物販

WEBサイトのコンセプト・メーキングについて徹底解説

インターネットの発達とスマホやタブレットなどのデバイスの普及によって、多くの人が1日のうちに様々なWEBサイトにアクセスするようになりました。

その中で多くのアクセスを集めている勝ち組サイトと、ほとんど閲覧されることのない負け組サイトに分かれているのは何が原因でしょうか?

WEBサイトを構築・運営する上でもっとも重要な要素は、ズバリ「コンセプト」です。

今回の記事では、WEBサイトのコンセプト・メイキングについて詳しく解説していきます。

企業のWEBサイトに求められるもの

現在のビジネスシーンにおいて、WEBサイト(ホームページ)は企業や団体が様々な活動を行う上で不可欠な要素といっていいでしょう。

よく「名刺代わりに」という言葉が使われますが、例えば異業種交流会などで交換した相手の名刺にホームページアドレスが載っていなければ、詳しい情報にアクセスすることができませんよね。

これでは「名刺代わり」どころか、名刺本来の効果さえ半減してしまいます。

総務所が国内企業のインターネット利用状況などを調査した「平成29年通信利用動向調査報告書(企業編)」によると、インターネットの利用状況は99.5%、ホームページの開設状況は89.6%となっています。

つまり、ほぼすべての企業がインターネットを利用し、その9割がWEBサイトを開設しているということですね。

しかし、本当にそれらのWEBサイトは、本来の機能を果たしているでしょうか?

中には「同業他社が立ち上げているから、うちもとりあえずカタチだけでもホームページを作っておこう」という会社も少なくないかもしれません。

そこで、効果的な企業のWEBサイトを構築するために必要な考え方と手法を順を追って見ていきましょう。

サイトの目的を決める

企業のWEBサイトを構築する上でまず最初にすべきことは、サイトの目的を明確にすることです。

業種、業態、企業規模、課題などによってサイトに求められる目的は変わってくると思いますが、大きく分けると以下のような目的が想定されます。

・企業名、ブランド名の認知向上
・企業概要、営業内容(商品やサービス)の紹介
・人材募集のためのリクルーティング
・収益性のあるECサイトなどへの集客
・カスタマーサービス、顧客満足度の向上
・マーケティングデータの収集
・その他

WEBサイトの目的が決まったら、達成すべき「目標」を設定しましょう。多くの人が混同しているかもしれませんが、目的と目標はまったく違います。目的はゴールであり、目標は目的に至るステップと考えてください。つまり、一つ一つの目標を達成することによって目的に到達するという関係にあります。具体的な数値目標を設定し、その達成度を測ることによって、目的を実現するために改善すべき点も見えてくることでしょう。

企業が実現、達成すべき指標として、「KGI」(経営目標達成指標)、「KPI」(重要業績評価指標)などがありますので、参考にしてみください。

ターゲットを想定する

WEBサイトの目的を決定したら、そこからおのずと情報を伝えるべきターゲットが導き出されます。

目的とターゲットは表裏一体の関係にあるので、目的を定めればターゲットが広く一般の消費者なのか、獲得したい新規顧客なのか、あるいは既存のユーザー層なのかが明確になってくるでしょう。

想定するターゲットに応じて、コンテンツの内容をプランニングしていきましょう。

内容(コンテンツ)を企画する

WEBサイトを構築するにあって、もっとも核になる部分がコンテンツです。

コンテンツを企画するためには、ターゲットに対して効果的に情報発信するための基本的な考え方、すなわち「コンセプト」がとても重要です。

※今回のテーマである、WEBサイトのコンセプトについては、後で詳しく説明します。

コンテンツを企画するにあたって重要な概念となるのが、「サイトマップ」(サイトツリー)といわれるサイトの構成図です。

まずは、必要と思われるコンテンツの一覧を書き出して、それを構成図に落とし込んでいきましょう。

リアルなペルソナをイメージする

ターゲット分析でよく用いられる手法が、「ペルソナ」の設定です。

「ペルソナ」(persona)とは、もともと演劇などの登場人物の意味で、想定されるターゲットの人格をなるべく詳細に設定したプロフィールのことです。

例えば、サイトの目的が「女性向けの健康食品の宣伝」で、ターゲットが「40〜50代の女性」だった場合のペルソナの具体例は以下のようになります。

名前:田中明子
年齢:42歳
職業:専業主婦
居住地:東京都内の○○線△△駅から徒歩10分の分譲マンション
家族構成:都内のIT企業に勤める夫(45才)と、長女(13才)、長男(10才)の4人家族
趣味:料理、食べ歩き、ガーデニング
近況:最近太り気味でダイエットを目的に週2回駅前のスポーツジムに通っているが、なかなか体重が減らない。

