物販

ヤフオク出品方法と初心者でも商品が売れるコツを徹底解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクメルカリに代表される、インターネットオークションやフリマサービスがすっかり浸透し、若者から年配の方まで、誰でも気軽に物を売買できる時代になりました。

その一方で、「お客さんとのやり取りを考えると手が止まってしまう」とか「ネットオークションは操作方法がややこしそう」などの理由により、ネットオークションに興味はあるものの、あと一歩踏み出せない人がいることも事実です。

そこで今回は、日本最大級のインターネットオークションサービスであるヤフオクにフォーカスして、商品の出品方法や落札方法を、初心者にわかりやすく解説します。

ヤフオクの出品&落札方法は別に難しいものではありません。この記事を読めば、たとえあなたが全くの初心者でも、今日からすぐに家の不要品を出品したり、欲しい物を落札できるようになります。

ぜひ、参考にしてみてください。

まず、実績を作ることがヤフオク攻略の最短ルート

ヤフオクを利用する上で最も意識するべきポイントは「取引相手が信用できる人物かどうか?」です。

大変残念なことですが、ヤフオクに出品している人全員が素晴らしい出品者というわけではなく、中には、偽物の商品を送ってくるような出品者も一部存在するからです。

ヤフオクなどのインターネット取引は、相手の顔が見えません。ヤフオクで商品を購入する人は潜在的に「相手が信用できる人物か?」不安に感じているため、商品を購入してもらうには「購入者に信用されること」が出品者にとって重要です。

そのため、あなたがヤフオクに商品を出品する際に、まず最初にやるべきことは「取引実績」を作って、できるだけ多くの「良い評価」を獲得することです。

もしも、あなたがヤフオクでの出品を始めるのであれば、まずは、10個の「良い評価」を獲得することを目指しましょう。

人は何かを決断する時や物を購入する時、第三者からの評価や評判をすごく気にするものです。

Amazonなどのショッピングサイトで商品を購入する時は、「第三者の口コミ」や「獲得している星の数」をほとんどの人がチェックします。きっとあなたも経験があるでしょう。

良い評価を獲得する一番の方法は、とにかく梱包を丁寧にすることです。また、お礼状や挨拶文を商品に梱包するなどして、相手から好印象を持たれるように心がけることも大事なことです。

少し面倒くさいかもしれませんが、やるだけの価値は絶対にあります。

「どうやったら良い評価を獲得できるだろう?」

最初はこれだけに注力しましょう。

ヤフオクで商品を販売するのは簡単

インターネット通販などで商品を購入したことがある人はたくさんいるかもしれませんが、出品した経験がある人は圧倒的に少ないはずです。

なぜなら、「ネットで商品を販売するには専門的な知識が必要」と、多くの人が思い込んでいるからです。

しかし、はっきり言って、オークションサイトやショッピングサイトで、商品を販売することは全然難しくありません。特にヤフオクは簡単に商品を出品することができます。

正直、インターネットで何か商品を購入した経験がある人なら、すぐに慣れることができるでしょう。

また「商品購入者とトラブルがあったらどうしよう…」と、出品前から心配する人もいますが、商品の出品、梱包、発送を常識的な範囲で行うことができれば、トラブルなんてほぼ起きません。

逆に、先ほどもお伝えしましたが、この「商品の出品、梱包、発送」を、他の出品者よりも高い水準で行うことができれば、あなたの評価が上がり、商品がどんどん売れるようになっていきます

