物販

【最新版】ネットショップを開業するために必要な知識とおすすめのサービスを紹介

個人でビジネスを始める際に、その手軽さから「ネットショップ」を選ぶ人が増えています。

しかし、ネットショップは気軽に始められるものの、しっかりとポイントを押さえていないと利益を上げることは厳しいです。

では、ネットショップを開業し、成功するためのポイントとは何でしょうか?

この記事では、これからネットショップを開業しようと考えられている方が知っておくべき知識や、ネットショップを開業するのにおすすめのサービスを中心に解説していきます。

ネットショップと実店舗の違いとは?

まずは、ネットショップの運営と実店舗の運営とでは何が違うのかについて解説していきます。

ネットショップとは?

ネットショップとは、インターネット上の店舗(ショップ)のことを指します。

ネットショップの最大の特徴としては、販売から購入まで全てネット上で行われる点が挙げられます。

現在は、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった大きなプラットフォームに店を出して販売を行っていくことが主流となっています。

開業から販売までの流れ:実店舗の場合

実店舗を開業してから販売に至るまでの流れは以下のようになります。

1)建物(店舗)を建てる
2)店舗内の内装を施す
3)店舗で売る商品の陳列
4)お客さんが店舗に来る
5)商品を手にとり吟味する
6)商品を購入する(レジで代金を支払う)

では、ネットショップではどのような流れとなるでしょうか?

開業から販売までの流れ:ネットショップの場合

ネットショップの開業から販売までの流れは以下のようなものになります。

1)ネットに接続する
2)ネットショップ(サイト)を立ちあげる
3)販売する商品の商品ページを作成する
※消費者は実際の商品を見ることができないので、写真や説明文を駆使して商品をアピールする必要がある
4)ネットで集客する(ネット広告やSNSなど)
5)クレジットカードなどを用いて、ネットで代金を支払う
※コンビニ支払いなどの場合もあり
6)商品を梱包・発送する

以上をご覧いただけば、実店舗とは異なることがお分かりいただけるかと思います。

実店舗とネットショップでは、開業に至るまでの準備だけでなく、商品をアピールするやり方も異なります。

ネットショップのメリットとデメリット

ネットショップを開業する場合、店舗を建設する必要がありませんし、店舗を借りるための賃料も必要ないため、手軽だと感じられるかもしれません。しかし、そういったメリットの裏にはデメリットも隠されています。

ネットショップを開業し成功したいのであれば、ネットショップのメリットだけではなくデメリットにも注意を払う必要があります。弱みを知ることでその対策もできるからです。

ということで、早速、ネットショップのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

ネットショップのメリットとは?

ネットショップのメリットは主に以下の4つです。

1)365日24時間営業ができる
2)経費(コスト)が安い
3)全世界を相手にできる
4)趣味や特技を活かせる

それぞれ解説していきます。

1)365日24時間営業ができる

ネットショップは365日24時間営業できるため、常に注文を受け付けることができます。

ネットショップでも定休日が設けられている場合がありますが、ネットショップ自体の運営が止まることはありません。問い合わせへの返信や荷物の発送がされないというぐらいです。

ちなみに、商品や客層にもよりますが、一般的には「夕方から深夜」、「金曜・土曜の夜」の時間帯に注文が多くなります。また、10~20代前半の若年層はスマホから注文することが多いため、通学・通勤時やお昼休みなどを利用して商品を注文する傾向にあります。

365日24時間営業であれば、注文が集中する時間帯だけでなく若年層がよく利用する時間帯でもお店をオープンさせておくことができます。

2)経費(コスト)が安い

続いてのネットショップのメリットは、コストが安くすむ点です。

上でも少しお伝えしましたが、実店舗を開業しようとするとお店の家賃がかかってきます。その場合、一人暮らしのアパートを借りる時などとは違って高額になることが多々あります。お店を出す立地にもよりますが、数百万以上の費用がかかることさえあります。他にも、お店の外装や内装の費用、光熱費や人件費など多くの費用がかかってきます。

