コータ氏インタビュー「赤字生活からの脱出」副業で月収100万円稼いだ方法

副業でせどりを始め、独立を果たしたコータ氏。
こだわりのコンサルティング運営や、現役でせどりをしているからこそ分かる最新の情報をご本人に直接インタビューしました。

目次

月収16万円の赤字生活から物販を始めたきっかけ

――自己紹介をお願いします。

コータと申します。
2016年の1月からせどりを始めました。
元々中古本せどりをBookoffで探してやっていましたが、限界を感じてその後いろんなせどりを転々として、電脳せどりにたどり着きました。
それをどんどん突き詰めた結果、2020年に月収100万円を副業ながら稼げるようになり、独立をして現在は専業として物販をしています。

――アクシグのことはご存知でしたか。

ブログもYouTubeも見させて頂いています。

――参考になっていますか。

うちのブログもすごく参考にさせて頂きながら書いています。

――一番最初は月収16万円の工場勤務から色んなビジネスがある中で何故せどりを選ばれたでしょう。

もう切羽詰まってたんですね、生活が。
毎月赤字家計で月2,3万円足りないみたいな中で一番手堅く稼げる副業ノウハウを探していました。
その時に、せどりが稼げるらしいというのをたまたま読んだ本でみて、ちょっとやってみたら1商品売ったら4,5千円稼げたんですよ。
これはすごいぞと思ってせどりに入っていったという感じですね。

せどりは即金で収入になるのが魅力

――物販のいいところって即金収入ですよね。

即金ですね。

――これが魅力で取り憑かれたという感じですか。

そうですね。
他のアフィリエイトやアドセンスだとどうしてもお金が入金されるまでかなり時間がかかるので、せどりは即金だというのが一番の魅力だと思いますね。

――その後、レンタルアップのCDせどりに取り組まれた経緯を教えてください。

これはTSUTAYAなどでレンタルされていたCDが、レンタル期間が終わると店頭でものすごく安い値段で売り出されるんです。
ただレンタルCDってレンタル専用品とかのシールがついているんですよね。
これをきれいにはがす裏技を使ってはがし、ケースも全部変えて綺麗にして中古のほぼ新品とかみたいな感じにして利益率を上げて売っていました。
本当に100円とかで仕入れてきた商品が1,000円、2,000円とかで売れるので結構儲かった手法です。

――今のリペアせどりの走りみたいですね。

そうですね。

――この手法は今でも通用すると思いますか。

どうですかね。
店舗にはもうしばらく何年も行ってないのでちょっとわからないですけど、たまにゲオとかもレジ横とかにあるんでもしかしたらいけるのかなと。
ただ、今CD自体がAmazonだと新しいアカウントだと出せなかったりするんでちょっとCDジャンルは厳しいかもしれないですね。

――当時だから通用した激アツのノウハウだったということですね。

そうですね、めちゃくちゃ美味しかったですね。

睡眠を削って夜な夜な作業する日々

――ブームを掴むのがすごく得意でいらっしゃる感じがします。

そうですね。たまたまなのかわからないですけれど、いい感じで波に乗ってきたっていうところはあるかもしれないですね。

――レンタルアップせどりが当時爆売れしたので、部屋の中が在庫でいっぱいになってしまったと。

そうです。

――どのように対応されましたか。

これはもう本当にマンパワーと言うか、もう気合ですね。
今も思い出しますが、もう寝ずに夜な夜な削っていました。
当時僕結婚する直前だったんですけど、自分の結婚式の当日の朝レンタルアップCDのケースを変えてシールを剥がしてっていうのをギリギリまでやって僕何やってんだろうなってすごく思ったんですけど、それぐらい切羽詰まってて生活にもう一生懸命やってましたね、当時は。

――実は肉体労働で仕入れた以上には売れないですよね。

そうですね。

売上の壁にぶつかる

――明確に壁を感じる瞬間でもありますね。

そうですね。おしゃる通りですね。

――売れないことに対してどのように解決されたんですか。

それについては外注化をして人の力を借りるようにして解決してきましたね。

――外注化される時に、在庫任せるわけですから心配になりませんか。

最初は確かにあったんですよね。
でも僕割と人を信じやすいタイプなんでまあいいかなみたいな。
一応最低限の雇用契約的な外注委託契約書を作って、相手の住所とかを事前に確認するとかそういう工夫はしましたけども、えいやでやっちゃったらたまたまうまくいきましたね。
その後も結構外注さん使ってきましたけど特にトラブルはないですね。

――心配な方は始める前にコータさんに相談されると良さそうですね。

そうですね。

電脳せどりを始めたきっかけ

――その後電脳せどりを始めたきっかけを教えてください。

これはもうある程度頭打ちが見えてきちゃったんですよね。
副業だったのでどんなに寝る時間やプライベートの時間を削っても、仕入れに行ける範囲も限界がありますし、これ以上は伸びないなと。
同時に当時はある程度生活にゆとりも出てきたんですけど、今度はお金を使う時間がないなと。
場所に縛られずにどこにいてもパソコン1台で仕入れられる電脳せどりがあるぞというのを聞いて、勉強し始めたという感じです。

――店舗せどり経験があったから、さっと移行できたと思いますが、これから始めようと思ってる方にアドバイスをお願いします。

僕が店舗せどりから電脳せどりに切り替えた時にやったのは、店舗で仕入れて実際に利益が出た商品がヤフオクやメルカリ、ラクマなどのネットで売っていないか探しました。
自分が売った商品や似たようなジャンルの商品など、そういうところから目をつけていくと見つけやすいんじゃないかなと思いますね。

