物販

ヤフオク!初心者でもスムーズに出品~取引を行う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオク!は自分が売りたい物をすぐに出品できるのが魅力です。パソコンやスマートフォン1台あれば、自宅や外出先でも売買ができるので非常に便利ですが、オークションならではのトラブルや面倒もつきものです。

しかし、ヤフオク!に慣れれば出品した商品を次々と売り、トラブルや面倒なことも事前に防ぐことができます。2018年3月からはアプリ限定でオークション出品が無料に、さらに11月からはブラウザ上でも無料となったことをきっかに、ヤフオク!に興味を持った人も多いのではないでしょうか?

ヤフオク!のシステムは簡略化されてきているので、初心者でも操作に迷うことなく誰でも簡単に売買が行えます。これからヤフオク!を利用してみたいという方に向けて、出品から取引までの仕組みをご紹介していきます。

ヤフオク!であれば不用品も売れる

ヤフオク!では一体どんな物が売れるのでしょうか?

捨てようと思っていた物、ずっと家の中に眠っていた物など、もう必要のない物がヤフオク!に出品すればお金になってしまうのです。自分が不用品だと思っていても、他の人からすれば「喉から手が出るほど欲しい物」の可能性もあります。

たとえばこちらの商品はどうでしょうか。

リサイクルショップへ持って行ったとしても買い取ってくれない商品です。また、これが売れるとは思えませんが、ヤフオク!で出品すれば欲しがる買い手が出てくるかもしれません。

物によっては処分するのにお金が掛かってしまうこともあるので、もし家に不用品がある場合は一度出品してみましょう。思っていた以上に高い金額で落札されることもあります。

不用品こそ売れる商品の可能性がある

ヤフオク!はネットビジネスをするのに便利なサービスです。捨てようと思っていた物や、リサイクルショップで売ってもほとんどお金にならない商品でも売れてしまうのです。

しかも、オークションなので欲しいと思う人が大勢いれば、競争が起きて高い落札額になる可能性もあります。自宅にネット環境さえあればどんな物でも売ることができるので、手間を掛けずに収入を得ることができるのです。

ただし、商品を出品するのは簡単ですが、その商品が売れなければ意味がありません。そこで、売れるためにやっておくべきことを説明していきます。

ヤフオク!で出品するメリットとは

スマートフォンが普及したことにより、外出先でもどこでもネットができる環境になりました。最近ではフリマアプリの人気が高まっており、主婦や若者を中心に多くの利用者が活用しています。

そこでなぜ「ヤフオク!」を利用するべきなのか考えてみましょう。

ヤフオク!は日本のネットオークションの中でも最も古い歴史があります。誰もが一度はヤフオク!を利用したことがあるのではないでしょうか?

利用者数は他のオークションサイトよりも圧倒的に多く、どれほどの集客力があるのか、グラフから見てみましょう。

こちらのグラフはオークション・フリマサービス利用者数による比較ランキングとなります。

つまり、集客力が多いということは、それくらい商品の購入目当ての人たちがいるということです。ユーザーが多ければ多いほど、自分が出品した商品が売れやすくなるのです。その上2018年3月以降からは遂にヤフオク!でも出品が無料となりました。以前までは出品するためにはYahoo!プレミアム会員(月額498円)の登録が必須でした。

無料になったということで、気軽に利用することができるようになったので、今まで以上にヤフオク!ユーザーが増えていくでしょう。

仕入れの方法

物販でビジネスするとなると「いかに安く仕入れることができるか」「良い商品を仕入れることができるか」が重要になってきます。

利益をより多く出すために、仕入れのルートを持っておきましょう。仕入れのルートを確保しておかなければ、後々仕入れが途切れてしまい大変なことになってしまうので、そのような事態は避けていきましょう。

それではどうやって仕入れのルートを確保するのでしょうか?仕入れもネットショッピング、フリマアプリといった個人で買い物するようなショッピングサイトで仕入れていきます。安く買って高く売ることができれば、大きな利益を得ることができます。

