物販

【ヤフオク出品】プレミアム会員が無料で利用できる!?有料と無料の差を総まとめ

Yahoo!のプレミアム会員は、月額462円(税抜)でさまざまなサービスを利用することができます。ヤフオクは何も制限されずに利用でき、それ以外にもたくさんのメリットがあります。今回はヤフオクプレミアム会員についてご紹介します。

Yahoo!プレミアム会員はヤフオクとヤフーショッピングに特化

プレミアム会員で利用できる特典には以下のようなものがあります。

【ヤフオク】

・出品に制限が一切かからない

・入札予約機能が利用可能

・落札システム利用料の8.8%(プレミアム会員以外10.0%)還元

【Yahoo!ショッピング】

・ヤフートラベルでの補償対象

・LOHACOで対象金額の3%相当戻ってくる

【その他】

・漫画が無料で読める

・ファストフードなどの飲食店での割引クーポンが利用可能

・メールボックスの容量が無制限

これだけではなく、他にもいろいろと特典が付いてきます。

プレミアム会員はヤフオクに制限がかからない?

プレミアム会員の主な特典は、制限なくヤフオクに出品が可能というものです。

ヤフオクには「フリマ出品」というプレミアム会員にならなくても利用できる出品方法があります。

ですが、以下のような制限がついてしまいます。

・オークション形式不可

・決済方法⇒代金支払い管理サービス

・発送方法⇒1種類のみ選択可能

・開催期間⇒7日間固定

・有料オプションの利用不可

・自動再出品不可

プレミアム会員にはこれらの制限がなく、定額出品とオークション形式での出品が可能です。

開催期間や発送方法も好きな方法を選択することができます。

入札予約が便利!

オークファンが提供している「入札予約」という機能があります。

終了間際に入札できない時や、入札を忘れてしまった時のための対策にとても便利な機能です。

オークションが終了する30分前まで入札予約を使用でき、予約には終了2分前まで指定可能です。

オークファンとは、国内外のオークション・インターネットサイトをまとめて検索できるサイトで、Yahoo!と業務提携をしています。

会員ごとに利用できる機能に違いはある?

ヤフオクのフリマ出品とオークション出品では、利用できる機能に違いがあります。

プレミアム会員に登録することで、オークション出品を行え、さらに便利な機能を利用することができます。
○…設定可/×…設定不可

機能Yahoo!プレミアム登録なしYahoo!プレミアム
特定カテゴリおよび掘り出し中古車カテゴリへの出品(※1)×
商品説明のHTMLタグ入力×
個数1個9個まで
終了日時13時間~7日後を1時間単位で設定可13時間~7日後を1時間単位で設定可
Yahoo!かんたん決済以外の決済方法×一部カテゴリで可
送料をあとから連絡×
送料を着払い設定×
配送方法の設定1種類のみ複数設定可
自動延長×
ONのみ
自動再出品の設定×
総合評価による制限×
ONのみ
悪い評価の割合による制限×
ONのみ
入札者認証制限×
出品者情報の手動開示の設定×
注目のオークション×
あなたへのおすすめコレクション×
その他
下書き保存×

オプションの設定

Yahoo!プレミアム会員がオークション出品で出品する際に、オプション設定を行うことができます。

【オプション】

・入札者評価制限(無料)

・入札者承認制限(無料)

・自動延長(無料)

・早期終了(無料)

・自動再出品(無料)

・出品者情報開示前チェック(無料)

おすすめのオプションは?

無料オプションの中でおすすめできるものをご紹介します。

1.入札者評価制限

トラブルを避けるために利用するオプションで、マイナス評価の入札者などが入札できなくなります。

2.自動延長

オークション終了5分以内に入札があった場合、自動で5分延長されます。

入札者同士が価格を競り上げ、商品に高値がつくこともあるためおすすめです。

3.早期終了

自身の好きなタイミングでオークションを終了させることができます。

4.希望落札価格

自身で設定した価格に達した時点でオークションが終了となります。

5.終了時間

オークションを終了する時間を設定でき、土日の夜など、ユーザーが増える時間帯がおすすめです。

6.自動再出品

入札がないままオークションが終了した場合、自動で再出品することができます。

最大3回まで利用でき、出品料は無料です。

自身で再出品してしまうと、出品手数料を支払わなければいけないため、3回の自動再出品をうまく利用しましょう。

必要ない設定もある?

1.早期終了

自身の好きなタイミングで終了することはできますが、実際にあまり利用する機会は少ないオプションです。

2.出品者情報開示前チェック

いたずら入札時など、個人情報開示前に許可を求められることがあります。

実際に個人情報を知りたい場合は、通常通りに取引を行うだけなので、あまり意味はありません。

取引がワンテンポ遅くなってしまうデメリットもあります。

Yahoo!プレミアムは無料で利用できる

Yahoo!プレミアムは有料会員で、月額462円(税抜)がかかります。

これはキャンペーンを利用すると無料でプレミアム会員になれます。

プレミアム会員では、ヤフオクの出品手数料が安くなったり、他のヤフーのサービスなどでもメリットはたくさんあります。

6ヶ月無料キャンペーンって何?

