スキル

チャンスを逃さないためには◯◯が必要!チャンスを掴む人の5つの特徴と10個の準備について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「チャンスさえ掴めれば、今よりも幸せになれる。」そう思っている人は少なくないでしょう。

しかし、チャンスを掴める人はそう多くはありません。チャンスは誰にも平等に与えられますが、それを掴むには準備と心構えが必要だからです。

今回は、チャンスを掴むための心構えと方法についてご紹介していきます。

チャンスが訪れる瞬間は誰にも必ずある

チャンスを掴む人とは、いったいどのような人なのでしょうか。

この記事を読んでいる人の中には「自分にはチャンスが来ない」と思っている人もいるはずです。

しかし、チャンスは誰にでも訪れるものなのです。チャンスを掴んでいる人の多くは「私はこれがきっかけで人生が大きく変わり始めた」という体験を持っています。

それは、その人にとって精神的にも身体的にもとても辛い経験かもしれません。しかし、振り返ってみるとその経験によって、人生に大きな変化がもたらされたということはよくあります。意外に思われるかもしれませんが、チャンスはそのような逆境から生まれることもあるのです。

チャンスはどこにある?

「幸運の神様は前髪しかない」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。これはイタリアの芸術家であるレオナルド・ダ・ヴィンチの名言です。

この言葉の意味は、チャンスの女神には前髪しかなく、通り過ぎた後に急いで掴もうとしても後ろ髪がないため掴むことができないということです。つまり、うかうかしているとチャンスを掴むことができないという意味です。

皆さんもつい躊躇してしまい、チャンスを逃してしまったということはないでしょうか。チャンスが来たら、迷わずこれを掴まないと後からでは掴むことはできません。

チャンスの定義

そもそもチャンスとはどのような意味なのでしょうか。チャンスとは物事をするのに良い機会、好機のことを意味しています。また、英語で「chance」とは偶然の機会のことを指しています。

それではチャンスとは偶然訪れる機会のことを指しているのでしょうか、それとも自分から掴みに行く機会のことを指しているのでしょうか。

チャンスの捉え方

人間には物事を「解釈」する力が備わっています。そのため、目の前で起こった出来事に対して、何かしら「反応」し、その後に起こった出来事に対して「解釈」を行います。

解釈の仕方は人間1人1人によって異なります。これは生育環境や、考え方、感じ方などが人それぞれ違うことが原因です。解釈の仕方が人それぞれ異なるため、同じ出来事が起こったとしても違う感じ方や捉え方が生じるのです。

例えば、仕事で上司から重要なプロジェクトを任されたとしましょう。その出来事に対し、「なんでこんなプロジェクトを私に任せたの?」と思う人もいれば、「プロジェクトを任されたのは何かのチャンスかもしれない」ち思う人もいます。

このように、起こった出来事が同じでも解釈が違えば異なった捉え方がされます。これは日常生活で起こりうる出来事全てに当てはまることです。

ある出来事に対してネガティブな思考が働いてしまうと、自然にネガティブな結果になったり、自分に自信を無くしてしまったりします。逆に、その出来事に対してポジティブな思考が働けば、自然と結果もポジティブなものに変化するものです。

その人の解釈によって、出来事はよくも悪くも変化します。解釈の仕方によっては同じ出来事をピンチと捉えることも、チャンスと捉えることもできるのです。

出来事をチャンスと捉える

先ほども述べたように、同じ出来事が起こっても人によって捉え方は異なります。そのため、一般的には望ましくない出来事であっても、それをチャンスと捉えることもできるのです。

チャンスと聞くと、突然自分の元にやってくる出来事のように考えがちですが、ここでいうチャンスとはそういった意味ではありません。

チャンスを掴む人というのは、ある出来事を「チャンスと捉える力」が優れています。そのため、普通の人がなんとも思わなかったり、むしろピンチだと感じる出来事が起こったとしてもチャンスと捉えることで、そのチャンスを掴んでいるのです。

つまり、出来事をチャンスと捉える人が、結果としてチャンスを掴みやすい傾向にあると言えるのです。

チャンスを生むために種をまく

出来事をチャンスと捉える心構えも大事ですが、チャンスを生むための行動も大切です。

チャンスを生むための行動とは、「声に出す」ことです。チャンスを掴む人は、自分の意見や意志、希望を声に出す傾向があります。

日本人は、その国民性からか、自分の意志や希望を声に出すことをあまりしない傾向にあります。それに対し、チャンスを掴む人は、「こんなことがしてみたい」「自分の得意なことはこれだ」「自分は将来これがしたい」といったことを声に出しています。「そんなことを言ったらバカにされてしまう」「自分にはやりたいことを実現できる勇気がない」「能力不足で口にするにはまだ早い」などと思ったりしないのです。

