物販

ヤフオクで商品出品にかかる費用と手数料を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクはいらなくなった中古品や新品の商品を売るために便利なオークションサイトです。しかし、ヤフオクで利益を確実に出したいなら、出品にかかる手数料や各種費用をきちんと把握しておく必要があります。

そこで今回は、ヤフオクで商品を出品する場合に必要な手数料や費用について紹介します。

出品者と落札者の手数料について

ヤフオクでは、出品者と落札者で支払わなければならない手数料が異なります。まずは、出品者と落札者、それぞれの手数料をみていきましょう。

出品者の手数料

出品者は、商品が落札されると「落札システム利用料」をヤフオクに徴収されます。落札システム利用料は、Yahoo!プレミアム会員であるかないかで負担額が異なります。

Yahoo!プレミアム会員の場合落札価格の8.64%
Yahoo!プレミアム会員ではない場合落札価格の10.0%

このように、Yahoo!プレミアム会員の方が落札システム利用料は安くなるので、多くの商品を出品する予定がある場合は、こちらに登録しておいた方がよいでしょう。ただし、月額498円の会員費を支払う必要があります。ご注意ください。

有料オプションの費用

ヤフオクでは、様々な有料オプションが使用できます。出品した商品を目立たせてアクセスを集める目的で利用されています。ヤフオクで使える有料オプションは以下の通りです。

あなたへのおすすめコレクション落札価格の1~99.9%の範囲で設定
注目のオークション1出品1日当たり21.60円(税込)
太字テキスト1出品10.80円(税込)
背景色1出品32.40円(税込)
目立ちアイコン1出品21.60円(税込)
贈答品アイコン1出品21.60円(税込)
アフィリエイトサイトに掲載された時のみ費用がかかる

有料オプションである以上費用は掛かってしまいますが、使い方次第では効率的にアクセスを集められます。気になるオプションを上手に組み合わせて利用しましょう。

出品手数料の確認方法

ヤフオクでは商品を出品した後で、実際にかかった手数料の確認ができます。手数料の確認方法は簡単で、「マイ・オークション」のページから「システムご利用明細」をクリックすると、詳細ページが見られます。

利用明細のページでは、1ヶ月毎の利用料が確認できます。また、過去の利用料はプルダウンメニューから選択して確認可能です。請求情報からは、請求総額と領収済み金額、そしてウォレット請求金額が確認できます。

「請求総額」は文字通りです。「領収済み金額」がすでに支払っている費用です。「ウォレット請求金額」とは、ヤフー!ウォレットから支払われる費用のことです。

画面右上の「印刷モード」ボタンをクリックすると、選択した月の利用状況を印刷できるため、確定申告の際に印刷して使用するとよいでしょう。

落札者の手数料

ヤフオクでは、落札者は商品代金をYahoo!かんたん決済で支払う場合、手数料はかかりません。Yahoo!かんたん決済を利用すると、取引相手にクレジットカードや口座情報を連絡する必要がないので、安心して取引できます。

ヤフオクの利用料と手数料について

ヤフオクでは、ほとんどのカテゴリーにて手数料は同一料金ですが、一部の特定カテゴリーでは出品システム利用料や落札システム利用料が異なります。そこで、出品者が負担する費用を詳しくみていきましょう。

ほとんどのカテゴリー

ほとんどのカテゴリーの商品では、出品にかかる手数料は同一です。先ほどもお伝えしましたが、出品者は商品が落札された場合に落札システム利用料を支払う必要があります。

特定カテゴリー

特定カテゴリーの商品は、出品者が負担する費用が商品ごとに異なります。手数料の注意が必要なのは以下のカテゴリーです。

自動車、オートバイ > 中古車・新車
自動車、オートバイ > トラック、ダンプ、建設機械 > 車体
自動車、オートバイ > バス > 車体
自動車、オートバイ > キャンピングカー(車体)
自動車、オートバイ > 部品取り車
スポーツ、レジャー > 船、ボート > 船体 > セーリングボート
スポーツ、レジャー > 船、ボート > 船体 > バスフィッシング用ボート
スポーツ、レジャー > 船、ボート > 船体 > モーターボート
自動車、オートバイ > オートバイ > オートバイ車体
スポーツ、レジャー > 船、ボート > 船体 > 水上オートバイ