それでは、まずヤフオクに慣れるために、商品の落札方法から勉強していきましょう。

オークション商品を落札してヤフオクに慣れよう

今回は、パソコン版ヤフオクのページをもとに解説していきます。

スマホでもヤフオクを利用することはできますが、特に初心者は、画面が見やすいパソコン版を体験する方がノウハウを身につけやすいと思います。

というわけで、パソコンでヤフオクの画面を開くところから解説していきます。

まず「Yahoo! JAPAN」のトップページを開いてください。

トップページの上部か、左メニューバーにある「ヤフオク」をクリックします。

するとヤフオクのトップページが表示されるので、上部の検索バーに好きな商品の名前を入力しましょう。

今回は「ハンドスピナー」を検索してみます。すると、3,000以上のハンドスピナーが検索結果に表示されました。

価格やデザイン、機能など、様々な特徴を備えたハンドスピナーが表示されるので、商品詳細画面の商品説明などを参考にしながら、欲しいハンドスピナーを決めていきます。欲しい物を見つけたら「入札する」ボタンをクリックしましょう(商品の落札にはYahoo!IDの取得が必要です。IDの取得方法についてはこの後の章で詳しく解説しています)。

入札する」ボタンをクリックしたら、入札する金額を入力するポップアップが表示されます。「現在価格」で入札をするのであれば、そのまま「確認する」ボタンを押してください。もしも、「現在価格」より高い金額で入札するのなら、その金額を入力して「確認する」ボタンを押しましょう。ちなみに「現在価格」よりも安い金額を入力することはできません。

最後に確認画面に遷移します。先ほどの入札金額に、消費税を含めた税込入札金額が表示されるので、確認して問題がなければ「ガイドラインに同意して入札する」をクリックしましょう。

そして、出品者が設定したオークション終了時刻の時点で、あなたの入札金額が最も高ければ落札成功です。

「取引終了時間までに最も高い価格を入札した人が落札できる」のがオークションの仕組みですが、基本的にはショッピングサイトで商品を購入するのと変わらないので、簡単に落札することができます。

次はフリマの商品を落札してみよう

ヤフオクは「オークション」だけではなく「フリマ」での取引も可能です。

ここでは、フリマ商品の購入方法を解説していきますが、方法はオークション形式の取引とほとんど変わりません。

まず、「フリマモード」に切り替えます。ヤフオクトップページの検索バーの上に「フリマ」「オークション」「すべて」という3つのタブがあるので、「フリマ」のタブをクリックしてください。ちなみにヤフオクにアクセスした最初の状態では「すべて」のモードになっています。

「フリマモード」に切り替えたら、先ほどと同じように、欲しい商品の名前を検索バーに入力して検索しましょう。

様々な条件の商品が一覧で表示されるので、あなたに合った商品があれば、詳細ページを開いて「今すぐ落札する」ボタンを押してください。

今回はフリマの商品なので、ポップアップには、もともと設定されている即決価格が表示されています。税込の価格も出ているので、その価格で問題なければ「確認する」ボタンを押しましょう。

次のページで表示される「ガイドラインに同意して落札する」ボタンを押せば購入が確定します。

この「フリマモード」は、メルカリやラクマなどのフリマアプリと同じシステムです。つまり、ヤフオクではオークション形式とフリマ形式の両方で購入&出品が可能ということです。

ヤフオクアカウント作成方法とアプリインストール手順

さて、ここからはヤフオクの出品方法について解説していきます。

記事の冒頭でもお伝えしましたが、出品と言っても、何か特別なスキルが必要というわけではありません。

ただ、商品を出品するための下準備として、Yahoo!JAPAN IDの取得やYahoo!ウォレットの登録などの作業が必要になるので、まずはそこから解説します。

Yahoo!JAPAN IDを取得する

まずは、ヤフオクのサービスを利用するために必要なYahoo!JAPAN IDを取得しましょう。

Yahoo!JAPAN IDが無いと商品の出品・入札・落札ができないので、必ず取得するようにしてください。

Yahoo!JAPAN IDの登録ページ

上記リンクを開くと、Yahoo!JAPAN IDのの登録ページが表示されるので、メールアドレスやパスワード、名前などの情報を入力して登録を完了させましょう。

なお、入力フォームの一番下に、Tカードの情報を入力するところがあるので「持っている」を選択すると、Tポイントを貯めることができます。

Yahoo!ウォレットを登録する

Yahoo!ウォレットとは、ネット上にあるあなたの財布のようなもので、いわゆるオンライン決済サービスです。

ヤフオクの出品手数料やYahoo!プレミアム会員費などをは、Yahoo!ウォレット経由で支払う形になり、Yahoo!ウォレットにあなたのクレジットカードや銀行口座を登録することで利用できるようになります。