そこで、チャンスを掴む人に倣って、実際にやってみたいことや将来の目標を声に出してみましょう。最初は恥ずかしかったり、バカにされるかもしれません。しかし、声に出すことで、相手はあなたがどんなことを望んでいるのか、何かしてあげられることはないかと、チャンスをくれることもあります。

ここで述べた自分の意志や希望を声に出すということは、チャンスを生むために種をまく作業です。チャンスを掴む人は、自分の意志や希望を口にすることでチャンスが生まれやすい環境を自分で作っているのです。

誰でもチャンスは来る

先ほどもご紹介したように、出来事は捉え方によってチャンスにすることもピンチにすることもできます。

つまり、今、目の前で起きている出来事があれば、その捉え方を変えることで、出来事をチャンスにすることも可能なのです。

目の前のチャンスを掴める人と掴めない人

それでは、目の前にあるチャンスを掴める人と掴めない人の違いはどこにあるのでしょうか。

ここでは、チャンスを掴める人の特徴についてご紹介していきます。

チャンスはチャンスとして現れない

チャンスは目に見えないものです。そのため、チャンスが目の前にあったとしても、それをチャンスだと捉えられる人は少数です。

チャンスを掴める人は、ある出来事に対して「自分にとって良い影響があるかもしれない」と機敏に反応することができます。逆に、チャンスを掴めない人は、何気なく日常生活を過ごしてしまい、周囲で起こる出来事に対して興味や関心が薄い傾向にあります。

チャンスを掴むためのアンテナをしっかりと張っている人は、チャンスと思えるものに出会った時に、そこからさらに新しいアイデアを思いついたり、大きな決断を下したりできるのです。

ついつい安定を選んでしまう…

皆さんは目の前にチャンスが訪れた時にどのような行動をとりますか。「迷わず掴みにいくに決まっているじゃないか!」と思うかもしれません。しかし、実際にはチャンスが目の前にあっても掴むことができない場合がほとんどです。

なぜなら、「今は仕事が忙しいから」「家族を養わなければならないから」とあれやこれやと理由をつけて結局決断しないケースが多いからです。

その場で大きな決断をすればいいという訳では無いものの、いざ決断を迫られると無意識に現状維持を選んでしまうのが人間です。人間は変わりたいという希望を持っている反面、このまま変わりたく無いという気持ちも持っています。

チャンスを掴むために大切なのは決断力です。ある決断をすることで、もしかしたら大失敗をして、立ち直れないかもしれません。しかし、うまくいけばチャンスを掴むことができ、人生が大きく変わるかもしれないのです。

チャンスをすぐ掴む人といつまでも掴めない人

前述のとおり、チャンスは目に見えないため、チャンスとして解釈することが重要になります。

例えば、友人からの食事の誘い、上司からの仕事の依頼、少し難しいプロジェクトの担当。このような出来事を「楽しそう」「何か自分にプラスになることがあるかもしれない」「できるかわからないけど挑戦したい」と思っている人がいるとします。一方で、同じ出来事に対して、「なんだか面倒くさそう」「自分には関係ない」と思っている人もいるとします。

前者と後者ではどちらがチャンスを掴む可能性が高いでしょうか。

もちろん、前者です。「楽しそう」「面白そう」「行ってみたい」と行ったポジティブなイメージをもって行動に移ることができるからです。行動すれば、時に不幸なことやうまくいかないことを経験するかもしれません。しかし、そこから得た経験が自分の実績となり、自信へと繋がるのです。

後者のタイプだと、何かと理由をつけて行動しないうちにネガティブ思考の癖がつき始めます。そうなると、次第に自分に対して自信がなくなり、嫉妬や妬みの感情が増えるようになります。

このようにならないためにも、何事にも好奇心を持ってチャレンジする姿勢が大切です。最初は勇気がいるかもしれませんが、次第に自分の可能性を信じられるようになって行動できるようになるはずです。

チャンスを掴む人の特徴5選

ここからは、チャンスを掴む人の特徴をご紹介します。

皆さんもチャンスを掴む人の特徴を真似して、チャンスを掴めるように準備しておきましょう。

継続している

チャンスを掴むためには継続が重要です。何事も継続することが成功のための絶対条件と言えます。継続している人には、いつかチャンスが目の前に現れるものです。

継続できない人や途中で諦めてしまう人は、チャンスを掴むことができません。

待っている

チャンスはいつやって来るかわかりません。準備できていないタイミングで訪れることもあれば、準備し続けているのに一向にチャンスがこないこともあります。

いつまで経ってもチャンスが訪れないからといって、途中で諦めてしまうと、チャンスは来なくなります。これは前項の継続と共通した話ですが、チャンスを掴む人はチャンスが来るまで待ち続けています。

