物販

ヤフオクで出品するネタにもう悩まない!押さえるべきルールもこれでばっちり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクでは、売れないものはないと言われるほどいろいろなものが出品されています。ただのネタではないかと思われるようなものでさえ、何件も入札されている例がたくさんあります。そのような出品物を見ていると、「なんだこんなものでも売れるのか、自分でも出品してみよう」と思えてきます。

ただ、何を出品しても許されるというわけではなく、ヤフオクの規約に反したとみなされペナルティを課されるものや、法律違反で逮捕されかねないものもあります。

そこで、この記事では、ヤフオクで出品されている意外なものや出品禁止商品等について解説します。しっかりと確認して安全に楽しく出品しましょう。

ヤフオクでの出品は難しくない

ヤフオクでは、「こんなものが売れるの?」というものまで出品されています。また、そのような出品物にお金を出す人も少なくありません。ですから、出品するものがないなどと悩む必要はないのです。

また、出品手続きも全く難しくないので、気軽に始めることができます。

ヤフオクで売れないものはない

ヤフオクでは「出品禁止物」以外なら何でも売っていいので、冗談かと思うようなものまで出品されています。例えば、古いCD・食べた後のアイスの棒・拾った石なども売られています。

そして、「そんなもの誰が買うの?」とったものを実際に買う人がいるのがヤフオクなのです。このような状況なので、誰でも家の中を探せば必ず出品できるものが見つかるはずです。

「こんなもの売れるのか」と思うものでも、意外な値段で売れるのがヤフオクの面白さです。

出品するのにかかる費用は

ヤフオクでは、出品時に費用はかかりませんが、落札されると『落札システム利用料』として落札価格の10%が徴収されることになっています。

もっとも、月額462円を払って「Yahoo!プレミア会員」になれば、落札システム利用料は8.64%になります。『Yahoo!ショッピング』のポイントが5倍になる特典もあるので、少しでも料金を抑えたいという方は、プレミア会員に登録することを一度検討されてはいかがでしょうか。

基本的に、ヤフオクに出品するにあたって必要になる費用は落札システム利用料だけですが、入札済みの商品の出品を取り消すと、1つの商品につき540円の「出品取り消しシステム利用料」がかかります。また、車体や船体などの特定カテゴリに含まれる商品を出品するには、『出品システム利用料』がかかります。

大まかな出品の手順

入札だけなら「Yahoo! JAPAN ID」さえあればできますが、出品するには「利用登録ナビ」に従って出品者情報を登録しなければいけません。

登録後は、商品の写真を撮って「出品フォーム」に必要事項を入力するだけです。落札後も「取引ナビ」に従って必要事項を入力するだけなので安心です。

変わった出品例

購入者としてヤフオクを利用したことはあっても、出品するのは敷居が高いと感じている人も多いことでしょう。

「こんなもの売れるわけがない」「使い古したものなんてきっと買ってもらえない」などと考えてしまうと、なかなか出品することができません。

しかし、ヤフオク出品を楽しんでいる人たちは、もっと気軽に出品しています。

そこで、出品のハードルを下げるために、「こんなものまで売っているのか」と思ってしまう、ちょっと変わった出品物をご紹介したいと思います。

自分で書いた絵

絵画だけでなく手書きのイラストも、ヤフオクでは多く出品されています。そのクオリティーは実に様々ですが、中には冗談としか思えないようなものもあります。

のりキャップ168個

液体のりのキャップだけで168個という数には驚かされます。有名なデザイナーである草間彌生さん風の作品が作れるという触れ込みですが、本気で言っているのかネタなのか、気になるところですね。

明日に役立つ豆知識

出品にお金がかからないとなると、びっくりするような商品を出品する人がいます。これは物ではなく「豆知識」を出品した例。笑わせることを目的とした可能性もありますね。「面白かった人は落札してね」ということでしょうか。

こんなものまで出品されています

この項でも、「こんなものまで出品できるのか!」といった驚きの商品をご紹介していきます。

クレジットカードを出品

一瞬驚いてしまいますが、プロモーションカードのようです。これなら需要がありそうです。

地球を出品

禁止行為である「販売する意思がないにもかかわらず出品すること」「予約商品以外を在庫が手元にない状態で出品すること」にあたるのではないかと疑ってしまいます。しかし、落札されているのだから驚きです。

風邪菌を出品

これも「禁止行為」か「出品禁止物」にあたりそうですが、45件も入札があったようです。

出品者の禁止行為と出品禁止物について理解する

驚きの出品を見ていると「ヤフオクは何でもありだ」と思ってしまいがちですが、実際にはヤフオクにもガイドラインがあり、その中で「出品者の禁止行為」「出品禁止物」「出品ルール」などについて細かく規定されています。

ここからは、特に大事だと思われる部分を解説します。ルール違反にならないためにも、一度目を通してください。

出品者の禁止行為

普通に出品している限りは、「出品者の禁止行為」に抵触することはないでしょう。

しかし、入札価格を吊り上げようとサクラを使う、複数のアカウントを使って一日に同じ商品を何個も出品するなどの行為は、ルール違反でありペナルティが課されます。

出品禁止物

では、『出品禁止物』にはどのようなものがあるのでしょうか。

「毒物および劇薬」「銃器、弾薬あるいは主として武器として使用される目的を持つもの」「盗品など不正な手段で入手した商品」など、持っているだけで問題になりそうなものは、もちろん禁止されています。