以上のカテゴリーで出品した場合は、出品システム利用料、落札システム利用料、出品取消システム利用料が一般的な商品とは異なるので、出品前に確認しておきましょう。

出品システム利用料について

特定カテゴリーの商品では、商品を出品する際に「出品システム利用料」という費用が発生します。出品システム利用料の負担が必要なのは以下のカテゴリーです。

自動車、オートバイ > 中古車・新車
自動車、オートバイ > トラック、ダンプ、建設機械 > 車体
自動車、オートバイ > バス > 車体
自動車、オートバイ > キャンピングカー(車体)
自動車、オートバイ > 部品取り車

これらのカテゴリーで出品する場合は、出品システム利用料が1商品につき3,024円(税込)かかりますので、よく考えてから出品しましょう。

出品取消システム利用料について

出品した商品のうち、すでに入札のある商品を取り消したい場合は、「出品取消システム利用料」の支払いが必要です。出品取消システム利用料は、1出品当たり540円(税込)かかります。

また、以下のカテゴリーでは出品システム利用料が3,024円かかってしまうので注意しましょう。

・自動車、オートバイ > 中古車・新車
・自動車、オートバイ > トラック、ダンプ、建設機械 > 車体
・自動車、オートバイ > バス > 車体
・自動車、オートバイ > キャンピングカー(車体)
・自動車、オートバイ > 部品取り車

現在のヤフオクの仕組みと上手に利用するコツ

以前はヤフオクで商品を出品する際は、Yahoo!プレミアム会員に登録する必要がありました。しかし、現在ではその必要はなく、一般会員でも無料で出品ができます。

しかし、ヤフオクの仕組みや出品にかかる費用は度々変更されるので、間違いのないように再確認しておいてください。

誰でもヤフオクが利用できる

先述のとおり、現在では出品するだけなら誰でも無料でできるようになりました。ただし、月額料金498円を支払ってでもYahoo!プレミアム会員に登録した方がお得な場合は多いので、何度もヤフオクを利用するという方にはプレミアム会員への登録をおすすめします。

ヤフオクを利用するために必要なこと

ヤフオクではオークション形式のオークション出品と、定額形式のフリマ出品の2種類の販売方法があります。Yahoo!IDさえ作っておけば、どちらの形式を利用しても出品自体は無料です。

また、Yahoo!IDを作るのであれば、Tポイント還元キャンペーンなどのお得なキャンペーンが行われることもあるので、Yahoo!マネーへの登録と、Tポイントカードへの紐づけも忘れずに行っておきましょう。

ヤフオクアプリのキャンペーン

ヤフオクを利用されるなら、ヤフオクアプリもインストールしておくと良いでしょう。なぜなら、アプリ限定のお得なキャンペーンがあるからです。

例えば、「ラッキールーレット」というキャンペーンを利用すれば、最大で落札額の全額分のTポイントがもらえるチャンスがあります。ぜひ、キャンペーンに応募してお得にヤフオクを利用しましょう。

ただし、キャンペーンの内容は随時変更されるため、その都度チェックするようにしてください。

おしゃれなテンプレートを利用するには

商品説明のHTMLタグの入力は、Yahoo!プレミアム会員でなければできません。HTMLタグが入力できると、おしゃれなテンプレートを利用して、見やすくてかわいい商品ページの作成が可能です。

他の人と差別化したい場合は、Yahoo!プレミアム会員に登録して、HTMLタグを使って素敵な商品ページを作成しましょう。

無料オプションを利用するには

無料オプションの設定は、現在でもYahoo!プレミアム会員のみ可能となっています。無料オプションは以下の通りです。

・入札者評価制限
・入札者認証制限
・自動延長
・早期終了の設定
・自動再出品の設定
・出品者情報の手動開示の設定

有料オプションを利用するには

有料オプションの設定も、Yahoo!プレミアム会員のみが可能です。商品を目立たせてアクセスを増やしたい場合は、Yahoo!プレミアム会員に登録しておいた方がよいでしょう。有料オプションは以下の通りです。

・注目のオークション
・太字テキスト
・背景色
・目立ちアイコン
・贈答品アイコン
・最低落札価格

出品できる個数の違い

Yahoo!プレミアム会員であるかないかで、出品できる商品の個数が異なります。出品可能な個数は以下の通りです。

Yahoo!プレミアム会員の場合9個まで出品可能
Yahoo!プレミアム会員でない場合1個のみ出品可能

ヤフオクでたくさんの商品を売りたい場合は、Yahoo!プレミアム会員に登録して多くの商品を一度に出品できるようにしておきましょう。

ヤフオクの手数料をお得にする方法

ヤフオクで商品を出品するには、手数料がかかってしまいます。手数料負担は軽くはありませんが、出品者や落札者が安心してヤフオクを利用するために必要なものと割り切るしかありません。

