料でWebページが作成できる5つの便利なWebページ作成サービス

昔はHTMLやCSSを一生懸命覚えて最低限のWebページを作成する所から始める方が多かったですが、現在は無料でWebページを作成できるサービスが増えています。初心者が専門知識を1から覚えて作るより簡単に速く作れるので無料でWebページを作成できるサービスも検討しましょう。今回は、5つの人気サービスをご紹介します。

Ameba Ownd(アメーバオウンド)

Ameba Owndは、サイバーエージェントが運営する無料Webページサービスです。サイバーエージェントといえば、アメーバブログが有名で、アメブロという通称で親しまれています。

アメブロと比べるとおしゃれなテンプレートが揃っている上に自由度が高いので、その分満足度も高いです。商用利用可というのも嬉しいポイントです。レスポンシブにも対応しているのでスマホで見る際にもキレイに表示されます。

もう一つの特徴としてEC機能が実装されています。Shop by Owndというもので、ECサイトを検討している方にもオススメできます。無料で利用できて広告も無く、商用利用可な上に独自ドメインも設定できるというまさに至れりつくせりなサービスです。

Jimdo(ジンドゥ)

Jimdoは、ドイツで生まれたWebページ作成サービスです。クラウド上でWebページを作成する事ができるのでパソコンのスペックに依存しにくいのが特徴です。

テレビでCMが流れていたという事もあり、知名度も上昇しています。世界で1500万サイト、日本で100万サイトものWebページがJimdoで作成されています。

Webページだけではなく、ネットショップも作れます。レスポンシブに対応しているのでスマホから見た際にも美しいですし、スマホアプリから更新できる気軽さも魅力です。

無料プランもありますが、慣れてきたら月額965円のプロプラン、月額2460円のビジネスプランも検討する価値があるでしょう。無料プランには広告が表示されますが、全てのプランで商用利用可となっています。

無料プランでは独自ドメインの設定はできませんが、有料プランでは設定できます。CGIは有料プランでも設置できません。

WIX(ウィックス)

WIXは、数百種類のテンプレートを利用できるWebページ無料作成サービスです。ネットショップのテンプレートもあります。

ドラッグアンドドロップでWebページを作成できるので初心者にもオススメです。無料プランの他に、私的利用のプランが月額500円から、商用利用のプランが月額1800円から利用できます。無料プランでは広告が表示され、独自ドメインが使えません。CGIの設置は有料プランでもできません。

BiNDup(バインドアップ)

BiNDupは、250以上のテンプレートからお気に入りの物を選びWebページを作成できるサービスです。初年度に限り無料で利用できるエントリーコース(2年目から月額480円)と基本コース(月額2480円)、ビジネスコース(月額8166円)の3つのプランが用意されています。

他の無料Webページ作成サービスより割高感が否めませんが、8166円のプランでは公開容量が1テラとかなりの大容量です。

FC2(エフシーツー)ホームページ

FC2ホームページは、無料で1GBまで使えて広告も付かない上に、商用利用可となっています。月額300円の有料プランでは容量が10GBまで使えるようになります。

まとめ

Webページを作成するハードルは、Webページ無料作成サービスの登場によって下がってきています。しかし、HTMLやCSSのような基本的な事は知っておいて損はありません。CMSを使う場合でも、見えないだけで原理は同じです。

外部にWebページの作成を依頼する際にも、基本的なWebページ作成の流れは知っておいた方がいいでしょう。新規顧客や情報発信においてWebページは無視できない存在です。しっかり理解して活用していきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。