物販

ヤフオクで車も出品できる?出品時の必要事項やよくあるトラブルをまとめて解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

車を手放すのは容易ではありません。
たとえば車を買い替える時、下取りに出してみたら想像以上に安い査定額が掲示されることがあります。
その場合、もっと高く買い取ってもらえる場所がないか一括査定サービスを使うこともありますが、それでも希望の額で買い取ってもらえるとは限りません。

ここでは少しでも店頭より高く売れる可能性があるヤフオクを利用した車を売る方法について解説します。
しかし、ヤフオクでの車の出品は準備事項が多く、トラブルも非常に多いので注意が必要です。
どのような準備をすればいいか、どのようなトラブルが想定されるかをわかりやすく解説します。

ヤフオクで中古車を売るには?

車を中古車買取店を通じて売却する場合、店頭によって値段が異なったり、査定額の中には各種手数料が含まれていて、それらを差し引いた金額が査定額とされます。
ヤフオクで中古車を売却した場合、比較的手数料が抑えられるうえに中古車買取店で売るよりも高めに売れることもあります。

ヤフオクでは中古車買取店より高く車が売れる

ヤフオクで中古車を出品する場合、中古車買取店に買い取ってもらうよりもはるかに手間がかかります
しかし、ヤフオクならば中古車買取店に出すよりも高く売れます

高く売れやすい理由は中古車買取店では中間業者が多いのですが、ヤフオクでは全て自分で行うので余計な費用がかからない点がメリットです。
ただし、ヤフオクへの出品時の手数料はかかります。

ヤフオクでは業者が出品しているケースが多い

ヤフオクでの車の出品は業者が出品していることが多いです。
個人売買と説明欄に記載していることもありますが、その場合でも業者であることがほとんどです。

業者が出品している車は、店頭での売れ残りや売れなくなった車がほとんどなので、中古車販売店で並んでいる車よりも質が低い傾向にあります。

ですが、中には個人で出品している方もいらっしゃいます。
個人の出品は比較的、質が高い車が出品されています。

ヤフオクで車を取り扱う際の手数料

ヤフオクでは車(カテゴリ:自動車、オートバイ)を取り扱う際、以下の手数料が発生します。

出品システム利用料   :3,024円(税込)
落札システム利用料   :3,024円(税込)
出品取消システム利用料 :3,024円(税込)

ヤフオクで車を出品する前の事前準備

ヤフオクで車を出品する前にやるべき事項が2つあります。
具体的にどのようなことが必要なのか解説します。

車の正確な相場を把握する

まずは出品しようとしている車の相場を把握します。
調べる方法は様々ありますが、一番確実なのは車の買取店で査定することです。
この時の査定額は最低金額として考えます。
また、中古車販売業者のHPで自分の車と近いものを探せばおおよその相場は調べられます。
これらを駆使して最低金額と最高金額を確認し、自分の車がどれくらいの値段で売れるのかを把握します。

車の詳細情報をまとめる

次に出品する車の情報をまとめます。
車は高額な買い物となるので、買い手側も慎重です。
まずは買い手の信用を得るために、詳しい情報を提供します。

  • 走行距離
  • 年代以外
  • 車についているオプション(バックモニターやETC)
  • タイヤの溝の状態(すり減り具合で交換可否があるため)
  • 車検歴
  • 事故歴
  • 修復歴

と出せる情報はすべて出します。

それ以外にも自分の車種がどの部分が故障しやすいのか事前にチェックします。
さらに現状は問題ないのか、壊れそうなのか状態をチェックします。
こういった細かい情報を確認し、提供しないと後々クレーム問題に発展するため、徹底的に調べます。

ヤフオクで車の出品はどうやればいいのか?

