スキル

10分でYouTubeチャンネルを開設する方法とは?今すぐ設定してアフィリエイトで稼ごう!

今回は、YouTubeチャンネルを最短10分で開設できる方法を紹介します。初めての方でも、スマホだけあれば、迷わずに10分で設定が完了します。経験がないと、YouTubeでの動画配信は難しいと思ってしまうでしょう。ところが、意外と簡単にあっという間にできます。特に今回は、最短のプロセスでYouTubeチャンネルが開設できる方法に的を絞っていますので、ビギナーでも迷わずにチャンネル開設→動画投稿へとたどり着けるでしょう。

ユーチューバーとして動画配信したいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

広告収入を得るためには条件が必要

YouTubeでアフィリエイトを行って広告収入を得るには、「YouTubeパートナープログラム」への参加が絶対条件となっています。

YouTubeパートナープログラムとは何か

「YouTubeパートナープログラム」とは、動画配信者がYouTube側から収益を受け取るためのツールです。具体的には、視聴者が表示広告などを視聴した数に応じて報酬が支払われる仕組みになっています。

参加するためには条件がある

YouTubeパートナープログラムには、参加するための条件が5つあるので覚えておきましょう。

  1. チャンネルの過去12カ月の総再生時間が4,000時間以上である
  2. チャンネル登録者が1,000人以上である
  3. YouTubeの収益化ポリシーを遵守している
  4. 居住地がYouTubeパートナープログラムを利用可能な国・地域である
  5. リンクされたAdSenseアカウントを保有している

以上の5点です。この条件をクリアーしなければ、YouTubeパートナープログラムへの参加はできません。ちなみにこの条件は、2018年に改定されたもので、それまでは総再生回数が10,000回を超えてさえいれば、YouTubeで収益をえるための審査を受けることが可能でした。しかし、ある理由でこの条件が変更されたのです。

参加条件が改定された理由

スマートフォンの普及と並行して多くの人々がYouTubeに簡単に投稿できるようになり、動画の数は急激に増加しました。その影響で、優良な投稿がある反面、なかには法に触れそうなもの、犯罪一歩手前のものや暴力的な動画が多数はびこり、公序良俗に反する何でもありの世界と化してしまいました。たとえそのような動画に広告が表示されても企業からすれば意図した効果が得られないだけでなく、YouTubeへの広告依頼そのものの意欲をそぐ結果となりかねません。

以上の理由から2018年に「Youtubeパートナープログラム」の条件が改定され、不適切な動画を投稿するチャンネルへの取り締まりが強化されたのです。

YouTubeアフィリエイトを始める前に

YouTubeでアフィリエイトを始めるためには、Googleアカウント登録が必須となります。

それでは早速手順を解説していきます。なお、この項目でご紹介する手順は、アカウント登録を済ませた状態なので、もしアカウントを持っていない場合は、まずアカウント登録を行ってください。

YouTubeを開いてログイン

まずYouTubeを開いてログインしてください。

「プロフィールアイコン」をクリック

ログインしたら右上にある自分のプロフィールアイコンをクリックします。

続いて「YouTube Studio」をクリックしてください。

「収益受け取り」をクリック

左のメニューから「収益受け取り」をクリックします。参加条件をまだ満たしていない場合は、「YouTubeと共に成長していきましょう」というメッセージが表示されるので、YouTubeパートナークラブへの参加条件が満たされたら通知がくるように設定しましょう。

「YouTubeパートナープログラム利用規約を読み、内容に同意します」で「開始」をクリック

「YouTubeパートナープログラム利用規約を読み、内容に同意します」という項目の「開始」をクリックしましょう。

YouTubeパートナープログラム利用規約に同意

YouTubeパートナープログラム利用規約を読みボックスにチェックを入れたら「同意する」をクリックしてください。そして「完了」と表示されたら、収益化の設定は終了です。もし規約に1つでも違反した場合は、アフィリエイトプログラムへの参加を禁止される可能性があるので、利用規約にはしっかりと目を通してください。

Adsenseアカウントの作成・既存アカウントへの接続と広告設定

次にGoogleAdsenseアカウントを作成するか、または既存のGoogleAdsenseアカウントに接続します。すでにアカウントを持っている場合は、そのアカウントに接続するだけで問題ありません。「Adsense に申し込みます」の「開始」をクリックしてください。あとはAdsenseアカウントでログインしてYouTubeとAdsenseの紐づけをすれば、「完了」と表示されて終了となります。

ちなみに、Adsenseアカウントをひとつにすると、ルール違反などで罰則扱いになった際に、ほかの関連するブログなども影響を受け、収益を得られなくなるリスクがあります。よって、新規アカウントを作成しておく方が無難でしょう。

あとは審査の結果を待ち、合格したら広告表示設定を済まして、いよいよ収益化に向けてスタートが切れます。

審査には約1ヶ月ほどかかりますが、合格したら広告設定をしましょう。広告フォーマット設定は、「収益化の設定」の「開始」をクリックし、6種類の中から希望するフォーマットを選択して終了です。

