物販

Web制作初心者が身につけるべき知識とコーディングに必要な道具

この記事では、Web制作初心者が用意するべきものや身につけるべき知識について紹介します。Webデザインを学習するときの心構えについてもお伝えしていきますので、是非ご参考ください。

Webサイトを作るために必要な3つのツール

この項目では、Webサイトを作るために用意すべき3つのツールについて解説します。Webデザインを考えるためのツールや知識をつけるための書籍以外のところで、基礎的な部分のみ説明します。

パソコン

まずはパソコンの用意です。webサイト作りにパソコンがあることは大前提。手元にない場合は、最初に用意するようにしてください。WindowsやMacなど自分の好きなブランドを選んで構いません。

Windowsの強みは利用者の多さ。あらゆる環境に合わせる場合に重宝します。対してMacは、初心者でもプログラミング用PCとして扱いやすいのが特徴です。拡張させることでWindowsと同等の環境で動作させることもでき、ほぼオールマイティで動作できる環境が魅力です。パソコンのスペックについて、プログラミングを仕事として本格的にやっていきたいなら、できるだけ一番良いスペックのものを買うのがおすすめです。

ブラウザ

ブラウザとは、インターネットサイトを見るために使うソフトウェアのこと。今あなたが見ているこのページも何らかのブラウザで開かれています。ブラウザソフトにはWindowsに標準搭載されているInternetExplorerをはじめ、GoogleChromeFirefoxSafariなどがあります。はじめは、パソコンにプリインストールされているソフトだけで十分です。

しかし、Web制作の仕事を受けるようになった場合には、複数の主要ブラウザを取得しましょう。なぜなら、ブラウザごとに挙動が違うため、コードの動作チェックをブラウザごとに行う必要が出てくるからです。

テキストエディタ

プログラミングのコードを書いていくために使うのが、テキストエディタです。パソコンに標準装備されているメモ帳もテキストエディタとして使用可能ですが、単純に「メモ程度」の機能しかないため、何かしらのプログラミング用テキストエディタをインストールすることをおすすめします。

Windowsで使える主要なテキストエディタ

Macで使える主要なテキストエディタ

Webサイトを作るために必要な知識

この項目では、Webサイトを作るために必要な知識を6つ紹介します。一度にすべての習得は難しいので、ひとつひとつ着実に知識と経験を蓄えていきましょう。

Webサイトの仕組みを理解することから始める

最初は実際のWebサイトがどのように作られているのか、基礎を学んでいきましょう。「インターネット」や「ホームページ」といった普段当たり前に使っている言葉でも、意味や仕組みまで説明できる人は意外に少ないものです。学習には何を使っても構いませんが、総務省が公開している「国民のための情報セキュリティサイト」がわかりやすいので、一読しておきましょう。

Webデザインの知識を学ぶ

Webサイトを作るのであれば、コーディングだけではなくWebデザインの知識も必要になります。Webデザインを実践する上で、配置や色付けといった基礎知識から、PhotoshopやIllustratorといったグラフィックソフトといったツールを扱う知識まで必要です。

特にWebデザイナーとして業務に携わる場合には、採用条件に「IllustratorとPhotoshop両方が使えること」が大前提なのです。
画像に対するレイヤーの透過表示などはwebデザイナーならできて当たり前の概念です。グラフィックソフトの使い方は全般的に理解しておきましょう。

学び方は色々ありますが、お金をかけずに勉強したい場合は「実際にあるWebサイトを真似して作ってみる」のがおすすめです。これは、「コーディングの写経」などと言われることがあります。ちなみに、デザインとコーディングで担当が分かれている仕事でも、コーディング担当がIllustratorやPhotoshopを扱う機会もあるため、学んでおいて損はありません。

Webサイト作りの基礎を覚える

Webサイトを作るためにはHTMLとCSSの知識が必須です。HTMLは、Hyper Text Markup Languageの略で、Webページの基礎構成を作るために使用します。CSS(Cascading Style Sheets)はWebサイトの見た目を整えるもので、文字に色を付けたりボタンを表示したりと、Webページのさまざまな場面で活用されています。

どちらも知識として入れ込むだけでは難しいので、実際にWebサイトを作りながら覚えていくのがおすすめです。独学で勉強する場合には、書籍や動画、プログラミング学習アプリを利用しましょう。

本格的に学ぼうとすると、費用面の捻出が必要ですが、「続けられるかどうか不安」「試しにちょっとだけ触ってみたい」という人には、無料のプログラミング学習アプリやYouTube動画でも十分です。興味が持てれば、有料版への移行やスクールに通うことなども視野に入れていきましょう。自分でイチからWebサイトを作れるようになったら「知識が定着した」と言えます。

