物販

ヤフオク!高く売れるための出品方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオク!はネットビジネスをしている方にとっては、無くてはならないネットオークションです。日本最大級のオークションで、毎日大量の商品が出品されています。

最近ヤフオク!で物販を始めたけれど、思ったより売れなくて悩んでいるという方はいませんか?売れたとしても落札額が安くて、あまり利益になっていない方もいるでしょう。

「もしかしたら物販向いていないかも」と落ち込んでいるのであれば、一度今までのやり方を変えてみましょう。商品をただ出品するだけでは売れません。

そこで、今回は高く売れるためのコツと、出品した商品に入札件数が増えるためのポイントをご紹介していきます。

ヤフオク!に出品してみよう

ヤフオク!はコツさえ掴めば、出品した商品が次々と売れていくようになります。そのためには、他の出品者と区別をつけるための工夫をしていく努力は必要です。

ネットでビジネスをしている方にとっては、最初は売れなかった商品が売れるようになると嬉しいものです。そのためには、買い手に商品への興味をもってもらうことから始めていきましょう。

もし売上がなかなか伸びないのであれば、今までの売り方に疑問を持ってみましょう。きっと改善点が見えてくるでしょう。

ヤフオク!ではどんな商品でも出品可能

オークションの最大のメリットは「不用品、処分品が売れる」ことです。家に眠ったままの使わないもの、処分しようとしていたものがヤフオク!ではすぐに売れたりします。

自分にとっては要らないものでも、他の人からすれば探し求めていた商品の可能性もあります。例として↓の画像の商品も落札されています。

「まさかこの商品が…」なんてものでも売れることがあります。どうせ売れないだろうと思わずに、出品してみましょう。

処分するのにお金が掛かってしまうものでも、出品すればお金に変えることも可能です。

出品する前に必要なこと

ヤフオク!ではオークションだけではなく、フリマ出品もできます。それぞれの違いと特徴を簡単に説明していきます。

・オークション

ヤフオク!といえば、日本最大級のネットオークションです。1つの商品に対して数人の買い手が競り合い、最終的に一番高い金額で入札した人が落札できる仕組みです。

・フリマ出品

近年人気の高いフリマアプリが、ついにヤフオク!でも導入されました。2016年にフリマ出品がリリースされたばかりなので、比較的新しい機能です。出品方法はオークションとは違い、即決価格を設定して、その価格に納得した買い手が購入するという仕組みです。ネットショッピングのようなもので、誰かが競り合うことはなく、すぐに購入が決まります。

また、オークションに出品した商品が落札された場合、「落札システム利用料」が発生します。この利用料は通常10%発生しますが、Yahoo!JAPANプレミアム会員の方であれば8.64%に抑えることができます。

Yahoo!JAPANプレミアム会員は月額498円(税込)ですが、ヤフオク!をビジネスとして物販をしている方や、毎月高い売上金がある方は会員になった方がお得になる可能性があります。登録を検討してみてはいかがでしょうか。

Yahoo!JAPANプレミアム会員の登録はこちらから行えます

ヤフオク!の出品方法

ヤフオク!で商品を出品する方法は以下の通りになります。

落札後の取引が心配と思う方は安心して下さい。「かんたん取引」という便利な機能があるので、こちらから操作すれば初心者でも簡単に取引を行えます。

ヤフオク!での転売のノウハウ

転売屋としてはヤフオク!のようなネットオークションは稼ぐためにはもってこいの場所ですが、商品を売るのは思った以上に大変なことです。ましてや、ビジネスとなると売上が伸びなければ意味がありません。

そこで、転売した商品が高く売れるためのノウハウを学んでいきましょう。

安い価格で落札されないためには

ヤフオク!で開始価格を1円にすることで、かなりの高確率で落札されます。在庫を早く捌きたいと思う商品があれば、1円スタートほど魅力的なものはないでしょう。

大抵の場合は1円スタートでも相場価格まで入札されますが、そのまま1円で売れたり、または安い価格で売れることがあります。高く売りたい商品なのに、1円スタートをすると安い価格で落札されるリスクもあります。