また、支払いに利用するだけではありません。あなたが商品を出品して、その商品が「Yahoo!かんたん決済」で落札された場合、商品の落札代金はYahoo!ウォレットに支払われます。

もちろん、Yahoo!ウォレットに貯まった商品の売り上げ代金は、登録した口座へ払い出しすることも可能です。

Yahoo!プレミアム会員に登録する

ヤフオクを機能制限なしに利用したい場合は、Yahoo!プレミアム会員へ登録しましょう。月額462円(税抜)を支払えば会員になることができます。

Yahoo!プレミアム会員には以下のようなメリットがあります。

・落札システム利用料が8.64%でOK(一般会員の場合は10%もかかる)
・オークション、フリマの両方とも出品可能(一般会員はフリマ出品しかできない)
・すべてのカテゴリーで商品を出品できる(一般会員では出品ができないカテゴリーがある)

また、ヤフオクサービス内でのメリット以外にも、特定の雑誌や漫画が電子書籍で読み放題になったり、飲食店やホテルの割引クーポンが利用できたりと、いろいろな特典があります。

もしも、あなたがビジネスとしてヤフオクを利用しようと考えている場合は、Yahoo!プレミアム会員に登録することをおすすめします。

もちろん、途中で会員を止めることもできるので、何か出品したいアイテムがあるのなら、とりあえず登録しておきましょう。

Yahoo!プレミアム会員登録ページ

本人確認

ヤフオクで商品を出品するためには、本人確認が必要になります。以下の手順にしたがって進めてください。

1、ヤフオクのトップページを開く

右上の、「利用登録」をクリック。

2、利用登録ナビで本人確認方法を選択する

次に表示される「利用登録ナビ」のページで「モバイル確認」か「本人確認」のどちらかを選択します。

「本人確認」を選択すると、書面のやり取りが必要となるので、手続き完了までに数日~1週間程度かかってしまいます。一方、「モバイル確認」であれば手続き完了まで1分もかからないので、断然「モバイル確認」をおすすめします。

3、携帯電話の番号を入力する

先ほどの画面で「モバイル確認」を選択したら、次のページで、あなたの携帯電話番号を入力し「次へ」ボタンを押します。

4、SMSを送信する

すると、認証用の電話番号が表示されるので、番号を確認して間違いがなければ「送信する」ボタンを押してください。

5、認証コードを入力して本人確認完了

認証コードを入力するページに遷移するので、受信したSMSに記載されているヤフオク!認証コードを入力し「規約等に同意して認証する」ボタンを押すと、本人確認が完了します。

スマホへヤフオクアプリをインストールする

ヤフオクは、パソコンだけでなく、スマホアプリでも商品の入札・落札、出品が可能です。

いちいち、パソコンを起動させる必要がなく、かなり簡単に操作できるアプリなので、ぜひ、あなたのスマホにもインストールしておきましょう。

Androidスマホの場合は「Google Play」から、iPhoneを使っている場合は「App Store」からインストールできます。

アプリのインストール完了後、アプリを開いて、登録したYahoo!JAPAN IDでログインすれば、パソコンでログインしているアカウント環境のまま、スマホでヤフオクを使うことができます。

ヤフオク出品の流れと商品を売るためのコツ

ヤフオクには「フリマ出品」と「オークション出品」という2つの出品方法があります。

「フリマ出品」はメルカリやラクマと同じように、定額で出品する方法です。一方「オークション出品」は入札されるたびに価格が上がっていく、おなじみのオークション出品方法です。

上記のように、出品方法が一応分かれてはいますが、実は、オークション出品を選択すると、定額で出品することも可能です。

そのため、とりあえずはオークション出品を選択しておけば間違いありません。

ちなみにですが、フリマ出品を選んだ場合だとオークション形式での出品ができないので、オークション出品を選んでおきましょう。

出品者情報を入力しよう(初回出品時のみ)