それでは、安く仕入れるためのポイントをいくつか挙げてきます。

・セールに注目しておく

大型ショッピングサイトのAmazonや楽天などはセールを行っているので、チャンスを逃さないようにチェックしておきましょう。いつどの商品がセールになるのか把握しておき、またメールマガジンを登録しておくとよいでしょう。

・検索されていない商品を探す

検索されていない商品は競争相手が少ないので、安い価格で仕入れることができます。オークションの場合、大抵の出品者は商品をなるべく多くの人に見てもらいたい、買ってもらいたいという気持ちがあるので、検索に引っ掛かりやすいように工夫をします。

しかし、検索に引っ掛かりにくい商品があります。たとえば、「アイフォン8」と「iPhone8」だとどちらの方が出品数が多いでしょうか。もちろん、後者の「iPhone8」の方が出品数が多く、閲覧者も多い傾向にあります。つまり、この場合だと「アイフォン8」と検索した方が競争率が低いので、狙い目となります。

・海外のオークション「eBay」から仕入れる

世界最大のオークションサイトのeBayから仕入れる方法もあります。世界で利用されているeBayは商品の数も豊富です。そのため、欲しい商品が手に入りやすいですし、海外ブランドの輸入品は手数料も含まれるので、日本のネットショッピングではどうしても高い価格で販売されています。

直接海外から購入することで手数料が発生せずに安価で仕入れが可能となります。

海外の商品を買うには便利なオークションサイトではありますが、やはり海外なので日本のサイトよりも安全とは言えません。商品が届かない、偽物が届く、不良品が届く、クレジットカードが悪用されるなどのトラブルが発生することもあります。

特にアジア圏は偽物が多いためなるべく避けましょう。そしてトラブルを回避するためには安全性の高い出品者かどうかを見極めていきましょう。そのためには評価の高い出品者だということを確認した上で購入しましょう。

・「モバオク」といったヤフオク!以外のオークションサイトを利用する

ヤフオク!は上記でも申し上げたように、ユーザー数は圧倒的に多いです。つまり大抵の人たちがヤフオク!を利用しているので、競争率が高くなってしまいます。そこで、ヤフオク!よりも利用者が少なめのモバオクであれば競争率が低くなり、購入しやすくなるのです。

初心者はヤフオク!とメルカリのどちらがよいか

最近のフリマアプリの人気は高く、スマートフォンがあれば商品の売買が行えます。以前までヤフオク!で出品するには有料サービスのYahoo!プレミアム会員(月額498円)の登録が必須だったため、フリマアプリの方が簡単に使えるイメージがありました。

ところが、2018年3月以降からはヤフオク!アプリ版限定でオークション出品が無料に、さらに同年11月からはブラウザ上でも出品が無料となりました。

それでは無料となった「ヤフオク!」と、無料フリマアプリの「メルカリ」のどちらを利用するべきなのでしょうか?比較していきながら、メリットとデメリットを見ていきましょう。

ヤフオク!とメルカリの比較

まずは、ヤフオク!とメルカリの違いを見ていきましょう。

・メルカリ

出品方法 フリマ出品

月額利用料 無料

販売手数料 10%(税込)

振込手数料 \10,000円未満の場合は\210 \10,000以上の場合は無料

・ヤフオク!

出品方法 オークション形式orフリマ出品

月額利用料 無料 ※全てのオプションを利用するにはYahoo!プレミアム会員(月額498円)に登録が必要。

販売手数料 10%(税込) ※Yahoo!プレミアム会員は8.64%(税込)

振込手数料 無料

ヤフオク!の出品方法は従来のオークション形式に加え、2016年以降に導入されたフリマ出品から選ぶことが可能です。

オークションの場合は、競売なので買い手同士が入札していき、最終的に高い金額を入札した人が落札できる形式です。一方フリマ出品の場合は、出品者が販売価格を設定し、その価格に納得した買い手が購入する形式となっています。

それぞれの利用者層の比較

・メルカリ

メルカリはスマートフォンアプリに特化しており、また新しいサービスなので主婦や若い層が多い印象です。

メルカリのメリットである気軽に使えるという点が人気であり、ちょっとしたお小遣い稼ぎや家にある不用品を売るために使っている方がほとんどです。しかし、値下げ交渉の文化が根強く、マナーを守れないユーザーもいます。

・ヤフオク!