JavascriptでWebサイトに動きをつける

HTMLとCSSだけでもWebサイトを作ることはできますが、より便利なサイトに仕上げる場合にはJavascriptの知識が必要になります。主な用途は以下のとおりです。

Javascriptでできること

  • アニメーションを動かす
  • 画面のポップアップ表示
  • お問い合わせフォームの記入漏れチェック
  • マウスの動きに伴ってメニューが表示されるようにする
  • WebページにGoogleMapを組み込む

HTMLやCSSに比べると、複雑で習得に時間がかかりますが、Webデザインの幅を広げることができるのが強みです。Webデザイナーとして仕事を請け負うのであれば、身につけておきたい知識と言えるでしょう。

約3割のWebサイト作りに使われているWordPress

WordPressとは、HTMLやCSSなどの知識がない人でもブログ運営ができるよう開発されたソフトウェアです。情報発信用のメディアを作るのであれば、プログラミングの知識がなくても十分運営していけるだけの機能が備わっています。

2017年時点で約3割のWebサイトがWordPressで作られているという、世界的にもシェア率が高いソフトウェアです。Webデザイナーとして仕事を請け負っていくのであれば、クライアントからWordPressの構成を頼まれることもあるでしょう。WordPressでのサイトの立ち上げや基本設定から、独自テーマの作成までおこなえるようになるのが理想です。

WordPressでのサイトの立ち上げ方や基本操作は、自分でWordPressを扱ってみることがいち早い習得方法となるでしょう。それだけわかりやすいソフトだといえます。手始めに、何かの情報を発信するサイトを立ち上げて、運用してみましょう。

情報発信サイトなど独自テーマの作成には、HTMLとCSSの知識が必要不可欠です。まずは、HTMLやCSSの学習を終えてから、WordPressへの移行がおすすめです。

上位表示に必要不可欠なSEO

Webサイトは作っただけでは意味がありません。より多くの人の目に留まることによって、企業や商品の発信につながります。ひとりでも多くの人にサイトを訪問してもらうためには、検索順位を上げて、なるべく上位での検索表示をさせる必要があります。そこで必要になるのが、SEOの知識です。

SEOとは、SearchEngineOptimizationの略で、サーチエンジン最適化のことを指します。検索エンジン上位に入るよう、特定のキーワードをサイト内にちりばめることで、うまく検索上位に入る工夫の一つです。SEO対策を施すことで、検索エンジンは「優良サイト」などとして検索上位に送り出すことがわかっています。Webデザインの時点からSEOのアルゴリズムに沿って調整をおこなうことで、上位表示が可能になるとされています。

SEOのアルゴリズムはGoogleによって決められており、ルールは公表されていません。さらに、アルゴリズムの変化が激しいという特徴もあります。既存の書籍を利用した学習は、古い知識を取り入れてしまう危険性があるので注意が必要です。自分でサイトを運営すると、身を持って変化を感じることができるので、最新のデータを得るのに向いています。

SEOやアクセス解析ツールに関する知識を独学で身につける方法

SEOのアルゴリズムは変化が激しく、常に新しい情報と知識をアップデートさせる必要があります。この項目では、独学でSEOやアクセス解析ツールの知識を得るためにおすすめしたい方法を紹介します。

Webサイトを自分で運営するのが近道

SEOの知識を身につけたいのであれば、Webサイトを自分で運営してみるのが一番です。

SEOを意識してアクセス数を上げることと、検索順位を上げることの2つを目標にして、半年ほど更新を続けていきましょう。

検索エンジンがサイトを認識するまでの期間と、訪問者が増えアクセス数が上がるまでには時間がかかります。ここまでの期間は試行錯誤を繰り返すことになりますが、確実に使える知識が身につきます。

検索エンジンにおいて上位表示させるには、アクセス数を調査する「Googleアナリティクス」や、検索ワードを調査する「Google Search Console」などの知識も必要です。これらの知識も、Webサイトを運用する中で自然に身についていきます。

Webデザインの知識を独学で身につける方法

Webデザインをより早く身につけるには、IT関連のスクールに通うのが一番です。しかし、IT系スクールの費用が高額であるうえ、カリキュラムが膨大ですべてを習得するまでには、時間や費用が大きくかかる可能性があります。そこで、「興味はあるが、仕事するまででもない」「まずはお金をかけずにやってみたい」という人向けに、独学でWebデザインの知識を身につける方法を伝授します。

