【2021年度版】仕事効率化アプリをインストールしてビジネスの生産性を上げよう!

「毎日仕事が忙しい」「なかなか作業がはかどらない」と悩んでいる方はいませんか?

そんな悩みを抱えている方におすすめなのが、「仕事効率化アプリ」です。

この仕事効率化アプリをスマホにインストールしておくことで、時間を節約したり、外出先でも作業を進めることができたりと、仕事を効率的に進めることが可能になります。

そこで今回は、2021年度最新版のおすすめの仕事効率化アプリをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

目次

仕事効率化アプリを導入するメリット3選

仕事効率化アプリを導入することで、主に以下の3つのメリットを得ることができます。

  1. 外出先でも作業ができるようになる
  2. 迅速な意思疎通が可能になる
  3. 大量のデータを管理できる

それぞれ詳しくご紹介します。

外出先でも作業ができるようになる

スマホに仕事効率化アプリをインストールしておくと、外出先でも手軽に作業ができるようになります。

例えば、電車での移動時間などの隙間時間を利用して、データを編集したり、アイデアをメモ機能に書き留めたりできるようになるのです。

また、会社に戻った後、スマホで行った作業内容をパソコンで確認するのも簡単です。

迅速な意思疎通が可能になる

ビジネス用チャットアプリは、スマホでも通知が受け取れる仕様になっているので、外出先からでも迅速にメンバーと意思疎通ができるようになります。

また、開発チームでグループを作れば、作業内容をチャット上で共有できるので、各メンバーに連絡する手間が省けます。加えて、リモートワークのメンバーがいる場合でも、円滑に業務を進められるようになります。

大量のデータを管理できる

オンラインストレージサービスを利用すれば、スマホやタブレットから大量のデータへアクセスし管理できるようになります。

これにより、外出時に紙の資料やUSBメモリを持ち歩く必要がなくなり、紛失のリスクを軽減できます。

おすすめの仕事効率化アプリ4選

まずは、おすすめの仕事効率化アプリを4つ詳しくご紹介します。気になるアプリがあれば、ぜひ試してみてください。

  1. Microsoft Office Lens(マイクロオフィスレンズ)
  2. Clipbox Zip(クリップボックスジップ)
  3. PDF Expert(PDFエキスパート)
  4. netprint(ネットプリント)

Microsoft Office Lens(マイクロオフィスレンズ)

Microsoft Office Lens(マイクロオフィスレンズ)は、OCR機能を備えた無料のスキャナーアプリです。

OCR機能とは、画像データから文字を認識して、編集可能な文字データとして取り込む機能です。

Microsoft Office Lensを使えば、書類やホワイトボードなどの内容を簡単にデータ化できるだけでなく、スマホで撮影した名刺や書類を画像やPDF、Wordファイルなどの形式で保存・編集することも可能です。

参考:iPhone版
参考:Android版

Clipbox Zip(クリップボックスジップ)

Clipbox Zip(クリップボックスジップ)は、iOSでファイルの圧縮・解凍を行うためのアプリです。スマホだけで仕事用の資料をはじめとする各種ファイルが共有できるのも魅力的です。

PDF Expert(PDFエキスパート)

PDF Expert(PDFエキスパート)は、PDF書類の検索・参照に便利なアプリです。メールやWebページの様々なPDF形式のデータにアクセスできます。

また、蛍光マーカーや下線、取り消し線などが引ける機能を使用して、PDFドキュメントの情報を強調するなどの編集作業も可能です。

参考:iPhone版
参考:Android版

netprint(ネットプリント)

netprint(ネットプリント)は、セブンイレブンでPDFや写真を簡単にプリントアウトできるアプリです。クーポンや地図、利用明細、eチケット、送付状といったインターネット上の情報を素早く出力できます。

会員登録は不要なので、アプリをダウンロードするだけですぐに利用できます。自宅のインクが切れたときや、外出先で書類を準備する必要があるときなどに便利です。

参考:iPhone版
参考:Android版

おすすめの名刺管理アプリ3選

名刺は、ビジネスシーンに欠かせないアイテムです。しかし、名刺をもらってもうまく情報を生かせなかったり、大量の名刺の管理に悩んだりしていませんか?