一方、ヤフオク!は昔からある歴史の長いオークションです。そのため若い層よりも、昔から利用しているユーザーが多い印象があります。また、物販ビジネスの場として利用している方も多いため、メルカリに比べると売買に対しての意識が高く、安定した取引を行っています。また、トラブルを防ぐために独自のルールを持っている方もいます。

やはりネットで金銭のやり取りをするにあたって、お互い顔が見えないからこそ信頼関係が必要となってきますので、ヤフオク!の方が安全性は高いでしょう。

ビジネスをするのであればヤフオク!

・メルカリ

メルカリでは出品期間が決められていないため、売れなくても再出品する必要がありません。再出品する手間は省けますが、毎日大量に出品されている商品の中に埋もれていくので、数日経つと売れにくくなってしまうという点があります。

メルカリで商品を検索すると、新着順に表示されます。そのため商品を売れやすくするためには、また再出品しなければいけません。

・ヤフオク!

出品期間があるため売れなかった場合は再出品をしなければいけませんが、便利な出品ツールの「AucTown」を利用することで、簡単に検索上位に表示することができます。他の商品に埋もれることがないので、買い手の目にもつきやすくなります。

ヤフオク!には便利な外部ツールが豊富

ヤフオク!には外部の便利なツールがあります。どれもヤフオク!公認のツールなので安心して使えるのが大きなメリットでしょう。

QuickDo オークション代行サービス

出品作業や落札後のやり取りを全て行ってくれるサービスです。

AucTown 簡単出品ツール

出品作業、画像管理、一括大量出品を簡単にできる出品ツールです。

オークファン 相場検索

過去の落札相場を調べることができ、価格設定時に役に立つツールです。

上記のツールは仕事をより効率良くするためのものなので、時間を短縮化したい、もっと楽に出品したい方は使ってみるとよいでしょう。

ちなみに、メルカリでは公式の出品代行サービスなどの外部ツールがなく、またメルカリ規約によると「出品者とは別の第三者の商品を代理で出品すること」は禁止行為とされています

ヤフオク!出品前に必要なこと

ヤフオク!で商品を売るとなると、出品するまでに必要なものがあります。難しい操作などはないので、初めて利用する方でも簡単に準備を整えることができます。

出品して売れるためのコツ、登録方法などを初心者でも分かりやすいように詳しく説明していきます。

出品前に実績を作ることが重要

ヤフオク!を一度でも利用したことがある人であればお分かりかと思いますが、評価というのが非常に重要になってきます。

もし、評価が全くついていない状態で出品しても、買い手側からすれば「この出品者は安心して取引を行えるのだろうか?」と不安になってしまいます。個人間で金銭を扱うので、誰でも慎重になります。

そこで買い手に信頼をしてもらうためには、実績作りを最初に行っておきましょう。実績を作るためには、まず買い手側になることです。つまり、初心者がすぐに売り手になって評価を貰うのは難しいので、買い手になって評価を貰っていきましょう。

いきなり高い買い物をすると怪しまれてしまうので、日用品や消耗品など手軽に買える物がよいでしょう。そして、取引した出品者から評価を貰うことができれば、実績が次々とついていきます。

10以上の評価がついてから商品を出品すれば、買い手は安心して入札を行ってくれるでしょう。

しかし、買い手側になった時に気を付けないといけない点もあります。それは、新規・初心者ユーザーの場合は入札を断られるケースがあるということです。ヤフオク!出品者の多くは、「ヤフオク!新規ユーザー・初心者の入札お断り」というルールを自己紹介や商品説明欄に記載しています。

このようなルールがあるのは、いたずら入札を防ぐためです。または、初心者ユーザーの中にはヤフオク!の使い方をよく理解しておらず、トラブルになってしまう可能性があるためです。