まずはバナーを作ってみる

まずは、グラフィックソフトの扱い方に慣れることを目標に、バナーなどの小さいものから作成してみましょう。大作といえるWebページ全体を作り始めるよりも、「簡単でいいから完成品を作る」ほうがおすすめです。できたという自信が、Webデザインを続けるモチベーションにもなります。バナーを作りながら、IllustratorやPhotoshopといったグラフィックソフトの扱いを勉強します。グラフィックソフトの種類は多岐にわたるので、書籍で学ぼうとすると知識量が多いため挫折しがちです。

それよりも、実際にツールを触って、「この場面ではこのツールを使う」と覚えていくほうが効率的です。

すでにあるWebサイトを真似して作ってみる

グラフィックソフトの扱いに慣れたら、すでにインターネット上にあるサイトを真似して作ってみましょう。

すでにプロが作ったページを模写することで、頻繁に使うツールとそうでないツールを認識できます。効率的にツールの使い方を覚えることができるので、おすすめの方法です。さらに、参考にするWebページのレベルを上げていけば、配色やレイアウトにも幅が出てくることに気づくでしょう。グラフィックツールを使いこなすスキルが身につくと、構成力もついてきます。

自分でWebデザインを考えてみる

Webページの模写が思うようにできるようになったら、自分で一からデザインをしてみましょう。構想した仮想の商品やショップを、配色やレイアウトを考えて、紙に下書きしてみましょう。その下書きを元に、グラフィックソフトを使ってWebページを作っていきます。デザインが浮かばないときは、「他の人はどうデザインしているのか」「この配色にしているのはどんな意味があるのか」と、頭を働かせながら複数のWebサイトを参考にしましょう。

Webサイト作り初心者が挫折しないための4つの心構え

Web制作は専門用語も多く、独学では挫折しやすいと言われる分野です。この項目では、Web制作初心者が挫折しないための心構えを4つ伝授します。

理解できなくて当たり前と考える

「教材を読んでも意味がわからない」「何がわからないのかすらわからない」という状況に陥っても、必要以上にネガティブにならないでください。

Webデザインの学習では、今までのには必要がない単語が多く出現します。説明されている概念がわからない、文章の意味が理解できないといった面も多くみられます。そんなときは、「どうすれば理解できそうか」といった面にフォーカスしましょう。

教材だけで理解できることもあれば、文章で見るより動画で見たほうが理解できる場合もあります。ときには、有識者に聞く姿勢も必要になるでしょう。目の前の難題に取り組み続けるのではなく、自分で解決するために柔軟に対処していく姿勢が大切です。

繰り返し学習するのが大切

一度できるようになったスキルも、使わずにいれば徐々に忘れてしまいます。しかも、それが短期間しか取り組んでいない内容ならばなおさらです。人の脳は、日常的に使う知識をすぐに引き出せるようにストックし、使わない知識は忘れていくようにできているからです。Webデザインの知識も、「一度取り組んだことがある」という経験に依存せず、何度も繰り返し学習しましょう

毎日続ける習慣をつけよう

Webデザインの学習を始めたら、なるべく毎日続けましょう。週に1回のみ、長い時間を割いて学習するよりも、短時間だけでもいいので毎日学習することが効果的です。これは、モチベーションの維持にもつながります。

毎日続けることによるメリット

  • 前日までに学習した内容を覚えているので、スムーズに勉強が進む
  • 時間が空いたことを理由に、そのままになってしまうリスクを減らせる
  • 毎日学習を続いていること自体がモチベーションになる

つまづいたらわかる人に聞くのが一番

わからない問題に当たって、どうしても自分で解決できないときには、有識者の教えを請いましょう。自分で考えていても、答えを導き出せないという問題というのは存在します。効率的に学習をすすめるためには、スクールの先生や先輩Webデザイナーといった、現場での知識を持っている人に聞くのが一番です。どうしても周りに聞ける人がいない場合には、ネットで検索します。膨大な情報の中から正しい情報を見つけ出す能力も、Webデザイナーに必要なスキルです。

まとめ

独学で行うWebデザインの学習は、仕事の受注ができるレベルまで上り詰めようとすると大変です。本格的に学びたくなったり場合や、独学がきつくなったりしたら、スクールに切り替えるのも良いでしょう。はじめは大変ですが、自分で作ったものが実際に動いているところを見るのは、これからのモチベーションにもつながります。挫折しそうになったら、Webデザインに興味を持ったときの気持ち、実際に触れて楽しいと感じたときの気持ちを思い出してみましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。