物販

売上アップのコツ!ヤフオクの出品アカウントを複数持つメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誰でも気軽に商品を販売できるネットビジネスはとても便利ですが、インターネット特有のトラブルも多発しています。

相手の顔が見えないまま取引を行うヤフオクでは、用途に応じてアカウントを分けることによってトラブル回避やリスク分散が可能となります。

普通の会社員も、メールアドレスを公私で使い分けることがありますよね。

というわけで今回は、ヤフオクのアカウントを分けるメリットをお伝えしたいと思います。

ヤフオク出品に必要な条件

はじめに、ヤフオクへの出品時に必要な条件を確認しておきましょう。

Yahoo! JAPAN IDの取得
◆本人確認またはモバイル確認
Yahoo!プレミアムへの登録(フリマ出品は登録不要)
Yahoo!ウォレットへの登録

本人確認とモバイル確認の壁

ヤフオクに出品する際は、原則として本人確認かモバイル確認が求められます。

おすすめは、手間のかからないモバイル確認です。本人確認は書類を送ってから承認されるまで時間がかかるからです。

ただし、モバイル確認は1つのYahoo! JAPAN IDに対して複数の電話番号を認証できません。さらに、認証後は変更や解除ができないという制約もあります。

本人確認なしでアカウントを増やす方法 その1

実は、本人確認をせずに複数のアカウントで出品する方法が2つあります。

1つ目は、下記サービスのYahoo! JAPAN IDを取得する方法です。

Yahoo!カードを利用中のYahoo! JAPAN ID
Yahoo! BBを契約中のYahoo! JAPAN ID

いずれかのIDを持っているユーザーは、ヤフオク出品において本人確認(モバイル確認)をする必要がないので活用していきましょう。

本人確認なしでアカウントを増やす方法 その2

2つ目は、Yahoo! JAPAN IDに紐付いたYahoo!マネー(Yahoo!ウォレット)の設定を削除する方法です。

ヤフオクでは、モバイル確認と同時にYahoo!マネーへの登録が完了します。

Yahoo!マネーの設定さえ削除すれば、同一の携帯番号で新たなYahoo! JAPAN IDのモバイル確認ができるようになるのです。

モバイル確認では電話番号を一切変更できないものの、Yahoo!マネーのSMS認証は例外というわけです。

ただ、Yahoo!マネーの設定を削除すると、ID内のYahoo!マネー残高がゼロとなるので気を付けてくださいね。

出品アカウントを複数持つべき理由とは?

入札価格を吊り上げるためにアカウントを複数使用するのはとても非効率です。

そんなことをしなくても、商品ごとにアカウントを分けることで落札率が大幅にアップし、それ以上のメリットもたくさんあります。

ジャンルにとらわれず様々なアイテムを出品するアカウント、専門店として出品ジャンルを固定したアカウントなど、アカウントを複数持つメリットをご覧ください。

出品用・落札用アカウントを分けられる

ビジネスとしてヤフオクを利用している方は、アカウントを分けた方が賢明です。ビジネスとは関係なく、自分が欲しいものをプライベートで落札する際に役立つからです。

悪い評価やトラブルによる落札率低下を防ぐ

悪い評価がつくことで、アカウントの価値は低下します。

中には、出品者に問題点がないにもかかわらず、悪い評価をつけるユーザーもいます。

大きなクレームを受けトラブルに発展したアカウントが使いづらい場合は、新規にアカウントを開設するのも一つの手でしょう。

自分らしいアカウントを作り出せる

商品ジャンルに合わせて出品を分けられるのが、複数アカウントを持つ最大のメリットです。

ファッションアイテムが多く出品されているアカウントで家電製品が売られていたら、誰でも不審に思いますよね。

商品のパフォーマンスや魅力を引き出すためには、アカウントの色を守ることが大切です。

今はアカウントの方向性が定まっていなくても、出品を続けるうちに必ず売れ筋商品や自分が売りやすい商品がわかってきます。

自分らしいアカウントを複数持てれば、よりヤフオク出品が楽しくなりますよ。

ヤフオクのIDは最低でも2つは作りましょう

ヤフオクのガイドラインによると、2つ以上のIDを所持することは違反ではありません。

継続的にヤフオクで利益を上げたい方は、最低でも2つはYahoo! IDを取得しておきましょう。

その理由をこれから解説していきます。

出品と落札はIDを分けるのが得策

まず、出品と落札を同一IDで行うデメリットについてご説明します。

出品アカウントは店舗と同じような立場です。

一つのアカウントしか所持していないと、自分がそのアカウントで落札した時に出品者に不満があっても、悪い評価をつけづらくなります。評価で報復されるおそれがあるからです。

評価画面は出品と落札で分けられていますが、トラブルを起こしたユーザーだと思われるのは損でしかありません。

出品者としての評価は複数IDで確保しよう

常に真摯な対応をしていても、取引数が増えるうちに悪質なユーザーにあたることはあります。

低評価などでメインのアカウントを荒らされたとしても、代わりとなるIDを用意しておけばすぐに出品を再開できます。

サブのIDは、10~100件程度の高評価をキープしておきましょう。

複数のヤフオクアカウントを作る方法とは?