出品者の中には新規・初心者ユーザーであっても、入札対応してくれる人もいるので、商品ページから「はじめまして。ヤフオク!利用は初めてですが、入札してもよろしいでしょうか?誠意をもって対応させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。」と、問いかけてみましょう。

そして、「良い」評価を貰うためには、出品者に好印象を与えましょう。買い手側になった時も相手に安心してもらうことが大切です。そのためには返信・入金・受け取り連絡は迅速に行いましょう。

Yahoo!JAPAN ID取得をする

ヤフオク!で商品を出品するためには、まずYahoo!JAPAN IDの取得をしましょう。

1. Yahoo!JAPANのトップページにアクセス

2. トップ画面にある「新規取得」をクリック

3. 登録画面になるので、項目に沿って入力していきましょう

入力項目は「メールアドレス」「Yahoo!JAPAN ID」「パスワード」「郵便番号」「生年月日」「性別」です。そして最後にTカードを「持っている」「持っていない」を選択します。

4. 「Yahoo!JAPAN IDを取得する」をクリックすれば取得完了です。

また、以前のヤフオク!では出品するためには有料サービスであるYahoo!プレミアム会員(月額498円)の登録が必須でしたが、2018年3月以降からは登録不要で無料出品が可能となりました。そのため有料会員にならなくても出品はできますが、登録することで落札システム利用料が安くなる、Yahoo!サービスを利用することでポイントが貯まっていくなど会員限定の特典を受けることができます。

会員登録はこちらからどうぞ【Yahoo!プレミアム会員

登録する際に「Yahoo!ウォレット登録」へ入力を行います。入力項目は「氏名」「住所」「電話番号」「支払い方法」となります。支払い方法はクレジットカードか、Yahoo!が指定する銀行口座から支払うことができます。

Yahoo!が指定している銀行口座は以下の通りです。

ジャパンネット銀行

楽天銀行

みずほ銀行

三菱UFJ銀行

モバイル確認を行う

ヤフオク!へ出品するためにはモバイル確認を行います。

ヤフオク!ヘルプ – モバイル確認について

モバイル確認とは、携帯電話やスマートフォンを確認することによって、利用登録が正しく行われたことを認証する手続きとなります。確認作業とはいえ、操作は簡単になっています。

1. 出品を行っている最中にモバイル確認のページが表示された場合、携帯番号かスマートフォンの電話番号を入力

2. 認証する電話番号に誤りがないか確認して「送信」ボタンをクリック

3. SMSを受信

4. コード入力画面から、SMSに記載されている認証コードを入力

5. 「規約に同意して認証する」ボタンをクリック

これでモバイル確認は完了です。

ヤフオク!に出品してみよう

ヤフオク!に出品する際に、Yahoo!ウォレット登録から代金受取口座の登録を行います。

Yahoo!ウォレット登録ページへアクセスします。

氏名、住所、電話番号を入力します。

次に受け取り口座の入力を行います。

ゆうちょ銀行、その他の銀行から選べます。ネット銀行のジャパンネット銀行と楽天銀行にも対応しています。

ゆうちょ銀行以外の銀行で登録したい場合は「金融機関名検索」から検索しましょう。

銀行口座の情報を入力後、「同意して登録」ボタンをクリックします。

これで、ヤフオク!の売上金受取が可能となります。

出品する商品のカテゴリを選択

それでは商品の出品をしていきましょう。

商品を出品する時は、必ずカテゴリ選択を行います。

「リストから選択する」「キーワードから選択する(出品カテゴリ選択)」「履歴から選択する」の3つの選択方法から、商品に合ったカテゴリを選んでいきます。

カテゴリが決定したら「このカテゴリで出品する」をクリックすればOKです。

商品情報の入力

次に出品する商品の情報を入力していきます。

・商品名

商品名は検索でヒットしやすいように、ブランド名や型番は必ず記載しておきましょう。買い手が欲しい物を探す時に検索されやすいワードを入れておくことが重要です。

・商品の状態

出品する商品を細かく検品し、「新品、未使用」「未使用に近い」「目立った傷や汚れなし」「やや傷や汚れあり」「傷や汚れあり」「全体的に状態が悪い」の中から選びましょう。