ヤフオクで車を出品する方法は、通常通りの出品と変わりません。
写真は最大10枚まではアップロードすることができます。
しかし、車の情報はなるべく写真を多く掲載したいと考える方が多いと思いますので、HTMLタグを利用すればYahoo!BOXに画像をアップロードして見せることもできます。

中古車は高額商品であるため、落札希望者からたくさんの質問が来ます
こういった質問には正確に細かい点でも回答しましょう。
後々トラブルに発展しないためにも慎重に対応します。

オークション利用者の中には車に詳しい人(車屋)に取引を代行してもらっているケースもあり、質問相手がプロである可能性もあります。
しかし、相手がプロだろうが素人だろうがやるべきことは変わりません。
もし、質問事項でわからない点があればそのままにせず、ネットなどでしっかり調べた上で回答しましょう。
曖昧な回答をしてしまうと後々トラブルの原因となる以外にも、購入を断念されてしまうこともあります。

出品時のカテゴリは?

ヤフオクで車を出品する場合、カテゴリは自動車・オートバイの中古車・新車を選択します。
メーカーは車種を入力します。

商品情報には何を記載する?

商品のタイトルと説明文を記載します。必要な項目は以下の通りです。
これらの項目は車検証を確認すれば記載してあるので、車検証を確認しながら記載しましょう。

  • 車種の名前
  • 車種のグレード
  • 車の年代(初度登録年)
  • 走行距離
  • 車検の有無
  • ドア数
  • 型式
  • ミッションタイプ
  • リサイクル委託金(リサイクル券を見て記載)

説明文に書くべき事項

説明文ではトラブルを回避するために不具合箇所や傷の有無はしっかりと記載します。
ごまかしてもいずれ落札者は気づきますのでトラブルになった時を考えると正直に書いて合意してもらった方が安全です。

説明文には車を手放す理由を書いたほうが車を売ることになった背景も把握してもらえるので、信用されやすいです。
どんな目的で車両を使っていたかも合わせて記載しましょう。

カスタマイズしている場合は、その旨とどういったカスタムをしているかを記載します。

現車確認可否は記載しましょう。
大半の落札者は現車確認をしたいと考えていると思いますが、距離的に難しい場合もあるのでその旨も記載します。
車の受け渡しはどうするのかも記載します。
配送車に依頼するのか直接出品者が現地まで運ぶのかなど、様々なパターンがあります。
(その場合、交通費も請求をします。配送料を考えると安上がりになる場合もあるので落札者と要相談です)

名義変更までの預かり金も記載します。
預かり金は、名義変更がされないままだと非常に厄介なことになります。
例えば来年度の税金の請求書が届いたり、車が違反を起こしたり、犯罪に利用されたりすると、名義変更をしていないので出品者が警察に呼び出されます。
そうならないための預かり金を保険とし、決められた期日までに名義変更の手続きを完了させます。
もし、期日を過ぎても名義変更がされず、それどころか連絡がつかない事態となったら大事になる前に警察へ相談しましょう。

参考:過去の事例参照

また、ノークレームノーリターンの一言は入れておきましょう。

画像はどれくらい用意したほうがいい?

ヤフオクでは画像を10枚までしか掲載できません。
Yahoo!BOXで画像をアップロードし、そのリンクをHTMLタグで貼り付ければさらに画像を追加であげることができます。

オークションで使う画像は全体像が見えるような見栄え重視の写真で問題ありません。
それ以外の写真には内装の写真やメーター周り車の底や傷がある個所等細かい点を中心的に撮影し、アップロードします。
特に車の底を見せることによって、何処もぶつけていないこと、事故の形跡がないことを理解してもらえるので安心してもらえます。

車の画像例

また、撮影場所も考慮します。
ヤフオクの出品者の大半が業者なので、個人出品者であることを信用してもらうために素人感を出します。
近所の駐車場、家の駐車場等といった場所で背景が見えるように写真を撮影しましょう。
なぜ個人出品者であることをアピールするかというと、業者の出品する車は店頭の売れ残りがほとんどであり、質が悪いためです。
個人出品である場合はいい車であることが多いので、業者と思われた瞬間見られなくなる可能性があるためです。