このように、なるべくリアルなペルソナを設定することで、よりターゲットに届きやすいコンテンツ制作の指針となります。

サイト名のネーミング

次のステップが、WEBサイトのネーミングです。

サイトの目的、想定するターゲットに対して、もっともヒットしやすいネーミングにすることはもちろんですが、ここで大切なポイントは、サイト名は「ドメイン」と密接な関係にあるということです。

WEBサイトの名前がドメインと一体となっていることが望ましいのは言うまでもありませんが、必ずしも希望するドメインが取得できるかどうかは分かりません。

ドメインは「.jp」「.com」「.net」などが有名ですが、基本的に先願主義なので、一般的な名詞や単語では、まず取得するのが難しいと考えた方がいいでしょう。

仮にあなたの名前が本田さんだとして、新しくスタートアップする会社にその名字を付けたとしても、「honda」でドメインが取るのが難しいのは分かりますよね?

しかし、最近では「.shop」「.site」「.tokyo」など、登録できるドメインの種類が増えています。

新たにドメインが取得できるかどうかは簡単に調べられるので、下記のサイトから検索してみてください。

参考:お名前.com

WEBサイトのコンセプト・メーキング

先に説明したように、企業のWEBサイトには目的と想定するターゲットがあり、それを前提としたコンテンツが求められています。

しかし、現実的には思ったよりもアクセスが少ない、期待していたユーザー層に見られていないというケースも多いかと思います。

そのような場合には、もっと根本的な問題があると考えるべきでしょう。

そのWEBサイトには、明確な「コンセプト」がありますか?

この問いに即答できないときは、ここからご紹介する、WEBサイトにおけるコンセプト・メーキングの考え方をじっくりとお読みください。

サイトのコンセプトとは?

「コンセプト」(concept)は、一般的には「概念」と訳されますが、主に広告用語として「あるものを制作するときの基本的な考え方」という意味で使われます。

これをWEBサイトの構築に置き換えてみると、サイトを企画・制作する際に最も重要な指針となる考え方、いわば設計思想という意味になります。

何故コンセプトが大切なのか

WEBサイトは、ある目的を実現するための明確なコンセプトに基づいて設計されるべきものです。

例えば、同じ自動車を設計する場合においても、それが富裕層に向けたラグジュアリーなセダンか、若者を対象にしたコンパクトカーかによって、その設計思想は大きく異なりますよね。

WEBサイトにおいても、誰に対して情報を発信するのか、どんな機能や付加価値が求められているのかによって、そのコンセプトはまったく違ったものになります。

WEBサイトの場合、どうしても見た目のデザインで評価されがちな傾向がありますが、全体のテイスト、テキストや写真の配置や大きさの組み合わせ、適切なキーワード設定など、すべての要素が明確なコンセプトに基づいて決定されるべきです。

コンセプト・メーキングの例

コンセプトが大切といわれても、ただ漠然と考えるだけでは、それを言語化するのは難しいですよね。

そこで考え方をまとめるために、先に上げた女性向け健康食品を例にとって、WEBサイトの目的、想定されるターゲットなどの情報を整理してみましょう。

【目的】

・ダイエット用健康食品を宣伝したい

【ターゲット】

・40〜50代の中年女性

【ペルソナ】

・42歳女性、都内に住む専業主婦、4人家族、趣味は料理、週2回ジムに通う・・・etc(なるべく詳細に)

【商品の特長】

・脂肪の燃焼を助けるサプリメント

【獲得したい成果】

・無料サンプルの請求

ここまで整理できたら、コンセプトのアウトラインが見えてくるかと思います。

【コンセプト例】

『痩せたい女性のための健康情報サイト』

これでWEBサイトの目指すべき方向性が決まり、ディレクター・デザイナー・ライターといった制作スタッフの意思統一も図ることができます。

「5W1H」でコンセプトを考える

情報を整理するための古典的な手法に、「5W1H」法というものがあります。

「When」(いつ)・ 「Where」(どこで)・「Who」(誰が)・「What」(何を)・「Why」(なぜ)・「How」(どのように)したのか?