・商品説明

商品説明はなるべく詳細に書いておきましょう。買い手にとって「購入時期」「動作確認」「商品状態・使用感」「商品サイズ」などは知っておきたい情報です。商品写真だけではどうしても情報が伝わりにくいこともあるので、文章でカバーをしていきましょう。

・開始価格・即決価格

開始価格と即決価格(任意)を設定します。価格設定に迷った時は「オークファン」で過去の相場を調べて決めていきましょう。

オークファン

・終了する日時

終了日時の設定にはこだわっていきましょう。時間帯によって、入札件数が増えたり増えなかったりします。人が集まりやすい時間帯を狙って設定することがポイントです。夜の21~22時の間が入札が増えると言われており、その時間帯に合わせて終了時間を22~24時の間で設定しておくとよいでしょう。

綺麗な商品写真を用意する

次は、商品の写真をアップロードしましょう。写真は買い手の購買意欲を刺激する材料となり、写真の撮り方によって落札額も変わってきます。高い価格で落札されるためには、綺麗な写真を用意しましょう。

写真のアップロードの方法と、写真を綺麗に撮るコツを詳しく見ていきましょう。ヤフオク!アプリ版から写真を撮ることもできますが、今回はパソコンからのアップロード方法で説明していきます。

【写真のアップロード方法】

出品画面の上部にアップロードボタンがあるのでクリックします。

写真は最大10枚まで登録ができます。パソコンのファイルを開いてアップロードしましょう。

アップロードは、これで完了です。

【写真撮影方法】

それでは例として、サングラスで出品用写真を撮っていきます。

1. 撮影はスマートフォンでOK

最近のスマートフォンは高画質なので、デジカメを用意しなくても大丈夫です。スマートフォンのカメラを起動させて、予め画像サイズを正方形に設定しておくことをおすすめします。写真を正方形にしておくことで、アプリから閲覧しているユーザーからも見やすくなります。

2. 背景はシンプルに

商品を撮影する背景はシンプルにして、商品が目立つようにしましょう。ごちゃごちゃした背景だと清潔感に欠けてしまい、商品の魅力が減ってしまいます。白い背景が一番綺麗に写りますが、白い商品だと同化してしまうので、商品の色に合わせて背景も変えましょう。

3. 商品を綺麗な状態にする

シワやホコリがついた商品の写真が出品されていたら欲しいと思いますか?雑に扱われた商品は清潔感がなく、そのうえ売る気がないように見えます。いくら中古品であっても、商品には変わりありません。衣類の場合はシワがあってもアイロンをかけるなど、綺麗な状態で撮影を心掛けましょう。

4. 明るさ調整

暗い写真にならないように、明るめの場所で撮りましょう。しかし注意しなければいけないのが、光を飛ばしすぎると肝心の商品が見えなくなるということです。昼間の明るい時間帯で、明るい場所で撮影するのがベストでしょう。

5. ぼやけた写真はNG

ピントの合っていないぼやけた写真はNGです。どんな商品なのか分からないため、欲しいと思う人も少ないでしょう。カメラと商品のピントをしっかり合わせて、撮影を行いましょう。

6. 商品の特徴を撮影

商品の特徴を撮影しましょう。こちらのサングラスはロゴが特徴的なので、ロゴが強調できる写真を撮ることです。全体写真だけでは細かい部分まで見ることができません。細かい部分を載せておくだけで、買い手は「どんな商品なのか」イメージがわきやすくなります。

7. ブランド名、型番、ロゴを撮影

衣類だと首元や服の内側のタグ部分にブランドのロゴがあるので、そちらも撮影して載せておきましょう。「〇〇〇のブランドです」と商品説明で記載してても、相手には本物かどうか見分けることができません。

また、電子機器の場合は型番を撮影しましょう。同じような電子機器がたくさんあるので、写真だけで見分けられるようにすることで、買い手にとってスムーズな買い物ができます。

