物販

ヤフーオークション初心者向けガイド!登録~入札・出品まで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクは日本最大級のオークションサイトです。常時6,000万点以上の商品が出品されており、カテゴリ数は40,000以上です。買取ショップに持っていっても数十円で買い取られてしまう物でも、需要があれば数百円~数千円の値がつきます。また、ほぼ新品の商品が定価の半額程度で落札できることもあります。

今回はヤフオク初心者に向けて、ヤフオクの基本的な使い方を解説します。

ヤフオクに出品する方法

最初に、ヤフオクに出品したい人に向けて、出品前の準備から発送後の流れまで、基本的な取引方法を解説します。

Yahoo JAPAN ID登録

ヤフオクに出品するのに必要な手続きは以下の3つです。

・Yahoo JAPAN IDの登録
・本人確認(モバイル確認)
・Yahoo!ウォレット

参考: Yahoo JAPAN ID登録

参考: Yahoo!ウォレットトップ

Yahoo!プレミアム会員登録は任意

2018年11月12日にルールが改定される前は、オークション出品するにはID登録に加えてプレミアム会員登録(月額498円)が必要でした。しかし、現在はプレミアム会員にならなくても出品できるようになっています。

ただし、プレミアム会員になると以下の特典が受けられます。

・落札システム利用料が8.64%になる(無料会員は10%)
・入札予約ができる
・Yahoo!マネーを使うと最大3%ポイント還元
・お買いものあんしん保証を受けられる

初回出品の流れ

ヤフオクに出品するには、まずヤフオクのホームページを開いてください。

参考: ヤフオク

そして、右上の「フリマ出品」か「オークション出品」をクリックしてください。フリマ出品は固定価格出品のことです。

初回出品時は、出品者情報の登録画面になります。必要事項を入力してください。

続いて、商品カテゴリを選択してください。

出品フォームが表示されるので、必要事項を入力しましょう。

出品のコツ

商品タイトルには、入札者が検索しやすいキーワードを含めましょう。具体例を以下に示します。

・商品名、型番
・ブランド名(メーカー名)
・用途
・サイズ
・ターゲット(メンズ、レディースなど)

加えて、「限定品」「美品」「新品未開封」などの購入意欲をそそるキーワードをタイトルの先頭に持ってくると良いです。

商品説明文には、最低でも以下の項目は記載するようにしましょう。

・商品名、型番
・ブランド名(メーカー名)
・色
・サイズ
・重さ
・材質(素材)
・商品の状態(傷・汚れの有無)
・商品の保管状況
・商品の購入時期
・商品の使用用途
・出品理由

オークション終了日時は、ヤフオク利用者が最も多くなる日曜の午後10時〜午後11時に設定すると入札されやすくなります。

商品画像の重要性

ヤフオク出品では商品画像が最も大切です。なぜなら、入札者が一番最初に見るのが商品画像であり、画像で興味を持ってもらえなければ、商品説明など全く読んでもらえません。

ヤフオクには10枚まで商品画像をアップロードすることができます。10枚フルに使って商品の魅力を目一杯伝えましょう。

有料オプションは使う必要なし

ヤフオクには有料の出品オプションがありますが、最初は使う必要はありません。どうしても使いたい場合は、「注目のオークション」を利用しましょう。

発送方法の選択

発送方法に関しては、よほど高価な商品でない限り一番安い配送サービスを選択しましょう。出品者送料負担の場合はもちろん、落札者負担の場合も送料が安い方が喜ばれます。一番安いのは日本郵便の配送サービスです。

配送途中で商品が破損しないように、丁寧に梱包して発送しましょう。少し高価な商品の場合は追跡番号を発行してもらいましょう。

商品が落札された後

落札後の流れを以下に示します。

1.お礼メッセージを送る
2.落札者へ支払い請求
3.落札者から入金報告
4.入金確認後、梱包して発送
5.発送連絡

落札された後は、まずはお礼メッセージを送りましょう。落札者からメッセージが送られてくる場合もあります。

次に支払い請求をします。ヤフオクでの支払いはすべて「Yahoo!かんたん決済」で行われます。これは落札者が先払いした代金をヤフオク運営が一時預かり、商品の到着を確認した後、出品者に預かっていた代金を支払うというシステムです。これにより未着・未入金トラブルを避けることができます。