しかし、出品者が負担する手数料を少なくする方法はあります。そこで、手数料をお得にする方法をみていきましょう。

プレミアム会員の方が手数料は安い

ヤフオクで商品をたくさん売るなら、Yahoo!プレミアム会員に登録しておいた方がお得です。なぜなら、商品が落札されたときに負担すべき「落札システム利用料」がYahoo!プレミアム会員だと少し安くなるからです。

Yahoo!プレミアム会員の場合落札価格の8.64%
Yahoo!プレミアム会員ではない場合落札価格の10.0%

さらに、Yahoo!プレミアム会員であれば、ヤフオクやヤフオク以外のヤフー!サービスでも、不定期に実施されるお得なキャンペーンに参加できるので、ヤフーのサービスをよく利用される方は登録しておいて損は無いでしょう。

Yahoo!マネーでTポイント還元

Yahoo!プレミアム会員であれば、商品の落札代金をYahoo!マネーで受け取る設定にしておくと、商品価格の1%分のTポイントが還元されます。さらに還元されたTポイントをYahoo!マネーにチャージすると、さらに1%分のTポイントが還元されるので、大変お得です。

ちなみに、Yahoo!マネーは、ヤフー!サービスで利用できる電子マネーです。ヤフー!ショッピングやロハコでも利用でき、Yahoo!マネーへのチャージもコンビニエンスストアや銀行口座から行えるので、便利なシステムです。

フリマ出品の手数料

オークション出品の場合も、フリマ出品の場合も、出品者は「落札システム利用料」を負担しなければなりません。前述のとおり、落札システム利用料は、Yahoo!プレミアム会員であるかないかで料率が異なるので、注意しましょう。

商品購入でもTポイントが還元される

先ほど、商品の落札代金をYahoo!マネーで受け取ると、1%分のTポイントが還元されるとお伝えしましたが、逆に商品を購入した場合もTポイントの還元を受けられます。

ヤフオクを何度も利用される方は、Yahoo!マネーへの登録と、Tポイントカードへの紐づけを行って、お得にヤフオクを利用しましょう。

Tポイントがお得にもらえるキャンペーン

ヤフオクを利用するなら、ぜひ「GO!GO!入札!5のつく日キャンペーン」に参加しましょう。このキャンペーンは、名前の通り、5のつく日(5日、15日、25日)に商品を入札して、1週間以内に落札できたら落札価格の2%または3%のTポイントがもらえるというものです。

キャンペーンでもらえるTポイントは、パソコンからやンペーンにエントリーしている場合は落札価格の2%、ヤフオクアプリからの場合は落札価格の3%です。ただし、進呈されるポイントは約1か月間の期間固定ポイントなので、失効してしまわないうちに使いましょう。

また、不定期ではありますが、「ヤフオク毎日くじ」というキャンペーンが行われることもあります。くじの結果次第でもらえるTポイントが変わるキャンペーンです。ただ、その日のうちに商品を落札する必要がある点にはご注意ください。

上手にキャンペーンを利用しよう

キャンペーンを上手に利用すれば、Tポイントの還元が受けられます。ヤフオクで何度も商品を出品・購入される方は、必ずTポイントへの紐づけを行って、上手にキャンペーンを利用してください。

メルカリとヤフオクの比較

ヤフオクは、オークションサイトとして有名なサイトでしたが、現在ではオークション出品に加えてフリマ出品も行えるようになりました。そこで気になるのが、フリマアプリのメルカリとヤフオクはどちらがお得か、という点ではないでしょうか。

そこで、こちらではメルカリとヤフオクの違いを確認していきましょう。

メルカリとヤフオクの手数料

メルカリもヤフオクも、商品を購入するだけなら手数料はかかりません。しかし、商品を販売する場合は、どちらも手数料がかかってしまいます。

メルカリでは、どんな商品を出品しても手数料は販売価格の10.0%に固定されています。対して、ヤフオクでは販売する商品や会員形態によっても手数料が異なるので、少しややこしく感じられるでしょう。

ヤフオクで商品を出品される場合は、手数料の違いを確認した上で出品するようにしてください。

メルカリとヤフオクの手数料一覧

メルカリとヤフオクのフリマ出品の手数料は以下の通りです。

フリマ出品販売手数料
メルカリ売れた商品金額の10.0%
ヤフオク(プレミアム会員)商品落札金額の8.64%
ヤフオク(非プレミアム会員)商品落札金額の10.0%