8. 商品の汚れ・傷を撮影

トラブルに発展しないためにも、商品の悪い部分は撮影しておきましょう。正直に汚れや傷などがあることを伝えることで、買い手は安心します。売れてほしいという気持ちから、悪い部分を隠してはいけません。

9. 加工する

ヤフオク!のアプリ版は加工機能があるので、非常に便利になっています、しかし、今回はパソコンからのアップロード方法になるいので、スマートフォンカメラの編集機能を使って画像を加工してみましょう。

過剰な加工は避けて、写真の補修程度で利用するとよいでしょう。

10. 文章で伝わらないことは写真で伝える

例えば、「先セルの部分に傷あり」と書いてても、どれくらい傷かあるのか分かりません。文章にして書くことも大事ですが、それを写真にしておくことで商品がどのような状態なのか分かりやすくなります。

ネットオークションは、実際に商品を手に取って選ぶことができません。その代わりに文章と写真だけで判断ができるように、詳しく丁寧に伝える努力をしましょう。

ヤフオク!の有料オプション

ヤフオク!には以下の有料オプションがあります。

・あなたへのおすすめコレクション

・注目オークション

・太字テキスト

・背景色

・目立ちアイコン

・贈答品アイコン

・アフィリエイト

これらのオプションは設定したからといって必ず売れるとは限りません。効果が出るように活用すれば売上も伸びていく可能性がありますが、基本的には有料オプション無しでも大丈夫です。

ヤフオク!の発送方法

ヤフオク!にはどのような発送方法があるのか見ていきましょう。

・ヤフネコ!ネコポス

・ヤフネコ!宅急便コンパクト 

・ヤフネコ!宅急便

・ゆうパケット(おてがる版)

・ゆうパック(おてがる版)

・クリックポスト

・定形郵便

・定形外郵便

・レターパックプラス

・レターパックライト

・ゆうメール

・ゆうパック

・宅急便(ヤマト)

・飛脚宅急便(佐川)

送料はなるべく安く済ませたいものです。そこで、送料を出品者負担にして、ヤフオク!が提供する発送サービス「ヤフネコ!パック」か「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」の利用をおすすめします。

「ヤフネコ!パック」はヤフオク!とヤマト運輸が連携しており、「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」はヤフオク!と郵便局が連携した発送サービスです。どちらも匿名配送、宛名書き不要、送料全国一律というお得な発送方法です。

全ての項目を入力後、一番下にある「確認する」ボタンをクリックします。

入力に間違いがないか確認して、「出品する」ボタンをクリックします。

これで出品作業は完了です。

落札後の流れ

ヤフオク!に慣れないうちは、落札された後のやり取りに不安になってしまうことがあるでしょう。

どんなメッセージを送ればよいのか、また発送のタイミングがいまいち分からない…と心配しがちです。そんな不安感をなくすために、落札後も相手とスムーズに気持ちよく取引ができるようにする方法を見ていきましょう。

取引ナビでやり取りを行う

落札された後のやり取りは全て「取引ナビ」から操作を行います。

流れとしては…

1. 落札者から取引を開始する(出品者は連絡待ち)

2. 送料がすでに決まっている場合は、落札者が入金を行います。送料が未定の場合は出品者が金額を提示してから、落札者が入金を行います。

3. 入金が完了の連絡が届いてから、商品を発送します。

4. 落札者が商品を受け取ると「受け取り連絡」を行います。

5. 取引完了です。

取引ナビ使い方ガイド

取引ナビでは基本的にメッセージは送らなくても、取引を進めることができます。メッセージのやり取りが面倒だと思う人もいれば、一言もメッセージがなくて不安になる人もいます。

インターネット上の取引だからこそ、安心感を与えるために「はじめまして、〇〇と申します。この度は落札していただきまして、誠にありがとうございます。短い間ですが、お取引終了までよろしくお願いいたします。」と、挨拶とお礼だけの簡潔なメッセージを送ってもよいでしょう。