それでは、商品の出品方法を具体的に解説していきます。

まず、ヤフオクトップページ右上の「オークション出品」をクリックしてください。

初回出品時のみ、出品者情報を入力する画面になるので、氏名や住所などを順番に入力して「確認する」ボタンを押しましょう。

次に入力内容の確認ページが開きます。「登録する」ボタンの上に「出品者情報の開示に同意する」というチェックボックスがありますが、チェックを入れると、商品が落札された際のやり取りが楽になるので、チェックを入れて登録しましょう。

次に銀行口座を登録するページになります。

銀行口座へ落札代金を直接振り込んで欲しい場合は、このページで銀行口座を登録しておいてください。ここでは、銀行口座を登録する方向で話を進めます。

銀行」もしくは「ゆうちょ銀行」のいずれかを選択してください。

楽天銀行やジャパンネット銀行などの、ネット銀行を登録することもできます。

ちなみに、普通の銀行よりネット銀行の方が、手数料が安かったり口座への入金が早かったりと、メリットがあります。

例えば、ジャパンネット銀行はヤフーの連結子会社なので、いろいろなメリットが受けられます。土日祝日にかかわらず、落札代金が最速で口座へ入金されるのもジャパンネット銀行の特徴です。

口座情報をすべて入力し「確認する」ボタンを押すと、登録情報確認画面に遷移します。

情報を確認して間違いがなければ「登録する」ボタンを押して、出品者情報登録は完了です。繰り返しになりますが、この出品者情報登録は、初回のみ必要な作業です。2回目以降の出品時は必要ありません。

あなたの商品に合った出品カテゴリを選択しよう

次に出品カテゴリを選択します。あなたが出品しようとしている商品のカテゴリを、表示されている選択肢の中から選んでください。

一度、やってみるとわかりますが、このカテゴリ選択はわかりにくいです。出品しようとしている商品がどのカテゴリに属するのか、考え方によっては、いろいろな選択肢があります。

選択肢をいろいろ見てみて、当てはまりそうなカテゴリがあれば、細かいことは気にせずに登録しましょう。

カテゴリを選んだら、右側の「このカテゴリに出品」というボタンを押してください。

最後に、ヤフオク内での禁止事項やルールが表示されるので、確認ができたら「開く」ボタンを押しましょう。

ヤフオクの売り上げを左右する。出品情報入力のコツ

ここからは出品情報の入力について解説していきます。商品の売れ行きを左右する重要なポイントなので、しっかり理解するようにしてください。

出品情報については【必須】と記載されている項目を上から順番に入力していきます。その中で最も重要な項目が「商品名」です。

商品名のつけ方のポイントは以下の5つです。全角30文字以内という制限があるため、1〜5をすべて満たすのは難しいと思いますが、なるべく全てアピールできるように工夫してください。

1、正式な商品名を記載する

商品名は正式な名称で記載するようにしてください。略称で記載すると、検索に引っかからない可能性があるのでNGです。商品名の他にも、会社名やブランド名、カラーなども記載しましょう。また、商品名が英語の場合、カタカナで検索する人もいるので、カタカナの商品名も記載すると尚良いです。

2、検索を意識したキーワードを含める

商品名と一緒に検索されそうなキーワードを含めるようにしましょう。

「送料無料」「セット」「激安」「1円スタート」などはよく検索されます。

尚、あなたが出品している商品によって、検索されやすいキーワードに違いがあります。

例えば、ブランド物のTシャツを出品しているとすると、そのTシャツの「サイズ」「柄」「色」「素材」などが検索されやすいキーワードになります。

3、商品のコンディションを記載する

例えば「新品」「未使用」「美品」などを商品名に含めると、クリックされやすくなります。ぜひ試してみてください。

4、希少性をアピールする

人間は「なかなか手に入らない物は価値が高い」と、感情的に判断する生き物です。これは行動経済学の実験でも実証されています。

例えば、「非売品」「限定品」「30個限定」などが希少性を訴える言葉です。嘘はいけませんが、あなたが扱う商品に希少性があるのなら、どんどんアピールするようにしましょう。