しかし、ネットショップを運営する場合はそこまで高額な費用はかかりません。自身でサイトを作れる場合は、サーバー代やドメイン代がかかる程度です。

3)全世界を相手にできる

3つ目のネットショップのメリットは、世界中の人がお客さんになる点です。

実店舗の場合だと、お客さんはお店のある場所に足を運ぶことができる人に限定されてしまいます。それゆえ、お店の場所は人通りが多いところや人口が多いところにする必要がありますし、そのような場所は家賃も高めに設定されていることが多いため費用も余計にかかってしまいます。

しかし、ネットショップなら物理的な制限がないので、お客さんがどこに住んでいようと関係ありません。日本国内だけでなく、世界中の人がお客さんになり得るのです。

ちなみに、まだ世界をターゲットに販売しているネットショップは少ないのが現状です。なので、英語や中国語などが得意な方は、日本から海外向けのネットショップを開設するのも一つの手と言えます。

4)趣味や特技を活かせる

ネットショップの最後のメリットが自分の趣味や特技を活かせる点です。例えば、手作りの小物・似顔絵・イラストなど、日ごろは趣味で作ったり書いたりしているものでも立派に商品になります。

なぜなら、ハンドメイド作品等は量産が困難なため、実店舗で販売するとなると費用倒れになってしまうことがありますが、ネットショップならその心配がないからです。

ネットショップのデメリットは?

続いて、ネットショップのデメリットを解説していきます。

ネットショップのデメリットは主に以下の4つです。

1)ライバルが多い
2)差別化が難しい
3)接客が難しい
4)瞬時に商品を渡せない

それぞれ解説していきます。

1)ライバルが多い

ネットショップの大きなデメリットの1つは、ライバルが多いことです。

ネットショップは、先ほどもお伝えしたように、全世界をターゲットとして販売することが可能です。その反面、どこからでも参入が可能なので、ライバルが増えてしまうというデメリットがあるのです。

2)差別化が難しい

2つ目のデメリットは、差別化が難しいという点です。

ネットの特性として、一度情報が公開されると、その情報は瞬時に世界に広まってしまいます。

したがって、あまり人に知られていない商品を発見しそれを魅力的な文章で紹介したとしても、それが一旦ネットに上がってしまうと、世界中のライバルがこれを知ることとなり、その結果、ライバル達がその商品や紹介文を参考にして似たようなものを出す可能性が生じます。

このように、ネットの世界ではすぐに真似をされるため、周りと差別化しにくくなるというデメリットがあります。

3)接客が難しい

続いてのネットショップのデメリットとしては、接客の難しさが挙げられます。

実店舗の場合だと、お店にいるお客さんの表情やしぐさを把握できるため、それぞれに合った対応や接客ができます。

一方、ネットショップの場合、そういった顔の表情やしぐさからお客さんの真意を把握することができないため、対応が難しくなりがちです。例えば、メールでやりとりするとなると文字だけの対応になってしまうので、誤解が生じることもしばしばです。それゆえ、実店舗での対応以上の慎重さが必要となります。

仮に対応が悪く、お客さんの気分を害してしまった場合、悪いクチコミ(レビュー)を書かれ、お店の売上に悪影響が出てしまうケースもあります。

このように、ネットショップでは、ネットを通じての接客の難しさがデメリットとして挙げられます。

4)瞬時に商品を渡せない

最後のデメリットは、瞬時に商品を渡せないことです。

実店舗なら、その場で商品をお客さんに手渡すことができます。しかし、ネットショップではお客さんが購入した商品をすぐに渡すことができません(※ただし、ソフトウェアなどのダウンロード商品の場合は例外です)。

そのため、今すぐ商品が欲しいと思っているお客さんには敬遠されてしまいます。

ネットショップを構築するためのシステム

「どのシステムを使ってネットショップを開業すればいいんだろう?」

これが、いざネットショップを開業しようと決心した時に多くの方が最初に悩むポイントです。また、最近はネットショップ構築サービスが多数存在しているので、どれが良いのかわからないといった声もあります。

ネットショップを開業するためのシステムを選ぶ際は、お店の規模やコンセプト、予算などを考慮しつつ、自分に合ったものを選ぶことがとても大切になります。

ということで、ここではネットショップを開業するために必要な情報についてお伝えしていきます。

ネットショップの設計サービスとサービス一覧

ネットショップの開業をサポートしてくれるサービスには、大きく分けて4つあります。

1)パッケージソフト
2)レンタルショッピングカート
3)モール
4)専用システム構築

1)パッケージソフト

まずは、パッケージソフトについて解説していきます。

◎パッケージソフトとは?