焦りや油断は禁物です。気長に自分がやるべきことを淡々とこなしながらチャンスが訪れるのを待ちましょう。

決断できる

決断とは読んで字のごとく、決めて断つことです。つまり、決断をするということは、どれか1つを選び、他の選択肢をなくすということです。

チャンスを掴むということは、変化を受け入れ、すでにある考え方や習慣を断ち切って前進することです。

せっかく掴んだチャンスも今まで通りの考え方や生活をしていては大きく変わることができません。これまでのことをスパッと断ち切れる人がチャンスを掴む人の特徴です。

感じが良い

チャンスは、人とのつながりから生まれることもあります。

チャンスを運んできてくれる人は、誰だかわかりません。人に対して強く当たったり、失礼な態度を取っていたりしては、チャンスを運んでくれる人が寄り付きません。

見本となる態度などはないものの、人い対して優しく笑顔で接することが基本です。話しかけやすいオーラ、一緒にいて感じが良い人のイメージを持って相手に接するようにしましょう。

常に感謝している

チャンスを掴める人は、常に感謝の気持ちを持っている人が多いです。

また、常に感謝している人は、謙虚で素直な姿勢であることが多いです。このような人は、先ほどの「感じのいい人」同様、周りの人がチャンスを運んできてくれるのです。

感謝の気持ちは毎日の習慣や積み重ねから自然にできるようになります。まずは何事にも感謝の気持ちを持つように心がけてみましょう。

チャンスを掴むための準備10選

チャンスを掴む人の特徴についてご紹介してきました。それではチャンスを掴むためにはどのような準備を行えば良いのでしょうか。

10個の方法をご紹介しますので、自分ができるところから挑戦してみましょう。

(1)普段とは違うジャンルの本を読む

いつも同じジャンルの本ばかりを読んでいると、ただ文字を追っているだけになりがちです。

そこでおすすめなのが、普段とは違うジャンルの本を読んでみることです。違うジャンルの本を読むことで、いつもとは違った読書体験ができるだけでなく、別の視点から読むこともできます。

そうすることで、普段の思考習慣が変わり、それがチャンスを掴む準備にもなります。ビジネス書を頻繁に読む人は小説を、小説をよく読む人は、雑学や実用書などを読んでみるといいかもしれません。

(2)やりたいことを100個書き出してみる

やりたいことを100個、紙に書き出してみましょう。100個やりたいことを書くのは思っている以上に大変です。しかし、やりたいことをたくさん書いていくことで、自分では気づかなかった欲や新しい自分の可能性を見つけることができます。

100個書き出すことで、自分が本当にやりたいことや実現したい未来が見えてくるかもしれません。まずは思いつく限り書き出してみましょう。

(3)食事に気を遣う

「体が資本」というように、体が健康でなければ、チャンスが来てもこれを掴むことはできません。

チャンスを掴む人や結果を出している人は健康が自分のパフォーマンスに影響することを知っているので、健康にかなり気をつけています。

これまで、あまり健康管理に気を使わなかった人もいるのではないでしょうか。外食中心の食生活だと栄養バランスが崩れてしまい、免疫力の低下に繋がります。

チャンスを掴み、本来の力を発揮するには、常に体のコンディションを保っておくことが大切です。

(4)睡眠の質を高める

食事に気を遣うのと同じくらい大切なことが、睡眠の質を高めることです。睡眠不足になると、日中も頭がぼーっとしてしまい集中できません。

睡眠不足にならないために、十分な睡眠時間を確保することはもちろん大切ですが、睡眠の質にもこだわりましょう。睡眠の質が高まると寝つきがよくなるだけでなく、朝の寝起きがスッキリします。

睡眠の質を高めるには、睡眠の1〜2時間前からはスマホやパソコンを見ない、睡眠前に食事を取らない、が大事です。基本的なことですが、これらに気をつけることで、睡眠の質がグッと高まります。

また、睡眠の質を高めるために、就寝前にホットミルクを飲むと安眠効果が得られると言われています。その他にも、寝具を変えるといった方法もあります。ぜひ、自分に合った方法を見つけてみてください。

(5)習い事をする

大人になってから習い事?と思う方もいるかもしれませんが、習い事は毎日をなんとなく過ごしている人にはぴったりの方法です。

これまでにもご紹介したように、チャンスを掴む人は好奇心が旺盛で行動的であることが多いです。それによって、出来事に対する捉え方がポジティブになり、チャンスを掴みやすくなるからです。

