日本住所の英語表記zip/postcodeを詳しく解説

日本から海外のショッピングサイトでクレジットカードを使って買い物をするには、日本の住所を英語で入力する必要があります。英語の住所登録フォームは、「zip postcode」「code/zip」「zip/postal code」「billing zip code」「postcode/zip」「company zip code」「billing zip」など分かりにくい入力項目が多く面倒です。

そこで今回はzip/postal code、zip/postcode、code/zip、postcode/zip、company zip code、billing zipの意味、またそれらについての補足を交え、クレジットカード決済時などに日本の住所を英語表記で登録する方法を解説します。この記事を読んで、英語で日本の住所を表記する方法やzip/postal code、zip/postcode、code/zip、postcode/zipをマスターしてください。

目次

日本語の意味【company zip code/post/postalcode/zip code】

zip/postal code」、「zip/postcode(post/zip code)」の意味とは、日本語で一言で言うと、郵便番号のことです。「company zip code」は法人の所在地郵便番号のことです。「zip code/postal code」、「zip/postcode(post/zip code)」「billing zip」は書き方に注意しましょう。

postal code/zip code(zip/postcode)・company zip codeの日本語の意味は郵便番号

「zip code」と「postal code(ポスタルコード)」の日本語の意味はどちらも郵便番号のことですが、違いがあります。「zip code」はアメリカの郵便番号で、5~9桁の数字で構成されています。「postal code(ポスタルコード)」(別名post code)はイギリスの郵便番号で、数字とアルファベットで構成されています。

ちなみに、「zip code」や「postal code(ポスタルコード)」の前に「billing」が付くと、日本語で「請求先郵便番号」という意味になり、それぞれ「billing zip code」、「billing postal code」と表記されます。

日本の郵便番号同様、zip code・postal code・zip postcode・postcode/zip・billing zip codeで最小行政区画(市区町村)まで住所を特定できます。

zip/postalcodeと書かれていれば日本の郵便番号

zip codeはアメリカ、postal codeはイギリスの郵便番号を表す表現ですが、これらを合併したzip/postalcodeは、日本の郵便番号を表す語だと考えてください。また、イギリスをはじめ表記は、postal code(post code)の他にも、PIN、もしくはPIN codeなど様々なものがありますが、これらもすべてそれぞれの国での郵便番号を表しています。

この後入力に関する詳しい説明をしますが、zip/postalcodeと書かれていれば、普段から使っている7桁の日本の郵便番号を用いることになります。

世界標準の郵便番号(zip/postalcode、zip/postcode)はない

zip/postal code、zip/post code、post/zip codeという世界標準の郵便番号があるわけではないので、zip/postal codeやzip/post codeには日本の郵便番号を入力することになります。海外のECサイトで購入しても、結局あなたの家に配達するのは日本の配送業者です。したがって、(billing)zip code、zip/postal(post)code に入力するのは日本の郵便番号で問題ありません。

zip/postal code、zip/postcode、company zip codeの桁数

たまにzip/postal code(zip/post code、post/zip code、company zip code)の入力可能桁数が6桁以下のECサイトがあります。日本の郵便番号は7桁であるため、zip/postal code(zip/post code、post/zip code)が6桁以下のECサイトでは入力できません。

この場合は、郵便番号(zip/postal code)は途中まで入力してください。zip code、zip/postal code、zip/post codeに入力した郵便番号が間違っていても、住所が正しければ日本まで正しく配送されます。

日本の郵便番号:英語表記billing zip/postal code(zip/postcode)

zip/postal code(postcode)の書き方は、サイトやフォーマットによって多少書き方は変わりますがzip/postal codeである郵便番号の数字自体は変わりません。例えば〒999-9999の場合、zip/postalcode・zip/postcode欄には〒記号を除いた999-9999と表記します。またはハイフン(-)無しの9999999とzip code、postal(post) codeに表記する場合もあります。zip/postal codeの入力欄があったらいつも使う7桁をzip/postal codeの入力欄に入力すればいいことを覚えておきましょう。

billing zip/postal code、zip/postcode以外の日本の住所の英語表記

続いて、海外のECサイトなどでクレジットカード決済する際に、日本の住所を英語表記(zip/postal code)で入力する方法を解説します。zip/postal code(zip/postcode)や、zip code/postal codeの他にも知っておきたい項目がいくつかあります。