パッケージソフトとは、ネットショップ(ECサイト)を構築するために必要な基本機能を備えたソフトウェアのことです。これを用いて、レンタルサーバーを借り、インターネット上に自分のネットショップを立ち上げます。

パッケージソフトは「買い切り型」と呼ばれており、家電量販店や通信販売などで購入できます。

代表的なサービスには以下のようなものがあります。

◆ネットショップ・オーナー5
◆ダヴィンチ・カート4
◆ホームページ・ビルダー21

◎パッケージソフトの特徴は?

パッケージソフトの特徴としては、なんといってもネットショップの開業から運営までに必要なシステムがパッケージ化されている点です。

機能面としては、商品を登録してページを増やしていく「ページの自動生成機能」や、注文やお客さんに関する情報を管理するための「受注管理機能」などが付いています。

◎パッケージソフトのメリットは?

パッケージソフトのメリットは、比較的安くネットショップの開業ができ、注文データを手元のパソコンや専用のデータベースで管理することができることです。

また、ベースとなるシステムはあるものの、ある程度自由に仕様を変更することができるのも魅力です。

◎パッケージソフトのデメリットは?

パッケージソフトのデメリットは、必要な機能が足りないケースがあることです。

また、更新の際にシステムの改修費用がかかる(3~5年に1度ほど)のもデメリットとして挙げられます。

さらに、自由に仕様を変更できますが、そのためには専門知識が必要になります。

2)レンタルショッピングカート

次は、レンタルショッピングカートです。

◎レンタルショッピングカートとは?

レンタルショッピングカートとは、ネットショップを運営するために必要な受注管理システムなどを提供するサービスのことです。

一般的にはASPと呼ばれています。ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダーの略)とは、パソコンにソフトをインストールせずに、GoogleChromeなどのウェブブラウザー上で利用するプラットフォーム(サービスの基盤)のことです。

代表的なサービスには以下のようなものがあります。

・MakeShop
・カラーミーショップ
・ショップサーブ
・FutureShop2
・CARTSTAR
・たまごリピート
・E-SHOPSカート
・BASE
・STORES

◎レンタルショッピングカートの特徴は?

レンタルショッピングカートの特徴としては、インストールや開発が必要なパッケージソフトよりも低コストで始められる点です。また、サポートが充実しているなど、初めてネットショップを開く人にやさしいサービスが多いのも特徴です。

ただし、契約プランによっては必要な機能が足りないことや、利益に比して手数料がかさむこともあるので、申し込む前に欲しい機能があるのか十分確認したほうが良いでしょう。

◎レンタルショッピングカートのメリット

レンタルショッピングカートのメリットは、なんといっても費用の安さにあります。

さらに、ネットショップを通じて獲得した顧客情報は全て自社のものになるため、そのリストをもとにメルマガやDMを送ったり、ポイント付与などのキャンペーンを実施したりすることもできます。

また、サービス事業者が必要なシステムやセキュリティの更新を行ってくれるため、自分で費用や時間をかけて対策を行う必要がありません。

◎レンタルショッピングカートのデメリット

デメリットとしては、カスタマイズの自由度が低い点です。

また、すでに基幹システムを導入した後にネットショップとつなげたい場合に、別途開発費用がかかる点もデメリットと言えます。

3)モール

続いては、モールです。

◎モールとは?

モールとは、簡単に言うとネット上のデパートのようなものです。なので、モールには多くのネットショップが集まっています。

◎モールの特徴は?