――仕入れ値を下げるために目をつけられたのが楽天ポイントせどりだったと思いますが、しっかり有効活用されたんですよね。

そうですね。

月収100万円を超える

――このノウハウはどうでしたか。

楽天ポイントせどりは、僕が始めた当時は今ほどまだ盛り上がる前だったので、かなりブルーオーシャンだったんですよね。
本当にライバルも少なくて、実は今までに1アカウントで1,200万円分ぐらいポイント取っているんですよ。
すごく僕のターニングポイントになったノウハウですね。
当時はルールさえ押さえればかなり稼げましたね。
今はだんだん制度の変更もあって参入者も多いですしちょっと難しくなってはいますけども、月2万円3万円ぐらいを稼ぐことは今でも十分可能なノウハウかなとは思っています。

――このぐらいの時までは副業ですか、個人事業主としてされていたのですか。

個人事業主です。

――月収100万円超えられたのはこの頃ですか。

楽天ポイントせどりやっていたもうちょっと後ですね。
卸メーカーとかいったぐらいです。

――さらに飛躍をするために会社設立して融資を受けられたんですね。融資を受けて良かったですか。

良かったですね。
というのも今まではせどりは少しグレーというか後ろめたさを感じつつやっていました。
しかし会社として資金を調達して仕入先がメーカーや卸などちゃんとした会社ってなると、ひとつのビジネスとして見られるようになったなという実感はありましたね。

――メーカー卸仕入れを始められたのはどのようなノウハウなんでしょうか。

これは基本的には展示会とかに行き、新規の取引先を探しているメーカーさんに名刺配って営業をかけて、許可が出ればその商品を直接仕入れてきてAmazonとかで売っていくというスキームですね。

――これをするようになってから月収100万円を超えられたっていうことでしょうか。

そうですね。

コンサルティングを始めた経緯

――月収100万円を越えられた時何か感慨深いものがありましたか。

正直言うともうあんまり何とも思わなかったっていうのが正直な気持ちです。
初めてせどりをやって10万円ぐらい稼げた時が一番嬉しくて、変な言い方ですけど感覚が麻痺してくると言うか金額が上がっていくと物とお金の介したマネーゲームみたいな感覚になっちゃって、あんまりそこに感情はなかったですね。
僕はもともと100万円稼ぎたいと思って始めたわけでもないので、一つの区切りとしてはあったと思いましたけど、特別やったぞとかそういう気持ちはあまりなかったですね。

――その後コンサルティングを始めた経緯を教えてください。

僕自身がもともとすごく生活に困るような貧乏をしていたのが、せどりを始めたことによって改善しました。
そして人並み以上に稼げるようになってせどりにすごく夢を感じたんですね。
昔の自分のように今本業をすごく頑張っても給料が低くて生活していくのが大変とか、そういった人を一人でも救いたいなと思ってコンサルティングでせどりの魅力ややり方、稼ぎ方を教えたいなと思って始めました。

コンサルティングのこだわり

――コンサルティングの実績を教えてください。

皆さん副業でされている方ですが、今までに月収50万円以上達成された方が1名と月収30万円以上が2名、あとはその他月収10万円以上が多数という感じですね。

――コンサルティングのこだわりや強みを教えてください。

うちのコンサルティングはマンツーマンと必ず決めているところですね。
巷のせどりコンサルとかせどり塾は、大規模なので先生がひとり対多数の生徒さんっていう感じでマンツーマンじゃないことが多いんです。
うちはマンツーマン、かつそのクライアントさんの使える時間やお金それぞれバラバラだと思うんですけど、その状況をヒアリングした上でこの人にはこういう稼ぎ方が一番あってるんじゃないかっていう感じでベストな方法を提案していくことをモットーにしていますね。

――教科書がないっていうのが独特ですよね。

そうですね。うちは教材を用意しているわけではないんですよ。

――本当のメンタリングと言うか、一緒に伴走して達成していくといった形でやってらっしゃるんでしょうか。

そうですね。おっしゃる通りです。

印象深いコンサル生について

――印象深いコンサル生の方を教えてください。

その方はコンサルをしたきっかけがすごく印象深かったんですけども、本業の年収が1,000万円を超えるようなすごいハイキャリアの方だったんですね。
コンサルをして欲しいです、せどり教えて欲しいですということで僕としては一度お断りをしたんです。
そんなに年収を稼いでいてハードワークなのに、さらにせどりをやって忙しくする必要があるのでお断りしたんですけど、本人曰くハードワークすぎて生活を変えたいと。
せどりで稼げるようになってコータさんのように自由気ままに生活したいということでご依頼いただいて1年間やりました。
その方はしっかり稼げるようになったので本業をやめられて今専業になって幸せに暮らしています。
正直年収1,000万円の本業とどっちが良かったのかってのは分からないですけども、本人は満足されていたので、良かったなと思いますね。

――ご本人にとってはすごく幸福度がUPされたコンサルだったのかもしれないですね。

おしゃる通りですね。

これから物販を始めようと思っている方に向けて

――最後にこれから物販始めようと思っている方へ一言お願いします。

せどりは本当に数ある副業ノウハウの中でも一番手堅く稼げるし再現性が高い方法だと思います。
努力に比例してやればやっただけ稼げるというところにすごく夢があると思いますので、これからせどりを始める方は夢や希望を胸に、楽しみながらやってほしいなと思っています。

取材協力:俺せど

編集部より一言

数々の物販を経験し、自信をもってビジネスに取り組む姿が印象的でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次