ヤフオクで車が落札された後の必要な手続き

ヤフオクで車が落札されたとしても車の受け渡しの他に各種手続きが発生します。
どのような手続きが必要なのか確認しましょう。

車に関する必要書類も合わせて納品

まず、落札者に車を渡すのは当然ですが、その時必要書類も全て渡します。
具体的には以下の物です。

  • 車検証
  • 自動車損害賠償保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 自動車リサイクル券

また、落札者が名義変更をするときは以下も合わせて渡します。
渡すときは、出品者が必要事項を記入したうえで実印を押してください。

  • 印鑑証明書
  • 譲渡証明書
  • 委任状

名義変更を始めとした各種登録手続き

手続きが必要なのは下記2点です。

  • 名義変更
  • 車庫証明書

名義変更と車庫証明は落札者で変更してもらうケースが大半です。
しかし、自動車リサイクル券は出品者から直接渡してもらう必要があります。

名義変更はトラブルが一番多いです。
名義変更がされてなくて税金の請求が出品者宛に来るトラブルが考えられます。
事前に自動車売買の契約書を作成し、契約を交わしましょう。
自動車契約書の内容は下記を参考にして作成します。

参考:自動車売買契約書作成

代金支払いサービス(Yahoo!かんたん決済)を使いましょう

ヤフオクには代金支払い管理サービス(Yahoo!かんたん決済)があります。
これは落札者が出品者に支払いを行った場合、支払額が出品者へ行く前に一時的にヤフオクで預かります。
無事、落札者へ商品の受け渡しが完了連絡をした時点で初めて出品者に金額が支払われる仕組みです。

もし、落札者が車を受け取れなかったり、反対に出品者が車を渡しても支払いしてもらえないといったことがあっても、返金してもらうことができます。
車は大変高額な買い物となるので、安心して取引するためにもぜひ活用しましょう。

車の納品方法

事前準備が完了しましたら、いよいよ車を納品します。
距離が近ければ直接車を運転して渡してもいいし、距離が遠ければ配送業者に依頼するなどと輸送方式を検討しましょう。

ヤフオクでの車出品に関するトラブル例を紹介

ヤフオクで車を出品するとき、多くのトラブルがつきものです。
ここではどんなトラブルが考えられるのかまとめましたので紹介します。

落札者から入金がされずに困っている

落札されたものの、落札者が一向に入金してこないケースがあります。
落札者の都合であることが大半です。
ヤフオクでは落札の取り消せないことになっていますが、どうしても取り消しが必要な場合は出品者からキャンセルする形となります。
この場合、落札者都合で取り消すこととなるので落札者の評価に「非常に悪い」が自動で付きます。
事前に落札者と相談の上、取り消してください。

車に記載していない不備が見つかってクレームが発生した

出品する車の情報は詳細データまで細かく記載していても、目に見えない故障が眠っていることもあります。
車種特有のトラブルからタイヤの溝と細かい点を挙げていくときりがないですが、落札者に渡った後に不具合が発覚してトラブルとなることも考えられます。

説明文にはノークレーム、ノーリターンの記載を入れていても、それでも記載がなければ出品者に落ち度があることを認めざるを得ません。
修理費を追加で要求されることもあれば、値引きしろと要求されることもあります。

事前に防ぐことは難しいですが、やはり説明文になるべく細かい情報をできれば写真付きで残しておくことでしか対策はできません。

中古車の個人売買は損をしにくい

中古車の個人売買はあまり損をしにくいです。
中古車は新車よりも価格が安いです。また、中古車は買ったときの値段から崩れにくい為、オークションを利用して売買すると損が出にくいようになっています。

確かにトラブルが多く、手間も非常にかかりますが、そこは慣れの問題です。個人売買をしていると、たまに買った時よりも高い値段で売れることもあります。高く売れれば、車をグレードアップさせることもできます。

オークションを使った車の個人売買はデメリットもたくさんありますが、メリットもたくさんありますので興味があれば是非挑戦してみましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法