取引後の評価

ヤフオクでは落札後に出品者と落札者がお互いを評価できるようになります。出品者が評価するタイミングは発送連絡後が一般的です。

評価は任意であるため、評価しない利用者もいます。しかし、最初のうちは評価を稼ぐ必要があります。こちらから積極的に評価して、「私の評価もよろしくお願いいたします。」と催促しましょう。

ヤフオクで落札する方法

続いて、ヤフオクで入札・落札する方法と注意点を解説します。

入札・落札は手数料無料

ヤフオクでは、入札・落札に手数料はかかりません。落札者が支払わなくてはいけないのは、商品代金と送料だけです。最近は出品者が送料を負担してくれるケースも増えているため、さらにお得に落札できるようになっています。

商品検索のコツ

まずは落札したい商品を検索しましょう。検索方法は大きく分けて2つです。

1.カテゴリ検索
2.キーワード検索

「冬用のコートが欲しい」というように用途が決まった商品を探すには、カテゴリ検索が便利です。

「○○のムートンジャケットが欲しい」というように欲しい商品が明確に決まっている場合は、キーワード検索が便利です。キーワード検索する際も、カテゴリで絞り込むと良いです。

早く欲しいという場合は、検索結果で「残り時間順」に並び替えましょう。すぐ落札できる商品が見つかります。

入札前の確認事項

欲しい商品が見つかっても、すぐに入札してはいけません。入札前に以下の3点を必ず確認しましょう。

・商品説明
・送料
・出品者情報

まずは商品説明文を最後まで読みましょう。特に商品の状態や付属品の有無は必ず確認しましょう。商品説明文が雑な場合は、入札を控えた方が無難です。

次に送料です。送料をどちらが負担するかとその具体的な金額は必ず確認しましょう。

最後に出品者情報です。出品者の評価と過去の取引履歴を確認して、信頼の置ける出品者かどうか確かめましょう。

入札を取り消される場合がある

ヤフオクでは誰でも入札できますが、新規利用者の場合は入札が取り消されるケースがあります。

というのも、出品者の中には取引に慣れていない新規利用者との取引を敬遠する人が一定数いるためです。そのような出品者は、大抵の場合「新規お断わり」と明記しており、入札しても削除されることが多いです。

入札のコツ

基本的には「新規お断わり」と書かれているオークションへの入札は控えましょう。

どうしても入札したい場合は、入札してから「新規利用者ですが入札させていただきました。よろしくお願いいたします。」と一言そえると、入札を削除されにくくなります。

自動入札システムについて

ヤフオクの入札は全て自動入札システムを利用して行うことになります。

これは最高入札額を入力すれば、現在価格から最高額の間で自動的に入札するシステムです。例えば、現在価格500円のオークションに最高入札額1,000円で入札してそのまま落札した場合は、500円で落札できます。

入札単位について

また、オークションには入札単位があります。これは既に入札者がいるオークションに入札する際に、現在の価格に上乗せしなければいけない最低価格のことです。入札単位は現在価格によって異なります。

現在の価格入札単位
1円~1,000円未満10円
1,000円~5,000円未満100円
5,000円~1万円未満250円
1万円~5万円未満500円
5万円以上1,000円

例えば、現在価格2,000円のオークションに入札する場合は、2,100円以上でないと入札できません。

現在価格+入札単位以上の価格であれば、1円単位で入札価格を設定できます。

落札

あなたを上回る入札がなければ落札できます。

落札後の流れ

1.出品者に発送に必要な情報を伝える
2.支払い請求が来たら入金する
3.入金報告をする
4.発送連絡が来る
5.商品を受け取る

商品到着後に評価

商品到着後は、出品者の評価をしましょう。良い取引であった場合は良い評価を返すのがマナーです。

ただし、何か取引に不満がある場合は、評価をしないという選択もありです。悪い評価をしてしまうと、あなたも報復として悪い評価を返される可能性があります。

ヤフオク取引は簡単

ヤフオク取引は誰でも簡単に行なえます。決済システムもヤフオク運営が仲介するYahoo!かんたん決済のみとなっているため、未着・未入金トラブルもほとんどありません。ぜひ一度利用してみて、その便利さを実感してください。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る