モールの特徴は、実際のデパートと同様に取り扱い商品数が多いため、それに比例してユーザー数も多いところにあります。また、ネットショップの開業から運営までに必要な機能がほぼすべてモール側から提供される点も特徴の一つです。

ただし、モール内のルールに沿って運営していく必要があるため、ポイントシステムを導入したり、デザインを凝らしたりといったオリジナリティを出しにくいという特徴があります。

◎代表的なモール一覧

・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・ヤフオク!
・Amazon
・ポンパレモール
・DeNA
・eBay
・eLADY
・ZOZOTOWN
・ぐるなび食市場

◎モールのメリットは?

モールの最大のメリットは、集客力の高さにあります。特に主要モール(Amazonや楽天市場など)は知名度が高いため、個人で集客を行う必要がありません。

また、ネットショップの開業に必要な機能がすべて揃っているため、専門的な知識がなくても短期間で開業することができます。

◎モールのデメリットは?

モールを利用するデメリットは、出店数が多いため、自分の商品がライバル店の中に埋もれてしまいがちになることです。

また、モールでは、値下げ競争に巻き込まれたり、モールの独自ルールのせいでオリジナリティが出せなかったりします。

さらに、顧客情報はモール側が管理しているため、メルマガやDMを発行するなどの販促活動が行えず、リピーターの獲得も難しくなっています。

加えて、販売するたびに手数料を取られるので、レンタルショッピングカートなどに比べると利益率が低くなる傾向もあります。

4)専用システムの構築

それでは、最後に専用システムの構築について解説していきます。

◎専用システム構築とは?

専用システムの構築とは、いちからネットショップを構築できるサービスのことです。

◎代表的なサービス一覧

・コマース21
・ECビーイング
・ECキューブ
・EC Direct
・EC-Orange
・Zen Cart
・Cagolab
・Ebisumart
・Mercury
・STAR SERIES

◎専用システム構築の特徴は?

専用システムの特徴としては、ゼロから自分の好きなように作れるため、自由度が高い点にあります。その一方で、コストがかかるのはネックです。

また、モールへの出店とは違い、自身で集客していく必要があるので、集客に多くの労力を必要とします。

◎専用システム構築のメリットは?

専用システム構築のメリットは、何といってもその自由さが挙げられます。ショップのデザインから運営方針まで、自分の思い通りにショップを作ることができます。

◎専用システム構築のデメリットは?

専用システム構築のデメリットとしては、いちからネットショップを作るため、開業するために多額の費用がかかってしまうところです。一般的には、数百万~数千万の資金が必要なケースが多いです。

さらに、システムの補修や更新をするたびに改修費用が発生します。したがって、ある程度の売上が期待できる企業でもない限り、導入のハードルが高くなります。

各サービスの費用と難易度まとめ

最後に4つのサービスの費用と難易度をまとめておきます。

サービスの種類初期費用月額費用難易度
パッケージソフト数十~数千万円なし(一部手数料有)★★☆
レンタルショッピングカート0~数十万円数千~数万円程度★☆☆
モール数万円~数万~数百万円★☆☆
専用システム構築数百~数千万円数十万円~★★★

ここまで見てきたように、それぞれのサービスの違いやメリット・デメリットをよく理解した上で、自分のニーズに合ったシステムを選ぶようにしましょう。

ネットショップの開業に必要な手続き

ネットショップを作るためには開業手続きが必要となります。

ここでは、開業手続きに関するよくある疑問について解説していきます。

開業届

まず、開業にあたっては開業届を出す必要があります

開業届とは、個人事業の開業・廃業等届出書のことで、事業開始後1か月以内に税務署に届け出るよう法律で定められています。この義務を怠っても罰則はありませんが、税金の申告や事業上の手続きに必要になるため、開業届は確実に提出するようにしましょう。開業の日付は、自分が事業をスタートしたと思う日で問題ありません。

開業届を出すメリットは?

開業届を出すメリットは、まず銀行で事業用の口座が開設しやすくなる点にあります。

事業用の銀行口座の名義は「屋号+姓名」となり、屋号は開業届に記載した名称と同じものになるので、しっかりと考えて名前を決めましょう。

また、個人事業主は毎年自分で確定申告をする必要があります。その際、開業届を出しておけば青色申告が可能になります。

青色申告は事前申請が必要?