英語住所(zip/postal code、zip/postcodeなど)の入力項目

zip codeやpostal code(zip/post code)などの住所の入力項目はサイトによって異なりますが、以下のような表記・意味であることが多いです。
(※郵便番号の欄はzip code、postal(post) code(ポスタルコード)のどちらかが書いてあります)

Building name, floor, room number : ビル名、階数、部屋番号
Street name, street number : 丁、番地
City / Ward / Town / Village : 市/区/町/村
Prefecture : 都道府県
Country : 国名
zip/postal code : 郵便番号

「Building name, floor, room number」は「Address1」、「Street name, street number」は「Address2」と表記されていることもあります。

住所や郵便番号zip code(zip/postal code、zip/postcode)の日本語での表記例(1)

たとえば、日本の住所である「〒163-8001 東京都新宿区西新宿2丁目8-1」 を英語(zip code(zip/postal code)など)で記載すると以下のようになります。

【Building name, floor, room number】 ※空欄
【Street name, street number】 2-8-1
【City / Ward / Town / Village】 Nishishinjuku, Shinjuku-ku
【Prefecture】 Tokyo
【Country】 Japan
【zip/postal code】 163-8001

住所や郵便番号zip code(zip/postal code、zip/postcode)の日本語での表記例(2)

日本の住所である「〒260-0027 千葉県千葉市中央区新田町1-8 マンション千葉101」を英語(zip code(zip/postal code)など)で記載すると以下のようになります。

【Building name, floor, room number】 Mansion Chiba 101
【Street name, street number】 1-8
【City / Ward / Town / Village】 Shinden-chou, Chuo-ku, Chiba-shi
【Prefecture】 Chiba
【Country】 Japan
【zip code(zip/postal code)】 260-0027

あわせて読みたい
海外通販で郵便番号や住所を英語で登録する方法 海外通販で買い物をすると、住所や郵便番号を英語表記のルールに即して正しく登録する必要があります。本記事では、海外通販サイトに英語で正しく住所を入力する方法を...

postal code/zip code(zip/postcode)以外の英語で住所を書く時の注意点

英語で住所を書く場合、日本語とは表記の順番が異なるなど、zip/postal code(zip/postcode)以外にも注意すべき点がいくつかあります。以下で、主なものを5つ紹介します。

zip/postalcode、zip codeはアメリカ英語とイギリス英語、表記方法はどっちも同じ?

英語にもアメリカ英語とイギリス英語がありますが、zip code、postal code(ポスタルコード)を含め住所の表記方法は同じです。

日本とは違う!postalcode(ポスタルコード)やZIPコード(zip code)、住所の表記順

日本とは違い、基本的に英語の住所は以下の順番で書きます。住所の後はzip code/postal code(zip code/postcode)である郵便番号、国名の順で表記していきます。

1.ビル名(アメリカ名)、部屋番号
2.丁番地
3.市区町村
4.都道府県

日本住所・ZIPコード(zip code)のコンマとピリオドの使い方

日本の住所を英語で表記する際、基本的にピリオド「.」は使いません。ただ、住所を1行で表記する場合は番地・町名・市名県名・zip code/postal codeである郵便番号の後ろにコンマ「,」を使います。

(例)【zip code(zip/postal code)】2-8-1, Shinjuku-ku, Tokyo-to, 163-8001, Japan

zip/postal code(postalcode)などの英語表記の住所の略し方

zip/postal codeである郵便番号の〒や、「Tokyo-To」の「To」、「Chuo-Ku」の「Ku」は省略できます。

郵便物に住所やzip code/postal codeを書く位置

ちなみに、郵便物に英語表記で住所を書く位置は、封筒は左上はがきは右上です。郵便番号(zip/postal code)は一番上ではなく住所の後で書きます。

ZIPコード(zip/postal code)とは?海外ECサイト利用時の注意点

クレジットカードを使うことが多い海外ECサイト利用時の住所や郵便番号(zip/postcodeまたはzip code)に関する注意点を3つ紹介します。

住所・郵便番号(zip code/postal code/billing zip code)入力ミス

住所や郵便番号(zip code/billing zip code/postal code)が間違っていると返送されてしまいます。つまり、クレジットカードで代金を支払ったのに商品は受け取れません。

