物販

WeChatで日本企業がアカウントを開設してできること

中国でのマーケティングには「WeChat」の活用が欠かせません。
WeChatは、日本のLINEのようなサービスで中国を中心に多くのユーザーに利用されています。

この記事では、日本企業がWeChatのアカウントでできることを紹介します。

中国のWeChat(ウィーチャット)

WeChat(ウィーチャット)とは中国版のLINEのようなもので、ユーザー同士でメッセージのやりとりができるサービスです。
LINEと同様、ユーザーに企業アカウントをフォローしてもらうことで、企業が発信した情報を読んでもらえます。

また、WeChatは国際版のサービスで、中国国内では微信(ウェイシン)という名称で親しまれています。

中国版と国際版

中国でマーケティングを行うなら、国際版のWeChatだけでなく、中国版の微信のアカウントも開設しておく必要があります。
なぜなら、中国人ユーザーの多くが中国版の微信を利用しているからです。

公式アカウントが開設できる

企業をプロモーションしたい場合は、企業の公式アカウントを開設してください。
公式アカウントとは、日本のLINEでいうところの企業アカウントのことです。

公式アカウントの種類

WeChatで企業が利用する公式アカウントには3種類あります。

  1. サービスアカウント
  2. 購読アカウント
  3. 企業アカウント

です。

サービスアカウントは、企業のみが開設できるアカウントで、ユーザーに向けた情報発信のために利用されます。

購読アカウントは、企業だけでなく個人も開設できるアカウントで、個人がユーザーへ情報発信するのに便利です。

企業アカウントは、企業内部で利用するためのアカウントです。
社員への情報伝達や社員同士のコミュニケーションを目的としています。

企業がWeChatアカウントを開設してできること

企業がサービスアカウントや購読アカウントに登録することで行えることを紹介します。
中国でマーケティングを行う予定の方は、登録後にできることを予め確認しておきましょう。

企業情報の配信

サービスアカウントや購読アカウントに登録すると、フォローしてくれているユーザーに向けて企業情報が発信できます。
例えば、新商品やキャンペーンの案内をいち早く届けられます。

サービスアカウントでは、ユーザーのチャット画面に発信した情報が表示されます。

購読アカウントでは、「購読フォルダ」という場所で企業情報が表示されます。

ユーザーへのプッシュ通知

WeChatではプッシュ通知機能があるため、企業が情報を発信するとユーザーのスマーフォンやパソコンに通知がいきます。
プッシュ通知のおかげでユーザーに見てもらえる可能性が高まるので便利な機能です。

フォロワーとのコミュニケーション

サービスアカウントと購読アカウントでは、企業から一方的に情報を発信するだけでなく、ユーザーからのメッセージを受け取ることもできます。
双方向のコミュニケーションによってユーザーとの距離を縮めるのに役立ちます。

画像やテキストの配信

公式アカウントでは一般ユーザーと同じようにテキストや画像を用いたコンテンツが配信できます。
LINEの企業アカウントのように、画像や写真を用いたキャンペーンや新製品情報を配信すれば、よい広告になるでしょう。

企業サイトへのリンク

公式アカウントのページには企業サイトのURLを記載できるため、WeChatから外部の企業サイトへ誘導もできます。

顧客情報の把握

WeChatでは公式アカウントをフォローしてくれているユーザーの性別や所在地などの顧客情報が得られます。
そのため、フォローユーザーに適した情報が配信できます。

販売サイトへの誘導

Wechatの企業ページから商品の販売サイトへ通じるリンクを張れるので、ユーザーはWechatから商品販売ページへ直接移動し商品を購入できます。
企業にとっても販売促進につながり、ユーザーにとっても便利な機能です。

決済サービスの利用

WeChatでは、中国で人気がある決済サービス「WeChat Pay」が利用できます。
QRコードにスマホをかざすだけで決済できるため、多くの人が利用しています。
そのため、WeChat Payを導入しておいた方が販売促進に役立ちます。

広告の表示

サービスアカウントや公式アカウントに登録すると、WeChatで広告が出せます。
例えば、記事投稿の上部に表示される公式アカウントバナー広告やタイムライン上に表示される広告などが利用できるようになります。

中国版WeChatアカウント

中国国内向けのアカウントを開設すると、中国人ユーザーに向けて情報が発信できます。
ただし、登録には中国国内で利用されている電話番号が必要です。

中国版WeChatアカウントが必要な理由

中国版WeChatを利用しているユーザーは、海外版WeChatで企業が発信している情報は見られません。
そのため、中国のユーザー向けに情報を発信するには、中国版WeChatアカウントの開設が必須です。

中国版WeChatアカウントを開設するのに必要な情報

企業が中国版のWeChatアカウントを開設するには、中国在住証明書や中国法人であることを証明できるものが必要です。
中国企業と新規事業を立ち上げたり、中国で会社を設立したりすると良いでしょう。

公式アカウントの開設方法

アカウント開設申請をして認証が成功すれば公式アカウントを開設できます。
しかし、日本の法人はサービスアカウントしか選択できません

認証を行う際、第三者機関から問い合わせが来る場合もあるため、中国語の話せる人が必要です。

認証に必要な情報

認証プロセスでは、代表者氏名や会社の住所などの入力が必要です。
さらに、銀行口座や運営者のパスポート番号運営者の携帯電話料金明細書を提示する必要があります。

開設までの期間

企業がWeChatアカウントを開設するためには審査が必要で、1ヶ月ほどかかります
無事に審査に通れば、アカウントIDや表示されるアイコンの設定が行えるようになります。

中国でのマーケティングにはWeChatを活用しよう

今回は、日本企業がWeChatアカウントでできることを紹介しました。
日本企業が中国版WeChatアカウントを開設すると、中国人ユーザーへ新製品の紹介などのプロモーションが行えます。
WeChatを活用して、中国でも効率よくマーケティング活動を行いましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。