YouTubeにAmazonアソシエイトを導入するには

Amazonの成功報酬型広告は、一般的な「アフィリエイト」とは言わず、「Amazonアソシエイト」が正式名称です。いうまでもなくAmazonの商品数はかなりの数にのぼるため、ほとんどすべてのジャンルが網羅できます。現に、日ごろウェブサイトやブログなどを見ていても、ほぼすべてと言って良いほど、Amazonアソシエイトのリンクを見かけます。

まずアカウント登録をパスする

Amazonアソシエイトに登録するためには審査が必要ですが、その際に必ずなんらかの媒体が必要になります。具体的には、自身のブログやウェブサイト、TwitterなどのSNSが考えられます。もし媒体がないとAmazonアソシエイトへの申し込みはできませんし、一定量のコンテンツがなければ審査をパスすることも不可能です。

たとえば、開設して1ヶ月にも満たない、わずか数ページの媒体の場合、審査に合格するのは無理でしょう。コンテンツの審査は、AI(人工知能)などではなく、人間の目で確認していると考えられているので、コツコツと価値あるコンテンツの作成を心掛けるに越したことはありません。

媒体ごとに審査が必要

Amazonアソシエイトの審査に合格すれば、その後コードを使い回すのは自由です。しかし、紹介先の媒体は一つ一つ個別に審査を受ける必要があります。つまり、ブログで審査に合格し、ほかにYouTubeやTwitterなどにAmazonアソシエイトを導入したい場合は、別々に申し込んで審査を受けなければならないということです。

未審査の媒体に商品リンクコードを貼る行為は規約違反に当たるので控えてください。また、たとえ審査に合格した媒体が秀逸なものであっても、未審査の媒体に有利に働くということはありません。もし、審査済のサイトが月間150万PVだとしても、またYouTubeのチャンネル登録数が200万人でどれだけバズっていても、新規に申し込んだ媒体の内容が大したことなければ、あえなく不合格となります。

とはいっても、追加の審査はそれほど厳しくはなく、サイトなら15ページ以上、YouTubeの場合なら10本以上アップロードしていれば、合格ラインに乗るでしょう。しかも審査は何度でも受けられますから、一度だけダメでもあきらめずにトライしてみてください。

アカウントの作成と追加方法

Amazonアソシエイトのアカウント作成、ならびに新たな媒体の追加申請の方法を簡単に紹介していきます。

まず、Amazonアソシエイトのトップページを開き、画面上中央の「登録」をクリックしましょう。

「アカウント情報」画面が出たら、「紹介料の受取人」についての情報を入力し、その下の3つの質問に回答します。

次の「ウェブサイトとモバイルアプリ情報」という画面で、Amazonアソシエイトを利用しようと考えているウェブサイトやモバイルアプリのURLを入力します。

次に「ウェブサイトとアプリ情報の入力」で13の質問に回答してください。自身がコンピューターでないことの確認のために提示される数字画像を入力し、認証を行ったら申し込みは完了します。そして、承認メールが届けば審査に合格です。

続いて、新たな媒体の追加申請方法です。まずAmazonアソシエイトのトップ画面上の「ログイン」をクリックします。

管理画面に移動したら、右上のメールアドレスにカーソルを合わせます。

表示の一番上にある「アカウントの管理」をクリックします。

表示されたメニュー一覧から「ウェブサイトとモバイルアプリの変更」を選びます。

「ウェブサイト情報の入力」のスペースに追加希望する媒体のURLを入力して「追加」をクリックします。最後に「確認」ボタンをクリックして設定内容を反映させたら完了です。新たな媒体を追加したい時は、この手続きを踏まないと報酬が支払われないため、十分に注意してください。

アソシエイトコードの貼り付け方法

Amazonアソシエイトの審査をパスできれば、いよいよチャンネル内の動画に広告リンクを貼り付けられるようになります。以下はリンク貼り付けの一例です。10位まで並んでいる商品名の横に表示されている文字列がAmazonアソシエイトのリンクになります。コードはIDがついた短縮型となっています。

それでは、商品リンクの作成方法に移りましょう。管理画面のヘッダーメニューから「商品リンク」をクリックします。

商品検索欄にキーワードを入力しましょう。たとえば「CASIOのGショック」などと入力します。

候補となる商品が一気に表示されるので、多すぎる場合は、さらに絞り込みましょう。リンクを作成したい商品を決めたら、右の「リンク作成」をクリックしてください。

HTMLは使用不可のため、説明文やコメント部分に画像付きのリンクを貼ることはできません。そのため、「テキストのみ」を選んだら「短縮URL」を選択してください。

すると「https://amzn.to/」から始まる短縮コードが作成されるので、そのままコピーして動画説明欄やコメント欄に貼り付けましょう。貼り付けたURLはそのまま自動的にリンクされるようになります。