安い価格で落札される理由としては、同じ商品が他の出品者によって低価格で売られている、もしくは逆にあまり出品されることのない商品のため、検索されていないことも考えられます。他にも終了時間の設定が悪かったなども理由はありますが、安い価格で落札されるのを防ぐ方法があります。

それは、終了時刻の1分前に出品取り消しを行う方法です。終了1分前になれば、入札してくる人はほとんどいません。もちろん例外はありますが、ヤフオク!では「自動延長」の設定ができ、終了5分前に価格が上がると繰り返し延長になるシステムがあります。

そのため、買い手は終了間近になると入札するのを避けます。

もし、もっと高い価格で売りたいのであれば入札を取り消すのもよいでしょう。出品取り消しシステム利用料は540円発生しますので、利用料を理解した上で取り消しましょう

「利用料を払うくらいなら、そのまま安い価格で落札された方がよいのでは?」と思う方もいるでしょうが、出品している商品が高く売れそうな物であれば、利用料以上に高い価格で売れる可能性があります。

ただし、出品取り消しばかり行うとヤフオク!側から怪しまれることがあります。また、入札があるのに出品取り消しをすると、入札者も欲しいと思っていた商品が手に入らなくなります。出品取り消し機能は便利ではありますが、それに見合った商品かどうか見極めてから実行しましょう。

即決価格で出品した方がよい商品

開始価格と共に設定できるのが、即決価格です。自身で決めた価格を設定をして、その価格で欲しいと思った買い手が購入してくれます。

出品者も買い手も納得のいく価格で、商品の売買ができます。すぐに商品の落札が決まるので、出品者にとってはありがたい仕組みではありますが、なかなか売れにくいという点があります。

「なるべく安い価格で落札したい」という買い手が多いので、即決価格だと高く感じて購入するのを躊躇ってしまいます。出品者は即決価格を設定する際に、相場を参考にしますが、買い手からすれば相場よりもなるべく安く済ませたいのが本音です。

しかし、即決価格で購入したいという買い手もいます。即決価格で購入したい人は、「今すぐに、その商品を必要」とする人です。

即決価格を設定するべき商品は「あまり出品されていない物」です。レアな商品は、マニア向けになるため競り合う相手がいません。開始価格を安く設定すると、安く買い叩かれる可能性があります

競争されにくい商品こそ即決価格を設定しておきましょう。

レアな商品を高価格で落札させる方法

即決価格に設定するために、レアな商品を調べるためにオークファンを使ってみましょう。

入手困難なものや、プレミア価格がついた商品は高く売れます。価格設定時には、相場よりも高めにしておきましょう

マニアに受ける物は希少価値が高いので、高価格で売れますが、売れるまでには時間がかかります。焦らずに落札されるのを待ちましょう。

最低落札価格の使い方

「最低落札価格」という機能がヤフオク!にはあります。希望の落札価格を設定しておくことで、その価格に達成するまで落札されません。有料オプションなので、108円の料金が発生します

たとえば、開始価格を1円に設定して、最低落札価格を10,000円にします。買い手が7,000円の入札をしようとしても、最低価格に達していないので、入札できない仕組みになっています。

そして、入札額が最低落札価格よりも安かった場合は、「あなたが入札した金額は、出品者が設定した最低落札価格よりも低い金額です」と表示されます。10,000円より安い価格で売りたくないときに利用ができるので、10,000円以下で売れることはありません。

この最低落札価格を設定しておくことで、絶対に希望の価格で落札されるようになるというわけです。

しかし、この最低落札価格の機能を嫌がる買い手が多いというデメリットがあります。というのも、最低落札価格を設定しても買い手には非公開になっています。

つまり、設定された価格が分からないので、いくら入札すればよいのか分からないのです。そのため、最低落札価格を設定された商品の入札を避ける人もいます。

確実に最低落札価格で売りたい商品であれば、商品説明欄に価格を記載しておきましょう。記載しておくだけで、買い手側はスムーズに安心して入札することができます。入札しやすい環境を作っておくだけで、商品の売れ行きも変動してきます。

ヤフオク!で商品が売れない原因を探ってみる

ヤフオク!であれば商品もすぐに売れるはず!と思ったのに、売れ行きが悪い…なんてことはありませんか?