そして、追跡番号がある場合はメッセージにて落札者に伝えておくのも重要です。

発送するタイミング

発送するタイミングは、必ず入金の連絡が来てから行いましょう

ヤフオク!の支払い方法は現在「Yahoo!かんたん決済」に統一されています。この支払いシステムは、落札者が入金→ヤフオク!側で一旦代金を受け取る→落札者が「受け取り連絡」をすると、出品者へ代金が支払われる、という仕組みになっています。入金の連絡が来る前に発送しないように注意しましょう。

商品の発送

入金の連絡が届いたら発送をしましょう。発送する際、商品を綺麗に梱包することが大切です。配送中に雨が降っても中身に浸透しないように二重梱包したり、割れ物や壊れやすい物はプチプチや緩衝材で商品を保護しましょう。

たとえば自分がネットで商品を注文して、いざ届くと梱包が雑だとがっかりしませんか?せっかく購入してもらっているので、商品は丁寧に扱っていきましょう。

取引終了後は「評価」をする

最後に相手の評価を付けましょう。評価は「非常に良い」「良い」「普通」「どちらでもない」「非常に悪い」の5段階になっています。

特にトラブルがなければ、評価は「非常に良い」を付けましょう。「悪い」「非常に悪い」は明らかに落札者側に非があった時に付けることはありますが、安易に「悪い」以下の評価を付けるのは避けましょう。

初めてヤフオク!を利用する際に知っておきたいこと

全く知らない相手とインターネット上で売買を行うと、些細なことでもトラブルに発展することがあります。そして、利用者の中には詐欺目的の悪質ユーザーもいるので、気を付けなければいけません。

とはいえ、いくら気を付けていてもトラブルに巻き込まれてしまう可能性はあります。そんなトラブルを事前に防ぐためのポイントと、トラブルになった後の対処法を頭に入れておくと、いざという時にも冷静に解決することができます。

出品用のテンプレートを作成する

まず出品する前に、専用のテンプレートを作成しておくと便利なのでご紹介します。

こちらの「@即売くん」はボタン操作だけで簡単にテンプレートの作成ができます。

@即売くん

テンプレートを作っておくと、他のユーザーから見やすくなり、効率よく出品作業ができるというメリットがあります。

注意事項は必ず記載しておく

出品する時に自己紹介と商品説明欄には必ず「注意事項」を記載しておきましょう。この注意事項があることで詐欺・トラブル防止になり、落札者との取引も問題なく進めることができます。

よく起こる問題は…

・商品に不備はないのに返品したいと言われた

・理不尽なクレームを言われた

・入金されない

などが挙げられます。上記のようなトラブルは注意事項として書いておくことで減らすことができます。

そこで、ヤフオク!でよく見かける「注意事項」をまとめてみました。

・入金は〇〇日以内にお願いいたします。

Yahoo!かんたん決済は、支払い期限が設けられています。しかし、落札者の中には期限内に支払わない人もいます。いつまでも待っていても仕方がないので、入金期間を出品者側から提示しておくとよいでしょう。

・ノークレーム・ノーリターンでお願いいたします。

苦情、返品は受け付けないという意味です。利用者の多いヤフオク!なので、中には理不尽なクレームや返品を言ってくるユーザーもいます。もし、商品に不備があった場合は、なるべく返品対応をしましょう。汚れや傷があったのに見逃していた場合は出品者の責任となるので、柔軟な対応をしていきましょう。

・神経質な方は入札ご遠慮ください。

中古品を出品する場合は記載しておきましょう。傷があることを商品説明や写真でしっかり伝えていても、いざ商品が落札者の元へ届くと「傷があって気になる」などと言われることがあります。

中古品、難あり商品だと理解した上で購入してもらうようにしましょう。

ヤフオク!を長年利用しているユーザーは、上記のように注意事項を作ることで気持ち良い取引ができるように工夫をしています。他ユーザーを参考にしていくのもよいでしょう。