こちらが作成した短縮コードのリンク先になります。

最後に管理画面の「ツール」から「リンク動作確認」を選択して先ほどの短縮コードを入力して動作確認をしてください。ここで「有効」が表示されたらOKです。

以上でAmazonアソシエイトの導入作業は終了となります。最後に、Amazonアソシエイトでアフィリエイトを行う際は、必ず媒体内に「Amazonアソシエイトを利用しています」と明記しなければなりません。説明文の下あたりが適当でしょう。

不快にさせない売り込み方

収益で確実に成果を得ようと思えば、商品のプロモーションや視聴者の興味を引くキャンペーンを行うのが極めて有効です。動画シリーズで見せるクラウドファンディングなどは、その良い例でしょう。しかも、その際には、コンテンツの質を汚さないように注意しなければなりません。視聴者を不快にさせるとせっかくの作戦も台無しです。「視聴者にいかに気持ちよく買ってもらえるか」が売り込む際のキーポイントといえるでしょう。

実は、この売り込んでいくのが苦手なクリエーターが少なくありません。しかし、うまく相手の懐に入って頼み込まなければ、売れるものも売れないでしょう。その気になってリサーチすれば、プロモーションやキャンペーンの素材は、さまざまな方面からピックアップしてくることができます。

動画にはCTA(行動喚起)を忘れない

YouTubeを見ていると「動画が良かったと思ったら、ぜひ「いいね」ボタンを押して、チャンネル登録をよろしくお願いします!」というメッセージをよく目にするでしょう。

これには大きな意味があります。ただ動画を終わらせるのではなく、その余韻の残っているうちに「お願いします!」というCTA(行動喚起)を見せれば、視聴者は頼まれたことを思わず反射的にしてしまうことが多いのです。この方法を上手く活用すれば、そのまま収益性の高いコンテンツにたどり着いてもらえる可能性が高まります。

タイミングよくYouTubeカードを使用する

ブランドとの取引を有効にしたり、独自商品を売り込むためにも、YouTubeカードの設定はおすすめです。絶妙なタイミングでYouTubeカードを活用すれば、エンゲージメントの高い視聴者を上手くひきつけることができるでしょう。YouTubeカードを使う時のコツは、最も関連性が高いサイトや自身のチャンネルのURLを視聴者の邪魔にならない程度のテイストでポップアップすることです。

動画説明欄にリンクを追加する

YouTubeの動画説明にリンクを追加設定すると大きなメリットがあります。例えば、自分のショップサイトやKickstarterキャンペーンを始めとする収益性の高いコンテンツに視聴者を引き込むことが可能です。

アフィリエーターとして満足に収益を得たいなら、Unbox Therapがおすすめです。これは商品レビュー専門の動画チャンネルですから、YouTubeの動画説明にリンクを貼って視聴者を誘導すれば、そこからの収益につなげることができます。Amazonのアフィリエイトチャンネルに特化していて、Amazon掲載のレビュー商品に移行するためのリンクが商品別に貼ってあります。もし動画から誘導された視聴者がここから購入すれば、Amazonから売上金の一部が払い込まれるシステムになっています。

さらに、自分の商品を売り込むための動画やShopifyショップを展開しているなら、「A商品を買えばBをプレゼント」というプロモーションや値引きサービスを活用して、新たなクライアントの需要を取り込むこともできるでしょう。

他のプラットフォーム上でもプロモーションを

たとえコンテンツをYouTubeにアップロードしたとしても、同時にその他の流通チャネルも積極的に活用することをおすすめします。TwitterやfacebookなどのSNSは、とくに拡散力が優れているので、キャンペーンやお得情報の配信にはうってつけです。メッセージが広範囲に拡散すると、多くの人の目に触れてエンゲージメントが高まったり、収益アップが期待できます。そのため、YouTubeから上手くSNSへとフォロワーの橋渡しをすることは、注力すべき非常に的を射たマーケティング手法といえるでしょう。

まとめ

多くの動画クリエイターにとって、投稿のモチベーションとなっているのは、お金ではありません。世の中の人たちをいかに楽しませようか、という強い欲求が原点といって良いでしょう。その想いが積み重なることでやがて大人気のコンテンツとなり、結果として一部のクリエイターは大きな収益を得るにいたっているのです。

多くのビジネスにおいて、長期にわたってクライアントに購買意欲を持たせ続けることは至難の業です。しかし、ユーチューバーの中には、それを容易にやってのけている人が少なくありません。

そんな人気ユーチューバーを目指すためには、商魂たくましく世間があっと驚くような奇抜でユーモアに溢れたアイデアを出し続ける努力が必要です。そして、その情熱がやがて視聴者の心を動かし、収益となって返ってくる日を追い続ける姿勢と覚悟が不可欠といえるでしょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!