5、記号を使って目立たせる

あなたと同じ商品を同じキーワードで出品しているライバル出品者が複数いる場合、ライバルたちの商品より、あなたの商品を目立たせた方がクリックされる確率は高まります。

そこで、「★・【】・♪・◎・■・▼」などの記号を使うことが有効になります。

文字だけで構成されている「商品名」よりも、記号を使った方が目立ちますし、読みやすいというメリットもあるので、ほどよく使うようにしましょう。

商品名の入力が終わったら、次に、「販売形式」を入力します。「オークション形式で出品」と「定額で出品」のどちらかを選ぶことができます。

ある程度人気があり、売れる商品だとわかっている場合には「定額で出品」を選んで、あなたの好きな値段に設定すれば良いです。家にある不用品とか、売れるかどうかわからない商品の場合はオークション形式にした方が売れやすくなります。

なお、オークファンという無料ツールを使うことで、出品しようとしている商品の過去の落札価格を調べることができます。値決めの際に大変便利ですよ。

参考:オークファン

また、「開催期間」も重要なポイントです。一般的に、ヤフオクを利用する人が一番多くなるのは日曜日なので、終了日は日曜日にするのがベストです。

終了時間についても、ヤフオク利用者数がピークになる時間帯が22時〜24時なので、そのあたりの時間で終了となるように設定しましょう。

ただし、商品を購入するであろうターゲットによって、終了時間を変えた方が良い場合もあります。

例えば、主婦向けの商品であれば、深夜の時間帯よりは夕方の時間帯の方がヤフオク利用者数が多いので、夕方に終了時間を設定したほうが良いでしょう。このあたりは、出品を何回か行っていくうちに最適な時間がわかってくると思います。

あなたの商品を目立たせる「画像」は絶対に入れよう

ヤフオクの出品情報では、画像も必ず入れるようにしてください。

なぜなら、商品を探しているヤフオク利用者の視界に真っ先に入るのが「商品タイトル」と「画像」だからです。

画像を見たからと言って、購入の決め手になるわけではないですが、注目度は絶対に上がります。

商品タイトルも同じですが、画像の目的は「商品詳細ページをクリックしてもらう」ことです。この目的をしっかりと意識して商品タイトルと画像を設定すれば、あなたの商品ページは魅力的なものになるでしょう。

もしも画像を加工できるなら、先ほどの章で解説した「思わずお客さんが反応してしまうキーワード」を文字として商品画像に入れることで、反応率が上がりやすくなります。

画像が用意できたら、あなたのパソコンに一旦保存して、パソコンからヤフオクにアップロードしましょう。

有料オプションを使わなくても商品は売れる

有料オプションとは、別途、ヤフオクに手数料を払うことで商品を目立たせることのできる機能です。

この有料オプションに関しては、基本的に使わなくても問題ありません。

今まで説明した「商品名」や「画像」で購入者の注目を惹くことができていて、需要がある商品であれば売れます。

どうしても商品が売れない場合でも、有料オプションを使うのではなく「商品名」や「画像」を工夫する方向で対策を考えてください。

その方が、あなた自身の販売力を磨くことができますし、この先もずっと使えるスキルとしてあなたの中に残ります。

ライバル出品者の出品情報を参考にするのも良いでしょう。

発送方法や送料で「差別化」することも可能

最後に送料と配送方法の設定です。

送料については、出品者負担にするか落札者負担にするかを、ラジオボタンで選択することが可能です。

出品者負担を選択すると、あなたが受け取れる利益は減りますが、購入者には喜ばれます。例えば、他の出品者が落札者負担としている中で、あなただけが出品者負担で出品していれば、それが「差別化」につながって、購入者の注目を集めることもできます。