送料を記載しておく

送料は地域や重さによって料金が異なるので、「この商品は送料いくらなんだろう?」と気になってしまいます。

発送方法を決める時は、出品画面から配送方法・送料を調べることができます。サイズ・重さを計って送料を記載しておきましょう。

付属品等は記載しておく

付属品、購入時の箱の有無については、商品説明欄で分かりやすく記載しておきましょう。付属品が付いていないことを書いていない場合「付属品がついていない」というトラブルの原因にもなってしまいます。悪気がなくても、相手からすれば騙されたと受け取る人もいるでしょう。

買い手は付属品の有無で購入を考える人もいる、ということを知っておきましょう。商品本体の情報も大切ですが、細かい部分にも気を使っていきましょう。

トラブルになってしまった時の対処法

ヤフオク!は個人間で行われる売買です。そのためトラブルがあった時も自分で対処しなければいけません。そんな時に備えてトラブルの対処法も覚えておきましょう。

詐欺にあったかもしれないと思ったら、まずは相手に取引メッセージから連絡をしましょう。メッセージを送っても返答がない、状況が変わらない場合は以下の方法で解決していきましょう。

【内容証明郵便を相手に送る】

内容証明郵便を取引相手に送ることで、督促した証拠を残すことができます。内容証明郵便を送るためには受取人(相手)の住所と氏名の情報が必要です。

【少額訴訟制度】

60万円以下の金銭の支払請求について争う簡易裁判制度です。

【警察へ被害届けを出す】

警察へ被害届けを出すには、自分と相手の情報と、メールの交換記録や状況を詳しく説明するメモなどの資料が必要です。

【未着・未入金トラブルお見舞い制度】

ヤフオク!では「未入金」「商品が届かない」といったトラブルが起こった時に、支払い・落札金額をお見舞いする制度があります。

未着・未入金トラブルお見舞い制度

こちらの制度はYahoo!JAPANによって審査が行われます。審査に通った場合に、お見舞い制度の対象となります。また、Yahoo!プレミアム会員の方は、さらに手厚いサポート制度の「お買いものあんしん補償」を受けることができます

ヤフオク!の魅力とは

ヤフオク!は歴史のある日本最大級のネットオークションです。

誰もが一度は聞いたあるオークションであり、毎日大量の商品が出品されています。個人的に出品している人から、ビジネスとして商品を出品している人まで、さまざまな人が利用しています。

最近ではフリマアプリの人気が急上昇し、幅広い年代がネットで稼ぐ時代になってきました。数年前までは、ネットで稼ぐ場所といえばヤフオク!が独占していましたが、時代の変化と共にスマートフォンのフリマアプリを使って稼ぐのが当たり前のようになっています。

若い世代に圧倒的な支持を得ているメルカリは、無料で気軽に利用ができるという、まさにニーズに合わせたサービスになっています。そのため、ヤフオク!は「使いづらい」「難しそう」「オークション形式が面倒」というイメージがあります。

メルカリの場合はフリマ形式なので、販売価格を設定すればその価格で買い手が購入してくれます。

一方ヤフオク!はオークションなので競売となります。開始価格を設定して出品すると、欲しいと思った買い手が入札していきます。落札額は終了するまで分かりませんが、そこもオークションの面白さでしょう。

相場以下で売れることがありますが、商品によっては相場以上の落札額になることもあります。出品に工夫をすれば、入札件数が増えて売上に反映されます。そこがオークションならではの物を売る楽しさがあります。

また、2016年6月からは「フリマ出品※旧称ワンプライス出品」が導入されたことにより、ヤフオク!は物販がしやすい環境となりました。それに加えて2018年3月以降から出品が無料になったことで、若い世代でも気軽に利用できる方向へ改善されています。「使いづらい」というイメージを払拭するために、現代の需要に応えています。

ヤフオク!では「オークション」か「フリマ出品」を選択することができるので、物販をする際も用途によって使い分けることができます。

ヤフオク!が気になる、または始めたばかりで使い方が分からないという方は、今回ご紹介した出品方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。ネット物販をするにあたっての注意点に気を付けながら、楽しくヤフオク!を活用していきましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法