利用者数も多く、他の出品者を見ていると次々と商品が落札されているのに、なぜ売れないのでしょうか。

売れない原因は必ずあるので、改善しなくてはいけない部分を探っていきましょう。

閲覧者がいない

そもそも出品した商品に閲覧者がいない場合があります。アクセスしてもらうためのポイントも説明していきます。

売りたいという意欲がない

商品を売りたいのであれば、その意欲が買い手に伝わるようにしましょう。商品がよく売れている出品者を参考にしたり、どうすれば入札者が増えるか考えてみましょう。

他の出品者と区別化するだけで、閲覧者も増えていきます。

とにかく安く落札したい

オークションを利用して商品を購入するということは、少しでも安く購入したい方が多いです。もしかしたら、今設定している商品の金額が高い可能性があります。価格変更する際は、ヤフオク!での相場を調べてみましょう。

落札しても問題ないか心配している

ヤフオク!の取引方法ですが、落札者が先に代金を支払ってから、出品者が商品を発送します。買い手は入札時に「商品はきちんと届くのか」、または「この出品者は本当に信頼してもよいのか」など心配する方もいます。

そんな印象を与えないためにも、しっかりとした対応を心掛けましょう。「この出品者は安心できる」と思わせることが大切です。

8つのポイント!出品した商品を高価格で落札してもらうには

ちょっとした工夫をするだけで、入札件数が増え、商品も次々売れていきます。また、ヤフオク!は個人間で取引を行うので、トラブルなどは避けたいものです。

納得のいく価格で商品が売れる方法と、スムーズに安心して取引が終了できるように、これから8つのコツを見ていきましょう。

その1 誠意が伝わるようにする

出品するときには、商品の状態をしっかりと記載しておきましょう。

・新品、未使用、美品、中古品

・傷あり、傷なし

・汚れあり、汚れなし

・使用回数

・いつ購入したか

これらを正直に書いておきましょう。高く売れてほしいからといって、汚れがあるのに「汚れなし」と嘘の記載するのは絶対にNGです。例としては「1年前に購入したコートです。たくさん着用していたため、使用感があり、袖の部分が少し破れています。」と悪い部分を伝えることで、誠意が伝わります。

そして、商品説明や自己紹介の欄で誠意をアピールをするのも重要なポイントです。「迅速かつ、丁寧な対応を心掛けています。」といった一言があるだけで、印象が良くなります。

商品を大切に扱う

商品を出品する際に気を付けたいのが、いくら出品する商品が不用品だとしても、売り物だということには変わりません。

なるべく綺麗に保つことが必要です。シャツを出品するのであれば、アイロンをかけるだけで綺麗なシャツに仕上がります。商品は大切に扱いましょう。

開始価格を高く設定する、もしくは安く設定する

商品によって、「高い価格でスタート」か「安い価格でスタート」するか決めましょう。

開始価格を高めに設定して、結局入札されずに終了したとします。その後、1円スタートにした途端に入札件数が増え、最初に設定していた価格以上で落札されるケースがあります。

逆に1円スタートしても、需要が低い商品は検索する人が少ないので、競争相手がいないまま1円で落札されることがあります。需要が低い商品こそ、相場~高めの価格で設定しておくとよいでしょう。