また「使用済みアダルトグッズ」「児童ポルノまたはそれに類する商品等」「無修正のアダルトDVD、動画、書籍などのアダルトコンテンツ」なども禁止されています。

「転売する目的で入手したと当社が判断するチケット」なども出品禁止物にあたります。これなどは、最近報道されていたので、ご存知の方も多いことでしょう。

出品に注意が必要となるもの

以上の商品は出品したらマズいというのが普通は分かると思いますが、ヤフオクで禁止されている出品禁止物には注意していないとそれとわからないものも含まれています。

例えば、「たばこ」「医薬品」「化粧品のうち個人が製造したもの」「宝くじ」などです。

また「使用済み体操服、スクール水着、学生服」も出品が禁止されています。さすがにスクール水着は出品しないとしても、体操服や学生服は、まだ新品同様だからと中古の子供服を売る感覚で売ってしまいがちなので注意が必要です。

その他出品する際に注意すること

気をつけておくべき規約違反行為をあげておきます。

まずは、不当に利益を得ようとする行為です。自分の出品した商品に入札する行為、設定した表示価格よりも高い値段で取引すると掲示したり連絡したりする行為、自分が出品商品と似た商品のオークション入札者に「もっと安い値段で買いませんか」と直接交渉を持ちかける行為などがそれです。

また、商品をより良く見せようとして、商品タイトルや商品説明欄に無関係の画像や単語を載せてはいけません。カテゴリも正確に入力する必要があります。本体ではない付属品などを出品しているにもかかわらず、カテゴリを本体としてはいけません。

他にも、出品画面上で商品を十分に説明しないで出品すること、他のサイトと同時に出品することも禁止されています。

ふざけて出品したり、思いつきの裏技を使ったりすると規約に抵触するおそれがあります。また、知らないうちに規約に違反していることもあるので、注意しましょう。

偽ブランド品は絶対に出品してはいけません

偽ブランド品はもちろん、正規品かどうかはっきりしないものも出品してはいけません。ヤフオクの禁止行為にあたるだけでなく、違法行為として刑事罰が課される可能性もあります。

偽ブランド品を販売したらどのようなペナルティが課されるか

ヤフオクでは、偽のブランド品が出品されているのを発見次第、出品を削除するか出品者の「Yahoo! JAPAN ID」の利用を停止するなどしています。

酷い場合は、刑事罰を課されたり損害賠償を請求されることもあります。実際、偽ブランド品を販売し逮捕された例があります。

ブランド品の出品は避けた方が良い

偽物だけでなく、本物と確信できないものを出品してはいけません。特に、外国で激安で売られていたものは偽物である可能性が高いので、出品するのはたいへん危険です。

そもそもブランド品はリスクが高過ぎます。ネット取引に自信がある人以外は、出品を控えた方が良いでしょう。

法律で売買が禁止されているもの

ここでは、ヤフオクで販売してしまうと法律に違反するものをいくつかご紹介します。

今からご紹介するものは絶対に出品してはいけません。

まずはチケットです。人気のあるアーティストのチケットは非常に高値で転売できるので、出品してしまう人が多くいます。チケット転売は立派な違法行為です。絶対に出品しないでください。

偽ブランド品の出品が禁止されているのは、先の項目でお伝えしました。

他には、お酒の出品があります。無免許で継続的に販売していると摘発対象になってしまいますので、注意してください。

まとめ

お金をやりとりをする以上は、決められたルールをきちんと守ることが重要です。特に違法行為は絶対にしないように注意しましょう。全ての規約を今回の記事でご紹介することはできませんでしたが、「これはどうかな?」と思うものはその都度調べてみることが大切です。

しかし、節度をもって出品している限りは、規約に抵触することはほぼありません。最低限のルールを守って、楽しく安全にヤフオクで出品しましょう。

"

Amazon、ヤフオク、eBayなどを網羅した
売れる商品が簡単に見つかるリサーチツール「オークファンプロPlus」



物販ビジネスで稼ぐためには「安く仕入れて高く売る」が大前提です。そのため、仕入先と販売先で価格差のとれる商品をリサーチするのが何よりも重要です。

リサーチの方法は様々ありますが、最も基本かつシンプルな方法は、売れている実績がある商品を見つけること。売れている人の真似をすることが、稼げるようになるための一番の近道なんです。

ただ、リサーチは大変地道な作業のため、売れる商品を見つけられず諦めてしまう人が多いのも事実です。しかし、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、eBayの市場情報を網羅した「オークファンプロPlus」を使えば、価格差が1万円を超えるような商品も簡単に見つけることが出来てしまいます。

  • Amazonで定価で仕入れても利益が出る高利益商品の検索
  • 安く仕入れ、そして高く売れるタイミングがわかる価格変動データ
  • ヤフオクで稼いでいる出品者を丸裸にするトップセラー分析
  • eBayで平均より高く売れている売れ筋商品がわかる落札履歴検索
  • 国内ショッピングサイトの売れ行きを把握する戦略ツール
  • eBayやAmazonなど世界中の最安値商品を横断検索

Amazonで仕入れてヤフオクで売る、ヤフオクで仕入れてAmazonで売るなど国内転売はもちろん、輸出入ビジネスでも活用することができます。

これから物販ビジネスを始める場合はもちろん、利益が伸び悩んでいるという場合にも使える、初心者から上級者まで対応したオークファンプロPlusでデータを攻略して、プラス10万円を最短で実現して下さい。




",

おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法