最初は、購入者からの評価を集めるために、多少の利益は度外視して出品者負担で出品してみるのもオススメです。

それから配送方法については、全国一律料金の「ヤフネコ!パック」か「ゆうパック・ゆうパケット」から選んでおけば間違いありません。取引ナビと連携しているため、宛名書き不要で、荷物の配送状況の追跡もできます。また、「ヤフネコ!パック」には万が一の補償もついているため安心です。

参考:ヤフネコ!パック

参考:ゆうパック・ゆうパケット

ちなみに、上記以外の配送方法を選択したい場合は、「その他の配送方法」をクリックすれば、他の配送方法を選択することができます。

「商品価格」も忘れずに入力し、全ての入力が終われば、一番下にある「確認画面へ」ボタンを押してください。

次の確認画面で、入力漏れ等がないか確認して、問題なければ「ガイドラインに同意して出品する」というボタンを押しましょう。

以下の画面になれば出品完了です。

商品落札、入金確認、商品発送、評価までの流れ

商品が落札されたら、まず最初に取引ナビから、購入者へお礼のメッセージを送りましょう。

また、あわせて、商品発送時期を購入者へ伝えておけば、相手も安心して取引を進めることができます。

このような細かな対応ができるかどうかで、あなたに対する評価が全然違ってきます。

商品を発送する前に必ず入金確認をしよう

商品の落札を確認したら、次は入金の確認です。

落札後すぐに入金される場合と、購入者の都合で、落札から入金までに日数がかかる場合があります。

ここで絶対に守って欲しいのが、必ず入金確認が完了してから商品を発送するということです。

入金確認が取れない状態でも、取引ナビ上には購入者の氏名や住所などが表示されているので、商品を発送することは可能です。

ただ、入金確認が取れないまま商品を発送してしまうと、万が一、悪意ある落札者であった場合、商品は発送したのに代金が支払われないという事態に陥ることがあります。

なお、先ほどの章でも説明しましたが、商品購入者は「きちんと商品は届くのだろうか?」と不安を抱えているものなので、できるだけ、落札後と入金確認後、商品発送後のタイミングでメッセージを送ってあげるようにしてください。

重要なポイントなので繰り返しますが、迅速なメッセージ対応は相手の安心につながります。結果として、あなたの評価にもつながりますので、こまめにメッセージのやり取りをするようにしましょう。

商品を丁寧に梱包して発送しよう

入金の確認が取れたら、できるだけすぐに商品を発送しましょう。

取引後の評価に大きく影響するので、梱包も丁寧に行ってください。

また、あなたの印象を簡単にアップできる方法が「挨拶文」や「お礼文」を商品に同梱することです。

手書きが一番良いですが、手紙の中の宛名の部分だけ手書きにして、他はテンプレート化しておく方法もあります。

高い評価を獲得する方法とワンポイントテクニック

購入者が無事に商品を受け取ったら、最後は評価をして取引終了です。

ヤフオクでは、購入者と出品者がお互いに評価をし合うことが慣例になっています。

購入者と特にトラブルもなく、円滑に取引を終えることができたのであれば、最高評価の「非常に良い」をつけておけば問題ありません。

実際、ヤフオクに参加しているユーザーのほとんどが上記のような基準で評価をつけています。

また、良い評価を獲得しやすいテクニックをひとつ紹介しておきます。

それは「相手より先に評価を送る」ことです。あなたから先に「非常に良い」の評価を送ることで「自分もその評価に応えたい」という人間心理が働くからです。

ただ、ここまでお伝えしたように、メッセージをこまめに送ったり、梱包を丁寧にするなど、できる限りの対応をした上でのテクニックである事をお忘れなく。

まとめ

あなたが思っている以上に、ヤフオクは慣れてしまえば簡単に使いこなす事ができます。

ただ、慣れたことによって、対応が雑にならないように注意しましょう。

あなたは慣れているかもしれませんが、相手は初めてヤフオクで商品を購入する人かもしれません。

一つ一つの対応を丁寧にこなすことによって、あなたの評価がどんどん高まります。

そして、評価が高まれば、他のライバルよりも良い条件で販売することができるようになるので、ヤフオクで商品を売るのが楽しくなるでしょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法