習い事をすれば好奇心やインスピレーションが刺激されるので、チャンスを掴みやすくなります。

さらに習い事では仕事や家族以外の人と関わるようになるため、新たな気持ちで取り組むことができます。このように日常生活とは違った活動を取り入れるだけで、マンネリ気味の毎日から解放され、新しい視点で物事を見られるようになります。

「習い事を始めるのはハードルが高い」という人には、自分のペースで始められて、費用がそれほどかからない刺繍やランニング、水泳などがおすすめです。

(6)知らないカフェに入る

チャンスを掴むことができない人は、マンネリ気味の生活をしていることが多いです。マンネリを改善するには、環境を変化させるのが一番です。

しかし、いきなり転職や引越しをするのはハードルが高く、なかなかできるものではありません。そこでおすすめしたいのが、知らないカフェに入ってみることです。普段通っている道で入ったことはないけれど、気になっているカフェやレストランなどはありませんか。

知らないカフェに入って、初めて注文をして、普段とは違う空間にいることを繰り返すことで、次第に変化に対する抵抗感がなくなってきます。チャンスを掴むということは、今までの人生とは違った考え方や生活を送るということです。その際に変化に対する耐性がついていれば、チャンスを掴みやすくなるのです。

また、カフェに限らず、知らない道を通ってみるだけでも変化に対する抵抗が無くなります。

(7)自分のこれまでを振り返る

自分の過去を振り返ることで、これまで自分が忘れていたことや得意なこと、好きなことを思い出すきっかけとなります。さらにはこれからどのように生きていきたいのかを考えることにも繋がります。

過去から遡って振り返ることで、小さい頃から変わらずに好きだったものや得意だったことが見つかるはずです。思い出せるものがあれば、それに改めて打ち込んでみるのもいいでしょう。

自分のこれまでを振り返る際は、ノートや紙に書きながら振り返るのがおすすめです。そうすることで、より鮮明に過去が思い出せるだけでなく、いつでも振り返ることができるようにもなります。また、ノートの余白は未来の自分が書き記していくスペースとして残しておくのもいいかもしれません。

(8)30分早起きしてみる

朝30分早く起きるのもおすすめです。早起きすることで、朝の時間を全て自分のための時間として活用することができます。朝は起きている人が少ないので、誰にも邪魔されることなく、好きなことができます。朝はエネルギーに溢れているので、時間を有効に活用することが可能です。

早起きするのが苦手な場合は、少しずつ起床時間を早めてみてはどうでしょう。30分早く起きるのが難しいのであれば、まずは10分だけ早起きしてみましょう。早起きできれば達成感を得られるので、自己肯定感の向上にも繋がります。

しかし、いくら早起きができるようになったからといって、睡眠時間を削ってはいけません。早起きを習慣にするには、まずは早寝から実行することです。

(9)リラックスできるスペースを作る

部屋の中にリラックスできるスペースがあると、身体的にも精神的にもリラックスすることができます。

そういった場所が部屋の中に少しでもあれば、家で休息することができます。現代ではどうしても忙しい毎日に終われ、家に帰ったら倒れるように寝てしまう人もいると思いますが、家の中に落ち着けるスペースを作っておきましょう。そうすれば、自然と自分のしたいことに気づけるようになり、引いては、チャンスを掴める体質にもなっていくことでしょう。

(10)会っていない友人に連絡する

社会人になると、人間関係は仕事仲間と家族だけに絞られるようになります。社会人になるまでの友人とは話す機会が減ってしまうため、次第に連絡も取らなくなってしまいます。そんな状態からいきなり連絡を取るのは難しいものです。

しかし、それほど深く考えず気軽に連絡してみると、案外スムーズに話せるものです。仕事や家族以外の人間関係は自分に新しい変化をもたらしてくれます。

変化に抵抗をなくすという意味でも、気軽に昔の友人に連絡を取ってみましょう。

チャンスは誰にでもある

今回はチャンスの掴み方についてご紹介してきました。チャンスは勝手に降ってくるものではなく、自分から能動的に掴んでいくものです。

チャンスを掴む人には、本記事で紹介したような特徴があります。

また、チャンスを掴むためには、普段から準備をしておく必要もあります。チャンスを掴むための準備は基本的なことが多いですが、それらをしっかりと継続することで、いざチャンスが訪れた時にそれを掴むことができるようになります。

チャンスを掴み結果を出している人は、準備を徹底しているだけでなく、出来事に対する受け取り方がポジティブです。

チャンスを掴むために、チャンスを掴める人の生活習慣や考え方を実践していきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る