続いて、ヤフオク出品用アカウントを複数作る上での注意点をご説明します。

第一に、多くのアカウントを作成するためには、クレジットカードや銀行口座を複数所持しておく必要があります。

クレジットカードや銀行口座を複数用意しよう

◆クレジットカード
ヤフオクでは、1つのアカウントにつきクレジットカード情報を1つ登録できます。

同一のクレジットカードを複数アカウントで共有することはできません。もし登録できても、後から利用停止にされるリスクがあります。

支払い方法が複数あれば、状況に応じて使い分けられるというメリットもあります。

◆銀行口座
Yahoo!ウォレット対応の銀行口座は、ジャパンネット銀行みずほ銀行三菱UFJ銀行楽天銀行です。

いずれの銀行も無料で口座を開設できる上に、それぞれに利点があるのでぜひ複数の口座を作っておきましょう。

アカウント作成の注意点

Yahoo!アカウント名は、作成後の変更が一切できません。

たとえば、出品用アカウントに「book」「fashion」といったカテゴリ名を入れてしまうと、ジャンルを変える際に違和感が生じます。

「○○shop」など、柔軟性があり、自分でも覚えやすいアカウント名をつけましょう。

クレジットカード・銀行口座の重複登録は不可

先述のとおり、ヤフオクではクレジットカード・銀行口座の重複登録はできません。

Yahoo!ウォレットを削除しない限り、再登録もできないため、なるべく利用を解除することがないようにしましょう。

また、メールアドレスも各アカウントごとに用意することをおすすめします。

連絡や情報の管理が楽になり、取引時のトラブル防止にもなります。

出品制限・利用停止後に復活する際のポイント

ヤフオクIDが出品制限・利用停止となるケースは珍しくありません。

たとえ、心当たりがなくても突然アカウントが利用停止になることもあります。

ネットオークションでの詐欺行為や利用手数料の踏み倒しといった問題が多発しているから、ヤフオク側も慎重になっているのでしょう。

利用停止とされた場合は、再度新規アカウントを作成するより仕方ありません。そこで、ここからは利用停止後の新規ID作成にあたって気を付けるべきポイントをご紹介します。

別人としてアカウントを作成する

ブラックリストに載ることで利用停止となった場合、別人としてアカウントを新規取得する必要があります。

◆氏名
◆登録住所
◆クレジットカード情報
◆銀行口座

上記の情報は再利用してはいけません。

IDを新たに作り直すのであれば、最も気をつけるべきポイントです。

IDを切り替えての再ログインはNG

利用停止となったIDにログインし、新規IDに切り替えて再ログインするのもNGです。

IPアドレスが同一だと、自動判定システムにより新規IDもすぐに利用停止となります。

ヤフオクに出品できなくなったIDには、ログインしないようにしましょう。

ちなみに、クラウドデスクトップを利用すれば、1台のPCでIPを分けることができます。

キャッシュは必ず削除する

MACアドレスは他者に見えないため、PCを買い替える必要はありません。

しかし、Yahoo!側にIDを紐付けられないようにキャッシュは必ず削除してください。

個人情報を別人のものにしたにもかかわらず、再び利用停止となる人はキャッシュを完全に消していない可能性があります。

停止アカウントで出品した商品は慎重に扱う

オークタウン」などの一括出品ツールはとても便利です。

しかし、新しいIDで一括出品をすることにより、利用停止IDと同一とみなされる恐れがあります。

同じ商品を取り扱う際は一括出品を避け、なおかつ商品名や説明文が被らないように工夫しましょう。

評価が少ないうちは高額出品を控える

評価が少ないうちに高額出品を繰り返すと、自動判定システムに引っかかりやすくなります。

判定に明確な基準はありませんが、高額商品となる金額の目安は2万円以上です。

評価数が30未満のうちは、出品商品の総額が10万以下になるように調整しましょう。

まとめ

ヤフオク出品者となる際は、販売戦略だけでなく、リスクマネジメントも重要となります。

手軽にネットビジネスができる時代において、落札者をリピーターにするといった工夫は欠かせません。

複数アカウントを作成して、商品のジャンルに合った出品を行えば、各アカウントの魅力が高まっていきます。

また、落札者とのトラブル回避にもアカウントを分けることは有効です。

常に余裕を持ってアカウントを管理し、売上と評価を上げていきましょう。

"

Amazon、ヤフオク、eBayなどを網羅した
売れる商品が簡単に見つかるリサーチツール「オークファンプロPlus」



物販ビジネスで稼ぐためには「安く仕入れて高く売る」が大前提です。そのため、仕入先と販売先で価格差のとれる商品をリサーチするのが何よりも重要です。

リサーチの方法は様々ありますが、最も基本かつシンプルな方法は、売れている実績がある商品を見つけること。売れている人の真似をすることが、稼げるようになるための一番の近道なんです。

ただ、リサーチは大変地道な作業のため、売れる商品を見つけられず諦めてしまう人が多いのも事実です。しかし、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、eBayの市場情報を網羅した「オークファンプロPlus」を使えば、価格差が1万円を超えるような商品も簡単に見つけることが出来てしまいます。

  • Amazonで定価で仕入れても利益が出る高利益商品の検索
  • 安く仕入れ、そして高く売れるタイミングがわかる価格変動データ
  • ヤフオクで稼いでいる出品者を丸裸にするトップセラー分析
  • eBayで平均より高く売れている売れ筋商品がわかる落札履歴検索
  • 国内ショッピングサイトの売れ行きを把握する戦略ツール
  • eBayやAmazonなど世界中の最安値商品を横断検索

Amazonで仕入れてヤフオクで売る、ヤフオクで仕入れてAmazonで売るなど国内転売はもちろん、輸出入ビジネスでも活用することができます。

これから物販ビジネスを始める場合はもちろん、利益が伸び悩んでいるという場合にも使える、初心者から上級者まで対応したオークファンプロPlusでデータを攻略して、プラス10万円を最短で実現して下さい。




",

おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法