終了時刻に注目する

終了時刻の設定に注目しましょう。入札されにくい時間を避けて、ヤフオク!に人が集まる時間を狙うとよいでしょう。

狙い目は夜の21~22時で、この時間帯に集中して人が集まります。最終的な落札額は、タイミング次第で変わってきます。

綺麗な画像を用意しよう

ピンボケした写真、清潔感のない画像だと購買意欲が失せてしまします。購買意欲を刺激するには、綺麗な画像を用意しましょう。

画像を用意するにあたって注意する点は…

・すっきりとした背景で撮影

・床で撮影する場合、商品以外の物が映らないようにする

・商品にピントを合わせる

・明るい場所で撮影する

などが挙げられます。もし服を出品するのであれば、自分自身で着用するなど、商品をよりイメージしやすいようにコーディネートして撮影すると効果的です。

季節感のある商品を出品する

季節外れの商品は、検索すらさえないので売れにくいです。真夏なのに、冬物の衣類が欲しい人がいるとは思えません。

季節を問う商品は、その季節にふさわしいタイミングに出品しましょう。

最近の流行りや、人気の高い商品はアピールする

人気のある商品はとにかく売れます。今話題のものや、流行っているものに注目しておきましょう。もう処分しようとしているものがあれば、ヤフオク!でどれだけ需要があるか調べてみましょう。もしかしたら、高く売れる人気商品の可能性があります。

商品の説明欄でも「今人気の~」「現在流行している〇〇」と書いておけば、さらに購買意欲が刺激されます。

興味が惹かれる商品名と商品説明

魅力的な画像を用意することも大切ですが、商品名と商品説明もこだわりましょう。出品する商品の「良い」部分をアピールしていきましょう。

・新品、美品、未使用

・レア、希少価値、入試困難

・人気、流行

これらの一言を商品名や商品説明に付け加えると、より一層商品が魅力的に見えます。買い手の視点になって、「この言葉があれば買いたくなるな」と探っていきながら、文章にもこだわっていきましょう。

ヤフオク!で商品がよく売れる時期

ヤフオク!に限りませんが、商品がよく売れる時期が存在します。時期を気にせずに出品しているのであれば、とてももったいないです。

その時期を狙って出品すれば、思っている以上の高い価格で落札が決まります。

そもそも、よく売れる時期はいつなのか見ていきましょう。

ボーナス時期

ボーナス時期は自分へのご褒美として、買い物をする人が増えます。また、普通の買い物だけではなく、高い買い物が増える時期でもあります。

なかなか普段は購入できない商品であっても、ボーナス時期には奮発する人も多いです。高価な商品を出品する際は、ボーナス時期を狙ってみましょう。

ハロウィーンの時期

近年日本でも浸透してきたハロウィーンですが、いろいろあるイベントの中でもグッズが豊富です。コスチューム、仮装用の化粧品、あとはウィッグなどもよく売れます。

パーティーに使用するかぼちゃのグッズや、ハロウィーンの飾りも人気です。

クリスマスの時期

クリスマスの時期といえば、プレゼントを購入する人が増えます。大人から子供に、恋人同士でプレゼントを送ったりします。

プレゼント用としての玩具などはもちろん、クリスマスツリーやオーナメントもよく売れる商品です。

年始

年末になると出品が増えていきます。理由としては、大掃除をして不用品が出てきた、あるいは新年に向けて断捨離をしていく傾向があります。

年末に出品した商品が売れると、お金になって自分の利益となり、その売上金で新年に買い物する人が増えます。そして、新年を迎えると古い物を新調する人もいます。

あと、新年になるとやはり福袋が目玉なので、年始早々に福袋が大量に出品されています。まとめ売りやバラ売りができるので、福袋で使わない物があれば出品してみるのもよいでしょう。

連休の間

仕事をして普段忙しいため買い物ができない人は、連休中にネットショッピングなどを利用して商品の購入をします。

ネットでの買い物は、ゆっくりと簡単に購入ができるというメリットがあります。連休中は外出しても人が混んでいるので、自宅で買い物を済ませることができます。

まとめ

いかがでしたか?

高く売れるためには出品する際の工夫と、タイミングを見計らう必要があります。ヤフオク!は個人間のやり取りなので、相手に誠意を伝える努力をして「非常に良い」評価を貰い、次に繋がるようにしましょう。

売上が伸びなくて悩んでいる方は、今回ご紹介した売れるためのポイントを、ぜひ参考にしてみて下さい。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法