プレミアム会員が6ヶ月無料というキャンペーンが実施されています。

会員登録をした月から6ヶ月となります。

1.Yahoo ショッピングで買い物をする

2.「ショッピングカート一覧」ページで、「Yahoo!プレミアム会員に登録してご注文手続きへ」ボタンを押して注文を完了する。

このキャンペーンで会員になると、6ヶ月分の月額費用「2,772円(税抜)がお得になります。

6ヶ月無料と3%相当が戻ってくる

先ほどお伝えした通り、キャンペーンページから登録をすると6ヶ月無料でプレミアム会員になれます。

さらにYahoo!ショッピング経由でプレミアム会員になると、いつでも3%相当が戻ってきます。

3.【6か月分無料でお試しする】をクリックする。

Yahoo!ショッピング注文手続き

4.契約内容の確認ページを確認し、登録する。

参考:Yahoo!ショッピング

オークション出品の利用も無料に

ヤフオクでの出品方法は、出品者が価格を設定する「フリマ出品」と、落札者側が希望の価格で入札する「オークション出品」があります。

従来はフリマ出品のみ無料で誰でも利用可能でしたが、オークション出品はプレミアム会員の登録が必要でした。

ですが2018年11月12日より、オークション出品も無料で利用できるようになりました。

フリマ形式とオークション形式のどちらも選択できるようになります。

月額498円が「0円」に!?

今までのヤフオクの「オークション出品」では、プレミアム会員への登録が必須でした。

ですが、今回の変更でプレミア会員の登録をしていなくても利用できるようになりました。

商品タイトルなどの最低限の必要情報の入力で出品が可能です。

匿名配送の機能も利用することができ、オークション出品が気軽に行えるようになりました。

プレミアム会員でなくても「フリマ出品」と「オークション出品」が利用できます。

非プレミアム会員に制限はある?

オークション出品も無料で利用することができ、プレミアム会員になる必要がないのでは、という声も多く上がっています。

ですが、無料のオークション出品とプレミアム会員のオークション出品には差があります。

【非プレミアム会員】

・オークション終了日時:翌日21:00~23:00
・価格設定:開始価格
・落札システム利用料:10%
・商品状態:新品、中古
・送料負担:出品者、落札者

【プレミアム会員】

・オークション終了日時:7日+11時間(選択可能)
・価格設定:開始価格、即決価格
・落札システム手数料:8.8
・商品の状態:新品、中古、その他
・送料負担:出品者、落札者(「出品時送料指定」「落札後送料指定」「着払い」から選択)

【プレミアム会員のみができること】

・商品状態の説明
・返品可否の説明
・早期終了
・値下げ交渉
・自動再出品
・自動再出品(自動値下げ)
・オプション機能
・海外への対応
・出品者情報の手動開示
・配送方法の追加

利用者が多い便利な「自動再出品」や「下書き機能」は利用不可となります。

【非プレミアム会員の注意点】

・オークション終了日時の選択不可

・即決価格での出品

・落札システム利用料10%(プレミアム会員:8.8%)

月の落札額が3万7千円以上の場合、落札システム利用料がプレミアム会員費を上回ってしまうため、比較的高額な商品の出品が多い方はプレミアム会員になることをおすすめします。

少額の出品、もしくは少数出品の場合は無料のオークション出品を活用することで、お得にヤフオクを利用することができます。

無料ユーザーへの選択肢を増加

非プレミアム会員とプレミアム会員はすべて同じ扱いではありません。

あくまでも今回の変更は、「無料で利用できる選択肢の増加」です。

ですが、今回の変更で非プレミアム会員のユーザーが活性化されることは明らかです。

【徹底比較】ヤフオクとメルカリはどっちがいい?

今ではフリマアプリやオークションアプリなどには、たくさんのユーザーがいます。

日本で最大のフリマアプリ「メルカリ」と、日本最大のオークションアプリ「ヤフオク」はどちらがより良いのでしょうか。

この2つを徹底的に比較していきます。

販売手数料に違いがある

ヤフオクでもメルカリでも、商品が売れた際には手数料を支払う必要があります。

どちらも「売上金×○%」となっていて、それぞれの手数料は以下の通りです。

ヤフオク(プレミア会員):8.8%

ヤフオク(非プレミアム会員):10%

メルカリ:10%

メルカリは一律10%なのに対し、ヤフオクでは会員であれば8.8%となります。

メルカリの10%とヤフオクプレミアム会員の8.8%、一見メルカリのほうがお得に見えますが、実際にはヤフオクプレミアム会員は月額498円がかかるため8.8%+498円となります。

そのためヤフオクの販売手数料はメルカリより安くなるとは言えない場合があります。

15,000円の商品を出品した場合の手数料比較
メルカリの場合15,000円の10%で1,500円の手数料
ヤフオクプレミアム会員の場合15,000円の8.8%で1320円+月額498円で1818円の手数料