ここで注意していただきたいのが、ヤフオクのオークション出品の際の手数料です。以前はYahoo!プレミアム会員でなければオークション出品ができなかったので、落札システム利用料は8.64%でしたが、現在ではプレミアム会員でなくてもオークション出品が可能です。
フリマ出品販売手数料
メルカリ売れた商品金額の10.0%
ヤフオク(オークション出品)商品落札金額の10.0%

メルカリとヤフオクの手数料の具体例

実際のところ、ヤフオクとメルカリではどちらがお得でしょうか。

例えば、それぞれでひと月に5千円分の商品を販売したとします。

5,000円の商品を販売した際の手数料
メルカリ500円(販売価格の10.0%)
ヤフオク(プレミアム会員)432円(8.64%手数料)+498円(プレミアム月額料金)=930円

メルカリ:5,000-500=4,500
ヤフオク:5,000-432(8.64%手数料)-498(プレミアム月額料金)=4,070

手数料を差し引くと、メルカリは4,500円、ヤフオクは4,070円になります。メルカリの方がお得なことが分かります。

では、それぞれで2万円分の商品を販売したとしましょう。

20,000円の商品を販売した際の手数料
メルカリ2,000円(販売価格の10.0%)
ヤフオク(プレミアム会員)1,728円(8.64%手数料)+498円(プレミアム月額料金)=2,226円

メルカリ:20,000-2,000=18,000
ヤフオク:20,000-1,728(8.64%手数料)-498(プレミアム月額料金)=17,774

手数料を差し引くと、メルカリは18,000円、ヤフオクは17,774円になります。ここでもメルカリの方がまだお得です。

最後に、5万円分の商品を販売したとしましょう。

50,000円の商品を販売した際の手数料
メルカリ5,000円(販売価格の10.0%)
ヤフオク(プレミアム会員)4,320円(8.64%手数料)+498円(プレミアム月額料金)=4,818円

メルカリ:50,000-5,000=45,000
ヤフオク:50,000-4,320(8.64%手数料)-498(プレミアム月額料金)=45,182

手数料を差し引くと、メルカリは45,000円、ヤフオクは45,182円になります。ご覧のとおり、ヤフオクの方が利益が出ています。。

以上のように、1ヶ月で販売する商品価格によって、メルカリの方がお得な場合もあれば、ヤフオクの方がお得な場合もあります。さらに、送料を出品者と購入者のどちらが負担するかによっても利益は異なってくるので、きちんと計算して出品しましょう。

効率よく利益を得よう

今回は、ヤフオクを利用する際に負担する費用について紹介しました。

ヤフオクでたくさん商品を売る場合は、Yahoo!プレミアム会員へ登録しておくと手数料が安くなります。また、キャンペーンを利用すればさらにお得になります。キャンペーン情報をこまめにチェックして、お得に利用できるチャンスを逃さないようにしましょう。

これまでに紹介した内容を踏まえた上で、ヤフオクやメルカリでの取引をを楽しんでください。

"

Amazon、ヤフオク、eBayなどを網羅した
売れる商品が簡単に見つかるリサーチツール「オークファンプロPlus」



物販ビジネスで稼ぐためには「安く仕入れて高く売る」が大前提です。そのため、仕入先と販売先で価格差のとれる商品をリサーチするのが何よりも重要です。

リサーチの方法は様々ありますが、最も基本かつシンプルな方法は、売れている実績がある商品を見つけること。売れている人の真似をすることが、稼げるようになるための一番の近道なんです。

ただ、リサーチは大変地道な作業のため、売れる商品を見つけられず諦めてしまう人が多いのも事実です。しかし、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、eBayの市場情報を網羅した「オークファンプロPlus」を使えば、価格差が1万円を超えるような商品も簡単に見つけることが出来てしまいます。

  • Amazonで定価で仕入れても利益が出る高利益商品の検索
  • 安く仕入れ、そして高く売れるタイミングがわかる価格変動データ
  • ヤフオクで稼いでいる出品者を丸裸にするトップセラー分析
  • eBayで平均より高く売れている売れ筋商品がわかる落札履歴検索
  • 国内ショッピングサイトの売れ行きを把握する戦略ツール
  • eBayやAmazonなど世界中の最安値商品を横断検索

Amazonで仕入れてヤフオクで売る、ヤフオクで仕入れてAmazonで売るなど国内転売はもちろん、輸出入ビジネスでも活用することができます。

これから物販ビジネスを始める場合はもちろん、利益が伸び悩んでいるという場合にも使える、初心者から上級者まで対応したオークファンプロPlusでデータを攻略して、プラス10万円を最短で実現して下さい。




",

おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法