そこでこの項目では、おすすめの名刺管理アプリを3つご紹介します。名刺をすっきりと整理して、ビジネスに生かしていきましょう。

  1. Sansan(サンサン)
  2. myBridge(マイブリッジ)
  3. Eight(エイト)

Sansan(サンサン)

Sansan(サンサン)は、社内の名刺を一括管理できる名刺管理サービスです。2021年3月現在、利用企業数は約7000社に昇り、84%の国内シェアを誇っています。

SansanはAI技術を活用し99.9%の精度で名刺画像をデータ化してくれます。そして、そのデータはすぐに連絡帳として利用することが可能です。

また、スマホのアプリを利用すれば、どこからでも名刺情報を確認できます。さらに、名刺交換した顧客に関連した最新ニュースが表示されるなど、ビジネスに役立つ情報もいち早く得ることができます。

参考:iPhone版
参考:Android版

myBridge(マイブリッジ)

myBridge(マイブリッジ)は、LINEが提供する名刺管理アプリです。

スマホで名刺を撮影するだけで正確に情報をデータ化してくれますし、社内で名刺データを一括管理することもできます。もちろん、LINEとも連携できるので便利です。

また、セキュリティ対策にも優れているので、個人情報の管理も安心です。

参考:iPhone版
参考:Android版

Eight(エイト)

Eight(エイト)は、スマホやパソコンから手軽に利用できる名刺管理アプリです。

スマホで名刺を撮影するだけで簡単にデータ化できるため、情報を入力する手間がかかりません。また、名前・会社名・部署・役職を入れるだけで検索できるようになっているので、情報の管理も簡単です。加えて、データ化する名刺の枚数に制限はありませんし、クラウドに保存できるデータの容量も無制限となっています。

参考:iPhone版
参考:Android版

おすすめの経費精算・請求書発行アプリ2選

経費の精算や請求書の発行などの面倒な作業も、アプリを使えば簡単になります。この項目では、おすすめの経費精算・請求書発行アプリを2つご紹介します。

  1. Streamed(ストリームド)
  2. Misoca(ミソカ)

Streamed(ストリームド)

Streamed(ストリームド)は、簡単に経費を精算できるクラウドツールです。

スマホでレシートや通帳、領収書などの写真を撮影するだけで、99.9%の精度で自動データ化してくれます。そして、データ化された情報は、社内の会計ソフトに1営業日以内にインポートされます。

また、データをエクセルファイルとしてダウンロードしてパソコン上で加工できるなど、様々な使い方も可能です。

参考:iPhone版
参考:Android版

Misoca(ミソカ)

Misoca(ミソカ)は、見積書や納品書、請求書などの書類を簡単に作成できるクラウドサービスです。

内容を入力するだけで請求書が作成できるうえ、デザインも豊富なテンプレートから選べます。また、請求書の情報をもとに領収書や検収書を作成できるので、情報の入力間違いや記入漏れなどのミスを防ぐこともできます。

参考:iPhone版
参考:Android版

起業家向けおすすめ仕事効率化アプリ3選

この項目では、時間を上手に管理して生産性を上げたいと考えている起業家の方におすすめの仕事効率化アプリをご紹介します。これから起業を目指す方もぜひ参考にしてください。

  1. RescueTime(レスキュータイム)
  2. StayFocusd(ステイフォーカスド)
  3. Boomerang for Gmail(Gmail用ブーメラン)

RescueTime(レスキュータイム)

RescueTime(レスキュータイム)は、成果の上がらない作業をトラッキングすることでその原因を特定し、生産性の向上に導いてくれる時間管理用アプリです。

たとえば、一日にSNSを眺める時間をトラッキングして節約できる時間を可視化したり、単純な作業を自動化した場合の生産の上昇率などを計算したりすることができます。

また、チームで使用することで無駄な作業を見直し、全体の作業効率や集中力のアップにつなげることもできます。

参考:iPhone版
参考:Android版

StayFocusd(ステイフォーカスド)

StayFocusd(ステイフォーカスド)は、作業中の注意散漫を防ぎ、集中力を高めることができるアプリです。

たとえば、SNSの使用を一日30分と設定すると、30分経っても使用を中断しなければSNSへのアクセスが強制的に遮断される仕組みになっています。

SNSが気になって作業に集中できないという方におすすめです。

参考:Android版

Boomerang for Gmail(Gmail用ブーメラン)

Boomerang for Gmail(Gmail用ブーメラン)は、Gmailの送信時刻を設定できるメールリマインダーツールです。

メールを書いた後、「後で送信する」ボタンを押して送信時刻を設定するだけで、その時刻にメールを送信してくれます。これにより他の作業に集中できるようになります。

またメール送信後、相手からの返信の有無にかかわらず通知を受け取ることができるので、投資家やビジネスパートナーなどからの重要なメールを見逃すこともありません。

仕事効率化アプリは生産性の向上につながる

今回の記事では、仕事を効率化できるアプリをご紹介しました。

仕事効率化アプリは、スマホにインストールしておけば外出先でも作業ができて便利なうえ、スマホから迅速にチームのメンバーと意思疎通を図れるようになるので、チームでの作業が円滑になります。さらに、大量のデータを管理できるようになるため、紙媒体でデータを管理する必要がなくなります。

このように、仕事効率化アプリを利用することで、作業を大幅に効率化し、ビジネスの生産性を向上させることが可能になるのです。

今回ご紹介したアプリをぜひ仕事の効率化に役立ててください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次