上記の場合手数料を差し引いた利益はメルカリの場合13,500円、ヤフオクプレミアム会員の場合13182円となります。

若干メルカリの方がお得という結果になります。

しかしヤフオクプレミアム会員の498円は月に1回だけの支払いなので何度も出品するのであればヤフオクプレミアム会員のほうが安くなる場合があります。

更に、1度しか出品しないとしても高額の商品を出品するのであればヤフオクプレミアム会員の方がお得になってきます。

45,000円の商品を出品した場合の手数料の比較比較
メルカリの場合4,5000円の10%で4500円の手数料
ヤフオクプレミアム会員の場合45,000円の8.8%で3960円+月額498円で4458円の手数料

この場合メルカリの利益は40,500円、ヤフオクプレミアム会員は40520円。
若干ですがヤフオクプレミアムのほうがお得になります。

つまり高額商品を何度も出品するのであればヤフオクプレミアム会員の方がお得ということになります。

ヤフオクの送料がお得に

送料はどちらも出品者負担か、落札者負担かを選択できます。

ヤフオクでは出品者負担にした場合、落札者負担にするよりも送料がお得になります。

【出品者負担】サイズ別全国一律料金、送料最大71%オフ

【落札者負担】発送元から届け先の地域やサイズごとに送料を決定する

ヤフオクでは落札者負担が多かったため、出品者負担にする場合は「送料込」とタイトルに記載しましょう。

落札者負担と出品者負担の送料は、「ヤフネコ!ネコポス」が「30円」、「ゆうパケット」が「35円」出品者負担のほうが安くなります。

ヤフオクネコポス送料

比較料金は「出品者負担」の場合になります。また表の料金は全て税込となります。

比較の結果

出品方法は、ヤフオクとメルカリはとてもよく似ています。

注意点として上げられるのは、以下の2つです。

・ヤフオクの無料出品はオークション期間がほぼ1日に固定される

・ヤフオクでは出品後にタイトル、金額、発送方法の変更は不可

プレミアム会員になると出品期間などの工夫も可能になります。

出品する商品次第で、サイトを使い分けることをおすすめします。

メルカリとヤフオクではユーザー層も変わってくるため、それぞれのよく売れている商品などはチェックしてみましょう。

ヤフオクに出品したいと思う理由

メルカリとヤフオクはどちらもたくさんのユーザーがいます。

実際に両方を使い分けている方もいますが、以下の理由からヤフオクを選ぶ人が多くいます

・販売手数料の差

・メルカリの値引き交渉の多さ

・売上金の換金

・出品画像枚数の違い

メルカリは値引き交渉が日常茶飯事

メルカリでは値引き交渉が積極的に行われています。

出品をすればほとんどの商品に値引き依頼がされます。

フリマアプリであるため、値引きすることには何も問題はありません。

ですが、実際には非常識な値引きコメントをしてくるユーザーも多くいます。

「8,000円の商品を4,000円に」という値引き交渉がされるケースもあるほどです。

メルカリのでは、値引きコメントがついていると、回答があるまで他のユーザーは手を出さないという傾向があり、余計な手間と時間がかかっていしまいます。

商品説明文に「値引き交渉不可」と記載しても、中には値引きコメントをしてくる方もいます。

このように専用出品してからの値引き交渉が行われることもあります。

ヤフオクでは値引きに関してはオプションで選択できるため、オプションをつけてしまえば値引きにかかる時間も削減できます。

売上金の換金にかかる手間

メルカリで売上金を換金する場合、1万円以下だと手数料がかかります。

メルカリもヤフオクも、売れた代金は売上金として管理されますが、手数料には差があります。

メルカリ:金額にかかわらず振込手数料200円

ヤフオク:PayPayにチャージ、またはジャパンネット銀行への振り込みは振込手数料無料、ジャパンネット銀行以外の口座への振り込みは1回につき100円(税込)

出品画像枚数は?

メルカリ:10枚まで

ヤフオク:10枚まで

メルカリでは以前まで4枚までとされていましたが、10枚掲載できるようになりました。

細かい情報を知りたい商品に、画像での情報は必須です。

これは出品者側にも影響があり、フリマやオークションは実際に手に取って商品を見ることができません。

ですが、トラブルを避けるためには傷や汚れ、シミなどがある商品は、その点を理解してもらう必要があります。

まとめ

ヤフオクは日本最大のオークションサイトです。

プレミアム会員にならなくてもオークション出品を行えるようになり、さらなる活性化が見込めます。

日本最大のフリマアプリ「メルカリ」と比較しても引けをとらず、メルカリよりも優れている点も多くあります

自身の出品したい商品や、その商品のターゲット層などを理解して使い分けることもおすすめです。

以上、ヤフオクのプレミアム会員や、メルカリとの比較情報をお伝えしました。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。