「青色申告」にはいくつかのメリットがあります。

例えば、65万円の特別控除が適用されたり、家族の給与を経費にできたりします。

ただ、事前に「青色申告承認申請書」を提出していないと青色申告扱いにならないため、こういったメリットを享受できません。

青色申告の申請期限は、青色申告をしたい年の3月15日までとなっていますが、開業後2か月以内に申請をすれば、1年目から青色申告が可能となります。

例えば、開業日が平成29年12月4日の場合、平成30年2月4日までに手続きをすれば平成29年分から青色申告ができます。

おすすめネットショップサービス5つ

ここでは、おすすめのネットショップサービスを5つ紹介していきます。

BASE

ネットショップを出店するなら「BASE」がおすすめです。BASEなら、ほんの数分でネットショップ(ECサイト)が作成できます

手数料としては、商品を販売する際の決済手数料(3.6%+40円)とサービス利用手数料(3%)がかかります。

「とりあえず、ネットショップを開業したい」とお考えの方は、まずは「BASE」を利用してみると良いでしょう。

参考:BASE

Amazon(Amazon.co.jp)

Amazonは、今や世界中の人々が利用しているモール型のネットショップです。みなさんもAmazonで何か買い物をしたことがあるかと思いますが、実は個人で商品を出品することもできます。

また、Amazonが広告を打ってくれるため、集客に労力を割く必要はほとんどありません

Amazon(Amazon.co.jp)には、「大口」と「小口」の2種類の出品方法があります。「大口出品」では月額4,900円を支払うことで、Amazonでの出品に関するサービスを全て利用することができます。一方、「小口出品」だと、1件成約するごとに販売手数料を支払うことになります。

したがって、本格的にモールへの出店を考えている場合は大口出品、お試しで商品の販売をしたい場合は小口出品と使い分けていくのがおすすめです。

参考:Amazon

楽天市場

みなさんもご存じ、楽天市場は日本で最大級のネットショッピングサイトです。ただ、楽天市場は、利用料金が高いことで有名です。

プランごとの料金は以下のとおりです。

プラン月額費用契約期間
がんばれ!プラン19,500円1年間(一括払い)
ライトプラン39,800円3ヶ月間(一括払い)
スタンダードプラン50,000円1年間(年2回分割払い)
メガショッププラン100,000円1年間(年2回分割払い)

楽天市場を利用する場合は、プランによってSEO対策が異なるため、「かんばれ!プラン」から始めて、翌年から「スタンダードプラン」に切り替えていくのがおすすめです。

参考:楽天市場

Makeshop

「ネットショップを作っても、集客できるか不安」という方は多いでしょう。そんな方には、「Makeshop」がおすすめです。

「Makeshop」は月額登録制となっており、特におすすめは「プレミアムプラン」です。プレミアムプランでは、集客が不安な方のために、月額料金を支払わずに他メディアに商品を登録することができるようになっています。

上記で紹介した「BASE」同様、「ネットショップを経験してみたい」という方におすすめです。

もちろん大規模なビジネス用としても利用できるので、ショッピンサイトを立ち上げるなら「Makeshop」も選択肢に入れておきましょう。

参考:Makeshop

EC-CUBE

「EC-CUBE」は、有料のサイトテンプレートを購入してサイトを立ち上げることができるサービスです。月額制となっており、月額費用は7,800~37,800円ほどです。

サイトのテンプレートを購入する以外にも、会社を選んでサイトの制作を発注することも可能です。

また、テンプレートの購入者向けに、ネットショップ運営を円滑に行うための定期的な勉強会やセミナーなども開催されています。

ただし「EC-CUBE」はどちらかというとプロ向けなので、「気軽に始めたい」という方には「BASE」や「Makeshop」をおすすめします。

参考:EC-CUBE

ネットショップの開業にはいろいろな方法がある!

今回は、ネットショップのメリット・デメリットから、ネットショップを立ち上げるために必要な知識やおすすめのサービスまでを紹介してきました。ネットショップの構築方法には様々な種類があることをおわかりいただけたと思います。

ネットショップを開設する際のコツは、自分に合ったサービスを選ぶことです。この記事を参考にしつつ、ぜひ自分らしいネットショップを作ってください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。