クレジットカードを使った注文後に住所や郵便番号(billing zip code/postal code)の入力間違いに気づいたときは、すぐにECサイトのカスタマーセンターに連絡しましょう。

zip postalcodeは入力をミスしても届く可能性あり

海外サイトによって、zip postalcode(zip/postcode)の入力フォームの形は違います。ゆえに、正しく入力しようと思っても桁数が足りない、余り過ぎるといった事態も起こりうるのです。

zip/postcodeの入力で大切なのは配送先が「日本」だとわかるようにすること、住所を正確に記載しておくこと。日本にさえ届けば、配送業者がその後に続く住所や電話番号や氏名などから、配送先を見つけてくれる可能性もあります。

不安要素がある場合は、直接販売業者に問い合わせをするなどして、入力確定前に確認をしておきましょう。

配送先住所は英語表記(post/zip code)、決済時の請求先住所は日本語表記

海外のECサイトでクレジットカードで決済手続きした場合、「Shipping Address」と「Billing Address」という2つの住所が出てきます。前者は配送先住所で、後者はクレジットカードの請求先住所です。

配送先住所は英語表記(zip/postalcode・zip/postcode)である必要がありますが、請求先住所は日本語表記で問題ありません。

決済先住所と配送先住所でzip/postcode・postalcodeの入力を変えた場合にあること

前述の通り、海外サイトでクレジットカード決済をすると2回にわけて住所を入力することになります。配送先は正しい希望の住所と氏名を入力しますが、クレジットカードの登録がそれと同じとは限らないでしょう。

しかし、クレジットカードの請求先住所も配送先住所と同じものを入力しないと、海外ECサイトから確認のメールが届く可能性があります。特に、zip/postalcode(zip/postcode)や住所だけでなく名前も違うと決済許可までに時間を要するかもしれません。

名前が同じ場合も、できるだけ2つの住所は同じものを入力するようにしましょう。

zip/postalcode(郵便番号)の調べ方

ご自宅や勤務先など、ご自身にとって身近な場所の郵便番号(zip/postalcode・zip/postcode)は把握されていると思いますが、配達先を友人宅にするときなど、郵便番号が分からないケースもあると思います。

その際には、日本郵便のウェブサイトで調べることができます。日本郵便のウェブサイトでは、住所を入力することで郵便番号を調べることができます。入力画面に進んで、地名や読みを入力してください。

また、地図アプリでその地点を指定することで郵便番号(zip/postalcode)を確認する方法や、ウェブで郵便番号を検索できる他のサイトを利用して絞り込む方法などもあります。

住所の英語表記(zip/postal code、zip/postcode)への変換ツール

日本語住所を英語表記(zip/postcode)する上で分からないことがある場合は、以下の変換ツールをご利用ください。

参考:JuDress|住所→Address変換

billing zipだけじゃない。電話番号・ファックス番号の入力方法

最後に日本から海外ECサイトを利用する時の電話番号・FAX番号の入力方法を解説します。

Phone Number(電話番号)

まず先頭に日本の国番号の「+81」を入力します。そして、市外局番の最初の0を取ります。

(例)012-3456-7890 ⇒ +81-12-3456-7890

Mobile Number(携帯番号)

まず先頭に日本の国番号の「+81」を入力します。そして、固定電話同様、最初の0を取ります。

(例)080-1234-5678 ⇒ +81-80-1234-5678

FAX

FAX番号の入力方法も同様に日本の国番号を入力します。

日本の住所を英語表記「postal code」「(billing)zip code」などにする方法

今回はzip/postal code、zip postcodeについて意味や表記の仕方などを紹介しました。海外のECサイトでクレジットカード決済する際、(billing)zip code、postal code(ポスタルコード)をはじめ、英語表記の住所は日本の住所と項目名や表記の順番が違うため、最初は戸惑います。しかし、zip/postal codeも慣れれば簡単です。どうしてもzip/postal code、zip postcodeの意味などが分からない場合はこちらの記事で紹介した日本語住所を変換するツールを使ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

目次