これらの英単語の頭文字をとって「5W1H」法と呼ばれ、主にジャーナリストが記事を書く際の基本的な技術とされてきました。

この「5W1H」に当てはめることでも、コンセプトを考える際の情報を整理することができます。

【When】(いつ)

家事の合間に

【Where】(どこで)

家庭で

【Who】(誰が)

中年の主婦が

【What】(何を)

健康情報を

【Why】(なぜ)

痩せるために

【How】(どのように)

スマホやPCで

この情報を並べ替えると、「中年の主婦が、家庭で、家事の合間に、スマホやPCを使って、痩せるための、健康方法にアクセスする」というシーンが浮かび上がってきます。

ここまで情報を整理することができれば、コンセプトを考える大きなヒントになるでしょう。

コンセプトを元にサイトを設計する

コンセプトが決まれば、それを基にサイトを設計していきます。

一般的な流れとしては、WEBディレクターが全体の構成(サイトマップ)を決め、テーマカラーやデザインのテイスト、掲載するテキスト、写真などを、WEBデザイナー、ライター、カメラマンなどのクリエイターが作り込んでいきます。

また、WEBサイトの表面的な部分だけではなく、SEO対策やバックエンドといわれるデータベースなどとの連携もコンセプトに基づいて開発していきます。

WEBサイトの構築・制作には、様々な職能とスキルを持ったスタッフが参加しますので、全体の意思統一を図るためにもコンセプトが重要なのです。

自社の現状分析からコンセプトを考える

これまで、WEBサイトを構築するにあたって設定すべきコンセプトを主にユーザーサイドから見てきましたが、逆に情報を発信する側である自社の立場から考えてみましょう。

効果的にWEBサイトを構築、運営するためには、まず自社の現状を把握・分析することで課題を抽出し、そこから問題解決のための方法論を導き出す必要があります。また、その過程でサイトのコンセプトが閃くことも多いものです。

客観的に自社の現状を分析するためには、マーケティング用語でいう「フレームワーク」が役に立ちます。

以下、代表的なフレームワークの手法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

●ロジックツリー法

解決すべき課題のテーマから、その理由をツリー状に書き出していく手法です。

木の幹から枝が分かれていくように理論を展開することから、ロジックツリー法と呼ばれています。

ツリーの各階層にもれがなく、ダブりがないようにすることがポイントです。

●3C分析

自社を取りまく環境を、3つの「C」に分けて分析する手法です。

「Customer」(市場・顧客)、「Company」(自社)、「Competitor」(競合他社)

の3方向の視点から現状を分析し、その関係性の中で最適解を求めていきます。

●SWOT分析

「SWOT」とは、以下の4つの言葉の頭文字を取ったものです。

「Strengths」(強み)、「Weaknesses」(弱み)、「Opportunities」(機会)、「Threats」(脅威 )

自社の現状をこの4つのカテゴリーに分け、それぞれをかけ合わせることで戦略とコンセプトを考えていくフレームワークです。

●STP分析

「STP」とは、市場における自社のポジションニングを冷静に認識した上で市場環境を細かく分け、その環境ごとのターゲットに迫ることによって商品やサービスを最適化していく手法です。

「Segmentation」(細分化)、「Targeting」(ターゲット)、「Positioning」(立ち位置)の3つの頭文字から取られています。

●AIDMA

「AIDMA」とは、消費者が商品を知り、購入に至るまでのプロセスを表しています。

「Attention」(注意)、「Interest」(興味)、「Desire」(欲求)、「Memory」(記憶)、「Action」(行動)

プロセスの各段階で効果的にアプローチすることによって、購入への意思決定を促進させようという広告戦略です。

コンセプトが明確な参考事例

最後に、サイトのコンセプトが明確で、多くのユーザーから支持されているサイトをご紹介します。

ぜひ、自社サイトの参考にしてみてください。

事例その1 「Etsy」

Etsyは、ハンドメイド作品を中心にしたマーケットプレイスです。

「ここにしかない個性が光る特別な商品であふれる空間」をコンセプトにしています。

参考:Etsy

事例その2 「ヴィレッジヴァンガード オンラインストア」

遊べる本屋「ヴィレヴァン」の公式オンラインストアがヴィレッジヴァンガード オンラインストアです。

コンセプトは、「あなたの心を豊かにする無駄遣いを応援します」です。

参考:ヴィレッジヴァンガード

事例その3 「DHOLIC(ディーホリック)」

韓国発のファッション通販サイト「DHOLIC」のコンセプトは、「おしゃれなファッション洋服通販サイト」です。

参考:DHOLIC

事例その4 「BASE(ベイス)」

無料で開設できるネットショップ支援サイトの「BASE」。

コンセプトはシンプルに「あなただけのネットショップが、無料でかんたんに!」です。

参考:BASE

事例その5 「macaroni(マカロニ)」

「macaroni」は、日本最大級の食特化型WEBメディアです。

コンセプトは、「食から暮らしを豊かにする、女性のためのライフスタイルメディア」となっています。

参考:macaroni

WEBサイトの立ち上げやリニューアルの参考に

WEBサイトにおけるコンセプトの重要性がお分かりいただけたでしょうか?

今から新しいビジネスをスタートアップしようと考えている方や、サイトのリニューアルを計画している方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。